シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
「モンゴル帝国を継承したロシア」−1

 現代シルクロード研究会の例会を報告しましょう

170727  野口 信彦

 7月22日に開いた研究会のテーマは、「モンゴル帝国を継承したロシア」でした。みなさんは、このような言葉を普通、聞いたことはないでしょう。中学・高校・大学の教科書にはない、ことだからです。少し長い文章ですが、お読みください。

 

 第二次大戦に連合軍の一員として勝利したソ連は、白人社会なかんずくこと欧米先進国の一員であろうとしています。ですから、“あの野蛮極まりないモンゴルの従属下にいた”などと歴史の真実は、誰にも知られたくなかった話です。ソ連の支配下にあったモンゴル共和国(現在のモンゴル国)では、チンギス・ハーンはご法度、歴史の教科書にも載せることができませんでしたし、銅像も建てられなかったのです。

 

 コトの発端はモンゴルのヨーロッパ遠征でした。

 

 1236年頃になって、ヨーロッパ遠征のモンゴル軍がヴォルガ河中流のブルガル人の国を征服します。1237年、遊牧騎馬民のキプチャクを討ち、ルーシの都市リャザンを包囲して、7日間で攻略しました。1238年2月、ウラディミール市を攻略したのち、数部隊に分かれてウラディミール・スズダリ地方を破壊、ノヴゴロドに向かう。しかし、ノヴゴロドを攻める前に南に転じ、秋にカフカスに攻め入る。キプチャク人の首領クタンは、4万家族を率いてハンガリーに避難する。

モンゴル帝国皇帝オゴデイ

 

 1240年、300年の間ルーシの首都だったキエフがモンゴル軍の前に陥落。ブルガル地方とルーシで殺したすべての男子の右耳を切り取ることが命じられ、27万の耳を得たといいます。1241年4月 5部隊3万のポーランド・チュートン騎士団連合軍がレグニッツア近郊のワールシュタット平原でモンゴル軍に敗れる。切られた右耳は大きな袋9個が一杯になったといいます。1242年3月 前年末のオゴディ・ハーンの他界の知らせが届き、帰還命令が出てモンゴル軍は引き揚げるが、総大将バトゥはヴォルガ河畔を本拠地とし、ルーシの地を支配し続けました。

『ワールシュタットの戦い』

 

 

 このような遠征行ののち、モンゴルが破竹の勢いでスラヴ地帯、東ヨーロッパを席巻して今のロシの地帯に入り込み、モンゴルのルーシ(ロシア)支配が完結したのです。

 

 当時の北及び東ヨーロッパでは、モスクワ大公がルーシ諸国の中ではもっともモンゴルに従順で、徴税や徴兵の走り使いを率先して優位な立場になっていきました。いわく、イヴァン(イワン)一世がモンゴルからモスクワ大公の位をさずかりました。1328年のことです。

図は1241年のレグニツァの戦い

 

 その後、紆余曲折があって、ロシア帝国はモンゴル帝国の継承国家として出発しました。ですから、モスクワの貴族たちにはタタール出身者が多かったのです。

 

 その後、14〜17世紀、モスクワは好条件を出してジョチ・ウルスの子孫の王族や貴族をモスクワへ移住することを勧誘、多くのタタール人がロシアに移住し、キリスト教徒に改宗していきました。

| 現代シルクロード研究会 | 10:59 | comments(0) | - |
偉大なるかな白鵬関ー2

白鵬の記録がなった時、不覚にも嗚咽が漏れそうになり、涙が浮かんできました。

 

白鵬の偉大さは、まだまだあります。私は、新聞やテレビがあまり触れないことに触れたいと思います。

まず、特筆すべき「偉大」さは、負け数が極端に少ないことです。白鵬は1847勝で219敗、休場は58。これに比べて魁皇は、700敗、千代の海は437敗になっています。これを見るだけでも、白鵬はいかに負けた相撲が少ないかが分かります。強い相撲取りは「負けない相撲をとる」ということなんですね。

白鴎(右)は押し倒しで高安をくだし、歴代単独トップに立った。

 

それから最近になって急に取りざたされるようになったことは、白鵬の日本国籍取得問題です。

 

白鵬が「一人横綱」で孤軍奮闘、大相撲界を支えてきました。あるいは7年前の野球賭博問題でも、翌年の八百長問題でも、「一人横綱」として協会を支えてきました。そのことは万人が知っています。

東日本大地震の際でも、力士協会の会長として、全関取から1人毎月1万円の募金を訴えて10年間送り続けたことを私は知っています。

最多勝記録を更新し、花道でガッツポーズをする白鵬=21日午後 名古屋市の愛知県体育館で、戸村昇撮影

上の写真とも朝日新聞からとりました。

 

 

わたしも震災後、銀行からもらった「500円硬貨を50枚収納できる貯金箱」に貯金をし続けて数年。3ヶ月で5万円貯金できたとして、1年に20万円。5年間で100万円!自分でも驚きますが、送り続けています。

 

目安で、20回以上の優勝を遂げれば「一代親方」として、生涯、しこ名を残すこともできます。それにもかかわらず、日本相撲協会は“規約”をタテにとって白鵬の一代横綱を認めませんでした。理由は、彼がモンゴル国籍だからです。この大相撲を支えてきた中でモンゴル国籍の関取はかなりいます。白鵬だけが国籍が違うという理由があるのであれば、規則を変えればいいのです。グローバル時代のこんにち、「国籍」の違いで何かを認めないなどは、子どものやることです。

 

彼が国籍変更をしなかった理由は(私の推測ですが)、彼のお父さんがモンゴル相撲(ブフ)の横綱であり、68年、メキシコ五輪のロスアンゼルス五輪で銀メダルを獲得した、モンゴルの英雄だったからです。私もモンゴルでお会いしたことのあるそのお父さんが国籍変更に反対だったようです。朝日新聞では、はじめて国籍を変更したのは元関脇の旭天鵬で、母国で家族が非難を浴びたということも原因になっているようです。

後列の左から2人目が白鵬のお父さんです。私の席のすぐ後ろでした。

そうそう、モンゴルの首都ウランバートルのモンゴル相撲(ブフ)競技場です。

そのとき、3〜4人隣が首相でした。この2枚の写真は2010年10月29日。

ウランバートル市発足371年記念のブフ大会でした(筆者撮影)。

 

 

その英雄であったお父さんも、迫りくる老いのなかで、認知症を患っているとのうわさも聞こえてきます。白鵬にまだまだ待ち受けている苦難の道のりの一過程で起きた今回の最多勝利記録。讃えても讃えても讃えきれないその労苦に報いることが協会の仕事ではないでしょうか。

 

まだ追うことのできる記録があります。それは、北の湖が持つ横綱在位場所の最多記録、幕内勝ち星は歴代最多の954ですから、あと3場所で達成することができるでしょう。さらに、双葉山の69連勝の壁を突破する仕事も待っています。まだ32歳。これからです。

| 大相撲を論ず | 10:56 | comments(0) | - |
偉大なるかな白鵬関

私は基本的に“天の邪鬼”(アマノジャク)ですから、めったに人のことをほめません。生理的にできないのです。

しかし今回は別です。白鵬関が通算1047勝目を挙げました。

 

これについてもわたしはアマノジャクですから、家の中では、こういっています。「アナウンサーが、記録!記録!と吠えても、魁皇の記録を塗り替えてからが本当の新記録じゃないか。まだほめるのは早い!」と。

しかし、きょう明日にも間違いなく新記録は達成できるでしょう。その時のために、前もってほめたたえておきましょう。

 

横綱白鵬の初土俵から98場所での達成は、元大関の魁皇より42場所も早い記録です。優勝38度。実績は名横綱たちと比べても群を抜いています。

 

先ほど私は友人の元モンゴル相撲のバー・ボルドーさんのフエースブックにが白鵬関を讃えるメッセージを掲載していたので、こう書きました。

 

「いま、わたしたちは白鵬関という偉大な横綱の時代に生きている。そして自分の目の前で白鵬の相撲を見ることができている。生涯にない僥倖であるし、私はこのことを幸福に思いたい」と。

彼からは早速返事が来ました。「とてもいい言葉ですね。お借りします」と。

 

白鵬関は、単に強かったから横綱になったわけではありません。

例えば、90分の稽古に60分の事前トレーニングをします。すり足、しこ、てっぽうに。人並みすぐれた自己管理能力がなければできません。

 

私などは、親友のトレーナーが作成してくれた「トレーニング計画表」にもとづいてトレーニングを進めても、3日で「休憩」状態になっています。彼が「はじめは一気にやらないで、疲れたら休憩をしてください」と書いてあるからです。

私ごとはともかく、白鵬関は稀代の英雄です。

 

この偉業はまだまだ続きます。

明日も書きます。

| 大相撲を論ず | 09:53 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE