シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
ウイグルの報道とは・・・

きのうの朝日新聞朝刊を見て驚きました。一面のトップの記事です。

ウイグル族女性「私は中国人」新疆ウイグル自治区「再教育施設ルポ」という記事が躍りました。

“やっと朝日もウイグル人の苦しみを理解して報道するようになったか〜〜”と驚きながら読みました。

 

記事の内容は中国当局の主張をそのまま掲載しています。

取材先は南疆カシュガルの市街地から30分ほどのシューロー県(漢字のシューローの文字が出てきません。ローは「勒」)にある「職業技能教育訓練センター」です。

これがきのうの「朝日」です

 

余談ですが、私が新疆に一人の友人もいないときに、初めて単独で新疆を訪問したのが、この県の県庁でした。驚くことにカシュガルの空港に着くと、県長自らが出迎えてくれ、トヨタのランクルが2台、乗用車が3台もわたしを出迎えてくれました。わたしを、かなりの日本の大物だと思ったのでしょう。毎日、大歓迎。朝・昼・夜の食事も大変豪勢なものでした。しかし、私が嘘をついたわけではないのですが、大物ではないと分かってからは、ウイグル人の中国語通訳の青年一人が付き添ってくれただけでした。しかし、そのおかげでウイグル人の実際の姿を知ることができたのです。

 

記事ではまず「週1帰宅も可」として当局の言い分をそのまま載せています。なんということでしょう。いま、国連の舞台をはじめ日本でも大きな問題になっている客観報道がないのです。これは中国当局を忖度していることの何ものでもないことだといえます。

 

囚われているウイグル人たちが、外国取材陣の前で本当のことを言えると思うのでしょうか。「私は私の意に反して囚われている」と。もちろん、取材に制限があることをわかります。

 

2007年7月5日のウルムチにおける残虐な殺戮の後日、“夫が帰ってこない”と100人余りの主婦たちが、各国取材陣の前に口々に訴えました。世界の報道は、その主婦たちをいっせいに報道しましたが、翌日から彼女たちの誰一人として人前にも家族の前からも姿を消したことを報道してはいません。

2009年7月のウルムチ市街地で「夫を返して!」と叫ぶウイグル人主婦たち

軍警の弾圧にも負けまいと抵抗する主婦たち。

彼女たちはこの日を境として姿を消した。

 

朝日の特派員がそれらのことを知らないはずがありません。

これはどうしたことでしょう。まさか中国当局を慮ったわけではないでしょうね。

 

昨日今日の在日ウイグル人はこのことを大騒ぎして批判しています。

いわゆる、ネトウヨも、ここぞとバカラ朝日を攻撃しています。

朝日よ、これらの批判・攻撃にきちんと反論せよ!

 

 

| ウイグル情報 | 11:37 | comments(0) | - |
ハヤリンバヤル異聞

きのうの5日、晴れた五月の空のもと練馬区の光が丘で恒例のモンゴル祭り=ハヤリンバヤル2019=が開かれていました。というのも、実は私の狙いは「ブフ=モンゴル相撲」の観戦だったのですが、残念ながら前日の4日だけの開催だったとのことで、この日は空振りでした。

モンゴル風ケバブですね

 

その前に。

最近の東京の交通はまったくわかりません。特に地下鉄です。

新宿南口から大江戸線で光が丘へ行くということが、わからなくなってきているのです。うちの奥さんは、都営線はシルバーパスで無料だからよく利用するようで私のガイド役です。

都心へ行くのに地下鉄は便利だということがわかっていても、私は若干、閉所恐怖症というか暗いところも嫌いな方なので、例えば、お茶の水近辺へ行くのも、必ず中央線で行きます。電車から見える風景が好きなのです。

 

モンゴル相撲がないということで気落ちしたところ、ウイグルのブースがあって、ケバブ=羊の焼き肉などを売っている店がありました。するとそこにはかねてから顔なじみのH氏がいました。

早速、裏手へ連れていかれて「待っててください。いま、ケバブを焼いてきますから、おごります」といって姿を消しました。

途中、テントの向こう側に朝青龍がいました。周りは大騒ぎでしたが、私は彼をあまり好きではないのでほっぽっておきました。

 

するとそこには昨年も同じ場所で出会った2人の男性の年寄りがいました。早速、缶ビールを差し入れてくれました。

すると、どういうことか待っていたかのごとく「南京大虐殺」の話になりました。右翼やネトウヨの話し方は、「大虐殺はなかった、それがあったというものはおかしい」の一点張りです。私の話は聞かないで「そんな考え方を持っていることそのものがおかしい」なのです。

 

私は、「1965年に実際に南京に行って虐殺された家族にも会ったし、資料も見てきた」といっても議論になりません。

せっかくの“ヤーヤー”も気まずい思いで過ごしました。

 

席を蹴立てるようにしてそこを出ました。

毎年同じですが、モンゴルの各種の売り物や案内所、あれこれたくさんありました。

モンゴルも含めて中央アジア各地では、このような席ではほとんど例外なく、ファッションショーがやられます。人垣の間から垣間見ましたが、これはこれで在日モンゴル人でもプロの青年たちのようでした。

やはりきれいですね。

 

続いて、やはり牛肉の焼き肉の店へはいりました。するとそこにモンゴル系のオイラト出身の女性トヤさんにバッタリ。久しぶりの邂逅を喜んでいましたが、そこには現役関取の蒼国来関がいました。

うちの奥さんの隣がトヤさん。博士号をもっている人ですよ。

今度の写真は蒼国来関とちゃんとした写真が撮れました。

蒼国来関も普通の参加者なのですね

 

舞台の出演者の一人なのかな?通路の真ん中で何気なく演奏していました。

ケバブを焼いている彼は、あまり<日本語を話せませんでした。

 

「久しぶり!」と言って、記念写真を撮ってもらいました。

以前は白鵬関と一緒になったので、うちの奥さんにシャッターを押してもらいましたが、私と白鵬が互いに外を向いている写真になっていました。今度は、ちゃんとした人に映してもらいました。

 

楽しみにしていたモンゴル祭りも、楽しいこともあり、懐かしい人にも会うことができましたが、右翼的傾向の人もかなりいます。

なぜかというと、多くのところではいわゆる「少数民族」は中国共産党の圧政や暴虐に苦しめられてきましたし、いまも苦しめられています。

中国は共産党の政府だから、それに反対するために、畢竟、反共、右翼的傾向に走ることになるようです。

 

しかし在日外国人は、日本の政治状況や政党分布などに疎いのです。中国政府イコール中国共産党だから、反共だというのは短絡すぎます。

久しぶりに会ったオイラトのトヤさんでも、F・Bには「令和になっておめでとうございます」と書いています。そう思っている人もいるでしょうが、そう思っていない人もたくさんいるのです。そこの理解が難しいのでしょうね。

 

帰宅してからの、お風呂とビールがおいしかったこと。やはり我が家がイチバン!

| モンゴル関連 | 11:20 | comments(0) | - |
きょうこの頃と5月のシルクロード講座のお誘い

ずいぶん、ブログを書かないで過ぎました。

私の関係しているスポーツ分野の仕事で大阪へ2回も往復しました。

 

7月24日から出かけるモンゴルの旅の準備が最高潮だったこともあります。

まったく、シルクロードとスポーツ分野の二足のワラジという生活スタイルは、多忙という副産物しか産みません。

でも、それも覚悟の上の生活。甘んじて「多忙」を楽しんでもいます。

 

自宅では、メールでですが、九州や北海道あるいは岩手県や石川県など、全国各地と連絡を取り合っています。

私の構想や戦略が着々と実を結びつつあります。

 

このころは、改元ということでメディアは大騒ぎ、というか狂想曲。

テレビもこれにしがみついて、大騒ぎ。一体どうしたことでしょう。

これで1〜2週間過ぎれば、改元など忘れたかのように、次のターゲットに絞って、また別の騒ぎをすることでしょう。

 

そういう私は、連休の時くらいは孫娘が来なくてはいけないと思っています。

娘に電話すると、向こうで夫に向かって「また、おじいちゃんの禁断症状が出たみたいよ」と会話しています。

親に向かって何を言うのか、と思いますが、事実ですから仕方がありません。

おばあちゃんの料理のお手伝いです。ノリをかけたくらいですが、大満足のようでした。

「久しぶりだからハグしよう」といっても、もうダメでした。

それが、お母さんとはこの通りです。冗談で「おじいちゃんともそうしよう」でも、ダメでした。

 

外出しないときは、テレビ番組で改元に関係のない番組を探すのに苦労していました。

それにしても「テレビ東京」は、首尾一貫して独自の、独特の編集方針を堅持したまま放映をしています。

しかし、この改元では皇室という一私人の行事を政府が「国事行為」として扱うなど、憲法違反を数々と犯しています。

いるかいないか事実関係のわからぬ「祖先」に報告をするのは、まったくの個人問題でしょう。

改元されて、一番最初に動いたことは、各種消費食品の値上げ攻勢です。

焼酎に割るウ―ロン茶も値上げです。

 

イチャモンはこれくらいにして、事務局長が作成してくれた5月のシルクロード講座のお知らせです。

 

日本シルクロード文化センター会員の皆様
シルクロード講座等行事に参加されたみなさま

シルクロードファンのみなさま

 

狛江市では道の両側に市民の手で植えられたハナミズキとつつじが美しい季節となりましたが、みなさんのお住まいの所では、いかがですか。

5月のシルクロード講座のご案内です。

第73回の「アフガニスタンを知るつどい」で「シルクロードの十字路・・・アフガニスタン」で講演をしていただいた創価大学教授の林 俊雄先生にお話をしていただきます。

中央大学の考古学シンポのときの、林 俊雄先生です。

    102回シルクロード講座

草原遊牧権力の発生

講師:東洋文庫研究員の林 俊雄さん

草原の騎馬遊牧民は強大な軍事力をもって隣接する南方の定住農耕地帯に脅威を与えました。

彼らの間で紀元前1000年前後に最初に権力が発生した経緯を大型古墳の造営という観点から話していただきます。

日時:5月11日(土)13時〜16


場所:狛江 みんなの広場(狛江市東和泉2-20-12 えのき2番館1階)

   小田急線・和泉多摩川駅徒歩5分

   地図 http://silkroad-j.lomo.jp/kouza/hiroba.jpg

参加費:1,000 円

| シルクロード講座のお知らせ | 09:35 | comments(0) | - |
第101回シルクロード講座「モンゴル遊牧民の暮らしと文化」報告

FB_IMG_1552351898601.jpg4月13日(土)の第101回シルクロード講座は、以前この講座でカザフ刺繍の話をしてもらった廣田千恵子さんの紹介で、西村幹也さん(北海道在住、NPO法人北方アジア交流センターしゃがぁ代表)にお願いました。

「遊牧の民の調べコンサート」を聞きにいかれた方は、MCをやられるので、ご存知かもしれません。

北海道羊蹄山麓に北方アジア遊牧民博物館を2016年10月8日にオープンして、「草原での生活」「タイガでの生活」「アルタイ山脈での生活」「宗教と音楽・美術」の4つのコーナーで、貴重な民具類を展示しています。
文化人類学や宗教人類学を専門とし、モンゴル地域のフィールドワークを20年以上に亘り行い、シャーマニズムやツァータンの生活の研究を中心に、カザフの文化研究やタヒ管理センター支援、ゴビ地域へ馬頭琴を届ける活動などを行っています。

日本国内でコンサートや写真展なども精力的に開催。『もっと知りたい国モンゴル』(心交社2009)の他、共著多数。風の旅行社のモンゴルツアーのガイドもされています。

 

P4130143.JPG お話は「北アジアの遊牧世界」の概要から始まりました。北アジアの地形を示してモンゴルの位置するところを、また、その自然環境の特徴から遊牧生活・移動生活が合理的であること、直接的自然環境資源はほとんどないので、家畜(ウマ、ウシ(ヤク)、ヒツジ、ヤギ、ラクダ)は食料も、衣料も、燃料(糞)も供給してくれる貴重な財産であることなどを知りました。

遊牧生活によって育まれる基本的なモノの考え方は、1人ですべてのことが出来なくては生きていけないということでした。分業はなし、その時やれる人がやれることをやる。見習いたいですね。

 

遊牧民にとっての自然理解の常識、・土地は誰のモノでもない、・自然界に境界線はない、・人はP4130146.JPG地上に生きるモノ(地面の下は別世界)、・家畜は人のものではない(天のもの)。私がモンゴルに行った時、草原に移住して来た農民が畑の周りに柵を作り、入り込んで来た家畜を撃ち殺してしまうという話や、ゲルキャンプで、ごちそうにヤギを1頭屠ってくれ、天寿を全うしたヤギの毛皮、肉、内蔵のすべてを使い切っていたのを思い出しました。
遊牧民による土地区分の話も、スライドの映像と随所に遊牧民の暮らしが折り込まれて、とても分かりやすいものでした。

 

シルクロード文化センターのツアー、今年はモンゴルということもあって、参加予定者も聞きにいらして、旅の具体的な質問もとびかっていました。

 

現地に通い続けて遊牧民とともに暮らした西村さんならではの興味深い話に、あっという間の3時間でした。(周東)

 

 

 

| シルクロード講座の報告 | 05:17 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE