シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
第104回シルクロード講座 7月13日(土) 「遊牧国家とは何か?――匈奴を例として――」 講師:林俊彦(創価大学名誉教授・東洋文庫研究員)

第104回シルクロード講座 7月13日(土)

「遊牧国家とは何か?――匈奴を例として――」

講師:林俊彦(創価大学名誉教授・東洋文庫研究員)

 

今回の講座は、5月に林先生をお迎えしてのシルクロード講座が大好評だったため、その場で7月の講座をお願いして即諾していただいたものです。

 

今回のテーマは表題の匈奴を例として学びました。

この日の講座の特徴は、従来語り継がれてきた「匈奴」の国家としての成り立ちを司馬遷の『史記』の「史記匈奴列伝」などをパワーポイントで映しながらの講義でした。

さらに『漢書』も『史記』を受け継いで書かれていったということにも触れていました。

 

忘れたとはいえ、多少、中国を学んだ身としてもかなり難解な漢文の史記でしたので、なじみのない方にとってはかなり大変だったろうと思います。しかし、これがシルクロードを考古学の視点から学ぶということの難しさだといえます。

 

匈奴の存在が知られたころ、その周囲には東胡と月氏という強大な遊牧勢力がいました。その左右に位置していた2つの遊牧勢力を巧みな作戦と戦術で打撃を与え、やがて当時の漢に対抗するまでになり、やがてこれを凌駕するまでに至った歴史を史記にもとづいて進めました。

左端が講師の林先生。腕組みをしている背中の黒シャツの男性は、仕事の残業続きで、やっとシルクロード講座に出席できた31歳の青年会員

 

 

この日は11日後に迫ったモンゴルへの旅の参加者のうち、初めて講座に参加して「シルクロードなるものに触れるのは初めて」という方がいました。また、練馬区から参加した入会したいという方、あるいは講座に参加してもおしゃべりや居眠りに忙しい方などもいましたが、改めて聞く講座の話に聞き入っていた人がほとんどでした。

会場は補助の椅子を出すほどの大盛況でした。

 

この日の受講者は今年2番目に多い22名でした。

左が練馬区から参加された入会者。真ん中がモンゴルツアーに参加する「シルクロード初見参」の女性。

 

 

次回は(8月は暑いのでお休みです)9月14日です。

ウイグル人のアフメットさんや彼の奥さんあるいは友人たちが、いま行われている新疆での強制収容のことなどについてお話しします。

関心の高いテーマですので従来の会場では入りきれない可能性がありますので、9月に限っては狛江駅前の泉龍寺境内にある「仏教文庫」で開催します。多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

| シルクロード講座の報告 | 11:36 | comments(0) | - |
ウイグル人の血の叫びを聞きました

前回のブログから、言葉にできないほどの多忙な毎日が続いて続編を書けないままで過ぎてきました。

きょう12日は午後3時すぎからの行動にして、やっと多少の時間を確保しました。

 

このブログの,任盻颪い織ぅ螢魯爐気鵑箸呂修慮紂▲瓠璽襯▲疋譽垢鳩搬單渡辰糧峭罎鮓魎垢靴届辰傾腓辰討い泙垢、彼の名前は正しくは「アフメット」さんだということが分かりました。

 

彼については、9月14日の土曜日に「シルクロード講座」でじっくりお話ししていただくことになりました。ご期待ください。そして会場も変更して多少広い会場になりましたのでどうぞお越しください。狛江駅前の「仏教文庫」です。

 

証言の続きです。

 

ムハラムさん ☆ウイグル人の名前は日本人にとっては、まったく聞き取りにくく覚えにくい言葉なので間違っているかもしれませんが・・・

 

彼のお父さんは「イマーム」。イスラム教徒の指導者という意味になります。

17年3月24日、突然、拘束されました。

「騒乱蒸発罪」(?)という罪で6年の懲役刑を科されたということです。

しかも、彼の家には2つの「監視カメラ」が設置されて、その費用も彼らの家族が支払うそうです。

 

まだあります。その家には漢人の女性(おそらく安全局の者)が監視のために住み着いたということです。無論、宿泊代や何もかも無料で、です。

 

そういえば以前聞いた話ですが、あるとき、ある男性が、何かの罪で突然拘束されて、間もなく遺体となって帰ってきたという話がありました。しかも当局は、殺された男性を銃殺した「弾丸代」と遺体を収めた「棺の代金」を請求してきたと言います。

 

イスマイルさんの証言

ある友人の子どものことです。

子供が生まれれば、当然、親や親族が名前をつけます。しかも、宗教上、つけてはいけない名前もあるということです。それが当局によって、つけてはいけない名前を付けられたといいます。

 

しかも小学校では、ウイグル語は禁止。漢語以外は話しても書いてもいけない。しかも1年生から寄宿舎生活です。

彼は言います。「ウイグル人は今、何を考え、言い、何を考えて生きて行けばいいのか分からない状況」と訴えています。

 

日本に帰化したウイグル人の訴え

文革の際、祖父はかなり広い土地があったので逮捕されて強制労働。10年死去。

父は17年にパスポート没収。日本に留学していたわたしに会いに来ることができなかった。

 

姉のハサンは、初めに生んだ子と3年以上離れていないと次の子を産んではいけないと、当局から命令されたといいます。

兄は、17年3月に夫婦で拘束。兄は懲役2年。

姉夫婦の逮捕理由は「まわりのウイグル人の信用があついから」。

「今はウイグルの全域のモスクが破壊された模様」といい、モスクが収容所になったとも言います。

 

17年までは簡単にパスポートを入手することができたが、18年4月に一気にウイグル人全員のパスポートを没収された。そして、外国で何をしたのか、どこへ行ったのか、何をしたのか、中東に行った人は「テロを教わったのではないか」

などと詰問され、それで数十万人が一斉につかまったといいます。

 

事実、私の友人の妹が、トルコへのパックツアーに行って、ウルムチの空港へ返ってきた時に、ツアーに参加した全員が拘束され、収容所に入れられていました。カナダにいる姉からの悲痛なメールで分かりました。

 

あとは9月の「シルクロード講座」でお聞きください。

| ウイグル情報 | 12:04 | comments(0) | - |
ウイグル人の血の叫びを聞きました

この集会の中心メンバーは水谷尚子さんです。今朝見た彼女のフエースブックでは、こんなことがありました。

集会を取材したいメディアには「登録」をお願いしてきたが、ただ一社フジテレビだけが、何度言っても登録をしないで会場に来て、無断でウイグル人をロビーに連れ出してインタビューをするなどの行動をとったと非難しています。

水谷さんのフエースブックには、そのフジテレビの報道がありました。そこには櫻井よしこという怪物までいました。

 

反共を是とする会社ですから、掟破りまでしてそのような行動をとるということは、“あのフジテレビだからそういうことをするんだよな”と思う人もいると思いますが、声を上げて批判しなければなりません。

私は重いカメラを担いでいったのですが、おかげで一枚も撮影しませんでした。

 

10人近いウイグル人の証言から

イリハムさんは私が昔からよく知っている人です。

・多くの在日ウイグル人が困難に陥っていることの一つが、パスポートの期限が切れているということです。中国大使館に行くと「自分の故郷に帰ってパスポートを更新しろ」というが、帰ればそのまま拘束されることは明らか。

・もうひとつは頻繁な「無言電話」。それは暗に「お前の動きをすべて把握しているから黙っていろ」という脅かし。

・きょう、ここで承認に建てるのは私を除いて9人くらい。それ以外の数千人の在日ウイグル人は恐怖におびえてここに立てないでいる。

☆きのう私のメールにも「野口さん、新疆のおいしい料理が懐かしいですよね。今度一緒に新疆へ行きませんか」という怪メールが来ていました

☆このパスポート問題は、現在日本政府は、期限が切れても延長を黙認しているという状態になっています。以前、エジプト政府はパスポートが切れたウイグル人を強制送還しました。このような措置をとるのでなく、自動的に延長を認めてほしいということが彼らの希望だといいます。

ウルムチ事件10周年を期して

ウルムチ騒乱事件では数千人が行方不明になっていますが、政府は百数十人の死者と偽っています。

この事件のあとかなりたってから北京の中央民族学院の教授をしているウイグル人がアメリカのメディアの取材に答えて逮捕され、無期懲役になった事件が起こりました。

・現在の状況のもとで、100万人くらいが拘束されているといわれていますが、ウイグル人はもっと多いと感じているようです。2〜300万人ではないだろうかと。

・その中で特徴的なことは、ウイグルの独自の文化を支える著名人が特に多いことです。そのような著名人が大量に一斉に姿を消すということがこの問題の特徴のようです。

・2か月、3か月前に、突如として拘束されて行方不明になった家族の元へ、死を知らせてきました。当局は「彼(彼女)が自主的に再教育を受けに来た」という。このように家族や親族の関係がグチャグチャにされているのが現在の新疆のウウイグル人家庭です。証言はまだまだ続きます。

何人目かに登場したイリハムさんの妻

彼女の兄は42歳、新疆大学卒業。

18年1月、兄夫婦と次兄の嫁が突如行方不明に。

19年5月に釈放されてきたが、それ以降、行動が規制されている。

範囲は彼らの住む団地内だけに限られています。

心臓を適出される恐怖 あるウイグル人

兄が友人の誕生祝いに行って、そこでそこの家族とともに拘束された。兄は若いので、最も恐れたことは「臓器移植」で心臓を取られることだった。

子供が留学しているので・・・・

彼女の兄は新疆大学の教員だったが、ムスリムの食堂でハラム(豚肉の入らない料理)の食事を食べると罪になるという。豚肉しか食えないという拷問状態になっている。

2〜3日後、ウルムチの母親に「なぜ、娘が日本に行っていることを言わなかったのだ」と脅かされた。その母は脳梗塞で倒れたので、19年4月に替わりに姉が拘束された。

 

証言はまだまだ続きます。

| ウイグル情報 | 11:14 | comments(0) | - |
ウイグル人の血の叫びを聞きました

きのうの6日。超多忙な中、お茶の水の明大リバティタワーで「ウイグル人証言集会〜〜中国新疆ウイグル自治区・ムスリム強制収容を語る〜〜」という集会に行ってきました。共催は、明大中国研究会とアムネスティ日本。

 

メヒルグ・トゥルスンさんという女性の知識人が亡命先のアメリカからビデオやスカイプで出場。久しぶりに美しいウイグル語をたっぷり聞きました。

そのあとは、10人近い在日ウイグル人から血を吐くような証言の数々。

題して「在日ウイグル人の置かれた状況について」。

 

ここでは証言を中心に書きますが、私の得た情報や当日配布された資料や最近の新聞報道なども参考にして書いていきます。

 

どこの国のものかはわかりませんが、衛星通信を分析すると、新疆の新しい収容所らしき建築物が大量に増えているといいます。

ところがこの日の報告で驚いたことがもう一つあります。火葬場が爆発的に建設されているというようです。

もともとムスリムのウイグル人は100%が土葬です。ウイグル人にとって火葬などということは、これほど忌まわしく許しがたいことはありません。許しがたいということは近年の新疆ウイグル自治区の出来事のほとんどがそうなのですが・・・・・

 

もうひとつ驚いたことは、ウイグル人の各家庭に漢人が強制的に住み着いているということです。理由は「監視のため」です。

監視といえば、街頭やバス停などはもちろん、各家庭の玄関先や路地に至るまで「監視カメラ」が網の目のように張り巡らせているということもそうです。

 

すでに中国の国家安全委員会の予算は軍事予算の総額を上まわっています。

それほどの国家予算を少数民族の弾圧や中国人一般に対する監視体制に途方もない国家予算を費やしているのですね。

この費用を民族間の団結や人権尊重などにその予算を費やせば、中国はもっともっと発展し、世界から信頼されるとおもいます。

 

まだまだ深刻なことが起きています。

ムスリムのウイグル人は絶対に100%豚肉を食べません。それが収容所では、朝は「マントウ」にスープ、昼は「豚まん」(豚肉の入ったマントウ)だそうです。それは死ぬほど苦しいことで、絶対に受け入れられないことだそうですが、当局の弾圧は、これくらいでは、まだまだのようです。

 

余談ですが、私の調べたところでは預言者のムハンマドは、この教義を伝えるときに「例えば砂漠の真ん中で食料が一切なくなった時に、そこに豚が居れば、それは食べても良い」という教えがあるそうです。しかし、一般的に絶対に食べられないと分かっている豚肉を食べさせることも、拷問です。

 

(この日は、許可を得たメディア以外は写真撮影を禁止でしたので、今日のところは写真がありません)。

 

| ウイグル情報 | 10:17 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE