シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
「孫の運動会」

 おとといの土曜日。前日の急な娘からの電話で孫娘の運動会に行くことになりました。最近、このブログを書く時間もないほどの超多忙な毎日ですが、この日だけはどういうことか、時間は何とかなるというタイミング。親が死んでも行こうと思いました。もうとっくにいませんが・・・・・

前夜、嬉しくて眠れなかったような顔ですね

 

 以前から“ランドセル姿を見てみたい”と言っていたのですが、なかなかそのチャンスがありませんでした。親がいないときに学校近くに姿を見せれば、ストーカーか不審人物に思われてしまいますから・・・

 

 学校へ娘夫婦と行くと、校長席の近くのテントに「敬老席」がありました。電車ではあまり座りませんが、この日は躊躇なく座りました。ブルーシートにじかに座ると、この太っ腹、立ち上がるのが大変なんです。

 

 で、運動会といっても、結局、誰でも同じことでしょうが、自分の家族・親族の姿しか見ません。1年生の孫娘が、まだまだ小さく、可憐で、かわいい姿をグラウンドの向こう側に見るくらいだけです。双眼鏡がないので、国技館で撮影に使ったカメラの望遠レンズで見ていました。うちのカミさんと望遠レンズの取りっこでした。

 かけっこもニコニコ笑いながら悠々と走って3番目。

かけっこもはじめは一番だったのですが、うしろから追い抜かれても平然としていました。

でも一番がいいんじゃないですから、かまわないのです。

 

 

 前週、わが家にお泊りできたときに披露してくれたダンスは、1,2年生の玉入れ前の集団ダンスでした。あまりの可愛さに目が潤んでしまいました。

 皆さんどなたでも経験があるでしょうから、これ以上爺じバカぶりを語ると嫌われますから、これくらいにします。

運動会最初のラジオ体操。このラジオ体操は科学的にも子供の身体に有害だと明らかになっているのに、やめません。

NHKがはじめて文科省が推薦しているからでしょう。

 

玉入れの前のダンスですが、うまく撮れていません。

こんなように孫しか被写体はいませんね。

 

少し運動会の歴史を調べてみました。去年9月4日の、毎日小学生新聞からです。

 

 日本で最初の運動会があったのは、海軍兵学校。1874年、明治7年のことだそうです。イギリスから来たダグラスという教師が「アスレチックスポーツ」をしたいと提案してからだと言います。日本ではこれを「競闘遊戯」と訳したそうです。種目は短中距離走、走り高跳び、三段跳び、走り幅跳び、二人三脚、卵採り(一定間隔に置かれた卵を20個拾って走る)、背負い競走、水おけ競争など全部で18の種目があったそうです。

 これらが全国に広がっていき、数校が河川敷や神社などに集まってやっていたそうですが、それが次第に軍事的なものに様相が変化していきました。

ネットから借用の写真ですが、私は小学校5年生の頃ですね。

 

 しかし反面で、運動会は当初から「村の祭り」の性格も持っていました。周囲の村々から集まって、店や家業を休んで町全体で取り組む、にぎやかなお祭りのようなものになっていきました。なかでも仮装行列は集落ごとに一番力を入れたとあります。文部省や府県が“あまり派手すぎないように”と注意を繰り返したほどだと言います。

 

 日中戦争がはじまると運動会も軍国主義の様相を帯びてきました。全員が力を合わせて行う種目が増え、愛国行進曲などのダンス、「敵前上陸」「爆弾リレー」などの競技などが見られます。

 

 これがアジア太平洋戦争に入るとさらに軍事色一色になり、「体練大会」「錬成大会」と名前を変えるところが多くなり、教科の体操科が体練科と名前を変え、科目に体練科武道が新設されました。種目にも柔道、なぎなた、剣道が登場しました。

 

 戦後は、運動会の位置づけを、集団行動をできるようにし、運動に親しむ態度、責任感や連帯感を育て、体力の向上につながる活動をするように、となっていきます。

 

 しかしいま、学校体育に「なぎなた」や「柔剣道」が復活していることも、平和憲法の9条をなくす政治の流れと無関係ではないと思います。柔剣道とは、鉄砲の先に剣をつけて敵を刺し殺すことです。こんなものはスポーツではありません。殺人技です。

かけっこの着順を判定する先生たち。この先生たちも年1回の運動会なので、なかなかなれないで大変そうでした。

 

 

 学校や教師たちは努力をされていると思いますが、子どもの安全や健康に気をつけ、事故を起こさないで学校の特色や伝統を生かしつつ、あくまでも児童・生徒主体性を尊重したものにしていくことが学校・親・地域社会全体の責任だといえます。

5,6年生の何かの体操ですが、子どもたちはこの頃になると、女の子から少女ですね

子どもの元気な姿が一番うれしいですね

やっと立てました!

 

 ひとこと:学校の配慮でしょうが、片親がいない子供を配慮して、児童たちは親と一緒に昼食を食べない学校が多いと言います。それはよく理解できるのですが、多くの子どもたちは親や家族が来ています。この子たちへの配慮も必要なのではないでしょうか。「孫しか見えないジジバカの声」。

| コメント | 10:37 | comments(0) | - |
いま、中田久美と安室奈美恵が格好いい “格好いい”とはなにか?

 男子バレーは全敗で残念でしたが、女子バレーは頑張っていました。

 いうまでもなく「ワールドグランプリ」=グラチャンバレーのことです。

 大会の公式ホームページには、こう書いてあります。

 「グラチャンバレーは国際バレーボール連盟主催の世界4大大会の1つで、4年に1度オリンピックの翌年に開催されます。1993年の第1回大会よりすべての大会が日本で開催されており、2017年大会が7回目の開催になります」。

 

 おそらく日本の、特に若い女性の“キャーキャー”が人気の原因だと思っているテレビ局などが仕組んだモノと思われますが、今はそのことはさておいて・・・

 

 そこで見た全日本女子バレーの中田久美監督。

おそらく全日本監督のデビュー戦だと思うのですが、少し調べました。

「中田久美は、日本の元バレーボール選手、指導者、タレント、スポーツキャスター。スポーツビズ所属。バレーボール全日本女子監督、プレミアリーグ・久光製薬スプリングス前監督。 日本リーグ、プレミアリーグ時代を通じて女子最多4度の最高殊勲選手賞受賞者である」(ネットから引用)。

 

 これだけ見れば、彼女がどんなにすごい選手だったかがお判りでしょう。

彼女は全日本時代は名セッターでした。

 木村沙織が引退した今の全日本では、攻撃力の強化とともに、セッターの養成が急務になっています。

 ずっと長い間勝てなかったブラジル戦では、相手の度肝を抜くような佐藤選手をセッターに抜擢して勝ちました。

 

 試合の合間あるいはタイムを要求しての時間は、なぜか外国人のコーチがあれこれ指示を出していました。彼女は選手の輪の外にいてじっと黙っています。

 私は初めて見るその姿に「中田久美って格好いい!」と思いました。

 

 どこかの国の監督は、“怒髪天を衝く”勢いで選手を怒鳴りまくっていました。そのような傾向の監督が多いこの世界では異質でした。

 私の選手時代は、そのような監督やコーチがいた場合は、こちらから文句を言って、ケンカをして、そのコーチの指導を拒否していました。

 中田久美のあの姿から、格好いいと心から思いました。

 

 安室奈美恵も格好いいですね。

 わたしは彼女のことはあまり知りません。踊りも恰好よく、スタイルもいい、くらいにしか思っていませんでした。

 

 私の現役時代、勤務先の山岳連盟事務所にたむろしている若者たちがたくさんいました。ヒマラヤ登山などに行くために退職してヒマラヤに行き、遠征後は仕事がないので事務所に来てたむろしていたのです。

 彼らが一番好きだったのが安室奈美恵でした。かれらに強引にカラオケに連れていかれ、彼らの歌う歌を仕方なく聞いていたのですが、そのほとんどが安室奈美恵でした。「なんとかセレブレーション」など・・・・

 

 その彼女が1年後に引退すると言いました。テレビでは「アムロス」などと言っているのですが、そんなことはどうでもいいのです。

 

 聞くところによると、この数年はテレビなどに出ることを拒み、ひたすら歌うことのみに没頭し、息子が20歳になって、自分は引退。その先がどのような人生であれ、それは彼女の生きかたですからかまわないのですが、その潔さが格好いいですね。何か勘違いがあって“テレビに出ているから人気がある”という考え。彼女は自分を貫いて生きていたのでしょう。

 

 若い人たちは、今ではほとんど考えられないその生き方に驚き共鳴しているのだと思うのです。これからまた再び彼女の人気が沸くことでしょう。

 

 そして大相撲の世界も、いま格好いい若者たちが大勢います。

 

(きょうの写真はすべてネットからの引用です)

 

 

 あすの千秋楽、私は1人で見に行きます。3横綱がいなくても、なんであっても大相撲の世界に触れてみたいのです。そして若者たちに会いに・・・

| コメント | 11:38 | comments(0) | - |
耐暑トレーニング

 この16日の日曜日、狛江市の多摩川河川敷で開催された「第27回 狛江古代カップ 多摩川いかだレース」をワイフと覗きに行きました。冗談で「古代研究に行く」でした。

いかだレースそのものは面白いのですが、自分が参加しないと・・・・・

 

 数年前に、我われ共通の友人と3人で行こうとなったのですが、急にワイフの都合がつかなくて、その友人Mさんと2人で見に行ったことがあります。その友人とは、いつも3人で遊びの海外旅行や仏教を除外しての「おへんろコース」のウォーキングをする友人です。女優の何とかさんに似ています。名前が出ません。

 

 今回も8月5日からの私のシルクロード・河西回廊の旅や11月の楼蘭行きのトレーニングとして耐暑トレーニングをスタートさせたものです。10月には高知県を歩く予定です。この月には白神も歩きます。

水深が浅いので、もう動けません。

 

 狛江市は河川敷を除くと日本で二番目に小さな市ですが(因みに、一番小さな市は埼玉県の蕨市だそうです)、わが家から多摩川まで歩くと30分以上かかります。朝から猛暑です。河川敷に着くと、もうすでにたくさんのパラソルが立ち並び、人びとが一杯です。汗もびっしょりです。

多摩川沿線には新しいマンションが立ち並びます。

そこの新住民が多いようでした

 

 狛江が「北多摩郡狛江町」から市制施行されてから27年。その時からいかだレースが始まったそうです。当時の町役場は、地元の地主などの有力者など“小さな町の権力者”の縁故の者が職員に採用される例が多かったと聞いています。そうでない、真面目に住民への奉仕者として働いていた人たちとも知り合いがいます。今は市長が元都庁の職員で、狛江に住んだこともない男がふんぞり返っています。

 

 いかだレースは写真で想像してください。足首くらいしか水深がないところに入り込んで動けなくなるいかが、水に流されて、あさってのほうで一生懸命に漕いでいるチームなど92チームが出場しました。

 ゴール付近には近所の住民の方がた、子連れや家族連れが多く、猛暑の中を楽しんでいます。私は缶ビールやジュースなどを冷やしている水槽から、カラになったペットボトルに水を入れて、頭から背中から首から冷たい水をかけます。少しの間は熱気がなくなります。が、4〜5分もすると元通りの熱さに元通り。

 

 きのう17日は、ワイフとMさんと3人で京王線の中河原駅で待ち合わせて、関戸橋まで歩き、ここからウォーキングのスタートです。

歩き始めたのは午前10時。前方がうちの奥さんです

 

 結局、歩数で25,000歩。10数キロでしょうか、歩きました。今日のテレビでは、きのうは36度と言っていました。暑いからと言ってエアコンの効いた部屋にいる生活からの脱出でした。体重も2キロ減りました。

多摩川の向こう側は稲城市のようです。昔住んでいたのでわかります。

 

 「楼蘭」というタクラマカン砂漠を歩く旅を控えてのトレーニングが主な目的ですが、自分のおなかの出っ張り具合が少々気になっています。体重も80キロを超えて90キロの大台に入り、さらに増えていきました。人間としての進歩の最中なのですね。でも、トレーニングをしていないと体重は無限に増える予測が成り立ちました。そこで決断しました。

府中市はサッカー場や野球場がたくさんあります。しかし、狛江市は・・・・

 

 

 後輩が新日本スポーツ連盟の理事長をしています。職業はスポーツ施設でのトレーミナーです。2〜3ヶ月ほど前に、彼が「今度、野口さんにトレーニングの献立を送りますから」といったので、“逆コースへの出発”と楽しみにしていたのですがなかなか来ません。先日会った時に「早く送れよ。楽しみにして待ってるんだから!」とエラそうに文句を言いました。そこで送って来たのです。

調布市も野球場がたくさんあります。ママたちが暑いなかを子供や監督のお世話で大変です

 

 あとは実践あるのみです!

これはもう京王線の多摩センター方面への鉄橋。もうすぐです

 

きのうも行った「鮮の庄」で、私は何といってもこれです。

ビールのジョッキは一息で飲み干せました。

| コメント | 07:16 | comments(0) | - |
河西回廊を行く−1

 きょうからは、今年8月に行く河西回廊の各地をご紹介していきます。

 私の著書や友人たちの執筆した論文などを引用することも含めてご紹介していきます。

 

敦   煌

    始め月氏は敦煌、祁連

    (祁連山脈) の間に居りしも、

    匈奴の敗る所とな) るに及び、

    乃すなわ)ち遠く去り、苑を過ぎ、

    西のかた大夏を撃って之を臣とし、

    遂に嬀水(きすい) の北に都して王庭と為す。

    其の余の小衆、去ること能(あた) わざりし者は、

    南山のきょう)を保ち、小月氏と号す。

 

 

 

 これは『史記』の「大苑伝」に出てくる文章で、「敦煌」という地名に触れたもっとも古い記録の1つといわれている。

 意訳すると、”敦煌から祁連山のあいだ、すなわち河西の地方にいたのは、「大月氏」という遊牧民族だった。その月氏が匈奴に攻撃されて敗北を喫し、西のかた苑(本来は、草かんむりのない漢字。現在のウズベキスタンのフェルガナ地方をいう)を過ぎ、大夏(アフガニスタン北部にいた民族)を降し、水(きすい。アム・ダリヤ=河)の北に本拠地を置いた。そして逃げおくれた小部族は祁連山の羌族の土地を領有して、小月氏と称した”と述べている。「羌族」は後の始皇帝を生んだ秦になる。したがって、その祖先は現在のチベットにつながる。

敦煌郊外・陽関からゴビ灘を見る

 

 中国歴代王朝は多くの場合、周辺の遊牧騎馬民族や部族が中原を支配して皇帝を名乗っていた。羌の秦がそうであり、元はモンゴルの中国における「屋号」であり、清朝が満州族であるように。

| コメント | 09:47 | comments(0) | - |
いつもの連休と違って…ビスターリ・ビスターリ

40数回も新疆シルクロードの連載が続くと食傷気味になることでしょう。今日は少し趣を変えて・・・・

 

いつもの連休はほとんど日本にいないのですが、今年はどこにも行きません。きのう、ワイフと一緒に「二子玉川まで歩こう」ということで、絶好の晴天のもとを歩きだしました。

 

その前日の3日、防災公園で開催された「憲法集会」にも2人でいきました。会場には5万5千人が集まり、私のグループ「スポーツ9条の会」や新日本スポーツ連盟の友人たちが30人ほど集まりました。会場では「日本シルクロード文化センター」会員にもバッタリ。

うちの奥さんを真ん中にして、左が新日本スポーツ連盟の和食(わじき)昭夫会長

 

数々の出し物やスピーチ、学者・文化人のスピーチや野党各党代表のあいさつなどがあり、70年続いた平和憲法を改悪させてはならないと、思いを新たにしました。孫の代になって「徴兵制」や戦争の犠牲にさせてはならないと思っていました。しかし、きのうのテレビでの安倍首相の発言では、2020年には自衛隊を認めさせる改憲案を出すとのこと。孫の代などと悠長なことは言っていられなくなりました。

日焼けするには絶好の天気でした。右端は「スポーツ9条の会」の田畑健事務局長

 

3日はデモではなく、いまは「パレード」と言うようになりましたが、豊洲公園まで歩きました。

江戸っ子を自称する私が、はじめて見るような臨海部の街を歩きました。狎里漏い世辰“などという言葉は死語でしょう(50年代の品川駅のすぐ向こうは本当に海でした)。高層ビルやマンションが立ち並び、幅の広い道路が贅沢に羽を広げて伸びています。

うちの奥さんの隣は、80歳になる和光大学名誉教授の永井博さん。飲み仲間です。

 

 

その翌日のきのうのウォーキングです。脚の疲れが回復していないことにすぐ気づきました。拙宅から歩いて5分の元狛江市長の矢野さんの家に行って用件を片付けてから、それに気づきました。

 

33年ほど前まで、今の拙宅に移る前は野川と成城に近い狛江ハイタウンというところにいたのですが、そこまでの道も間違えていました。10年ほど前か、この辺りにできたマンションが、世田谷区成城になるのか狛江市になるのかでニュースになった建物がすぐ横にあります。つまらないことで問題になっていましたね。

 

昔は野川沿いの小田急線の上流近辺には荒れ地がありました。小学生の我が息子の絶好の遊び場だったところです。彼がまだ小学生の頃、その荒れ地から遊んで帰ってくると、おばあちゃんが孫のパンツの中に、固く固まったウンチがあることに気づいてニコニコしていたことが思い出されます。子どもっていうのはウンチが出ても気づかないのですね〜〜。そこに小田急線の車庫や何やらの施設が新しくできました。引き込み線から車庫までの建物の屋上には、市民向けの多目的広場や様ざまな公園ができています。

G・Wなのに人影もまばら。ノ〜〜ンビリできます。

 

決意しました。6日に小学校に入学したばかりの孫娘が来たら、娘も含めてお弁当とサッカーボールやグローブやバットを持ってここに来ようと思いました。

 

先日、娘に電話して少し話をしてから孫と替わってもらいました(主目的は孫との会話ですから)。学校のことをあれこれ聞いていると、ひとこと「ながい」といわれました。あれこれ聞きすぎると、今はやりの言葉なのか「ムズイ(難しい)」ともいわれました。参りました。おまけにお母さんに代わっていってもらいたいことがあるそうです。それは「最近のおじいちゃんは、少し、口が臭い」ということでした。成長が著しいと実感させられました。そして、それからは一日5回くらい歯を磨いています。

緑が多くなった野川。

 

 

子どもたちが小さいころ、私は仕事で毎日が午前様。土日もいませんでした。ですから子どもたちに「すまないな〜」という気持ちが強いのです。

以前、そのことを娘に話したとき、「あら、そんなこと思ってないよ。季節ごとにスキーやドライブに連れて行ってくれたし、私はなんて幸せ者だろうと思っていたよ」との言葉はあるのですが。

今年の4月。お泊りに来ました。

白い鳥がいるのですが、写真左のほうには、よく見えませんが大きな鯉が10数匹もいました。

 

 

それはともあれ、結局、歩くのも大儀になって、その屋上公園から帰ってきました。しかも、シルバーパスがあるからということで、2駅だけでしたがバスで帰ってきました。二子玉川までなんてとんでもないことでした。高望みはしないことです。帰宅してからの風呂とビールとソバのうまかったこと。

ビスターリ、ビスターリ(ネパール・インドなどでの言葉。ゆっくり・ゆっくり)です。

 

 

| コメント | 10:25 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE