シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
日本に伝わる前の仏教知る鍵 ウズベキスタンで壁画発見(11月18日の朝日新聞の見出しから)

※ここからは野口の文章です。

 

2016年8月のこと、キルギスからの帰国の途次、ウズベキスタンのブハラ空港に着きました。そこで、見たことのあるような、ないような高齢の方を見かけました。

 

それが加藤九祚先生でした。いまで思えば病気のために痩せておられ、風貌が変わってしまった九祚さんの前を何度か、行きつ戻りつして、ご本人であることを確認してから話しかけました。「九祚さんじゃないですか。こんなところでお会いできて・・・」と話しかけました。「おやおや野口さん。どこからお帰りですか?」のような会話を交わしました。

九祚さんは、立正大学のメンバーとご一緒でしたので、それ以上話すことは控えましたが、これが私が九祚さんとお会いした最期でした。

 

先生の遺志を引き継いで活動されている立正大学が中心となった今回の壁画発見を、天国の九祚さんは目を細めて喜んでいることと思います。

 

加藤九祚さんは創価大学を退職されてから、研究活動を続けるためにご苦労されていましたが、奈良の薬師寺さんの協力がありました。その後、私も奈良を訪れたことがありますが、先生の研究への執着が多くの者を引き寄せたのだと思います。

 

私たち日本シルクロード文化センターは、毎年1月の講座には必ず九祚さんをお呼びして、終わってからの懇親会でもしたたかに飲んだものです。そして、二次会は成城学園のなじみの店でした。

そしてもう一つの研究団体「パミール中央アジア研究会」でも、会の設立者でした。

ここでも講演をお願いしてからの懇親会では、いつも心から楽しそうに飲んでいました。

まさに、高歌放吟  2011年1月のシルクロード講座終了後の懇親会で

 

晩年になってからの九祚さんは、『アイハヌム』を読み上げるだけの状態になりましたが、私たちは九祚さんにお会いして、一緒に楽しく酒を飲むことが何よりの楽しみになっていたのでした。

もう20年近く前になりますが、1999年、九祚さんが「南方熊楠賞」を受賞した際、吉祥寺のホテルで祝う会を催した時のことを、忘れることはできません。九祚さんは心の底から嬉しそうな表情でした。

今回、カラ・テペでの壁画発見は、この九祚さんの長年の苦労が報われたものだといえます。

 

わたしや私を含めた何人かはテルメズでお手伝いをしたいといったことがあるのですが、ことごとく断られました。それはこの発掘現場はウズベクの軍の基地の中にあるからです。それで私はすっぱりと諦めることがきました。

 

しかし、加藤九祚の夢はやっとかないました。わたしや多くの友人たちはそのように思っていることと確信しています。

この内容を詳しく知り、実物に対面できる日が訪れることを心から待っていたいと思います。

 

ウズベクの空港で偶然お会いできた時のことが、今でもまざまざと思いだされます。

九祚さん、ほんとうによかったですね。おめでとうございます

狛江のなじみの店で・・・

 

| シルクロード | 05:14 | comments(0) | - |
日本に伝わる前の仏教知る鍵 ウズベキスタンで壁画発見 

きょう(18日)の朝日新聞からの引用です。

             編集委員・永井靖二

2018年11月18日05時04分

カラ・テペ遺跡で見つかった壁画の一部=立正大学ウズベキスタン学術調査隊提供

カラ・テペ遺跡で見つかった壁画の一部

=立正大学ウズベキスタン学術調査隊提供(以下の写真も同じ

 

 

 

 

 シルクロードをへて広がった仏教美術の源流をうかがわせる極彩色の人物壁画が、中央アジアウズベキスタンで発見された。立正大学と現地の研究者による共同調査団が見つけた。2〜3世紀の作とみられ、仏教が日本に伝来する前にいろいろな文化に触れながら変容してきた姿がわかる貴重なものという。

 

 壁画はウズベキスタン南部、アフガニスタンとの国境の街テルメズ郊外の仏教遺跡「カラ・テペ」(カラ・テパともいう)で2016年秋に見つかった。丘の上数百メートル四方の範囲に仏塔や僧院がある遺跡で、北端の仏塔の脇を約2メートル掘り下げて見つかった石室内に描かれていた。壁画の全体像は解明に至っていないが、このほど提携先のウズベキスタン芸術学研究所から画像の公開が認められた。

 

 縦横1メートル余の範囲に複数の人物が描かれており、赤や青の鮮やかな色彩が残る。この遺跡では、様式などから2〜3世紀のものとみられるギリシャ・ローマ風の人物やインド神話の巨鳥ガルーダの頭部の像のほか、バクトリア語が記された陶片などが出土しているが、まとまった壁画は見つかっていなかった。約300キロ南にあり、タリバーンに破壊されたアフガニスタン仏教遺跡バーミヤン(6〜7世紀)より古い。

 

 この一帯はバクトリア地方と呼ばれ、北インドのクシャーン朝で2〜3世紀に最盛期を迎えたガンダーラ美術の影響下にあった。紀元前5世紀ごろに釈迦(しゃか)が唱え、その後約1千年かけて日本へと伝来した仏教はインドから北西へ出て、アジア内陸部を時計回りに伝わったとみられ、その経路にあたる。日本側の調査団長で立正大学仏教学部の安田治樹教授は「釈迦の生涯を描いた物語図の一部ではないか。彫像や陶器に比べて壁画は残りにくいだけに、日本へ伝わった仏教の変遷をたどるうえで貴重な知見だ」と話す。

 

 私の意見や加藤九祚先生との思い出や感想などは明日、掲載します(野口)。

| シルクロード | 10:40 | comments(0) | - |
シルクロードの音楽を堪能しました

 

 会場の設営は役員みんなでやります。

 

 11月10日の土曜日、日本シルクロード文化センター恒例の「シルクロードの集い2018」を開きました。

 内容は佐藤圭一(ちゃるぱーさ)さんのお話しによる「アフガニスタンの歴史と音楽」の講演。

佐藤圭一さんのお話しは、とても分かりやすいアフガニスタンの歴史でした。前回のアフガニスタン大使館の館員による“アフガニスタンはこの世の天国だ”式のお話しよりもよほどわかりやすい内容でした。

 

続いて、「アフガニスタン:歌と音楽と踊り」。

やぎちさとさんが加わって「ちゃるぱーさ」としての歌と演奏、そして若い女性2人「シャランシャラン」によるアフガニスタンの踊りがありました。

「シャランシャラン」のお2人。左が上村菜々子さん、右が中井夏美さん

 

ちゃるぱーさの演奏ではお2人の息の合った演奏とともに、真ん中にちょこんと座っている息子のあきら君の姿が印象的でした。彼も両親と一緒に演奏しているのでしょうね。

ちゃるぱーさ一家です

若いうちから鍛えなければ・・・割りばしでお酒をお口に

 

若い2人のうちの1人、上村菜々子さんは狛江市の隣の調布市で美術の先生をしながらアフガン舞踊をしています。もう一人は中井夏美さん。

菜々子さんと話し合ったことがあります。

狛江市で毎月続けている「シルクロード講座」をとなりの調布市でも開きたい、と。“いつでも全力で応援するから・・・”と言ってはいるのですが、なかなかうまく進みません。そのうち、うれしいお知らせができるかもしれません。

 

 

 2番手は「アミン&慶九さん」のお2人。

題して「ペルシアの詩・声・弦の響き」。

アミンは東大大学院で放射線分野の研究をしている学者の卵ですが、幼いころから民族音楽を学んでいる青年です。

 歌法は、西洋音楽と違った歌い方。特に余韻のところで、さらにバイブレーションを駆使しての歌法が印象的でした。

アミンと慶九さん

懇親会であきら君と遊ぶ慶九さん

 

慶九さんは、変わった名前ですが、イラン留学中に名付けられたニックネームだそうです。

わたしは会ったことがないのですが、慶九さんはまるで「紫式部」を現代版にしたような方。“不思議な魅力を持った謎の女性”とでも言えそうな人です。

 ここでは「マーフール旋法」という何やら難しい演奏法の説明などもあり、イランの音楽を堪能することができました。

 

 

 最後がお馴染みの「モンゴル舞踊研究会」による踊りと馬頭琴の演奏です。

 主宰のマンダブインさんと佐藤淳子さん。もうお2人とも小さな子どもを持つママさん舞踊家です。そして馬頭琴で初出場のアラタンチロさん。38歳。

モンゴル舞踊研究会の佐藤淳子さん

マンダブインさん

馬頭琴演奏のアラタンチロさん

 

 今回のイベントは昨年まで、多くのグループに出演していただいたので、一つのグループの演奏時間が20分ほどの短いでした。

 

分かりやすいアフガニスタンの歴史のお話しと、今回は出演を3グループに絞ったので30分×3グループの舞台を堪能することができました。

参加者の皆さんにとっては、かなり贅沢な時間だったと思います。

 

 一方で、昨年より少なかった演奏者も含めて40人前後という参加者ですが、やはりアフガニスタンやイランとなると、国際的な紛争や内戦、テロや「制裁」などのマイナスイメージがある地域です。自然と人が集まるようなものではありませんでした。それは先刻承知だったのです。これまではウイグルやモンゴルの踊りや演奏が重点でしたので。ウイグルの歌と踊りと演奏は、当人たちが出演することに勇気のいる情勢になっているからです。日本でもどこでも中国当局(大使館や特殊なメンバー)の目が光っているからです。

そして、私たちの広報力にも限度があります。

 

 シルクロードだから人が自然に集まってきて、歌や演奏や踊りなどを見たいという状況にはなりにくい国際情勢に変化してきているのです。

 そして私たちのイベントも10数年続いています。毎年の常連さんたちも高齢化してきていますし、マンネリ化しつつあります。

 

 次回からは、それらのところをじっくりと検討していきたいと思います。

| シルクロード | 03:23 | comments(0) | - |
100万人のウイグル人やカザフ人たちを救って!

26歳のカザフ人学生、ボタ・クサインさんとその家族は、2013年に中国・新疆ウイグル自治区からカザフスタンへ移住し、そこで幸せに暮らしていました。ところが、2017年11月、父親が治療を受けるために同自治区へ戻ったきり、帰ってきませんでした。

 

3カ月後、「再教育のために」強制収容所へ送られたことを親族から聞かされました。父親の消息は、依然として不明です。

 

ボタさんの話は、めずらしいものではありません。

中国・新疆ウイグル自治区では現在、100万人にのぼる人々が、不当に拘束されているとみられています。その多くはイスラム教の信仰を持つウイグル人やカザフ人たちで、宗教・文化を大切にして暮らしている人たちです。

この拘束は、国家と中国共産党への政治的忠誠を強化させるために、信仰や文化的アイデンティティを捨てさせようとする中国政府の取り組みの一環です。

 

100万人にも及ぶウイグル人やカザフ人たちの不当な拘束をやめるよう、中国政府(駐日中国大使)に要請してください。

 

新疆ウイグル自治区では、治安強化の名の下に「脱過激化条例」が2017年3月に制定されました。それ以前から行われてきたウイグル人たちの収容などの弾圧は、この条例制定以降、さらに激しさを増し、ボタさんの父親のようにテロや過激派と無関係の人が、大量に拘束されています。

 

この条例は禁止事項として、「正常でないヒゲを蓄えること」「公共の場で全身を覆うニカブや頭を隠すヒジャブを着用すること」などを列挙しています。同条例のもと、「定時にお祈りすること」「イスラムやウイグル文化に関する書籍を所持すること」「飲酒を断ること」「国外へ留学すること」「国外と連絡を取ること」も、「過激派の徴候である」と見なされかねません。

 

ボタさんの親族も、疑われることを恐れて、連絡を絶ってしまいました。

条例は2018年10月に修正され、収容先として「職業技能教育研修センター」が設けられることになりました。同センターについて自治区人民政府主席は、「テロと宗教的過激派を育む環境と土壌を取り除くことを目的に、共通語(中国語)教育、法知識教育、そして職業訓練を無料で行っている」と説明し、上述のような大量拘束を正当化しようとしています。

 

しかし、同センターでは拷問や虐待が行われており、死者すら出ているという情報が、ひっきりなしに寄せられています。

| ウイグル情報 | 03:20 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE