シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
官邸は大相撲協会も支配したか ―主役は朝乃山だ!−

せっかくの相撲観戦は、まったく味気ないものになってしまった。

 私がチケットを入手できるのは、写真家で大の相撲フアンのSさんのおかげ。

 東京の田園調布の近く生まれで、お嬢様大学を出た女性で、まだ40そこそこのかわいい女性です。

数年前に出版したチベットの写真集がヒットしていました。その関係で「シルクロード講座」に出ていただいたことがあります。

  彼女を通して東京開催の大相撲観戦チケットを入手できるようになりました。

 

 最近になって知ったことですが、彼女は毎週水曜日に新宿・ゴールデン街の、あるお店で「雇われマダム」をしているそうで、そこで相撲フアンを集めて毎場所、両国に通うようになったといいます。毎回30人程度の相撲仲間が国技館に集います。

 

 今場所はかなり前からトランプ大統領が千秋楽に相撲観戦に来るという話があったので、“日にちがずれてくれればいいのになぁ〜”と思っていましたが、やはり予想通りの千秋楽観戦になってしまいました。

 

 きょうは“迷惑トランプ行状記”で行きますか・・・

 11時過ぎに両国駅に着きました。駅前のタクシー乗り場は警視庁の車で独占されています。営業妨害です。

両国駅前の駐車場です。タクシーは一台も駐車できません。

 

 国技館の入り口には中年の女性が2人、ペットボトルを入れる大きな容器を持って待ち構えています。

 まるで空港のチェックです。両国駅前で買ったウーロン茶も一口飲んだだけで捨てざるをえませんでした。没収です。

ペットボトルや缶もここでおしまいです。

ここでボディチェック

 

 ウェストポーチとカメラだけが所持品だったのですが、荷物検査です

 空港ではいつもそうですが、わたしが身に着けているサスペンダーが反応するんです。

 ここまでだけでも異常なほどの警備体制です。

 国技館の右横50メートルに「江戸東京博物館」があるのですが、この建物の屋上にも2人の警察官が警備しています。アメリカの映画でしたら、狙撃銃などを構えているかもしれません(冗談です)。

となりの江戸東京博物館の屋上にも警備の警官が・・・

 

 30人が集まるサークルのメンバーの多くも、30分から1時間ほど入場に時間がかかったと、おおむくれ。とにかくこれは大迷惑でした。

 

 館内でも驚きました。ペットボトルなどの自販機も「休場」と書いてあります。

 かなり気の利いた洒落ともいえますが、こんなときは駄洒落になります。

 御嶽海はいつものペットボトルを飲めなくて、だいぶモチベーションが下がったそうです。

館内のペットボトルも「休場」です

 

 指定されていた座席は、いつものように2階席の上のほう。テレビ中継で一番遠くから撮影するあたりです。

 升席辺りの最前列には黒い幕が敷かれています。案の定、そこがトランプ大統領たちの椅子のようです。しかし、天皇も相撲好きのフランスのシラク元大統領も後ろの貴賓席で観戦していました。

正午頃の館内はまだまだ閑散としていますが、中央右下当たりの

黒い部分が「貴賓席」です

 

 

 私はちょうど阪神淡路大震災の日に、この升席に座りました。夫婦2人で14万円もしました。

 震災の悲劇で、仲間の被害が頭に浮かんで相撲観戦どころではなかったのですが、4人が座るととても窮屈でした。そこで酒やお茶を飲み、弁当や焼き鳥を食べました(国技館の地下には、どういうことか焼き鳥工場があるのです)。

 

 60年ほど前に、相撲文化である桟敷席をなくすなという声と、土俵に背を向けたり、飲み食いするのは古い習慣だ、なくすべきだという論争が国会であったとの記事を読みました。近いうちに解決するべきことでしょう。

 ともあれ、その席を潰して前後左右を警備陣に固めさせて観戦させる必要があったのでしょうか。

 いつものように「貴賓席」に座らせれば終わる話です。

 

 彼らに対して、なぜ、だれが、このような破格の待遇をさせたのでしょうか

 安倍首相以外の何物でもありません。

 土俵下では、前日、優勝を決めていた朝之山が塩を持って立ちすくんでいます

 相撲の取り組みを中断させてまでの「入場」でしょうか。

この写真は上下ともネットから拝借です。

ほかの写真は私の撮影です。望遠レンズを使わなかったので・・・

この日一番の大喝采は、負けた炎鵬が、頑張って頑張って

粘った相撲でした。

 

 館内はトランプ大統領が入場する前から異常なほどの興奮ぶりです。

会場総立ちで「お出迎え」です

 

 それまでアナウンスは、再三再四、「座布団を投げないでください」と言っていますが、この日は従来とは違うアナウンスが続きました。

 「座布団を投げると処罰されます」でした。

館内の一階部分は升席などがあるので、チケットがないと入れません。

いつもの私は、すいているときには一階の升席に入るのですが・・・

 

 座布団を投げることは良くありません。しかし、この風習は江戸の昔からあったものです。よくないとはいえ「犯罪」ではありません。良識で判断できる類(たぐい)のことです。

 この「処罰」発言も安倍首相の差し金でしょうか?

 

 それよりも、呼び出しの声も聞こえないほどの大歓声でトランプ大統領を迎えるこの姿は何だろうかと思いました。

 当のご本人は、手を振ってこたえていました。満面の笑みで。

 しかし朝之山の相撲、優勝が決まっている力士の相撲が終わって、朝之山が負けても知らんぷり。

 彼は実際には相撲なんて全く関心がないのでしょう

 自分の来年の大統領再選に頭のすべてがいっていて、内容ではなく多くの「人」がいれば、満面の笑みで手を振るだけの「選挙屋」になっているのでしょう。そう見えました。

 

 

「トランプ階段」を特別にあつらえたようです。「白く」というのも

安倍首相の注文でしょうか、それとも「忖度」でしょうか

 

 まさにトランプも安倍首相も自己顕示欲の塊のようでした。

 この自己顕示欲のかたまりの一番の被害者が朝之山と対戦した御嶽海です。

 彼らの取り組みの呼び出しの声も観衆の声で全く聞こえません。

 しかも、時間にして5分くらいは立ったまま、この大騒ぎに黙って耐えて待っているしかありません。

 

 大相撲はトランプが主人公ではなく、関取たちや朝之山たちが主人公なのです

 相撲協会は、この大原則を捨て去って安倍首相に支配され、蹂躙されたのです。

 スポーツでもっとも大切な「自主性」と主体性まで投げ打ってしまったのです

 

 この数日、安倍首相はトランプに付き従って「おもてなし外交」、「こびへつらい外交」をすることになります。トランプは、今度の来日の主な目的は「軍事」と「貿易」だといっています。またまた、数百億円の軍事物資を買い付け、自国の国民が苦しむこともいとわず、アメリカ従属の貿易を呑むのかです。

 行事の声も聞こえません。おそらく多くの観衆はこの2人の相撲の結果を、よく覚えていないかもしれません。

30kgの重さという優勝カップ

 

 観衆はマジックにかかったように、大歓声でトランプに応対していました。

 これは一種の“珍しもの見たさ”でしょう。あの、いつも世界に脅しをかけ、勝手なことを言っているトランプ大統領とはどんな人物なのだろうか、と。

 そして大阪の維新のブームのように・・・・

取り組みが終わっての警備は知らんぷりでしょうか

 まだまだ言いたいことは山ほどありますが、長くなりました。きょうはこの辺でよろしいようで・・・

 

 

 

| 大相撲を論ず | 11:59 | comments(0) | - |
伊藤 蘭さんのこと

 きのうの土曜日の朝、TBSテレビの「サワコの朝」という番組で伊藤蘭さんが出演しました。40数年ぶりに歌手として再デビューするということで評判になっています。64歳になっています。

この写真は、たぶん「キャンディーズ」の頃のでしょう

 

最近の蘭さん。(今日の4枚の写真は、いずれもネットからのものです)

 

 その番組の後半で、サワコさんが、蘭さんの娘の趣里ちゃんが小学校時代に、小夫婦で芝居をしたというエピソードが紹介されました。蘭さんは「学校から芝居に出てくれと言われて驚いたのですが・・・」というエピソードが紹介されていました。

娘の趣里ちゃんと蘭さん

 

 これには一緒に朝食を食べていたうちの奥さんがのけぞって驚いていました。

彼ら夫婦の娘の趣里ちゃんの担任が彼女だったのです。彼女が趣里ちゃんを通してお父さんの水谷豊さんとお母さんにも出てもらいたい、とお願いしたそうです。

 

 それで、両親は驚いたけれど快諾をして出演したとのこと。脚本はワイフが書いたのですが、「小坊主」の役を蘭さんにとお話したら、お父さんのほうが「それはわたしのほうがよいでしょう」といって代わったそうです。

私は彼のドラマはあまり見ませんが、豊さんは良い夫です

 

 脚本はうちの奥さんが書いたのですが、彼女も舞台経験があるので、結局3人で出演したとのこと。何回か稽古をしたようですが、そのとき彼ら夫婦は、その稽古のために10日間くらいスケジュールを開けて稽古に専念したと言います。

 学校では大評判になって、稽古のたびにいろいろなクラスが代わる代わる「見学」に来ていたとのこと。我が家にも来たことがあります。

 

 ただそれだけのことですが、蘭さんがその数十年前のことをインタビュー番組で話すのも驚きですが、いまだにその時のことを鮮明に覚えているのですね。

“年を取ると昔のことはよく覚えている”ということなのか、それともそのこと自体が驚きのことでいまでも鮮明に覚えているのかわかりませんが、今度会ったときに聞いてみましょう。

 

 私は以前に、そのことは聞いていたのですが、よく覚えていることは、彼ら夫婦は互いに尊敬しあっていて、呼び方も互いに「蘭さん」「豊さん」などと呼び合っていました。とても素敵な夫婦でした。

 きょうはシルクロードと関係のない、ミーハーな話ですが、蘭さんと豊さんの夫婦のあり方について書きたかったのです。

ここは2011年6月のホータン郊外の「ラワク遺跡」でのうちの奥さんです。

彼女は写真嫌いですので少ないのです。

 

| コメント | 05:15 | comments(0) | - |
「負けないで」!

 以前からZARD・坂井泉水さんの「負けないで」や「揺れる想い」の曲が大好きでした。といっても、この歌が流行した90年代は、私はスポーツ関係の活動をしており、毎日の帰宅が午前様でしたから、歌は知りませんでした。 

 数日前にテレビの番組で「ZARDよ永遠なれ 坂井泉水の歌はこう生まれた」という番組があったので録画しておいたものを、深夜見ました。

テレビを見た感想は、まさにZARDよ永遠なれ! でした。

 

 私はこう見えてもかなり神経が繊細で、いったん、ベッドに入ってから3〜4時間すると目が覚めます。それで階下に降りていき、本を読んだり、気に入った録画などを見ます。焼酎を飲みながらですが・・・・

 

 それがこの番組だったのです。録画の画面では、私の知らない坂井泉水の歌づくりの素顔が克明に描かれていました。

 そこで驚くべきシーンを見たのです。それが下の写真です。

 この写真は東日本大震災以降、ずっとわたしのパソコンの背景写真に使っているものです。

 2011年に縁あってウズベキスタンのサマルカンド外国語大学へ歴史を教えに行った際に学生たちが「野口先生に何か歓迎の催しをしたいのですが、何かお考えはありますか?」と言ってきたので、「じゃあ、東日本大震災のことをお話ししたい」といって講演会を開いてもらい、パワーポイントで紹介もしました。

 

この写真はテレビの録画画面を写真に撮った佐々木瑠璃さんです

 

 プロジェクターも持っていき、携帯用のプリンターや小型のCDスピーカーも持って行ったのですが、帰国の際、すべて寄付してきました。

私が使用している写真は、家族が全員亡くなって悲しみにくれているような写真です。

この写真は「負けないで!私も頑張って生きていくよ」と言っているようです。

「さあ、みんなで頑張ろう!」と

 

 

 そこで紹介したのが、11年の東日本大震災で自宅が津波で流され、家族も全員が亡くなって、ただ一人生き残ったのが、当時、高校生だった佐々木瑠璃さんでした。彼女の名前も被災の内容も、この夜の録画の画面から知ることができました。

 

 わたしはこの写真を、そのころに発売された『週刊朝日』の震災特集で見て衝撃を受け、その写真をスキャンして、それ以来のお付き合いなのです。

 

 そのときの少女が、ただ一人生き残ってでも「負けないで」をトランペットで吹き、亡き父母や家族を想い、そして「負けてなるものか」と頑張って生きている姿を想像して胸が熱くなったのです。

 

 もう一つ分かったことは、あんなに素敵な坂井泉水さんは、40歳の若さで亡くなっていたことです。

 素敵な声と人々の共感を得た、これらの歌をこれからも作り続けてほしかったと思います。

 

 8月になってから東北地方へ一人でドライブを考えているのですが、そのときにチャンスがあれば岩手県・陸前高田市の彼女に会えればなと思っています。でも、そんな余計なことをしなくてもよいのにと、もう一人の自分が言ってもいます。彼女はしっかりと生きているはずです。

 私の愚かなセンチメンタル・ジャーニーかもしれません。

 

| 東日本大震災関連 | 10:42 | comments(0) | - |
ウイグルの報道とは・・・

きのうの朝日新聞朝刊を見て驚きました。一面のトップの記事です。

ウイグル族女性「私は中国人」新疆ウイグル自治区「再教育施設ルポ」という記事が躍りました。

“やっと朝日もウイグル人の苦しみを理解して報道するようになったか〜〜”と驚きながら読みました。

 

記事の内容は中国当局の主張をそのまま掲載しています。

取材先は南疆カシュガルの市街地から30分ほどのシューロー県(漢字のシューローの文字が出てきません。ローは「勒」)にある「職業技能教育訓練センター」です。

これがきのうの「朝日」です

 

余談ですが、私が新疆に一人の友人もいないときに、初めて単独で新疆を訪問したのが、この県の県庁でした。驚くことにカシュガルの空港に着くと、県長自らが出迎えてくれ、トヨタのランクルが2台、乗用車が3台もわたしを出迎えてくれました。わたしを、かなりの日本の大物だと思ったのでしょう。毎日、大歓迎。朝・昼・夜の食事も大変豪勢なものでした。しかし、私が嘘をついたわけではないのですが、大物ではないと分かってからは、ウイグル人の中国語通訳の青年一人が付き添ってくれただけでした。しかし、そのおかげでウイグル人の実際の姿を知ることができたのです。

 

記事ではまず「週1帰宅も可」として当局の言い分をそのまま載せています。なんということでしょう。いま、国連の舞台をはじめ日本でも大きな問題になっている客観報道がないのです。これは中国当局を忖度していることの何ものでもないことだといえます。

 

囚われているウイグル人たちが、外国取材陣の前で本当のことを言えると思うのでしょうか。「私は私の意に反して囚われている」と。もちろん、取材に制限があることをわかります。

 

2007年7月5日のウルムチにおける残虐な殺戮の後日、“夫が帰ってこない”と100人余りの主婦たちが、各国取材陣の前に口々に訴えました。世界の報道は、その主婦たちをいっせいに報道しましたが、翌日から彼女たちの誰一人として人前にも家族の前からも姿を消したことを報道してはいません。

2009年7月のウルムチ市街地で「夫を返して!」と叫ぶウイグル人主婦たち

軍警の弾圧にも負けまいと抵抗する主婦たち。

彼女たちはこの日を境として姿を消した。

 

朝日の特派員がそれらのことを知らないはずがありません。

これはどうしたことでしょう。まさか中国当局を慮ったわけではないでしょうね。

 

昨日今日の在日ウイグル人はこのことを大騒ぎして批判しています。

いわゆる、ネトウヨも、ここぞとバカラ朝日を攻撃しています。

朝日よ、これらの批判・攻撃にきちんと反論せよ!

 

 

| ウイグル情報 | 11:37 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE