シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
ガックリ陽関―3

実は榆林窟へ行く前日、要するに旅の初日の16日、莫高窟へ行ってからは、陽関、月牙泉、鳴沙山とかなりの強行軍でした。

出発の日も羽田から上海、そして国内線の虹橋空港へ移動してから西安へ、そこからさらに敦煌空港へと飛行機を3回乗り換えての移動で、ホテルに入ったのは午後11時近く。朝は3時に起きて4時半に家を出て車で空港でしたから、さすがの私もつかれました。

 

莫高窟が終わってからいったん市内へ戻って昼食。そこでみなさんに相談しました。これから陽関の観光が終わってから月牙泉、鳴沙山へ行きたい人と、陽関が終わってからは休息にする人とを分けようと。結局、9人のうち5人が休息することにしました。

 

その陽関ですが、写真を無くしたのでご紹介できないのが残念なのですが、入り口から終点まで、新しい建物がたくさんつくられ、けばけばしい色彩の飾りが、これでもかこれでもかと飾り立てられています。

私は、心の中で“これではシルクロードが壊されるままになってしまう”と危機感を覚えました。古代からの歴史遺産を保存することよりも、いま、集客して金を集めることが最優先で、古代とか保存などは頭の中にない、というやり方に鳴ています。

 

陽関そのものは変わってはいないのですが、これではいずれ、陽関に「万国旗」がはためくかもしれません。満艦飾になるかもしれません。

シルクロードよ、何処へ〜〜〜〜〜〜〜???

 

※きょうは写真はありません。私の撮影の考えは、今日のような内容の”ケバケバしい”ものは撮影しないので、ないのです。私はそれを誇りに思っています。

でも1枚だけ、気にいった写真を。

 

歩くことが困難になった高齢者用にはいいですね。

 

| シルクロードの光と影 | 12:30 | comments(0) | - |
初見参!榆林窟−2

林窟」は敦煌から車で2時間くらいのところにあります。

ここも敦煌の一部をなしていると聞きます。

“こんなに離れていても敦煌の一部か”と思いましたが、行ってみてここが敦煌の一部だということがよく理解できました。

 

ここの発掘作業も分析もガイド(解説員)も何もかも「敦煌研究院」が把握・運営・研究しています。

まだまだ発掘過程で、観光客も少なく、とてもいい雰囲気で歩くことができました。

入場料金を払うところも、チャンチキの机(四本脚の長さが長短あるという江戸言葉)にスタッフが粗末な椅子に座っています。

 

解説員は上手な日本語でした。ただ「チベット密教」という言葉を繰り返すので、「今は国際的にも“チベット密教”とは言わないで“チベット仏教”というようになっているんだよ」と言っておきました。

見ることができた窟は、13,14,15,19,26,27,43。

仏教と道教が同居している壁画もありますが、とりわけすばらしいものが「飛天」の図=絵です。

この窟はいずれかの機会にご紹介します。

 

ただし、どういうことか、ここ林窟の写真と「陽関」の写真が見当たりません。せっかく心を込めて撮影したのですが、間違えて削除してしまったようです。初めて行った林窟の写真をなくしてしまうという失態に愕然としています。

河の向こう側は、まだ発掘中で見ることはできません。しかし、

同行の85歳になる加藤さんは「30年くらい前に、当時、成城大学の

先生に案内されていったことがある」といい、解説員が驚いていました。

 

 

余談になりますが、同行の士には元朝日の報道写真部の方で、いまはプロカメラマンという80歳の方がいるのですが、“彼は彼、私は私”という気持ちで接していました。そのKさんは昨年、某旅行会社のウズベキスタンツアーに行って、同じ新聞社出身のIさん(その方はわたしの友人で同じ市内に住んでいる人。彼の奥さんは日本シルクロード文化センターの副代表を務めていた人なのですが・・・)の講師で行ったのですが、“もうあのツアーには行きたくない。インターネットで野口さんの著書を知って読んで、こんどからは野口さんのツアーに行くことにしました”と勝手に決めて宮崎県から参加した方がいました。不破になった原因が、“あのツアー”の側に原因があったのか、彼にあったのかは次第に分かってきましたが・・・そのことはここまで。

 

解説員に「この榆林窟こはホームページもない、紹介するパンフや写真集もない。私が日本へ帰るまでにはつくっておくようにしなさい」と。半ば冗談のように言っておきました。

ですから、今日の写真はインターネットからの借用です。

| シルクロード | 10:48 | comments(0) | - |
システム化された敦煌

河西回廊とチベット地域の旅から帰ってきました。

私が企画した歴史遺産の観光計画を、チベットの担当者は、それを取捨選択するのではなく、すべて取り入れて行程に組んでいたのです。結果的にかなりの強行軍になり疲れました。

今回の旅に関しては、すでに本欄のブログで詳しく書いていますので、今回は、これまでと違ったところを主に書かせていただきます。

 

 

非効率!しかし大画面

驚きました!

いま、敦煌の莫高窟の観光は大変、面倒になっている、というか、システム化されています。

まず、朝一番で市内から莫高窟まで行って「映画センター」のチケットを買わなければなりません。

次は、再び市内へ戻って映画センターで敦煌の啓発映画を鑑賞します。ひとつは「千年莫高窟」もうひとつは同じ建物内の会場を移して「夢の仏宮」

ここが数十億円をかけて造られた「映画センター」

 

 

啓発映画と一言でいっても、これはかなり迫力のある360度の大画面でした。「何とか大画面」というのでしょうが、何もわかりません。紹介のパンフがあればよく分かるのですが、何もありません。

40〜50分の映画鑑賞のあとは、再び莫高窟へ向かいます。

であれば、はじめから市内でチケットを買って市内の映画館で映画を見せればいいものを、わざわざ全員を莫高窟まで行かせてチケットを買わせる意味が理解できません。ずいぶんと非効率ですが、ここは中国、これくらいでは驚きません。

私の友人の季萍さんは、敦煌研究院の副院長にはなっていなくて、この映画センターの所長さんでした。

 

長蛇の列

 

莫高窟へ入るための長蛇の列

 

莫高窟も変わっていました。

以前は受付でカメラやバッグすべてを預けなければなりませんでしたが、今は、持ち込みOKです。

その代わり莫高窟の内部を撮影することは厳禁。でも中国人たちはスマホで平気で写しています。

私は初めて、莫高窟に入城しての撮影をしました。

 

大混雑

さらに驚いたことがあります

中国政府は今、「内部拡大」で国民の国内旅行を奨励しています。

どこもかしこも大混雑、チケットを買う行列が長〜〜く伸びています。

いま、敦煌では壁画や仏像などの維持保存のために、入場者数を1日6千人に規制していますが、7〜8月は3万人まで規制を緩和しているとのこと。

むこうから大軍が押し寄せてきます。

第17窟も大混雑です。

 

莫大な経費をかけた映画センターなどの建築費を賄わなければならないからでしょうか。なんのための1日6千人の規制なのか意味がなくなります。

夏は3万人の入場がOKということは、実質的には「入場者数は無制限」ということでしょう。

敦煌よどこへ行く、ですね。

| シルクロードの光と影 | 10:39 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE