シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
シルクロードのブラックホール

 

シルクロードを研究するものとして、現在におけるブラックホールは、アフガニスタンとイラクでしょう。私はいまだに行くことができていません。

 

いまでは、これにシリアが加えられるでしょうが、そうそうサウジアラビアもあまり行くイメージのないところです。

わたしは個人的にはシリア、ヨルダンやイランなどは行っていますが、今でも“治安の悪いところ”ともいわれています。しかし、シリアを除いてヨルダン、イランは、実際は全然安心なのですが・・・

 

しかしみなさん、もう一つブラックホールがあるのです。

それは朝鮮半島北半部です。

今まであまりにも“危険な国”“独裁国”“人権なき国”“テロ国家”などのレッテルが強烈に張り付けられていたので、シルクロードのロマンを感じるには、あまりにもかけ離れていたのだと思います。

 

先週の19日、私は初めて小平の朝鮮大学校へ行きました。そこで元外交官だった浅井基文さん(元広島平和研究所所長、大阪経法大学客員教授)の講演と、北と南の大学教授やジャーナリスト3人の「討論会」があったのです。

講演会のテーマは、対決から平和へ ――今後の朝鮮半島の行方――と題するものでした。

 

南北首脳会談、米朝首脳会談で朝鮮半島に立ち込めていた“核戦争の危機”が一挙に対話と平和の方向に進み始めたのです。まさに歴史的な出来事です。

20世紀、72年のニクソン・毛沢東会談による米中国交回復、86年のレーガン・ゴルバチョフによる米ソ首脳会談によって、冷戦構造による核戦争の危機から対話へと歴史が開けていった大きな出来事がありました。そしてソ連の崩壊にいたったのです。

 

今回の米朝首脳会談は、まさに21世紀初頭における最大のできごとだといえます。

朝鮮半島と北東アジアさらには世界に平和が訪れる出来事の次には、国交正常化から国交回復へという道と展望が開けてきます。

そうすると、学術文化の分野における開放と交流が続きます。

まさにシルクロードのブラックホールに孔があき、西域から中国を経過して朝鮮半島で花が開いた古代文明が、日本へと続いた歴史が明らかにされてきます。

 

朝鮮大学校には「歴史博物館」がありました。受付に書籍類の販売がされており、そのパンフレットを発見しました。歴博のパンフが私を呼んでいたのんです。80年代に東京で高句麗展が開催されたときに展示されたものがすべて寄贈されたとのことです。

来週には大学校の国際交流委員会の幹部にお願いして歴史博物館を訪れることになりました。そこの事務局長が案内してくださるとのこと。

 

余談ですが、私が北京留学中のこと、1965年当時、日本国内でも争われていた「日韓条約」に反対する運動がありました。かつて日本が、朝鮮半島全体に途方もない犠牲と損害を与えたにもかかわらず、韓国との交渉だけで賠償をするというやり方に多くの国民は違和感を覚え、反対もしていたのです。

そしてあるとき、北京在住の日朝両国留学生の代表団で会談を行うことになりました。私がそのときの日本側代表でしたが相手側と会談を行いました。そのときの北朝鮮側の留学生たるや、まるで外務省の高級官僚のように、完璧に自国政府の政策をふまえて論じ、たたかいの方向をさし示していたのです。政策のテクノクラートでした。

討論会での3人のハイレベルな弁論もそのときのことを鮮明に思い出させてくれました。

 

しかし、それはともかく今回の講演会を通して、そして私を通して朝鮮半島北半部とのシルクロード交流の突破口ができればよいと考えています。

わが日本シルクロード文化センターの会員にも“渤海を研究したい”という人が現れています。来年には、北方面へのシルクロードツアーを実施したいとも思っていますが、“その辺りの歴史遺産は軍事基地を通らなければいかれないところなので”かなり難しいということです。そうなると許可が出ません。

 

さあ〜どうするか〜〜

まあ、何とかなるでしょう。

未来は明るいんだから〜〜〜〜〜

 

2人で軍事境界線を越えて北朝鮮側に入った際の握手の写真

軍事境界線を越えて韓国側に入った北朝鮮最高指導者金正恩と韓国大統領文在寅

トランプ大統領と金正恩委員長ら両国代表団による会談

両首脳の会談

| シルクロード | 10:32 | comments(0) | - |
シルクロードの天国と地獄

 きのう、南新疆から家族もろとも外国で生活をしている友人からメールが来ました。

 

 高齢で病気が長く続いている母親と6カ月間も連絡が取れず、やっとある方法で連絡が取れたといいます。

 77歳になる母親を介護していた妹が、「トルコへ旅行に行った」という理由だけで「再教育センター」へ6か月間、拘留・収容されていたとのこと。

 

 先日、池袋でラビア・カーディルさんの講演を聞いた時には、再教育センターでは数十パーセントの割合で“行方不明”=生涯、家族のもとへ帰れなくなる人=がいるといいます。

 銃殺されると、銃殺に使った弾薬の代金を遺族が要求されるとのこと。

 もちろん、棺の料金もです。

 

 その妹さんが収容所=刑務所から生還してきて分かったことだといいます。

 その国は、憲法に「基本的人権」も「旅行の自由」もちゃんと書いてあるのに、です。

 

 南疆の観光地に住んでいたその友人には、ウイグル人であっても職場がかなりの「高官」の弟たちがいます。彼らは“土曜日も日曜日もなく働かされて、地獄のような生活”を送っているといいます。

“地獄のような生活・・・”とは、私や私たちには想像もできません。

 

 もう彼らと私が会うことはできません。

 かれらが私たちのような外国人と会うということ自体が“スパイ行為”とみなされるからです。

 

 なぜ、このようなことになるのでしょうか?

 と、こんなことをブログに書いていると、今年のその地への私の旅行も空港でストップ=入国禁止されるのでしょうか。そんなことは許されません。

 

 

 そして、その友人には2か月前、孫が生まれたとのこと。写真が送られてきましたが、わたしの孫の「次」くらいにかわいい赤ちゃんです。

 これはこれで、もう一つの友人の“天国”でしょう。しかし、その喜びのなかでも、言い尽くせない悲しみと怒りがあります。

 

 私も負けずに孫の写真を送りました。でもその孫も、7月で8歳。9歳かな?

 

 今では、生意気なことを言って、おじいちゃんなど気にもとめません。

 それでも私はせっせと、次に会える時に向けて、かわいいプレゼントを買い続けています。おせじだけの「おじいちゃん、ありがとう」の言葉を期待して。

 

 わたしたちのこのような、小さな幸せさえ許されないということは、どういうことでしょう。世界でも最も裕福な大国を自負して、「新シルクロード経済圏構想」だとか「一帯一路」といいながらのこの所業をなんと説明するのでしょうか。

 

 

※今日はそのような事情ですから、写真はありません。

| シルクロードの光と影 | 06:16 | comments(0) | - |
第94回シルクロード講座は「雲南のお茶と古茶樹」

6月9日(土)は第94回シルクロード講座でした。周東がご報告します。

 

講師は鈴木朋博さん。中国茶の高級評茶師で吉祥寺で「青蛾茶房」という無農薬の中国茶のお店を開いています。鈴木さんとは、シルクロード講座で2回講師をお願いしたカワカブ会の小林さんを通して知り合いました。いつもおいしいお茶を淹れて下さるので、下心もあってお願いしました。

 

パワ—ポイントはNational Geographic風に黄色い枠で囲まれた"UNNAN GEOGRAPHIC"。

主人公は鈴木さんが訪ね歩かれた中国雲南省の樹齢1,000年、2,000年と言われる古茶樹たち。お茶の樹といっても、日本の茶畑の丸く刈り込まれた人の腰ぐらいの樹とは違います。標高2,000m以上の高地に樹齢200〜300年以上のお茶の樹ですが、近年までその価値が認められずに薪にされていたとか。葉は長さが20cmもあるような大きな葉で、30mくらいの高さの樹に梯子をかけたり、やぐらを組んだりして、年に1回その若芽だけを摘んでお茶にするそうです。

 

野生種の他に挿し木で増やした栽培種もあって、古茶樹とうたっていても栽培種で、その味わいは雲泥の差ということもあるようです。よいお茶は4煎目以降の味で見分けるのだそうです。

 

話は、茶農家が摘んだ茶葉が製品になるまでの過程、それが遠くまで運ばれて行くための工夫などが紹介され、数年前カワカブ会で茶馬古道を旅したときの体験を思い出して、うんうん、そうそうと一人うなづいていた私でした。ちなみにその旅で整形を体験させてもらったプーアル茶は、未だ大事に保管してありますよ。日本のお茶と作り方が違うので質問続出。

 

 

休憩時間には、茶藝師の渡辺さんがわざわざ来て下さって、おいしいお茶を淹れて下さいました。暑い日向けのさっぱりするお茶「紫娟白茶」(冷茶)とジャスミン茶をいただきました。

 

 

後半は、鈴木さんが訪れた古茶樹たち。日本人研究者が初めて紹介した樹齢800年の二抱えもある茶樹王は、その後道が整備され、回りが踏み固められて枯れてしまった話や、記念切手にもなっているが保存のため周りに柵がつくられている例、標高2,500mにある推定樹齢2,700年の茶樹王、道無き道を通って会いにいった古茶樹たちの話はとても興味深いものでした。

 

 

講座の後は、いつものように狛江駅近くに場所を移しての懇親会。茶談義で話に花が咲きました。

 

 

 

| シルクロード講座の報告 | 17:23 | comments(0) | - |
明日はシルクロード講座の日です

 明日のシルクロード講座のテーマは、「中国雲南省古茶樹彷徨」。

 講師は、鈴木朋博さん。

 「中国茶の高級評茶師」という肩書が添えられています。

 

 その鈴木さんは1年前から吉祥寺で秘境の中国茶を飲める店「青蛾茶房」を運営しているそうです。

 以前から中国の雲南省や隣の国ラオス、ベトナム、ミャンマーなど現地の人も入らないような山奥に分け入って、茶の原生種を探す調査を行ってきているとのこと。

 

 鈴木さんは「要旨」を次のようにコメントしています。

 「限られた人しか知らなかった古茶樹の魅力と現状をお話しします。実際、現地に赴き入手した日本では信じられない巨木で採取したお茶をお淹れします」

 

 

 ※わたしは7年前の2011年1月、雲南省とラオスの茶葉古道(ある講師は「茶馬(ちゃま)古道」だという方もいます)を訪ねたことがあります。

 きょう、ご紹介する写真はその時のものです。イメージ写真です。

 鈴木朋博さんのおはなしとは直接、関係がありませんのでご了承ください。

 

プーアル茶の棚田です

国境付近のハニ族の集落

同じくハニ族集落

 屋根の上のしるしは、神である水牛の魔除け

国立のプーアル茶効率研究所で試飲。彼ははっきりと言いました。

「中国茶は痩せるというのは、まったくの迷信です。痩せることはありません」と。

手織りのデモンストレーションをやってもらったら、照れていました。

はじめは1000年と言っていましたが、最終的には800年に落ち着いた古樹

左は緑茶、その右は熟茶

兵庫県の山仲間と一緒でした

中国とラオスの国境の標識

ラオスのガイドちゃん。日本語も中国語もできなかった

上部座仏教ですね

国境近くのラオス側の集落の住民たち

 

 

 

 

 

 

| シルクロード講座のお知らせ | 10:54 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE