シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
きのうは100回目のシルクロード講座でした

数日前からの大雪の予報。せっかくの100回記念なのに・・・と思いながら、当日はP・C・やプロジェクターなどを会場に運ぶので車で行かなければと思いながらも、帰りは雪道だと車が走れないから、どうしょうかなどとあれこれ思いながらカミさんと2人で車で行きました。

 

前日から、常連の仲間たち2〜3人から「風邪をひいてしまったので・・・」という電話。そして朝。テレビでは「大雪、大雪・・・」と叫んでいます。

これでは“狛江まで行きたくても帰りの電車が止まるかもしれないから”と外出を控えるのは当然です。

 

100回もお世話になった「みんなの広場」は、会場中央に少し大きめの四角いテーブルが4つあるのですが、いつもはそれを引き離して20人近くが座れるようにしているのです。しかしこの日はそのまま10人くらいが座れる状態しておきました。

 

結果は私を含めて7人の参加でした。そして雪はほとんど降りませんでした。

翌日の今日も、かなりの上天気です。

シルクロード講座は結果的には私以外6人の参加でした。

6人であろうと1000人であろうと準備する手間は同じです。

 

年末から、この100回記念の講座と13日にある武蔵野市教育委員会&「老壮シニア連合会」共催の講演会に呼ばれています。

レジュメ作成やパワーポイントの作成は、2つの講演を同時進行で準備しなくてはなりませんでした。昨年末からです。落ち着かない年越しでした。

 

100回といっても毎年8月と11月はシルクロード講座がありませんでした。

毎年10回ですからちょうど10年です。

たった10年といっても、もうだいぶ忘れているところがあります。

私が準備してプリントした第1回シルクロード講座は、2007年1月15日ですから、創立前のモノでした。

創立後の第1回シルクロード講座は、間違いなく2009年4月11日が第1回シルクロード講座でした。

なぜならその記録を用意してくれたのは周東事務局長だからです。間違いありません。

 

創立前に私と盟友グリさんとでスタートさせた「シルクロード講座」は、約2年続きました。毎月隔週2回ですから43回続きました。

2007年1月から09年3月まででした。

この時は私の生涯で、死ぬほど勉強しました。

そして同年4月11日の第1回シルクロード講座からきのうの100回まで続いたのです。

 

ずっと会場を提供してくださってきた「みんなの広場」のオーナーが、しみじみとした顔で言いました。「よく続いたね〜〜、すごいことですね〜〜」。

これが私にとっての最大の賛辞でした。

出席した6人の仲間の背後には、もっと多くのシルクロード愛好者・研究者がいると思います。そしてその方々も同じ考えだと思っています。

 

創立前から一貫して一緒に動いてくれている人がもう一人います。「これまでの出来事ばかりでなく、これからの展望とか、明るい未来のことも話す必要があるね」と言ってくれたカミさんにも感謝です。

ありがとうございました、みなさん。

| 日本シルクロード文化センターの活動 | 10:34 | comments(0) | - |
11・4シルクロードの集いレジュメの追記

 シルクロードの集い前半は、私の講演でした。いわば、歌と踊りの前座です。

ブログのきのうの続きです。当日お配りした2ページのレジュメの追記です。

 そのレジュメを苦労して作成したのですが、会場ではパワーポイントを使ってのお話。当然、会場内は暗くなります。ですから手元のレジュメを見ることはできません。無論そのことは先刻承知。むしろパワーポイントを作成する項目順のためにつくったものでもあるのです。ですから、お話した内容・順番とこのレジュメは合致していないところが多分にあります。また、最大限要約してありますので(ですからレジュメと言いますが)、そこのところをご承知の上でお読みください。

“シルクロードというと、砂漠をお姫様がラクダに乗って進むという絵本のような幻想”だけではなく、シルクロードの原点と私のシルクロード史観をはじめに明確にしようと思ったわけです。それに多少、色付けして今日の内容にしています。※が付いて斜体文字にしています。

開会のあいさつをする坂田政隆副代表

始まりました

シルクロード その悠久のロマンと歴史の真実

ウソッ!本当っ!シルクロードで分かる歴史の真実

東京都狛江市・泉の森会館  11月4日 野口 信彦

いわゆる「シルクロード」は、人類文明の交流のルート

現生人類=ホモ・サピエンス  旅=移動

グレート・ジャーニー=旅の目的は生きるため。原因は気候変動による環境破壊と寒冷化からの避難活動

 

※私のシルクロード史観は、いわゆる“シルクロードの淵源はグレートジャーニーにあり”です

 この視点からは、肌色の違いで人を差別するという発想は起きません。また、力の強いものが弱いものを抑圧して、欲しいものを奪うという発想も起きないはずです。まさに、“シルクロードは平和とともに”発展してきたのだと言いたいのです。

 

1.匈奴=漢を圧倒して中央ユーラシアを掌握した大騎馬遊牧民

だが力を蓄えた漢の武帝は満を持して反撃し、匈奴を漠北へ追いやった。

南北に分裂した北匈奴は、現在のクルグズ(キルギス)からカザフスタンの草原地帯に2〜300年間滞在し、世間から隔離された状態で草原地帯にいた。

記録をつくることには全力を挙げる漢は“すでに漢の統治の及ばない遠隔の地”にいる匈奴の存在を知ることはなかった。

 

※歴史を転換し、前に動かしたのはギリシアでもローマでもなく、騎馬遊牧民。

どこの国の歴史教科書にも書かれていないこの歴史の事実。欧米は肌の違いだけで人種差別をし、中国は、いまだに「中華思想」で遊牧民を差別し、東夷・西戎・南蛮・北狄という差別意識に燃えています。そこからは、各種の民族が歴史や文明を共に発展させていくという意識は生まれてきません。

この状態ですから手元のレジュメは見えません

 

2.フン族の勃興.

やがて北匈奴は西進しはじめ、西ゴート族は西へと逃げ出した。

4世紀後半から「ゲルマン民族の大移動」が始まった。

ゲルマン民族が去ったあとにはスラヴ系民族が南下した。

そして現在の中欧や東欧、ロシアができていった。

匈奴はフン族となってゲルマン民族を追って西へ向かった。のちの476年、西ヨーロッパ帝国が滅亡した。

 

※匈奴=フン族が起こしていった“ゲルマン民族の大移動”は、単に民族の移動にとどまらず、東の「五胡十六国」とともに人類文明が顕著なユーラシア大陸の東西で、歴史を古代から中世に促進するという人類史的な意義がありました。そのことを歴史教科書ではどこの国も書いていません。

馬頭琴で「荒城の月」を演奏して下さいました

 

3.五胡十六国

一方、東へ向かった西匈奴は現在の中国東北部一帯に入り、いくつもの征服王朝をつくりながら「五胡十六国」を形成し、やがて北中国の地から隋・唐の征服王朝をもたらした。

実に匈奴=フン族という騎馬遊牧民が人類史の発展=古代から中世へ=を促進したのである。

 

※日本の歴史教科書には「五胡十六国」の視点は存在していないと思います。

匈奴は人類史を転換させるほどの影響力を持っていたのです。

歴史教科書に言う、ギリシア、ローマが世界史のすべてだという誤謬(ごびゅう)を糺すための論建てです。しかし限られた時間でのお話、できればこの一項目だけで数時間お話できるのにと思いました

ちゃるぱあさのメンバー

 

4.陸のシルクローダー・張騫

匈奴の圧倒的な武力によって臣下の礼を取らされていた漢の武帝は、匈奴を挟み討ちにするため、部下・張騫(紀元前114年生)をオーディションの末に西へ向かわせた。匈奴によって十数年とらわれていた張騫は帰国後、武帝に西域の情報をもたらすことができた。

これによってはじめて当時の漢=東アジアに、のちに言う“シルクロード”の概念がもたらされた。

ここにはかつて我が国の教科書には記載されていない歴史の真実がある。

 

※まさに陸のシルクローダー張騫です。

 

5.モンゴル・チンギス・ハーンの果たした歴史的役割

人類史に残る英雄チンギス・ハーンは、モンゴル高原の小国の部族長だったが、やがてユーラシア大陸全体に影響を及ぼす大帝国を築いた。

東は日本以西、東南アジアはベトナム以北、南アジアはインド以北、西南はアフリカ以北、そしてユーラシア大陸の西はキエフ、モスクワまでを統治した。

それまで、多くの国々を経て=のちにシルクロードと呼ばれるルート=交易をするのに、多数回にわたって高額の税を治めていた交易は、一度の納税で済むようになり、交易量が激増した。

文明が交流し、官吏・徴税吏、軍隊、宗教者、学者などが頻繁に往来するようになり、繁栄した国々が栄えた。

これを“パックス・タターリカ”=「モンゴルがもたらして平和」と呼んだ。

 

※モンゴルのチンギス・ハーンに関しては、語っても語っても語り尽くせない歴史の醍醐味が充満しています。

「歴史を前に進ませる原動力は何か」。

それは、ギリシア・ローマだけではなく、現代でいえば、「欧米優性思考」でもなく、また「欧米崇拝志向」ではなく、騎馬遊牧民なのだという視点を強調したかったのです。

そのはじめは「スキタイ・サカ」だったのですが、それをお話する余裕がありませんでした。騎馬遊牧民の絶頂の姿がモンゴルであったのですね。

妖艶な美しさをたたえたナヒードさん

 

6.21世紀のいま、“シルクロード”は?

“シルクロードを世界遺産に”の本質と本音

「朝鮮半島にはシルクロードはない!」と言ってのけた中国官僚

脊梁山脈に沿った文明の交流路

日本各地にある“シルクロード”

千石船、「鎖国」とはいえ世界の各地と交流していた江戸時代、

◆屮轡襯ロード一帯一路構想」とは?

最近の中国の動向から

 

※この項目については、あまりに大きなテーマなので、いずれ研究を重ねて論究したいと思います。ちょうど中国共産党大会も終わったばかりですので。

この写真はナヒードさんから送信されてきました

| 日本シルクロード文化センターの活動 | 09:33 | comments(0) | - |
年一回のイベントが終わりました。

  シルクロードのつどい 2017 講演と音楽で贈るシルクロードの風

 

 きのう4日(土)狛江駅前の「泉の森会館ホール」で開きました。

 この集いは毎年恒例のイベントですが、数カ月間をかけて準備してきました。

 前半は、私の講演でした。題して「シルクロード その悠久のロマンと歴史の真実」。

 1時間20分の時間でしたので、時間配分に苦労しました。

 今年1月に武蔵野市の講座でおはなししたのですが、この時間配分をミスして準備した7割くらいしかおはなしできませんでした。今回は9割くらいのおはなしができました。

 現在の日本の社会科の歴史教科書と歴史の真実がどれほどかけ離れているか、をお話したのですが、評判はどうだったでしょうか。

 

 後半は、イランのナヒードさんとそのメンバーの歌・詩の朗読、演歌と演奏。

 二番手がモンゴル舞踊研究会のマンダブインさん・佐藤淳子さんの踊りとウルグンさんの馬頭琴演奏。

 三番手がとても上手になった寺田亮平君のトヴァ音楽の演奏とホーメイ。

 そして最後は「ちゃるぱあさ」のみなさん。

 

 参加されたどなたかがおっしゃっていました。「こんな豪華な国際色豊かな出演者をそろえて、よく2,000円の参加費でできますね?」、もちろんできません。ほとんど参加費の2〜3倍の出費です。

 なぜ、赤字でやるのか。それはできるだけ多くの方がたにシルクロードのロマンと歴史を広めたいという一念だけです。

 

 ともかくわが会員の瀬戸山さん撮影の写真をご覧ください。

 

イスを並べて、演壇をつくって、さぁて・・・

受付をどうするか、という相談かな?

そろそろスタートですか

まだやることがあるかな?

この写真を、普通の位置に直す方法をまだ学んでいません。だれか教えてください!!!

ナヒードさんは、私のリクエストに応えて、演歌をうたってくれました。

ペルシア語と日本語で「また君に恋してる」

イギリスから22年前に来日したと言うマット・ギランさんは、国際基督教大学の音楽学の教授

Tonbak、Dar を演奏の立岩潤三

 

 

モンゴル舞踊研究会の(右)マンダブインと(左)佐藤淳子

これも縦位置に直せていません。

モリンホール(馬頭琴)演奏のウルグン。内モンゴル出身の芸術家です

夫と3歳のお子さんを伴っての出演です。

皆が驚くほどホーメイが上達し、感動を与えてくれた寺田亮平

曲が終わると、客席から嘆声が漏れていました。すばらしかったです

 

ちゃるぱあさのご夫婦には、必ず息子殿が参加します。演壇にいるので客席に戻そうとすると「ボクも出るの」

写真左がDnyaと右が上村菜々子。菜々子さんは調布市で、音楽と舞踊の講座を開くために準備中だとか

やぎちさとさん

佐藤圭一さん まったくアフガン人になり切っていますね。

 

 

Dnya  の踊り

菜々子の踊り

これも胡旋舞の一種なのでしょうかね

若い娘さんたち2人の踊り手たちは客席に降りて来て踊っていました

この座り方も、何か記憶にあるような気がします

 

ここから下の写真は、おおいに盛り上がった懇親会の席です

右端の女性は東京芸大の大学院で研究している若き芸術家・石井紗和子

サービスの日本酒の大杯を飲み干せ(るわけが)ない紗和子

私が飲んだ高清水のマス酒。これを”いかにしてこぼさないで飲むか”が問われる

マットも大杯に挑戦。右は白神山地にご一緒した荻原史子さん

菜々子もマジにチャレンジ

さあ〜、全員集合写真だ〜〜〜。息子殿も、夜遅くまで元気いっぱいに騒いでいました

| 日本シルクロード文化センターの活動 | 11:10 | comments(0) | - |
シルクロードツアーの内容が決まりました

 今年の日本シルクロード文化センター恒例のシルクロード・ツアーの内容が決まりました。7月6日出発で12日間の旅程です。行く場所は新疆シルクロードの西域南道です。

8月のアルチン山脈越えで夏の雪です。でも積雪は!〜3センチくらいです。

 

 敦煌から入って莫高窟を見て、車で陽関から4000メートル近いアルチン山脈を横断して(小さな山脈の横断なので高山病の心配はない)、チャルクリクに入ります。ここは地図で見るとコルラからタクラマカン砂漠を挟んだ西域南道です。普通の旅行社では行かないルートです。ここからは、右手にタクラマカン沙漠を見ながら、ひたすら西へ西へと向かいます。

敦煌郊外にある陽関の跡。馬がなぜここにいるのか分かりません。

 

 このコースは10年前にも実施したことがあります。その時参加された方は「車で沙漠を見ながら少し眠って、どこまで行っても同じ景色だった。でも驚いたことに退屈はしないで、むしろ感動を覚えた」と感想を述べていたことを覚えています。

タクラマカン沙漠のあるタリム盆地は、

一日で四季を見ることができる大自然を体験できます。

 

 ミーラン遺跡を見てからホータンに入り、次はカシュガルに行きます。カシュガルの宿泊はチニワク賓館泊。このホテルは19世紀末のグレートゲームの時代にはイギリス領事館のあったところ。昔の面影は少しだけ見られます。私がお教えします。でも99%の宿泊客は、そんなこと知らずにただの宿泊客になっています。

カシュガル・職人街を歩く主婦(撮影はお断りをしてから撮りました)

可愛いカシュガルの女の子。

 

 

 カシュガルからは汽車(軟座)で一昼夜かけてトルファンへ。ここは私の友人がたくさんいるところです。旅の9日目の7月14日には、友人たちが手ぐすね引いて準備して私たちの歓迎会をやってくださるそうです。

 そして旅はウルムチから日本へ帰ることになります。

 

 わたし自身も最近のウイグル事情があって、この2〜3年、中央アジアへのツアーが重なって、新疆ウイグルには行ってなかったのですが、久しぶりのウイグルの地です。

ケリアのオアシスで「ケリアの帽子」をかぶった女性。この帽子をかぶる人はいまは少なくなっていますが、

家庭や地域の模範的な女性がかぶる帽子だそうです。

 

 

 テロや治安の不安を感じる方もいるでしょうが、大丈夫です。ウイグル人はきわめて親日家です。“敵の敵は友人”という言葉があります。中国政府は日本を敵とは断定していませんが、尖閣諸島問題などで悪い宣伝をしています。ですからウイグル人は親日家です。その上、軍と警察は、残念ながらウイグル人への弾圧のために厳重な警戒をしています。逆に安全が保たれているといえます。残念ながらですが・・・・

 ともあれ、7月には新疆シルクロードへ行きます。

どこのオアシスだったか忘れましたが、9月に冬のウイグルの帽子をかぶった男性。

 

 この旅は、営業会社のツアーではなく、私と日本シルクロード文化センターの仲間たち気の合ったメンバーで行く旅です。5000円ほどのコーディネーター料金以外は、利益を追求していません。すべて原価でやります。

 

  ご希望の方はわたしか日本シルクロード文化センター役員までお問い合わせ・お申し込み下さい。すでに杖をついて歩く82歳の方の参加希望があるように、飛行機と汽車とマイクロバスなどの乗り物でいく旅です。足の弱い方でも大丈夫です。タクラマカン砂漠を歩くなどはありません。歩くのは遺跡の中くらいです。

ここはホータンの街のようです。

 

※今日の写真はすべて、2007年のこのルートのツアーの写真です。

 

 

| 日本シルクロード文化センターの活動 | 11:05 | comments(0) | - |
1月28日(土)は午後1時から第8回現代シルクロード研究会を開きます。

 

今回のテーマは、昨年10月に開いた研究会に引き続くテーマ「世界史の基礎を創ったモンゴルの歴史―2」です。

主な内容は「遊牧騎馬民の誕生」です。講師は私・野口がつとめます。

 

会場は狛江駅前から歩いて3分の泉龍寺境内にある仏教文庫2階です。関心のある方はご参加ください。

 

「現代シルクロード研究会」の受講は、日本シルクロード文化センター会員を対象としていますが、特に関心のある方は歓迎します。ただし、入会を考えてくださる方がうれしいです。

 

年内の予定は、3月25日、5月27日、7月22日、10月28日に同じ会場で開く予定です。が、日程と会場は変更があるかもしれません。

私の携帯番号は、080−5483−6740 です。資料代は500円。

 

| 日本シルクロード文化センターの活動 | 06:52 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE