シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
幼児期のあだ名は「チベット」 ――渡辺一枝講演会 盛況裡に開かれる――

今回は正面を90度右にして、幅広い椅子席をつくりました

 

きのう11日の「シルクロード講座」は狛江駅前の「泉の森会館」3階で渡辺一枝さんをお呼びしての講演会を開きました。

短期間の取り組みでしたが、市内のいろいろな団体にチラシを配布させていただいて、おかげさまで42名の方が参加されました。その多くは女性でした。

パワーポイントもなく、音楽もなく、文字通りのお話しだけの極めてシンプルな集いでした。

運営する側は、事前の準備もいらないし、高いギャラの演者も必要ないのでありがたいことでした。

 

開場30分ほど前、2階のロビーでコーヒーを飲みながら待機していると、黒い服装でつばの広い帽子をかぶった女性が入ってきました。この方が渡辺一枝さんでした。

 

一枝さんのお話しは、まずご自分の幼児期のお話しから始まりました。

それによりますと、幼いころからチベットのことが頭から離れなくて、おかげであだ名が「チベット」だったそうです。

また戦死した父が話していた「鳥葬」のことが頭から離れず、たまたまテレビで見た「カイラス」を見てチベットへの思いがますますつのったということです。

 

 

わたしは、一技さんの顔を真正面からみることができませんでした。

何か近寄りがたいんですね。

 

そして一技さんは高野山大学のシンポジウムで入場者に配布された紙袋に入っていたチベットツアーのチラシを見てチベット行きが実現したといいます。

それからの一枝さんのチベットにかかわるおはなしは、淡々としながらも鋭く私たちの心を衝いてくるお話しばかりでした。

15分ばかりの休憩を挟んでの3時間弱のお話しは、多少チベットをかじっていると思っていた私などの思いをはるかに超えることばかりでした。

前列左の男性は山岳連盟の海外登山委員長山中さん。その隣が奥さん。

彼らの結婚式の実行委員長が私でした。その右が愛子さん。ご主人も同じ山岳連盟の幹部です。

 

鳥葬とは、「天に還るのではなく生まれ変わる」こと。死んだ者の肉体は「お布施」で鳥に与えられるだけのことということ。

写真も何も残さないのが原則、ということは相続問題が起きないというお話を聞いて、“う〜〜む、なるほど”とうなりました。

5000Ⅿ以上のヒマラヤを越えてインドに亡命する人たちやとくに子供たちの服装は、布の服でありゴムの靴であったこと。

 

お話しは福島の原発に移っていきました。

震災の年の8月から福島へ通っているが「テレビは本当を言わない」と言い切っていました。

オリンピックの聖火リレーで福島の南相馬を1.2卅る計画があるが、そこの道路ではなく、傍らの草むらはいまでも線量が非常に高くて走ることは不可能なところなのに・・・という衝撃的なお話もありました。

何か男性陣はこのあたりに固まっていました。

 

一枝さんは3時間弱という長時間のお話しの中でたくさんのお話しをされましたが、結論的なこととしては、銃撃されて亡くなった中村哲医師は、日本国憲法を自ら体現した方であったという言葉で締めくくりました。

 

終了後の懇親会にも多くの方が参加されて、汲めども尽きぬ語り合いが続きました。

| チベット関連 | 10:24 | comments(0) | - |
明日は狛江駅近くの会場で渡辺一枝講演会です。

いよいよ明日は、109回目の「シルクロード講座」です。

 

いまや夫よりも有名になった渡辺一枝さんのお話しです。

会場は今までと違って、狛江駅北口から1分の「泉の森会館」三階です。

よく、このような講演会が終わってから「なんで教えてくれなかったんだ」と怒られることがあります。

広報はこれが最後です。

明日午後1時半開会ですから、1時過ぎにはお越しください。

お待ちしています。

日本シルクロード文化センター代表・野口信彦

 

第109回a.jpg
| シルクロード講座のお知らせ | 16:04 | comments(0) | - |
のどかな散歩で見たもの

きのうの朝、ワイフに誘われて多摩川へウオーキングに出かけました。

私があまりにも体を動かさないので、外へ出るように毎日言われています。

自転車で多摩川まで行き(歩くと30〜40分かかります)、土手に上がると真っ白な富士山がくっきりと見えました。

いつもはカスミがかかっていてよく見えないのですが、朝は空気が澄んでいて、これまでになくはっきりと見えました。見たこともないような美しさです。

 

正面の小さな樹々は、通称「五本松」といい、散歩やお花見などでいつもにぎわいます。

近くの日活や東映などがいつもロケなどをしています。

昔は、都心の金持ちがここらあたりまで来て、川魚料理や水遊びを楽しみ、

小中学生も臨海学校などできたといわれています。

 

河川敷を見ると、アレアレ、10月だったかの水害の影響で、上流から流されてきた大木の根っこの残骸が河川敷のあちこちに無残な姿をさらしています。土手のすぐ下にまで押し上げられているものもあります。

自然の驚異の姿をホンの少しだけですが見ることができました。

ここから下、3葉の写真は、10月13日(台風19号の翌朝)の写真です。

もうすでに木の根っこなどの漂流物が、水の引いた後に見えます。

午前10時ころですから、濁流はだいぶ引いていますが、ピーク時は足元まで水が来ていたのでしょうね

うちの奥さんは、台風の翌日は必ず娘を連れて多摩川まで行っていました。

野次馬の典型です。

この写真は昨日の1月6日です。

左のマンションの手前が土手ですが、その近くまで濁流が押し寄せ、怒涛が逆巻いていました。

川の中州もまだ残骸が残っています。向こう側は川崎市の登戸や中之島あたりです。

 

このような、あるいはこれより数百倍、数万倍も規模の大きな気候危機がいま、地球上のあちこちで人間に襲い掛かろうと、手ぐすね引いて待ち構えています。イヤ、すでに地球各地で襲い掛かりつつあるといえます。

 

また、ここではおなじみの“河川敷の人”の姿がありました。ビニールハウスの農機具置き場や畑の野菜も見えました。この人たちはどうしたのだろうと思っているところへ、畑をいじっている人の姿が見えました。

ビニールハウスや農機具を入れる小屋などがあります。

 

うちの奥さんがその1人にインタビューしました。

聞くと“台風の夜は近くの公園のトイレで、ずっと便器に座って嵐が過ぎ去るのを待っていた”とのこと。あまり人と話すことを好まないようです。

濁流の流れの関係で、一番早くにぶつかる位置にあったビニール小屋や畑などは壊滅状態でしたが、せっせと働いている人がいます。

 

しかも台風以後、ここにいた人びとはすぐに「復興」に取り掛かかったようです。再び、同じようなビニールハウスができ、田んぼには野菜が生えていました。

この人たちを「たくましい」というのか、野菜たちを「たくましい」というのか、論議が分かれるところですが・・・・

 

この多摩川という一級河川の河川敷には一体、地主がいるのでしょうか?いるはずはありません。国有地なのですから。近隣に住んでいる人が畑を耕しているという話も聞きます。実態を調べるという意識よりも“彼らもたくましい”と思ってしまいます。

 

富士山を眺めていると、その右側に高い塔のような建築物が見えます。そこは「よみうりランド」の宿泊棟あたりです。

ここができたばかりのとき、よみうりランドでは夏スキーやジャンプのできるタワーをつくりました。(伝聞ですが、)これができてすぐにジャンプした人がスキーに失敗して亡くなったそうです。それ以来、ここは夏スキーやジャンプには使われなくなったといわれています。

写真の右側にある塔が「よみうりランド」です。

 

私は現役のころ、ここで2年に1回の全国総会で会場に借りる交渉をしたことが何度もあります。

もっと前には、別の団体で個々の地域の稲城町(当時。現在は市)の責任者をしたことがありますのでほかの人より多少は詳しいのです。

 

それにしても自然の営為は残酷なものですが、新しいものも運んできます。

鳩だか何だか分かりませんが、小鳥がせっせと何かをついばんでいます。豊かな栄養分を含んだ土壌が流されてきたのでしょう。

これは鳩ですね

 

でもこの上流から流れ着いた漂流物は、誰が整理をするのでしょうか。

次の台風まで自然淘汰を待つのでしょうか。

 

そこへ大型のダンプカーが(調布市側ですが)、3台も入り込んできました。流れ着いたものの整理でしょうか。全然、別の作業かもしれません。

狛江市は予算も少ないので、そんなことはできません。だいいち、土手の道も調布市側は舗装道路で、狛江市側は砂利道です。でも、砂利道のほうが自然に近いので良いのかもしれませんが・・・昔の市長がバカラとばくでつかまったツケがまだついて回っているのでしょう。

もうここは調布市側です。

 

汗ばんだウオーキングのあと、いろいろ考えさせられることがたくさんあることに気が付いて帰路につきました。

| 環境・自然保護関連 | 07:01 | comments(0) | - |
希望のある年にするか、それとも・・・・

新年のご挨拶を申します。今年もよろしくお願いいたします。

 

今年2020年は、言うまでもなく東京オリンピック・パラリンピックの年です。

スポーツの分野で活動している私は、かなり緊張した一年になります。

シルクロードの分野では、今月11日には「日本シルクロード文化センター」の年1回の総会があり、午後には再三お伝えしている、「シルクロード講座」の渡辺一枝講演会があります。

 

2つの分野での活動を支えてくれる正月は家族のきずなが高まることにもなります。

もう恒例となりましたが、正月2日は、昨年1月5日に再婚した長男夫婦と長女夫婦が孫と婿殿の母親ともども来宅します。長男の嫁さんとしては今年が初めての来宅です。息子と同い年の彼女はかなりの美人です。

プロカメラマンでドローンの会社経営の息子とお嫁さん

 

長男の妻はやはり再婚で、大学生のイケメンの息子が2人います。

彼女はフエルト作家というのか、羊毛でスイーツやあれこれをつくって教えています。『福田りおの羊毛フエルトテクニック』などという本も出しています。

かなりのお弟子さんもいるようで、都内各地で教えるとともに香港・上海・パリやドイツなどでも毎年、講習会や発表会か何かを主催あるいは主宰しているようです。

私はその方面はまったく関心がないのですが、それらしきことをフエースブックに載せるので、知っています。

 

娘夫婦もこの日は一日我が家で過ごします。どういうことか婿殿の母親もいつも一緒です。以前は婿殿の弟まで来ていました。「独り住まいだからおせち料理をつくる手間を省く」ために息子夫婦と一緒に来るそうです。そんなことを平気で言う明るいお母さんです。わがワイフと同じ年ですが、勤めていた学校の卒業生だったとのこと。

花粉症の時に着けるゴーグルで遊ぶむすめと婿殿

 

孫にお年玉をプレゼントすると、今年は私たちの目の前で金額を確かめることはしませんでした。初めて成績表を見せてもらいましたが、左側に〇が並んでいました。

おばあちゃんのお面をつけて遊ぶ孫娘

私の左手側が婿殿の母親。

 

ところで、今年のシルクロードはどうなるのだろう。

すでにウイグルの地は“阿鼻叫喚”の地となっており、中央アジアの状況は変化がなく、中東方面は米軍のイラン司令官爆殺事件で戦争のきな臭いにおいがますます強くなってきています。

 

そして地球人類の誰もが逃れることのできない気候変動の危機が日一日と迫りつつあります。

このことについては「分かっているけどどうやったらいいかわからない」という人がほとんどです。

それには私たち一人一人の身の回りから気候変動の危機を頭に入れて取り組むしかありません。しかし、それ以上に重要なことは、毎日、莫大な量の“気候変動の種”をまき散らす企業に規制を加えることのできる政府の役割と仕事があるということです。

 

環境相がCOP25の会議に出席して、ろくなことも言えないで帰ってくるような政府では、何も期待できません。おまけに2回も「化石賞」を授与されるなど、日本政府の恥を世界に振りまいてきたような「仕事」も果たしてきました。それどころか結婚前の不倫の恋やあれやこれやのスキャンダルを週刊誌に暴露されて仕事もできないことになるでしょう。

 

昨年は私の多くの友人たちが亡くなりました。とても悲しいことですが、しかたのないところもあります。

とてもおめでとうを言える状況ではありません。

 

しかし、愚痴ばかり言っていても仕方がありません。

そのような状況からも何か明るい僥倖を見つけて前に進んでいくしかありません。

模索の中から未来を探し出すしかありません。

そんなところから、今年もよろしくお願いします、と言います。

| コメント | 03:32 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE