シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
カザフの大統領が突然やめた

 3月19日の外電で、中央アジア・カザフスタンのナザルバエフ大統領が辞任するというニュースが入った。AFP・時事の外電から拾ってみよう。

指導力維持し、権力移行目指す=突如辞任のカザフ大統領

 

 【モスクワ時事】中央アジアのカザフスタンで30年近くにわたり実権を握ってきたナザルバエフ大統領(78)が19日、突如辞任を表明した。ナザルバエフ氏は辞任後も安全保障会議議長と与党党首の職にとどまることから、指導力を維持しながら、来春の大統領選に向けて後継者の選定と権力移行を目指すとみられる。


 ナザルバエフ氏はソ連カザフ共和国で1980年代に頭角を現し、共和国最高会議の投票で90年に大統領に選出された。ソ連時代末期に当時のゴルバチョフ大統領がナザルバエフ氏を副大統領に指名しようと考えていたと伝えられるほどの実力者で、91年に初の直接選挙で当選して以降、これまでに5選された。

カザフスタン共和国初代大統領・ナザルバエフ
任期 1991年12月1日〜2019年3月20日


 ナザルバエフ氏の指導力と石油などの豊富な天然資源でカザフは中央アジア諸国の中でも高い経済成長を遂げた。一方で長年権力を握る同氏が年齢を重ねるにつれ、後継問題が大きな課題として浮上。任期は2020年4月までだったが、自身の年齢もにらみ今回の決断に踏み切ったもようだ。同氏は辞任表明した19日のテレビ演説で「私の今後の課題は新たな世代の指導者の出現を確実なものにすることだ」と強調した。


 後継候補としてはナザルバエフ氏が16年に上院議員に任命した長女ダリガ氏の名前が挙がる。ただ、ナザルバエフ氏の親族に富と権力が集中していることには批判があり、同氏もかつて米メディアのインタビューで「子供たちへの(大統領職の)継承は想定していない」と述べている。国の要職や与党党首を務めながら、後継候補を絞り込んでいくとみられる。
 ナザルバエフ氏辞任を受け、20日にトカエフ上院議長が大統領代行に就任。上院はダリガ氏を後任の上院議長に選出した。

 これには、後日談がありました。

 22日の朝日では、大統領代行に指名されたトカエフ氏は、カザフスタンの首都名称を、退任したナザルバエフ氏の長年の功績をたたえるために、アスタナからファーストネームの「ヌルスルタン」に変更するように提案しました。

 

 こういった提案は、ほとんどがそのまま採用されるのが、半分、独裁国の通例となっています。

 しかし、異変が起こりました。23日の朝日外電では、この首都名を変更する法案が国会で可決された問題で、これに反対する市民ら約80人が当局に拘束されたと伝えています。

 

 私は1989年に、二度にわたりカザフスタンの当時の首都アルマータ(現在はカザフ語のアルマトゥ)に行き、私の所属する山岳連盟の2つの登山隊の遠征と200名からなるトレッキング隊の派遣についてミーティングをしたことがあります。

近代的なアルマトイの街並み(ネット写真借用)

20世紀初頭に建立されたロシア正教会に属するゼンコフ教会。

木造の建築物として世界で2番目の高さを誇る

私もよく散歩しました(2009年5月撮影)

 

 1998年に首都を現在にアスタナに移しましたが、理由は、まだ若い天山山脈の造山運動による地震に備えて首都を移したことになっています。

 

 しかし、当時の国政世論では首都移管によってナザルバエフ自身の功績とする目的もあったといいます。

 

 彼、ナザルバエフは、ソ連が崩壊する直前にゴルバチョフ大統領から副大統領に任命されるという段階にまで出世していたソ連共産党中央委員会の有能な幹部でした。当然彼は、カザフスタンの党書記長としてモスクワ入りしていたわけです。

 

 ソ連崩壊後、彼はカザフにおいて「民主化」をすすめて、見事に新生カザフスタンの大統領に横滑りしたのです。それ以来ずっと30年にわたって現職でしたから、独裁色が強まるのもうなずけます。それを許してきたカザフの市民の民主主義にも問題があります。

貯金もだいぶできたので、娘は親しいものにその地位をゆずって安穏な生活に浸ろうというわけです。

 独裁者はほとんどの場合、自分の名前を印象付けようとします。

 

 わが国でも、新元号に首相である自分の苗字の一つを加えようとしているという「噂」もあります。

 

ここからの写真も、野口が2009年5月に撮影したアルマトゥのものです。地図は除きます

市内の小学生たち

赤印がセミパラチンスクの核実験場

セミパラチンスクの核実験で生まれた「奇形児」

木造の「民族楽器博物館」

私が初めて行った1989年のときは、この「オトラルホテル」が最高級のホテルでした。

私たちの案内をしてくれた旅行社の幹部は、当時、ここから出てきた共産党幹部の

乗る乗用車を足で蹴っていました。

みんなソ連共産党が憎しみの対象でしたので、大嫌いでした。

市内の中央バザールの風景

アルマトゥ空港から見える天山山脈の支脈のアラタウ山脈

これは1989年に撮影した、当時の空港ターミナル

| news | 10:51 | comments(0) | - |
スポーツ関係者も戦争法案の反対に立ち上がりました
                                 150915  野口 信彦

 
 きのうは終日、国会の衆議院第一議員会館での記者会見と夜は国会包囲の抗議行動を行いました。
 徹夜で集約した「違憲の安保法制の強行に反対するスポーツと体育関係者からのアピール」は、わずか1週間で533名の賛同を経て、きのう午後2時に記者発表を行うことができました。
 次にアピール全文をご紹介します。

記者会見の席で、正面に向かって右側最前列の左側が私です。
向かって左側が、国会議員席。

※今日の写真は、すべてスポーツ「9条の会」事務局の秋本さんの提供です。


マイクを持ってスピーチしている人が、元日本ウエルター級チャンピオンの小林秀一君。

 
違憲の安保法制の強行に反対するスポーツと体育関係者からのアピール   
 
「次の100年を担う者として、8月6日の意味を深く胸に刻み、甲子園で躍動することを誓います。」

 
100年目の節目を迎えた夏の高校野球大会の選手宣誓には、特別のひびきがありました。戦後70回目の原爆投下による悲劇に胸をあて、過去の戦争で欠けた大会回数にむごさをおぼえ、戦没していった球児や競技者たちの無念さに思いを向けました。戦争の記憶を次の100年へ引き継ぐ意志の表明は、頼もしいかぎりです。
 
戦争のあやまちはけっして繰り返してはならない――、スポーツを愛するものの痛切な思いです。
戦争は、人間の生命をはぐくむスポーツをないがしろにします。
戦争は、各人の個性を伸ばすスポーツを統制し、自由な活動を奪います。
戦争は、人びとの相互理解をうながすスポーツに、差別と憎悪を持ち込みます。
戦争は、暴力そのものであり、スポーツによる平和な交流を破壊します。
 
 スポーツ・体育を奪い、破壊したのが、過去の戦争でした。この痛恨の歴史を教訓に、戦後70年、人権の尊重と恒久平和をかかげる憲法のもとでスポーツ・体育は展開され、「スポーツは平和とともに」を合言葉に社会進に貢献してきました。このたゆまぬ努力こそスポーツ・体育を支える力であり、未来へ引き継がれなければなりません。
 
しかし、安倍政権は、若い世代の意志も、スポーツ・体育を愛するものの努力も台無しにして、日本を戦争に巻き込みかねない「安全保障法案」の成立にやっきになっています。恒久平和と戦争放棄を明記した憲法9条に反して、日本を「海外で戦争をする国」に変えてしまいかねないこの危険な動きを見過ごすわけにも、許すわけにもいきません。
 
 2020年には東京でのオリンピック・パラリンピックの開催を控えています。オリンピック憲章が定める「人間の尊厳を保つことに重きを置く平和な社会の確立を推奨する」とのオリンピズムの目的を推進することが、ホスト国の政府に与えられた責任です。安保法制の強行は、スポーツの交流にあらたに障害を持ち込みかねません。
 
 違憲の「安全保障法案」をめぐって事態はいちだんと切迫しています。この時に、私たちスポーツ・登山・武道などを愛し、体育に携わるものは、戦争の悲劇を想起しつつ、“平和の力”であるスポーツ・体育にゆるぎない確信を抱き、未来に平和な日本を引き継ぐ決意を持って、「安保法制の強行反対」の意志を表明するものです。
 いまこそ、スポーツ・体育の底力を発揮し、広く国民と連帯して立ち上り、警鐘乱打して危険な動きにストップをかけましょう。

 20159月14日   安保法制に反対する「スポーツと体育の会」

 
国会図書館前で、私の右後ろが日本シルクロード文化センター副代表の三浦二郎さん


スポーツ9条のメンバーです。このあと、続々と仲間たちが集まってきました。



 きょうの朝日新聞の世論調査では「安保審議 尽くされず」と答えた人が75%にのぼっています。
 安保保障関連法案についても、「賛成」29%、「反対」54%となっています。
 このように安保法制は過半数の国民が、反対を言っており、違憲だと認めています。
 ついでに書きますと、消費増税2%還元には、「賛成」が35%、「反対」が54%となっています。
 
 私たちスポーツ関係者も、遅まきながら日本の多くのスポーツ関係者・アスリート、体育研究者たちに呼びかけて、良心の証をしようと決意しました。その志にこたえてくださった方がたが短期間で533名(9月13日深夜時点で)に達しました。この勢いは、今日も広がりつつあり、数千・数万の賛同者を得ようと努力することが確認されまれました。


 呼びかけ人

 川口智久(一橋大学名誉教授)、小林秀一(プロボクシング元日本ウエルター級チャンピオン)、
 永井 博(新日本スポーツ連盟会長)、西本武志(日本勤労者山岳連盟会長)、
 栗岩恵一(ワールドカップアルペンスキー元日本代表)、雨宮節(沖縄山岳連盟会長)、
 梁田陽子(学校体育研究同志会常任委員)、山本徳郎(元日本体育学会会長)
 進藤省次郎(元北海道大学教授)、古澤久雄(鹿児島・鹿屋体育大学名誉教授)ほか、
 合計30名。




スポーツ9条の仲間たちも埼玉・神奈川・千葉からはせ参じてきました。

 アピールに対して賛同のメッセージを寄せられた方がたには、次のような方がおります。

 片岡暁夫(元日本体育学会会長)、内田樹(たつる。武道家・神戸女学院大学名誉教授)、
 山西哲郎(元日本体育学会会長)、田中新次郎(学校体育研究同志会常任委員長)、
 参議院議員(山本太郎)、衆議院議員・鈴木克昌(民主党)、参議院議員・アントニオ猪木、
 参議院議員・なたにや正義、前民主党幹事長・大畠章宏、宮本岳志(衆議院議員・共産党)ほか。
 谷亮子議員からは回答がありませんでした。


抗議行動は最高潮に達しています
 
| news | 09:53 | comments(0) | - |
国際シンポジウムに行ってきました
だいぶ長い間、ブログを休みました。理由はあまり明確ではないのですが、古代ペルシアのシリーズが書き終えないうちに、ほかのことをあまり書きたくないと思っていたからだと思います。
 
最近では大相撲から目が離せないのと、アジア大会があってある新聞にコメントを書く仕事もあったものですから。それで、きのうきょうは、御岳山の噴火です。私の山友達がいるのかいないのか、気がかりですし、息子がヘリで出動することもあって・・・・そして1週間以上前から痛風の発作で身動きが取れなくて・・・・

御嶽山噴火 噴煙の上がる頂上上空を飛ぶ陸上自衛隊のヘリコプター
=9月28日午前、長野県木曽町(早坂洋祐撮影)


 
28日午後2時半のテレビのテロップで、御岳山山頂付近で30数人が心臓停止状態だと報道されました。予想したような悲惨な状態になりそうです。
今日はこれ以上かけません。ブログはここまでにします。心配です。

御嶽山の山頂付近で救助活動する消防と自衛隊員=28日午後0時2分
 
ひと言だけ書き加えたいことがあります。息子宛へのフエースブックを引用しています。
御嶽山噴火に関してだけ言いたいのですが、御岳山は79年、91年、07年と小規模な噴火を繰り返してきています。それにも関わらず、これも人災といえるかもしれません。

御嶽山噴火 噴煙の上がる頂上上空を飛ぶ陸上自衛隊のヘリコプター
=9月28日午前、長野県木曽町(早坂洋祐撮影)


なお、火山での救助活動では、ヘリは非常にリスクがあり使えません。
火山灰に大量の石英が含まれているために、エンジンの中に飛び込んで、中の部品を削り取る上、石英も溶けて内部に固着してエンジン停止を引き起こします。

犠牲者が多くならないように祈るばかりです。
 
| news | 14:57 | comments(0) | - |
突厥碑文発見のニュースが流れました。
 遊牧民の巨大碑文発見
碑文から採取された突厥文字の一部(右から左に向かって読む)。解読の結果、被葬者が故郷や部族との別れを惜しむ言葉が記されていた=大澤教授提供

7月17日の各紙に突厥碑文発見のニュースが流れました。かなり大きな碑文のようです。その記事と写真などをご紹介します。

 

モンゴルで遊牧民の巨大碑文発見 「我が土地よ、ああ」

 碑文の発見場所


 【編集委員・今井邦彦】8世紀中ごろのトルコ系遊牧民族「突厥(とっけつ)」の巨大な碑文をモンゴル東部の草原で発見した、と大阪大大学院の大澤孝教授(古代トルコ史)が16日発表した。中国の隋・唐の各帝国と時に対立し、時に結びながら中央アジアを支配した突厥の国家体制や制度を解明する貴重な史料となりそうだ。

碑文を調査するモンゴル人の研究員ら=大澤教授提供


 大澤教授とモンゴル科学アカデミー考古学研究所は5月、ウランバートルの南東約400キロにあるデレゲルハーン山近郊のドンゴイン・シレーと呼ばれる遺跡で、それぞれ全長約4メートルと約3メートルの碑文の残片を発見した。計20行、2832文字の古代トルコ文字(突厥文字)が刻まれ、解読の結果、「我が家よ、ああ」「我が土地よ、ああ」など、死者が家族や故郷との別れを惜しむ文面だった。刻まれた部族の紋章から、突厥第2帝国(682〜744年)の王家、アシナ氏の一員の墓碑とみられる。

| news | 03:44 | comments(0) | - |
正体見たり枯れ尾花
 連休中でも連載のシリーズを続けようと思っていましたが、どうしても書かないわけにはいかない事態が起こりました。

 

 かねてから私は、2020年にオリンピックを東京に招致することに疑問を抱いていました。

 

 理由は、東日本大地震の被害の復興がまだまだ進んでいないこと。しかも原発の被害が収束していません。まだ10万人以上の被災者の皆さんが自分の家にもどれない、安定して暮らせる家を持てない状況の下では招致運動は早いのではないかと思っていました。さらにオリンピック精神を投げ捨てた招致委員会の商業主義的なやり方に疑問を抱いていました。

 

五輪招致をめぐる他都市批判発言について、記者団の質問に答える東京都の猪瀬直樹知事=30日午前、東京都庁。(サンケイ新聞)


 そこへ飛び出しました、猪瀬東京都知事の暴言です。

 「イスラム諸国が共有しているのはアラーの神だけ。彼らは互いにケンカしてばかりいる。そして階級がある」という言葉には、イスラム社会への踏み込んだ批判が込められています。

 

 この思想の底には、かつて戦前、日本軍部が“東洋の解放”と銘打って、欧米の植民地にさせられていたアジア各国を「解放する」という大義名分を“発見”して、横暴な侵略戦争に入っていた時と、考え方の上では共通したものがあります。いわく「大東亜共栄圏」思想です。

ロンドン五輪の閉幕式の日本選手団。

 

 「トルコの人たちは長生きしたければ、日本のような文化をつくるべきだ」とまで言いました。恐るべき無知です。かつてシベリア南部とモンゴル高原に生まれた遊牧民族が、人類史を促進する文化を形成し、世界史を前へ前へと推し進めました。この世界史を理解することは彼には無理でしょう。しかし、少なくともオリンピック精神にある、すべての民族・文化を超えた友好親善の理念が決定的に欠如した無知蒙昧のやからということがはっきりしました。

 

 それだけでなく彼は、現代の世界の動きの中でトルコの果たしている役割を知らず、ましてや過去、トルコの軍艦が日本へ親善訪問をした帰りに台風にあって遭難し、沿岸の村人が身を呈して救出し、温かい食物とスープを与えたことがトルコの教科書にも書かれており、ほとんどすべてのトルコ人が日本に対して友好的な感情を抱いていることを知らなかったのでしょうか。

 

 彼は1月に立候補ファイルを提出した際の記者会見でも、「発展途上国は(日本のような)先進国のモデルを追いかけていればいい」と言い放ちました。

自らを「上」の人間として見て、途上国を見下す思想が、この都知事の“真意”なのかもしれません。

ロンドン五輪の会場

 

昨年のロンドンオリンピックが象徴していました。ロンドンは「300の地域社会で200の言語が話されている」という多民族・多文化都市です。

そこで行われたオリンピックには、「先進」や「途上」による色分けはありませんでした。一人ひとりの人間の努力と多様な文化を尊重する、オリンピックほんらいの精神があふれていました。

 

都知事の近くで働いている友人がいます。知事はたえずどなり声で部下に仕事をさせ、恫喝で部下たちを怒りまくって仕事に追いたてているといいます。

このような同じ仕事をしている仲間にたいしてどなりまくるだけでなく、人を見下す思想、他の民族を見下す思想にはわたしは我慢がなりません。

 

招致委員会がひとつのモデルとしてたびたび引き合いに出すロンドン五輪から、猪瀬知事は一体何を学んだのでしょうか。何も学んでいないのです。

解答は9月に出ます。

(岩手日報)さあ〜、どう責任をとる、猪瀬知事よ!

| news | 06:19 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE