シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
第94回シルクロード講座は「雲南のお茶と古茶樹」

6月9日(土)は第94回シルクロード講座でした。周東がご報告します。

 

講師は鈴木朋博さん。中国茶の高級評茶師で吉祥寺で「青蛾茶房」という無農薬の中国茶のお店を開いています。鈴木さんとは、シルクロード講座で2回講師をお願いしたカワカブ会の小林さんを通して知り合いました。いつもおいしいお茶を淹れて下さるので、下心もあってお願いしました。

 

パワ—ポイントはNational Geographic風に黄色い枠で囲まれた"UNNAN GEOGRAPHIC"。

主人公は鈴木さんが訪ね歩かれた中国雲南省の樹齢1,000年、2,000年と言われる古茶樹たち。お茶の樹といっても、日本の茶畑の丸く刈り込まれた人の腰ぐらいの樹とは違います。標高2,000m以上の高地に樹齢200〜300年以上のお茶の樹ですが、近年までその価値が認められずに薪にされていたとか。葉は長さが20cmもあるような大きな葉で、30mくらいの高さの樹に梯子をかけたり、やぐらを組んだりして、年に1回その若芽だけを摘んでお茶にするそうです。

 

野生種の他に挿し木で増やした栽培種もあって、古茶樹とうたっていても栽培種で、その味わいは雲泥の差ということもあるようです。よいお茶は4煎目以降の味で見分けるのだそうです。

 

話は、茶農家が摘んだ茶葉が製品になるまでの過程、それが遠くまで運ばれて行くための工夫などが紹介され、数年前カワカブ会で茶馬古道を旅したときの体験を思い出して、うんうん、そうそうと一人うなづいていた私でした。ちなみにその旅で整形を体験させてもらったプーアル茶は、未だ大事に保管してありますよ。日本のお茶と作り方が違うので質問続出。

 

 

休憩時間には、茶藝師の渡辺さんがわざわざ来て下さって、おいしいお茶を淹れて下さいました。暑い日向けのさっぱりするお茶「紫娟白茶」(冷茶)とジャスミン茶をいただきました。

 

 

後半は、鈴木さんが訪れた古茶樹たち。日本人研究者が初めて紹介した樹齢800年の二抱えもある茶樹王は、その後道が整備され、回りが踏み固められて枯れてしまった話や、記念切手にもなっているが保存のため周りに柵がつくられている例、標高2,500mにある推定樹齢2,700年の茶樹王、道無き道を通って会いにいった古茶樹たちの話はとても興味深いものでした。

 

 

講座の後は、いつものように狛江駅近くに場所を移しての懇親会。茶談義で話に花が咲きました。

 

 

 

| シルクロード講座の報告 | 17:23 | comments(0) | - |
明日はシルクロード講座の日です

 明日のシルクロード講座のテーマは、「中国雲南省古茶樹彷徨」。

 講師は、鈴木朋博さん。

 「中国茶の高級評茶師」という肩書が添えられています。

 

 その鈴木さんは1年前から吉祥寺で秘境の中国茶を飲める店「青蛾茶房」を運営しているそうです。

 以前から中国の雲南省や隣の国ラオス、ベトナム、ミャンマーなど現地の人も入らないような山奥に分け入って、茶の原生種を探す調査を行ってきているとのこと。

 

 鈴木さんは「要旨」を次のようにコメントしています。

 「限られた人しか知らなかった古茶樹の魅力と現状をお話しします。実際、現地に赴き入手した日本では信じられない巨木で採取したお茶をお淹れします」

 

 

 ※わたしは7年前の2011年1月、雲南省とラオスの茶葉古道(ある講師は「茶馬(ちゃま)古道」だという方もいます)を訪ねたことがあります。

 きょう、ご紹介する写真はその時のものです。イメージ写真です。

 鈴木朋博さんのおはなしとは直接、関係がありませんのでご了承ください。

 

プーアル茶の棚田です

国境付近のハニ族の集落

同じくハニ族集落

 屋根の上のしるしは、神である水牛の魔除け

国立のプーアル茶効率研究所で試飲。彼ははっきりと言いました。

「中国茶は痩せるというのは、まったくの迷信です。痩せることはありません」と。

手織りのデモンストレーションをやってもらったら、照れていました。

はじめは1000年と言っていましたが、最終的には800年に落ち着いた古樹

左は緑茶、その右は熟茶

兵庫県の山仲間と一緒でした

中国とラオスの国境の標識

ラオスのガイドちゃん。日本語も中国語もできなかった

上部座仏教ですね

国境近くのラオス側の集落の住民たち

 

 

 

 

 

 

| シルクロード講座のお知らせ | 10:54 | comments(0) | - |
シルクロードの新たな峰に挑戦します

 と、偉そうに言いますが、要するに今まで見たこともない、考えたこともない北朝鮮=朝鮮半島の文明交流の歴史とルートを研究しようと思っています。 

 中国だけでないユーラシア大陸からの文明の交流路、それらのルートがどのようにして我が国へ渡来したかを研究するためです。

 ですから米朝会談の成功や南北関係の関係改善を求める気持ちが大です。

 

 国立歴史民俗学博物館の高田寛太准教授の講義を受けて勉強しました。

 「日朝関係史と『磐井の乱』」と「栄山江流域における前方後円墳の造営背景」

光州月桂洞1号墳(韓国光州広域市朝鮮半島の前方後円形墳(長鼓墳)の1つ。
左に前方部、右奥に後円部と石室。日本列島の前方後円墳同様に周堀を有する。

前方後円形墳(長鼓墳)の分布

 

 私は、考古学は全くの専門外ですので、前方後円墳など形状は知っていても、その歴史や由来などは門外漢です。

 しかし、この古墳時代、朝鮮と倭では活発な交渉が行われていました。

 その中で倭は様々な文化を取り入れてきました。その逆=倭から朝鮮半島への逆輸入もあったのです。その交渉の実態を、「磐井の乱」と朝鮮半島東端の「栄山江流域における前方後円墳の造営背景」に焦点を定めながら、検討するというものでした。

 

 講義はこのテーマに添いながらも、当時の関係が王権間の外交にとどまるものではなく、九州北部との交渉など、非常に多元的で錯綜している実態を明らかにしていました。

 久しぶりに脳みそに汗をかく勉強をしました。

 

 講座のあと講師に尋ねました。「来年あたり北朝鮮へ行って古代文明の歴史遺産などを研究したいと思っているのですが、何か助言をいただけませんか?」と。

答えは「えっ!ムムムム・・・」でした。

 

 このあとは、古代日本のシルクロードと大陸文明の導入―奈良・大宰府・対馬・壱岐及び沖ノ島文化に学ぶという、大胆で且つ無謀ともいえるテーマに挑戦して研究を進めたいと思っています。

 

九州・福岡県の宗像大社

同 辺津宮 社殿 (右に拝殿、左に本殿:いずれも国の重要文化財)

| 古代朝鮮の歴史 | 11:04 | comments(0) | - |
新たなシルクロード=「人体」と「地球内部」

 

 昨日の土曜日、しばらくぶりに娘と孫娘と上野の国立科学博物館へ行きました。

 

 「人体」展です。

 

  孫娘は、今から”大いなる夢”を持っていて、中学・高校・大学とも進学先を自分で勝手に決めています。そして大学は医学部に入って、整形外科医になると決めています。夢は夢で尊重したいと思っているのですが、私の外国からのお土産もつい、人体に関するものになっていました。そして「人体」展があるというので、娘たちを誘いました。

 本当は私はあまり関心がなかったのですが、この人体展は家族連れや若い人が多くて、整理券が発行されて、長いときは4〜5時間くらい並ぶというほどの混みようだとのワイフの情報(本当は娘からの請け売り)。

朝の上野文化会館前でもこんな混み具合です

朝8時半ころの会場前でもこんな混み具合です。

 

 

 朝7時過ぎには家を出て上野に8時半ころに到着。整理券をもらう。娘と孫はすぐに来ました。孫はおじいちゃんの胸に飛び込んでくるかと思いきや、お母さんの陰に隠れて顔を合わしたがりません。もう少女なのですね。

2年生になって「担任の先生が20代の格好いい先生」と言っています。2か月くらい会えなかったのですが、おじいちゃんといえども孫は人見知りしているのだと思いました。

 

 「人体」展の内容に詳しくは触れませんが、その展示内容ははすごいものでした。人間の知識というか研究ぶりはすごいものだと改めて思いました。

 体内には20万kmにも及ぶ毛細血管も含めた血管があるとか、体内の様々な神経や内臓器官などが説明されていましたが、いまテレビではやっていますが、これぞまさに「秘境」。数百万年前から営々として出来上がってきたものなのですね(表現が正しいかどうかわかりませんが)。

 

 終わってお昼を食べてから同じ建物内で「地球」という巨大スクリーンに映し出す映像がありました。

 私たちの最も身近な「人体」と「地球」というものは、まだまだ未知の世界なのですね。これはもっと知るべきだなと思いました。

「好きなもの何でも買ってあげるよ」というと、目を輝かせて・・・

 

 孫とは、3250円ものお人形さんを買ってあげて、やっとまともに私の顔を見るようになりましたが、最後までお手手をつなぐことはできませんでした。

 

初夏の日差しの下で、公園で遊びました。

お皿にいっぱい入っていたパスタも、平気で平らげました。

食欲はとどまるところを知りません。心配なのは目が悪いこと。

| コメント | 10:28 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE