シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
神の恵み・カレーズ(地下水路)―38

 神の恵み・カレーズ(地下水路)

 

 トルファン・ハミには他の地域には見られない数千年の歴史を持つカレーズ(地下水路)がある。天山山脈の雪解け水をオアシスに導く渠であり、穀物、葡萄、綿花など多様な収穫を得る地下水源である。

カレーズの展示場所だが、中には実際のカレーズが流れている

 

 トルファンのカレーズ(地下水路)は、その昔、ペルシアに5000年ほど前から存在したといわれている。次第に西の北アフリカ、イベリア半島から西のトルキスタン(現在の中央アジア)にまで及び、東トルキスタン(西域、現在の新疆地域)にも達した。現在はトルファンからハミにまで及んでおり、両地域での総延長距離は5000km以上になるといわれている。5000kmを越えるといわれているので、ほぼ同じ距離である万里の長城と比べて、「地下の万里の長城」とも呼ばれている。近年はあまり掘られておらず、しかも地球温暖化の影響を受けて崩壊が進んでいるのが現状である。

これは展示用の人形だが、このようにして縦穴を掘り下げて

カレーズをつくる、というもの

こうやって下がっていって、横に掘り進める。

落ちてくる土砂をカレーズの外へだす作業もする

 

 カレーズは天山山脈の豊富な水を得るために、トルファン、ハミの人びとに伝えられた天からの恵みであろう。そのカレーズを造るには、2〜30mおきくらいに縦穴を掘り、縦穴を次々と掘り進め、水が流れる方向に傾斜を少しずつ下げながら横穴を掘り下っていく。その長さは数キロから100kmにも及ぶ長いものまである。トルファンやハミの人々にとっては、このカレーズがなければ生きていけなかったが、最近ではカレーズを掘らなくなったので、井戸から電機でくみ上げるようになって来た。当然、費用はかさんでくる。毎年カレーズを維持するために掘り返さなければならないのだが、今ではそのような危険を伴う仕事をする人が少なくなっているからである。

これがホンモノのカレーズです

 

 新中国以前、中国は半封建半植民地の状態にあり、小作農民は地主・富農の収奪に苦しめられていたが、トルファン・ハミ地域では、地主ならぬ「水主」がいたのである。現在は無論、水主は国有になっており、農民はそこから水を買っている。現在の国有のカレーズでは、農地や生活者のところまで水を各地に供給するために、蒸発を最小限に食い止め、安定的に供給することが最大の仕事となっている。

2011年、カレーズの展示場所にあった、騎馬遊牧民「高車」に関して、

「高車は我々ウイグル人の祖先である」と書かれている。

ラグ麺の店で麺を討つ店の人

| コメント | 06:57 | comments(0) | - |
現代シルクロード研究会は延期します

参りました!

 

先日、現代このブログ欄にシルクロード研究会の開催を書いたのに、延期の連絡です。

1週間ほど前から「せき」が出て苦しみました。現代シルクロード研究会のときでも声が出ないだろうとの判断で、延期を決めました。

先週の土曜日には市の高齢者無料医療診療〜〜〜で近くの町医者に行ったのですが、その時にも症状を訴えたのですが、咳止めの薬をくれただけでした。

 

今回の風邪は激しい咳が出ます。あまりにも激しい咳が出るので、おなかの下の方、腹筋のあたりが筋肉痛を起こしたほどです。ベッドに横になると咳が出るので寝ていられません。階下に行って撮りためてある映画などを見て夜を過ごしています。

10年ほど前に撮影したホータンのポプラ並木です

 

 

きのうの朝、友人の看護師さんに電話で様子を話したのですが、声が出ないのです。ロクに話もできません。でもやっと話せた内容を聞くと彼女は言いました。「野口さんも年なんだし、何があるかわからないから病院へ行った方がいい」とのことでいきました。うちの奥さんからも言われたのですが「大丈夫だよ」といって行かないことにしていたのに・・・

 

声帯がいかれてしまって、声が出ないのです。会議の欠席連絡をしても、一目で(いや、ひと言で、)風邪だと分かってしまいます。

病院の待合室でフェースブックを見ていると、大阪の友人Sさんも私とまったく同じ症状。激励を送りました。“大阪からウイルスを送るな!”と。

同じころ ウイグルの老人の歩く姿

 

予約していないのでだいぶ待たされましたが、診断を受けました。様子を聞くと「ただの、のど風邪ですよ」とのこと。単純な私はこれで、すっかり治ったような気になってしまって、帰りは“ルンルン”気分でした。と言っても、うちの奥さんの車が送り迎えしてくれたのですが。

でも医者に聞きました。「この風邪はいま、流行しているんですか?」と。しかし彼は言いました「だいたい、風邪で大学病院に来る人は少ないですよ」。

 

先日も書きましたが、モンゴル研究の2回目は、かなり苦労しましたが自信を持って発表できるものでした。残念ながら3月にお預けです。

母親が生きている頃、私が風邪をひくと「カゼで酒も飲めないくらいだと心配するけれど、今日は酒を飲んでいるから大丈夫」と言っていました。でも、きのうは飲めませんでした。お酒がほしいと思わないのですね。

 

というわけで、1月28日(土曜日)に予定していた「現代シルクロード研究会」は3月に延期いたします。申し訳ありません。

| コメント | 10:57 | comments(0) | - |
今年もよろしくお願いします。

 2017年の新しい年があけました。

 今年もよろしくお願いいたします。

 昨年はブログを大幅にさぼりました。“今年は改心して書きます”などとは決して申しません。気の向いたときにせいぜい一生懸命に書きます。

 

 きのうは恒例の息子と娘夫婦一家が来ての新年会です。

 どういうことか、毎年、幡ヶ谷にいる婿殿の母親がついてきます。「一人暮らしだからおせち料理をつくるのも面倒なので、野口家のおいしい料理が楽しみで来ます」ということです。昨年までは婿殿の弟までがついてきていました。

 三鷹の法律事務所は娘が所長で婿殿が所属弁護士。子どもの保育園の送り迎えがあるので所長を分担しているらしい。仕事が軌道に乗っているのかどうか、聞いたことはありません。

 

 正月でも何でも主役はやはり孫娘です。

 以前、「サンタさんには何をお願いするの?」と聞くと「リカちゃんハウスの広々ゆったりキッチンなんとか・・・」をお願いするといいました。私は車の運転中でしたが、大声で「サンタさんお願いします!!というと「おじいちゃん、サンタさんには大きな声を出さなくてもいいの。ちゃんと聞いてくれているから大丈夫よ」とやさしく諭されました。

 

 年末は初めて親から離れて尾瀬の方へスキー合宿へ行ったそうです。「リフトで一番高いところまで行って、ボーゲンで滑ったよ」と一人前のことを言います。夜の交流会で教わったダンスも披露してくれました。指導員のお兄さんに恋をしたそうです。月日の立つのは早いものです。彼女は4月には一年生。

アフタースキーで教わったダンスを披露してくれました。

左はお父さん。孫娘にお父さんがいると、おじいちゃんには近寄りません。

私のライバルは、彼女のお父さんです。

前歯がぐらぐらしているとのこと。もう大人になるのかよと

少々寂しくなります。

 

 息子は昨年、やっと念願のドローンの会社を立ち上げました。テレビでも紹介された西ノ島をドローンで撮影することに成功し、12月には、山岳遭難者を発見する競技大会(?)で並み居る人たちを引き離して優勝。賞金50万円を獲得しました。「親父に10万円位おとしだまはないのか」というと、「経費やスタッフの慰労でほとんど消えちゃった」とのこと、やっと経営者の自覚が出てきたようです。

 

 私と一日違いの誕生日で45歳になる息子ですが、きのうは、テーブルのものを片づけるし、両親からのたまりにたまったパソコンの質問の講習会、パソコンで教えてもらいたいことが盛りだくさん。ひとつひとつ丁寧に答えてくれます。今までなかったことです。少しは成長したようです。「そんなことなら、この家に住めよ」といいたいくらいに聞きたいことがたまっていました。我がワイフは、パソコンやスマホの使い方を教わることにかこつけて、夜中の12時頃まで息子にまとわりついていたようです。 

 

 そして、きょうは日本シルクロード文化センター役員会のみなさんを中心にした新年会をわが家で開きます。

明日からはまた通常の毎日です。1月末の「現代シルクロード研究会」では、今年一年間通して講義を開く講座での発表。2月15日には、武蔵野市の老年・壮年の市民講座でシルクロードの講演会、この2つの講演の準備中ですが、それ以外にも昨年から引き受けた全国的な交流組織の事務局長としてのハードな仕事も待っています。仕事といっても無論、無給です。

 

 トルコでのテロ、新疆での連日の暴動まがいの事件、地球各地で悪政と圧政に抗する市民の闘いも激しくなるでしょう。そんな今年ですが、荒波を乗りきっていくことにしましょう。

 

 そうそう、4月から5月にかけては、ウルムチからマイカーでローマまでシルクロードを行く車の旅に参加することになりそうです。約1カ月半、ウイグル人や漢人と一緒です。それより車をどうしようかと思案中です。

 2月で74歳。今、わたしは人生の全盛期です。

トルファンの私の友人の姪っ子たち。一人は今、カナダに留学中。

可愛い娘たちです。

| コメント | 10:55 | comments(0) | - |
わが友・田部井淳子が死んだ!

 

2016年10月23日 野口 信彦

 

 夕べのニュースで田部井淳子さんの死を知った。

 ガンであることは知っていたが、衝撃であった。

 

 田部井淳子さんは「女子登攀クラブ」の一員として1975年、エベレストへ行き、雪崩事故の関係で登攀隊員になり登頂を成し遂げた。その「田部井淳子」は、一躍世界中から注目を浴びるようになった。

エベレスト登頂の瞬間の田部井淳子さん。

(女子登攀クラブ提供)

 

 その彼女がガンで亡くなった。77歳である。あと10年は生きていてほしかった。ガンであることを知ってはいたが、「死」とは無関係だと思い込んでいた。

 

 9月11日には尊敬していた加藤九祚さんがウズベキスタンの発掘作業先で大往生を遂げた。8月24日にタシケントの空港でお会いしたばかりだった。

 また先には、日本勤労者山岳連盟創立者の伊藤正一さんが死んだ。黒部の山賊とも仲良く、北アルプスの三俣山荘や水晶小屋を経営していた。政府の山小屋撤去命令に抗して、労山は長年、「守る会」を組織して戦った。伊藤正一さんは、イギリスの貴族から始まった近代登山が、日本では一部のエリート層だけのものであってはならないとして、「日本勤労者山岳会」を1960年に立ち上げた。

 

 次々と身近な人が、私たちと幽明境を異にしていく。たまらない気持ちである。

 

 私が田部井さんと初めて、親しくお付き合いするようになったのは1990年の「HATJ」(日本ヒマラヤン・アドベンチャー・トラスト)を立ち上げる2年くらい前の準備段階からであった

 毎週水曜日の夜、原宿の、いま、もっとも賑わっている小さな“なんとか通り”にあった神崎忠男氏(現会長)の自宅だった。そして私に姉のように接してくれていたのが、田部井淳子さんであった。気安く人なつこい田部井さんとはとても気が合った。

 

 私は日本勤労者山岳連盟=略称・労山を代表して準備会議に参加していた。この団体は私たち労山と日本山岳協会、日本山岳会、日本ヒマラヤ協会との山岳4団体でつくりあげることになっていたからである。無論、対等平等の満場一致制であった。

 

 当初、田部井さんは労山の団体名を誤解して「日本労働者山岳同盟」と呼んだ。まるで、山岳パルチザンかゲリラ組織のような印象があったのだろうか。「違うよ田部井さん、労山ができた当初は、国民の大部分は勤労者だからそういう名称になったんだよ」と説明したが、どこまで理解してくれたか疑問ではある。

 

 朝日の記事では、長野県の信州大学山岳部を出た近藤幸雄が、田部井さんに関する詳しい記事を多くの紙面を割いて書いてくれた。感謝したい。田部井さんのご主人も同じ大学だった。

きょう10月23日の朝日新聞

 

 日本ヒマラヤン・アドベンチャー・トラストの立ち上げは、田部井さんの母校、昭和女子大の人見絹江記念講堂で国際シンポジウムとして開いた。この国際シンポジウムの準備では、皇太子出席問題※でひと悶着があったが、エベレスト初登頂者のヒラリー、超人メスナー、仏・シャモニーの市長も務めたボニントンら華々しい顔ぶれの出席で大成功をおさめた。

 

※国際シンポジウムに日本山岳会の一部役員が、無断で“ヒラリーさんに会いたがっている皇太子さんに出席していただく”と発表したので問題にしたのである。私は「皇太子さんが出席することに反対なのではない。物事は満場一致で決めるという約束にもかかわらず、この会議に無断で進めたことが問題なのだ。皇太子さんが日本山岳会の一会員として参加するのは何ら問題がないが」と主張した。結局この主張が通ったが、日本山岳会など既存登山界にはそのような陰で動く勢力がまだ数多くいたのである。しかし、それに批判的な若い役員が存在しているのも事実である。

 

 ヒマラヤの自然保護だけでなく、日本でも実践しようと第1回清掃登山が丹沢で行われた。このときもずっと田部井さんと一緒だった。懐かしい思い出は、まだまだある。

 

 その後私は、1996年の夏、かねての念願であったチベットのカイラスへの山登りに行った。日本山岳会の根深誠氏らと一緒だった。だが、残念ながら、連日10回以上にも及ぶスタック(車が川にはまって身動きできなくなる状態)の連続で、食料と燃料が尽きて敗退した。四川省の成都から入った私たちの帰路はネパールだった。

 

チベットの聖なる場所に掲げられるタルチョ

シーシャ・パンマのベースキャンプ(5000メートル)で

1週間ほど停滞した

車がスタックすると、巡礼途中のチベットの人たちが、

氷河が解けた冷たい水の中に入って救助してくれる。

ヒューマニズムという精神で・・・

チベット高原を走ると、毎日毎日、このようなスタックが続く

座席に座っていて、おへそまで水が上がってくると、

屋根に脱出しなければならない

 

拙著『幻想のカイラス−不思議の国チベット・ランクル紀行』(東研出版、98年8月発行)に、以下の文言があった。

 ネパールと中国・チベットの国境である「ニエラム」で休憩をしていると、見たような女性登山者がいる。「田部井淳子さんじゃありませんか?」。怪訝(けげん)な顔をしていた彼女は、ややあってから「どなた様ですか?」、「野口ですよ!労山の野口」。「あ〜あ野口さん。日本でなかなか会えないのに、こんなところで会えるなんて。でも、チベット人みたいね、真っ黒になって」。私の顔が日焼けして真っ黒で見分けがつかなかったようだ。

 彼女はこれから登りに行くといっていたが、帰国後、登頂に成功したあいさつの絵ハガキが来た。文中から引用した。

 

 まだまだ思い出は尽きない。10月29日の講演の原稿書きやレジュメづくりなどで超多忙なのだが、きょうばかりは田部井淳子を悼むことを書かなければならないと感じた。無念である。

| コメント | 11:39 | comments(0) | - |
さあ〜アンコール・ワット観光、だが、その前にー13

5月7日

いつも部屋は、こんな具合です。

ホテルのフロント

 

 旅の途中で、日本の旅行社に連絡してホテルを抑えてもらっていた。きょうはアンコール・ワットの観光である。ここばかりはガイドがいないと何にもわからないのでガイドをお願いしてあった。きょうは「セデナ」というガイドが来る予定であった。だが時間になってもガイドが来ない。ガイドのセデナの電話番号はあらかじめ知っていたので、フロントから電話をしてもらった。すると彼は「聞いていません」という。すると入れ替わりにホテルに日本人が走りこんできた。

ロビーから玄関を見る

 

 彼は日本人経営の旅行会社シェムリアップ支社の日本人社員であった。「申し訳ありません。野口さまが見えることは知っていたのですが、ガイドと車の手配を忘れていました」。「じゃあ、君は私がここへ来てアンコール・ワットを刊行するというのに、何をするのかぜんぜん考えなかったのかい?」「完全に忘れていました。申し訳ありません」という。「観光を案内する会社が、基本的なことをやらなかったんだね。それがプロの仕事か!」と一喝。そして彼に、「家族はいるの?日本へはどれくらい帰ってないの?」とやさしく声を掛けた。脅かしておいて、優しい声を掛けるのは、あまり性格の良い人はしない。

掃除の女性

 

オトシマエ

 だが私もそれだけで終わらせるような男ではない。仕事をミスした会社に黙っていない。次のような条件を提案した。

  • きょうアンコール・ワットへ行くが、明日のアンコール・トムの観光にも車とガイドを提供すること。
  • 9日にこのホテルをチェックアウトするが、午後2時半まで部屋で大相撲をテレビを見ていたい。その分の料金も保証すること(シェムリアップの午後2時半は、日本の相撲中継の終わる午後6時だから)。
  • 9日にラオスまで空路でいくが、空港まで私を車で送ること。

 を、提案した。結果は、すべてOKだった。私はなんとあこぎな人間なのだろうと、かすかな反省を感じていた。

 

 彼は合わせて「きょうのドリンクは私どもが支払わせていただきます」というので、「じゃあ、これからビールを10本飲むからね」と冗談を言うと、それも本気に受けとめて「はい、それもけっこうです」という。

 ついでに、「明日は博物館もご案内いたしましょうか」とまで言ってくれた。私はとんだ乱暴者のようである。

| コメント | 10:40 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE