シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
―64 ピシャンで回族のアホンに面会

 さあ、では回族の人そのものに直接、話を聞いてみよう。

ピシャンとルクチュンの間

 

 

 トルファン市のピシャン県は中国で10本の指に入るほど面積の大きな県である。公務員の給料も2004年の1月1日から大幅に上がって、トルファン市より20%くらい高くなったそうだ。その理由は、近くに石油が出て、その利益の2%が県に還元されることになったからだそうである。

 

 回族村の「大きいモスク」の東大寺に行き、初めてアホンに直接、話を聞くことができた。ピシャンのドンバザという集落である。ドンバザとは“バザールの後ろ”という意味だそうだ。

この訪問は2004年のことである。回族のアホンと。

 

 

 ホビジンという回族人のアホンはこの土地の生まれで、クルアーンやイスラームの勉強を12年間続けて資格をとったそうである。

 仕事はどのように?と聞いたが、おそらく通訳のオスマンが間違えて、アホンに仕事以外に何か職業についているのかと聞いたのだろう。「1日5回の礼拝だけで、ほかに仕事なんかできるわけがない」と言われてしまった。そんなこと聞いてないのに、オスマンのサホー(トルファン地方の方言で軽い意味のアホウという言葉)!

これは04年のカシュガルでの撮影だが、写真左がオスマンである。

 

 この地域の集落の戸数は約500戸。人口は2000〜3000人くらいだろう。普通の礼拝は100人くらいだが、コルバン祭りなどの時には1500人くらい集まるとのこと。モスクはこのような人たちのお布施でまかなわれているのだろう。

ピシャン県文信局と下に書いてある。東大寺は回族のモスク(清真寺)

 

 

 このモスクは100年くらいの歴史がある。自治区級の重点文物に指定されている。1994年にモスクの改修をしたが、政府からは30万元の支出があり、その他はみな自己資金で修理をしたそうだ。彼も一応、毎月300元の給料をもらっているそうだが、実際の収入はその何十倍もあるだろう。このモスクにも結婚式だとか葬式だとかで多くの人が来る。一番貧乏な人でも最低150元は出すのだから。給料が300元だというが、それほど安いわけがない。これは、オスマンのウソなのか誤訳なのかのどちらかだろう。

アルバイトなどしていないアホン

 

※「アホンとは、新疆では元来、イスラームの指導者を指したが、のちには年長の男性に対する敬称ともなった。回族においては、清朝以降、一般には清真寺(モスク)などでイスラーム教学を習得し、審査に合格して宗武者の資格・呼称を得たものをさす」(『中央ユーラシア事典』より)。

わたしは、このルートのここの光景が忘れられないくらい美しいものと感じている

| シルクロードの光と影 | 05:55 | comments(0) | - |
ー63  まだウイグルおばさんのおはなしが続きます。

 回族はウイグル人たちと同じムスリムだが、習慣はウイグルとは全然違う。回族は人が多く集まることを嫌う。自分のことを大切にし、秘密を守り、自分や自分たちのことは周囲の人たちに知られたくないと思っている。すぐに他人と仲良くなれない。ハジ(メッカに行ったことのある人)はたくさんいる。メッカに5〜7回も行ったことがある人もいる。

今来た道。ハミまで210辧▲肇襯侫.鵑泙617km、ウルムチまででも737劼△襦

私の背中方面はもう河西回廊。今年8月に行く予定です。

「柳園」は水の出ない街。敦煌の駅ができるまではここから敦煌に向かった。

安西は絶え間なく吹き付ける強風で有名。それで風力発電塔が数千基もできた。

 

回族人の中で貧しい人はほとんどいない。商売が上手だから金持ちが多い。

私の知り合いの回族は4人が仲間になって商売をして成功し、毎週、羊を1匹ずつ殺して4人家族で分け合って食べている。4人のファミリーで家族が合計で50〜60人いる。この4人は商売で互いに裏切らないようにと誓ってやっている。この4人は今、トルファンでは一番金持ちだ、と言われている。

 

 回族には酒を飲む人は少ない。飲んでも家で飲む。タバコもあまり吸わない。貧乏人は少ない。みな金持ち。とにかく、人に隠すことが多い。これが回族の人となりの風評である。

 失礼な言い方だとは思うが、ウイグル人の間では、本当のことを言わない人のこと、あるいは頑固な人のことを、「回族人みたい」という言い方があるという。

 

 なぜ、「大きいモスク」と「小さいモスク」があるのですか

ルクチュンにある回族のお寺(モスク)。ここは「大きいモスク」である。

 

 回族人は田舎の生活より都会の生活の方が好きだ。回族人の商売は、まず料理を作ることからである。それから宗教心が強い、一生懸命にクルアーンを読んで、神に祈る。みなクルアーンを学んでいる。

 

 回族は漢語しか話さない。回族の独自の文字もまったくなく、踊りもない。すべて漢字を用いている。トルファンの回族はウイグル語も70%くらいは話せるが、青海や中原の回族はもちろんウイグル語を話せない。回族はウイグル人ほど音楽、芸術、踊り、文字、言葉、文化も持っていない民族である。

 

 ※と、これはウイグル人の感想である。多少の蔑視を込めているようだ・・・

 

 大きいモスクはウイグル人と同じで、イスラームの行事をきちんと守る。小さいモスクの人は宗教的な行事をおおらかにしている。小さいモスクの回族人のやり方は漢人に近く、イスラームの行事をキチンと守れなかったようだ。回族人の社会的地位、経済力、信仰の強さや宗教的行事のやり方の違いによって、「大きいモスク」と「小さいモスク」と2つの派に分かれたようだ。

 

 「小さいモスク」は漢民族に似ている。金持ちと礼拝するところを別々にされて、貧乏な人でまとまった。外から来た人でも金持ちはすぐに迎え入れられた。

 

 ※、と、これは「大きい回族」の言葉である。

 

 ウイグル人は男の子が7歳になると割礼をするが、回族はしない。針で少しだけ刺して血を出すだけ。

 歴史的なことを言えば、北京の皇帝の住むところもウイグル人が建てた。回族人の建築芸術はない。北京にある故宮の建物を造った人たちもウイグル人であった。

ウイグルおばさんのおはなしは止まらない。左は、昔、ハミの王様に仕えていた女性。

この方のおはなしも、何時間たっても終わらなかった。

 

 ウイグル族のおばさんの言うことは、だんだん回族への悪口になっていくようである。故宮を造ったとなると、これはもう・・・大言壮語になります。

| シルクロードの光と影 | 05:39 | comments(0) | - |
第10回 現代シルクロード研究会開催のお知らせ

最近は、毎月開催の現代シルクロード研究会です。

テーマが積み重なってきていますので、立て続けにしないとテーマを消化でききれなくなっています。

気楽な勉強会です。お気軽にお越しください。

 

 

テーマ「世界史の基礎を創ったモンゴルの歴史」第4回

 

−モンゴル帝国から始まった世界史―

 

                   講師・野口 信彦                       

現代シルクロード研究会」は通算で10回目になります。モンゴル研究も4回目を迎えました。

今回は「モンゴル帝国から始まった世界史」をテーマにしたいと思います。会員が対象ですが、ご希望の方はご一報ののちお越しください。

 

            記

日 時 2017年5月27日(土)午後1時〜4時まで

 

会 場 狛江市泉龍寺・仏教文庫会議室

  

電 話 03−3480−3251

 

郵便番号201-0013 狛江市元和泉1−6−1
            小田急線狛江駅下車徒歩3分程度です。

資料代 500円
狛江駅北口を背中にして左側を直進。突き当りが泉龍寺。

境内の右手奥にある建物が仏教文庫です。

  お問い合わせは野口まで 080−5483−6740

 

 

 

| モンゴル関連 | 08:31 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE