シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
「無罪宣告」

1月下旬からだったか2月頃からだったか、新型コロナ禍が世界を覆い、政治活動・経済活動を含めて人びとの日常生活が一変しました。ある意味、逼塞状態が続いています。まさに人類史に記録される出来事が毎日続いています。

 

私は若いころから「自律神経失調症」だとか「うつ症状」が続いていたころがありましたので、3月5日からスタートした入院・治療生活という私の「自粛」はある意味では“快適”でした。

それが4月下旬まで続き、胆嚢炎から「下血」による大腸ポリープの削除、そしてその結果としての“大腸がんの懼れ”を医師から指摘されるという、わが人生最大の危機に直面することになろうとは思いもしませんでした。

 

しかし、私は過去、1960年代に北京に留学していたころ、内外の留学生の紅衛兵による攻撃で何度も死に直面し、死を覚悟したことが再三ありました。北京飯店の8階から手足を持たれて突き落とされようとしたのですから。天安門広場で4人の仲間で「たとえ彼らに殺されても、日本人の魂を失うことなく立派に死んでいこう」と決意までしたのですから。

 

 

それは、私や私たち少数の留学生が日本人であることを知りながら、その日本人としてのアイデンティティを根底から否定して“毛沢東思想で指導された日本革命をせよ” などという荒唐無稽な暴論を吐いての攻撃が半年間ほど連続したことがあったからです。その攻撃たるや、空手五段や柔道三段の、“きのうまでの同級生”が目を血走らせて攻撃してくるのです。私は暴力の恐怖の前に、“なぜ、きのうまでの友情がかくももろく崩れ去ってかつての仲間を襲うのか”という驚きと悲しみの感情のほうが先でした。

 

帰国後もさまざまな組織活動をリードする立場に就きましたが、そこでも無理解と誤解と悪意にもとづく誹謗や攻撃にも会いました。ですから、今回くらいのことではひるみもしませんでした。と言いたいところですが、「ガン」という業病によって死に直面するかもしれないという精神的な負担はかなりのものがありました。

4月24日に3度目の退院をしてからの毎日は、一見、何でもないようにふるまいながらも、実はそのプレッシャーに毎日さいなまれていたのです。

実際、いつも会議などで会っていた数十年来の親しい仲間の夫が、胃がんで余命三か月の診断がくだったというメールを見たのも今朝のことでした。

 

そしてきのうの11日は、ある覚悟を持って2人で病院へ行って大腸ポリープのガン化についての検査結果を聞きに行きました。まるで死刑判決か無罪放免を聞きに行くかのように感じていました。

結果は「根治しています」でした。

「しばらくはここに来なくても良いですよ。半年後の10月に念のための検査をして、そのあとは1年に1回の検査になります」ということで、無罪放免でした。

 

医師のその言葉を聞きながら、私は隣にいたワイフに抱きつきたくなる衝動を抑えていました。とんでもない大声で「よかった〜〜〜!!」と叫びたい気持ちにもなっていました。多くの友人や息子・娘、そして4年生になったわが孫娘たちに早くこの喜びを伝えたいと思いました。孫はきっと「わ〜い!おじいちゃんよかったね〜、バンザーイ」というだろうなと一人ニコニコ想像していました。

 

この日の診療費は70円。昼に近かったのですが、ワイフが「きょうのランチはとなりのイトーヨーカ堂でおいしいものを買ってお祝いしようよ」と言いました。反対のはずがありません。でも、レジが終わると「今日はあなたのお祝いだから5637円はあなたが出すのよ」と言われました。

ま、ともかく病院の帰りはきのうの天気のように晴れやかな気分になっていました。

 

ブログをお読みの皆様。個人的なことを書いて恐縮なのですが、ご了承のほどをお願いします。

休講が続いている「シルクロード講座」についても、再開の時期を見計らっています。

9月予定のウズベキスタンの旅も終息状況を図りつつ頭に描いています。

 

5月12日 野口信彦

| お知らせ | 10:51 | comments(0) | - |
第111回シルクロード講座 3月14日(土) 13:00 〜 16:00 「軒丸瓦の文様からみた文化伝播の一様相」

日本シルクロード文化センター会員の皆様
シルクロード講座等行事に参加されたみなさま

 

暖かい日と寒い日が交互にやってきて、昼間暖かくても夕方から冷え込む日もあり、着るものにも悩む毎日です。

また新型コロナウイルスの感染も拡大しており、催し物をするのには心配な毎日ですが、ひとまず講座は予定通りということでご案内いたします。

状況の悪化によって中止せざるをえない時は、改めてご連絡差し上げますのでご承知おきください。

 

きのうは「春一番」が吹き荒れましたが、今日はうららかな良い天気でした。

多摩川からの富士山がとてもきれいでした。

 

3月のシルクロード講座は昨年10月に台風のため延期いたしました清水先生の講座です。

第111回シルクロード講座 3月14日(土) 13:00 〜 16:00

「軒丸瓦の文様からみた文化伝播の一様相」

            講師:清水信行(青山学院大学名誉教授)

中国唐の黄冶三彩葉出土の「黄褐釉陶器盤」の見込み部に線刻されている宝相華文は、渤海上京城出土の宝相華文軒丸瓦の図柄によく似ている。

どちらも所謂三つの子葉をもつパルメットが向き合った形で一つの蓮弁のように表わされ、その中には盤では米粒状の子葉が、瓦ではハート形の子葉が置かれている。これらと同じような文様の軒丸瓦に、韓国新羅慶州興輪寺出土の軒丸瓦がある。

 

日本の下総国分寺の創建瓦にも宝相華文軒丸瓦があり、遠く西アジアに発した宝相華文がシルクロードを介して中国の唐三彩に採用され、その焼成技術とともに、軌を一にして8世紀中ごろに東アジア世界に伝播したと考えられるのである。

 

参加費:1,000
場所:みんなの広場
        狛江市東和泉2-20-12-103
       
小田急線和泉多摩川駅徒歩5分

<問合せ・申込み>
  Tel & Fax: 03-3480-4478(野口)
        080-5483-6740
    E-mail : silkroad-j@ef.lomo.jp
 ホームページ http://silkroad-j.lomo.jp/ 

 

 

| お知らせ | 16:32 | comments(0) | - |
番外編―台風一過、地球規模の気候変動を危惧する

台風一過、今日は素晴らしい天気です。朝、ワイフと一緒に近くの多摩川の堤防に行きました。先ほどまでの強烈な風と強雨。いつもは悠々と流れる大河・多摩川。それが堤防のすぐ下を茶色の濁流が土砂をかき混ぜながら流れています。堤防から10メートルほどのバス通りには泥が溢れて、一台の車が主のいないまま放置されています。

私たち夫婦と同じような気持ちの人が多いのですね。

多摩川の対岸は南武線の久地あたりです

手前の残骸のようなものがあるところまで濁流が上がってきたのだと思います。

いやそれ以上に上がったのかもしれません。

河原はすべて濁流の下です

 

指をさしたすぐのところまで水が来て溢れたのです。

 

 

考えてみると、私たちが上海から成田に帰ってきたのは9月10日深夜。わたしは知らなかったのですが9月8日くらいに千葉県などを襲った台風15号の直後だったのですね。政府は内閣改造で大忙し、千葉県知事はどこへ姿をくらましたのか「不動の姿勢」。今でも被害は復興されていません。

 

それで、昨日の台風19号での襲来でした。今回の台風は史上最強。普段とはちがって、私は家のすべての雨戸を閉め、靴を玄関から上にあげ、あれこれ家を守る活動をしていました。雨戸はこの家を購入以来、一度も閉めたことのないものもありました。占めるのに苦労しました。一番風が強かったのは午後7時半過ぎから2時間くらいでした。わたしはいつもは9時前にはベッドに入るのですが、それでも岡山、福島、北海道などから「多摩川が決壊したけれど大丈夫ですか?」などの電話が来ました。ありがたいことです。一応、娘と息子からも来ましたが。

 

前衆議院議員の宮本たけしさんからもフェースブックが来ました。でもあれは二子玉川にそそぐ小さな川の水があふれて街中に出て行ったようなのですが、それを氾濫というのでしょうね。多摩川の向かい側の武蔵小杉辺りは本当に多摩川があふれて、友人のトランぺッター松平晃さんの家が床上浸水したという知らせもありました。

 

今(13日午前10時45分)時点で、死者9人、行方不明22人という被害が出ています。なんでこれほどの被害が出るのでしょうか。政府も知事も施策が遅いのは変わりませんが、やはり地球規模の気候変動が主たる原因ではないかと思います。

 

夜の10時になると風はやみました。わたしは家じゅうの雨戸を開けまくりました。

もう東京での台風は過ぎました。東北は大変でしょうが、こちらは終わったので申し訳ないのですが、満天の星と月をベッドから眺めていました。そこで考えました。

持続可能な地球という課題です。

 

2014年、ノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんは懸命になって、世界に向けて平和を訴えました。世界の若者よ平和を守るために立ち上がれ!と。

最近では、16歳の高校生グレタ・トゥウンベリさんが、この気候変動の問題について、世界各国の政治指導者を叱咤し、世界の若者の覚醒を訴えました。結果、世界各地で数百万の若者が立ち上がり、少なからぬ政府と指導者が彼女の訴えに同調しました。

 

グレタさんの訴えは、すでに私を含めた多くのものが主張していたことでした。しかし私たちと違っていたことは、彼女は父親を説得してボートで大西洋を渡り、ニューヨークの国連で訴えたことです。そして世界の若者たちもこれに呼応して立ち上がったことです。

 

熊谷の41・1度という暑さがニュースになっていましたが、昨年と今年の夏の暑さを考えれば、もうすでに普通のことのように思えます。今年の異常な暑さは

は耐えられるものでありませんでした。では、来年はどうなっているでしょう。このようにして毎年毎年、地球が壊されているのですね。もうこれ以上は地球の破壊を許してはいられません。

| お知らせ | 12:07 | comments(0) | - |
明日の日本テレビで・・・・

 先日、11月末のこと、日本テレビの番組制作者の女性から電話がありました。

 「『頭脳王』というクイズ番組で人類最古の平和条約について設問したいので教えてほしい」とのことでした。

 

 この種の問い合わせは以前から何度もありました。で、この問題は、以前の「シルクロード講座」で当会員のTさんが、同様のテーマでお話をされたことがありますので、そちらへ電話するように言いました。

 

 Tさんからは、きのう次のようなメールをくださいました。

関係する画像を4枚程送りましたところ、そのうちの1枚を使わせて欲しいとのことでした。但し、本件は放送日直前まで口外しないようにとの要請があり、漸く一昨日OKが出ました。その様な事情で野口さんへの報告が遅れました。

 放送日は12月16日(金)、明日です。

 日本TV(4CH) 21:00〜23:00 まで放映するそうです。

 

この番組は、かなり難しい設問があるクイズ番組のようです。私は見たことはありません。カデシュもその様な設問の一つと思われますので、放送はごく短時間と思われます」。

 

 

 2015年9月のシルクロード講座の報告をしたブログを再録しましょう。

 

2015年9月13日(土)は日本シルクロード文化センター恒例の第55回シルクロード講座でした。
今回の講師は、当会の会員で放送大学人間学研究会の当金彦宏さん。
テーマは「人類最古の平和条約“カデシュ” 〜ヒッタイトとエジプトはいかに戦い、どのような和平を結んだのか〜」。お話は

1. 一枚の楔形粘土板文書の発掘

 ヒッタイト王国の発見・・・蘇る幻の王国

2. ヒッタイト帝国の拡大とエジプトヘの影響

3. エジプト王国第18王朝の対外政策

4. カデシュの戦い:ヒッタイト vs エジプト

5. 人類最古の平和条約・・・何を取り交わしたのか、両国の思惑は?

6. カデシュの戦いの記録

7. 紀元前1200年ごろの大転換

8. まとめ

というレジュメに沿って、多くの図版や写真を映写しながら進められました。

1906年、アナトリア(トルコ)で楔形文字が刻まれた一枚の粘土板文書が発掘されました。解読の結果、紀元前1259年にヒッタイト帝国ハットウシリ3世とエジプト王国ラメセス2世が調印した平和条約と判明しました。
両国は、紀元前1275年カデシュ(現在のシリア)で戦いを交えました。この戦いは、馬2頭立て戦車による当時の最精鋭軍隊の激突でした。のちに両国は講和を結びお互いに署名した文書を交換しました。
エジプトに於いては、既にヒエログリフが解読(1822年)されていた為、エジプト各地の神殿、葬祭殿等の壁画並びにパピルス文書等によりカデシュで戦いがあったことは、知られていましたがヒッタイト帝国の存在は謎に包まれていました。この粘土板文書発掘は、幻のヒッタイト帝国を甦えらせました。

 

(この下段に写真があったのですが、私の技術ではコピーできません。悪しからず)
粘土板
タイトルから想像すると何やら難しそうでしたが、幻の王国と言われていたヒッタイトが、発掘された約3万枚の粘土板文書によって存在‑を証明されたこと、そこに刻まれていた楔形文字の解読によって、粘土板にはカデシュの平和条約やエジプト王妃からヒッタイト王妃への書簡、鉄製品取引に関するものなどが書かれていることが分かったこと、ヒッタイトは鉄製武器や馬2頭立て戦車を用いていたことなど、今から3000年も前の世界が明らかにされていく面白さにすっかり聞き入ってしまいました。

交流の時間には、これからトルコ旅行をしたい方や、歴史に興味のある方の質問が相次ぎました。その後は、これも恒例の場所を移しての懇親会で盛り上がりました。

| お知らせ | 09:34 | comments(0) | - |
あ る 休 日   1018  野口 信彦

3日前の10月15日(土曜日)。私の生活圏である小田急線の

 喜多見駅から野川〜成城学園〜東宝撮影所跡〜仙川〜岡本〜瀬田〜二子玉川をウォーキングしてきました。

 わたしのこれまでのウオーキングのなかではもっとも素敵なコースでした。

調布市ウォ―キング教室の講師をつとめるうちのカミさんのストレッチの指導

どうしても写真が90度曲がりません。

 

 案内役の三浦さんとは、もうすでに40年以上に及ぶお付き合い。互いの住まいも歩いて5分くらいのところ。1年ほど前に奥さんの突然の死ということがあって、ときどきわが家で夕餉をともにしています。

もうすでに齢(よわい)80を超える人生の先輩です。「日本シルクロード文化センター」の副代表ですが、スポーツ分野でも一緒に活動しています。

成城の小田急線のガード下の小さな水車と「滝」

成城の街並み。この1本隣の道に亡くなった石原裕次郎の家、

現在は北原三枝さんの住んでいるお宅があります。

 

 その三浦さんが、かつてなく力を入れて評価し、かつ推薦していたのが、このコースです。私もこのコースを聞いただけで、これは一見の価値ありと判断してカミさんを誘っていきました。

写真の右は三浦二郎さん。お隣は、わざわざ仙台から来た

同じ宮城県スポーツ連盟ウォーキングクラブの仲間。

 

 

 野川沿いは昔から緑濃き場所だったので数多く散歩をしていました。成城では山本嘉次郎の自宅だった家があり、小川のようなせせらぎがありました。

野川

白い鳥は何を考えているのか

 

お隣の仙川から二子玉川までのコースは初めて。仙川沿いでは岡本の民家園など、これでもかというほどの自然あふれるコースでした。

岡本民家園。ちょうど葉っぱで舟などをつくっていました。

民家園で遭遇したチビちゃん

 

 世田谷道り沿いの回転する大蔵大仏のあるお寺の一隅で昼食をとろうとすると、趣のある部屋に通されておにぎりやサンドイッチをパクリ。4時間少々歩いて二子玉川の駅近く。

お座敷に通されてお昼。22歳の若い女性もいます。違います、向こう側です。

世田谷通り沿いにある妙法寺の回転する大仏で集合写真

 

そこで解散なのですが、いつものようにビールかコーヒー。私とカミさんはそこでみなさんとお別れして三軒茶屋へ。三浦さんが“えっ!野口さんいかないの?”とびっくりした顔。飲む席は断ったことがない私でしたので驚いていました。

仙川は二子に近づくと丸子川となる

二子川で終点

 

 田園都市線で三軒茶屋へ。私は昔、大井町線で溝の口から大井町まで通勤していましたが、この近辺は路線の名前が変わって乗りにくくなっています。

 

 まっ、三軒茶屋では「茶屋de大道芸」というイベント大集合があるとのこと。これは私たち夫婦の女性の友達のM女史からのおすすめ。彼女はどういうことか名前と写真の掲載を頑なに拒む人。殺人の疑いで警察かヤクザから逃げ回っているのか、あるいは秘密工作員なのだろうかと思いたいほどです。以前、このブログで写真と名前を掲載して、こっぴどく叱られたことがありました。

 冗談はともかく3時半から各種の大道芸をたっぷり楽しみました。夜の10時近くまで楽しんでいましたが、この間、2回ほど飲み屋に入るなど、久しぶりの夜遊びでした。この日歩いた歩数は2万歩。大したもんです。

 あとは写真をお楽しみください。

ディキシーランドジャズでした

若い女性プレーヤーのアルトサックスも、なかなかでした。

肉!肉!肉!

駱駝艦のメンバー

中国の「雑技団」

のっぽはなんといったかな〜〜〜?

三軒茶屋の街を楽隊がラッパを吹きながら歩いていました。

わたしも子どものようにあとをついていきました。 

 

※そうそう、カンボジアの連載が終わりました。次はラオス、タイ、ミャンマーが控えていますが、今月末からスタートする連続講座のレジュメづくりやらパワーポイントづくり(レベル向上を目指して教室で教わります)、11月には「シルクロード講座」で、インドシナ半島5カ国を訪ねて」で同様の報告の準備、それに日本シルクロード文化センターの総会に向けての準備、などなどがあります。おまけに、よせばいいのにといわれそうですが、最近、全国的な交流団体の事務局長にもなりました。激務が待ち構えています。ということで、連載はしばらくお休みします。

 もう一つ理由がありますインドシナ半島のことを書いているのですが、シルクロードのことがほとんど書けていません。

 

 それらも手掛けたいと思っていて、お休みするということです。

 再開はいつのことになるやら分かりませんが、必ず書きます。

| お知らせ | 11:03 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE