シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
あ〜!天安門!

きのうブログを書いてから、まだまだ書き足りていないことがあります。

天安門事件のことは多くのメディアが書いていますから、おおよそは理解できると思います。

大事なことは、この事件に至る問題の根源が書かれていないことです。

 

中国共産党は、自らが権力を握る以前から派閥闘争が激しかったということがあります。

解放戦争当時、人民解放軍が別の人民解放軍を攻撃して全滅させた事件がありました。これは、やっと党のリーダーになった毛沢東が、自分の路線に賛成していない幹部の指揮下の軍隊を攻撃したということです。万を超える兵士が全滅しました。

 

解放後、「人民裁判」が行われました。貧農や農奴をこき使っていた富農・豪農や地主たちを村人たちが裁判をして判決を下しても良いという方針でした。

これで推計400万人が殺害されました。富農・豪農たちの家族や使用人たちも裁判の対象になったからです。小さな子どもたちも殺されました。

これは、社会主義をめざすという理想からは遠く離れた虐殺行為です。

 

また解放後、中国南方方面では、台湾に逃げた蒋介石国民党の残党が居残って、テロ活動を繰り返していました。軍隊や地元の党の幹部を狙い撃ちにして殺害するというテロ活動です。間違えてかどうか、住民たちにも多くの被害が及びました。中国語では、この「テロ」という言葉を「恐怖」と書きます。この「テロ分子は住民の中に存在する」ということで、互いに疑心暗鬼になって住民同士が互いに相手側の住民を殺しあうという悲劇が起こりました。数は把握できていませんが数百万人が殺害されたといわれています。

 

「反右派闘争」もあります。毛沢東が「中国共産党には間違ったことを言う幹部もいるし、間違った路線があるかもしれない。知識人の皆さん、思う存分、党や幹部を批判してください」と提唱したのです。はじめはオズオズでしたが、次第に声が出てきました。その声が最高潮になったころ、毛沢東が「これはどうしたことだ」という論文を、党機関紙「人民日報」に発表して、意見を提出した知識人たちを一網打尽にしたのです。

 

やがて文革前にその「ほとんどが冤罪だったので名誉を回復する」措置が取られました。しかし、文革が始まると、その「前歴」が問題なって、三角帽子をかぶせられて、市中を引き回され、多くの人が殺害され、自殺しました。

 

中国では「自殺をする」という行為は、「罪を認めない」、「あくまでも抵抗する」という意思なので、「墓まで暴かれ」て、その名誉と精神を痛めつけることになります。

 

「文化大革命」と称した中国共産党による国民殺害の大犯罪行為は、数千万人が殺され、1億人以上が職を追われ、逮捕・軟禁され、数千キロ離れた土地に追放されるなど、想像を絶する殺害・迫害に遭った国家犯罪です。

これまで上述した、あれこれの事件やこの文革は、いずれも毛沢東が自分の権力に影響が及ぶことを未然に防ぐために自ら興した「逆クーデター行為」でした。

その結果としての天安門事件だということです。

 

天安門や西長安街で殺された遺体を、広場に集めてホースで水を大量に撒いて、遺体を広場の地下に流し込んだのです。5千人を上まわる遺体がどこかの川に流されました。

政府が死者数を「319人」だとはよくも言えたものです。政府自身も誰もがその数字を信じていません。

 

このころ1989年前後の世界の動きは、ベルリンの壁が11月に崩壊し、東西のドイツが統一された歴史的な年でした。それらが契機になって、ソ連が崩壊し、東ドイツが統一され、モンゴルや中央アジアなどが民主化されていったのです。

 

中国共産党が自らの政策や路線に自信があるのであれば、自らの政策と路線を国民に問えばいいことです。自信がないから武力で弾圧したのです。この図式は誰でもが簡単に理解できることです。

| シルクロードの光と影 | 06:55 | comments(0) | - |
あ〜!天安門!

 きょうのテーマは、ご承知のように「天安門事件」から30年が過ぎた記念の日に関してです。

 「あ〜!天安門」という表題は、私が北京へ留学した最初の中国語教科書の項目にあった言葉です。

 “天安門は、私たちの中国を救ってくれた中国共産党のシンボルだから、これを敬愛しよう”という意味合いがあったのです。

 

 その天安門前広場は広大な広場です。文革のとき、紅衛兵100万人の集会があった時もラクに入れました。

私自身もこの広場は、数々のドラマと悲しみと怒りを感じたところでした。

 

 

 その天安門で、中国共産党は“人民を守る”はずの中国人民解放軍を使って、その守るべき対象の「人民」を虐殺したのです。虐殺です。機関銃や戦車で踏みつぶしたりして多くの市民や学生たちを無差別に虐殺したのです。

 

 1989年の事件ですから私は文革の嵐のもとで帰国を果たしてから、20年余リが過ぎていました。わたしは文革の根本的な根源は何だったのかということを考えていましたので、とても大きな関心がありました。

 

 その年の夏、新疆シルクロードの帰りに西安経由で北京に2〜3日滞在してから帰国する際、ガイドのお嬢さんから北京空港で手紙を託されました。彼女は学生の頃日本語を学んでいました。卒業後は恋人ができて来年、結婚することになっていました。その彼が天安門事件で当局に追及されていて日本に亡命していたのです。その彼に手紙を持って行ってほしいと、少しの時間に「走り書きしたのです。それを頼まれたのです。

きょうの写真はすべてネットの引用です

 

 普通、このようなことは違法です。あるいはスパイに引っ掛けられやすいのです。その中身が麻薬であったりしたら刑務所に数十年囚われます。しかし彼女は空港にあった紙切れにサッと書いていましたから封筒に入っているわけではありません。

 渡されてからチラっと初めの部分だけ目を通しました。「恋しいあなた・・・」というたぐいの恋文です。それだけで安心して自分のポケットにしまいました。

 

 帰国後、彼女から聞いた番号に電話しました。中野区に住んでいた若い青年の声がしました。ものすごく警戒している様子がアリアリと分かります。「誰だ!誰に頼まれた!」ときつい言い方で中国語で言います。わたしは自分が日本人であること、あなたの恋人から頼まれたことを中国語と日本語で言いました。

 

 2〜3日後、高田馬場駅で会いました。かれは一人で来ましたが、うしろの柱の陰には3〜4人の若者がいました。

 ここ日本の地でも、中国の公安の目は光っているのです。彼ら彼女らの中国の親兄弟がひどい目に合うのです。「ひどい目」というのは、連日、地域の共産党事務所に出頭させられて批判されることから=これを中国では「学習」という=、刑務所に行くことまで何段階もあります。

 

 別の機会の話ですが、チベットでは、銃殺されたチベット人僧侶の実家に安全局から請求書が来ました。それは銃殺に要した銃弾の費用と彼を納めた棺の代金だったと言います。

 

 別の話。

 あるとき新宿駅から成田まで成田ライナーで行きました。そこへ中国人青年が迷いながら近づいてきました。そこから北京の彼の家近くまでずっと一緒でした。

 かれは大学時代に中国共産党に入党しました。「なぜ、入党したの?」と聞きました。彼は言いました。「入党すると会社の待遇や給料や出世も良いからです」といいました。中国共産党の実態がよくわかる話です。

 

 彼に言いました。「天安門では千人を超える学生や青年が殺されたんだよ。そんな党に魅力があるのかい?」というと「いいえ、千人もいません。数百人だといいます」。「国民党の政治から人民を助けるという共産党が数百人であっても人民を殺していいと思うのかい?」「中国共産党は1人であっても人民を殺してはいけないのじゃないのかい」というと彼は黙り込んでしまいました。

 

翌日、奥さんと3人で食事をしました。彼らの住まいは人民解放軍の義父の住まいにいるとのことでした。北京飯店での奥さんはそばかすが彼女の美しさを増すかのような、とてもきれいな奥さんでした。その彼女は「あなた!天安門のことは野口先生の言うとおりでしょ。あなたも以前は、野口先生と同じことを言っていたでしょ!」と夫を厳しく責め立てました。

 

 彼ら夫婦も天安門事件のときは北京大学の学生でした。

| シルクロードの光と影 | 09:54 | comments(0) | - |
シルクロードは毒にも薬にもなります

 きのう4日、日比谷公園の交差点の角の「マリンビル」で、ある旅行会社のシルクロード講演会でお話ししました。長年、シルクロードのパッケ―ジツアーを続けてきたという会社でした。

 

氷雨と言えるような寒さの中、日比谷の駅から傘もささずに歩いて行ける場所でした。

 

 

 会社から提示されたテーマは、“シルクロードのロマンをたっぷりお話ししてください”ということでした。天下のアマノジャクとしては、そういう話は得意ではないので準備に悪戦苦闘しました。それで、会社に「お誘いのチラシをくれ」といって取り寄せたものが、「中国・中央アジアをゆく 西域シルクロード講座とツアー発表会」。

社員の方に写真をお願いしたのですが、同じところから2〜3枚、

写しただけでした。なんとも〜〜・・・

 

 顧客へのイメージの売り込みがポイントとなる旅行会社ですから、“シルクロードのロマンをたっぷり”という要求はわかります。ほとんど出来上がっていたパワーポイントを半分以上作り直しました。そして画面には出さずに言葉で表現しようと思いました。

雨のため高齢者の出席者が少なく30人ほどの参加でした。そのうち女性は3分の2ほど。参加された皆さんにシルクロードへ行ったことのある人をきいたらお2人ほどでした。

 

 結局、ご紹介したものは、西安から蘭州をスタートして、敦煌までの河西回廊、青海省、そしてハミから西域北道・西域南道、そこからさらに進んで中央アジア五か国というように広がっていきました。

 これはとても1時間では終わらないと思っていましたが、結局、お話しの最中に、何度か担当者の了解を得ながら1時間半にもなってしまいました。

 

 シルクロードの風情あるシーンをたっぷりお見せしながら、説明はやはり、「シルクロードは変わってしまった」

「ガイドはウイグル人から漢人に代わってしまって中華本位の説明になってしまっている」

「ウイグル人の友人が一人もいなくなってしまった」

「一帯一路政策がアジアと世界に大打撃を与えている」

「トルファン近辺には核実験による放射能患者が多数いる」

 という話ばかりになってしまいました。

 

 出席された方がたは面白そうに聞いていました。終わってから帰るときにその方がたの前を通るとき、「面白かったですよ」「シルクロードの実態を知ることができてよかったです」「またお話を伺いたいです」などの声を次つぎとかけられました。

 この言葉があれば、悔いはありません。

 

 次は、パワーポイントでご消化した写真です。

麦積山石窟

モンゴルの覇者であったウイグルがキルギスに破られてタリム盆地に落ち延びたほかに

河西回廊にも少数が落ち延びました。その末裔が「裕固族」です。

嘉峪関からさらに奥深く分け入ったところにある馬蹄寺石窟

 

 

| シルクロードの光と影 | 06:07 | comments(0) | - |
ウイグル問題で、今日の朝日新聞の記事をコピーして掲載します

 最近、新疆ウイグルのことを書いたり、話しするたびに思います。「私の知り合いや友人たちが、みんないなくなってしまった」と。

 みんな心の底から信頼しあい、楽しく笑いあい、素敵な仲間たちでした。

 その人たちが、みんないなくなってしまいました。

 彼らは、彼女たちは、今も、暖房もない極寒の、狭い部屋に、ぎゅうぎゅう詰めにされた部屋で、悪臭の立ち込める独房や集団房に拘束されたまま、いつ戻れるかの希望も見いだせないままに拘束されています。

 こんな理不尽なことはありません。

 そこで、今日の朝日新聞に掲載された、ウイグル問題「トルコ『中国の同化政策は人類の恥』」(関連記事を含む)をコピーして掲載します。

 

中国でイスラム教徒が多いトルコ系少数民族ウイグル族に対し、強引な同化政策など大規模な人権侵害が懸念されている問題について、トルコ外務省は9日、「中国当局によるウイグル族への組織的な同化政策は、人類にとって大きな恥だ」と中国側を非難する声明を出した。

日本外国特派員協会で20日、

会見する世界ウイグル会議のドルクン・エイサ総裁

 

 トルコは中国と経済関係を深める一方で、ウイグル問題をめぐっては民族的、宗教的つながりを重視して中国批判を続けている。ただ、今回は厳しい表現で中国側を非難しているため、中国側が反発すれば、両国の関係悪化は必至だ。

 

「反抗すれば24時間立ち続け」ウイグル収容施設の実態

 中国新疆ウイグル自治区で少数民族の住民らが「再教育施設」に収容されているとされる問題で、施設で拘束されていたというカザフスタン国籍の男性が11月23日、東京都内で講演し、「地獄のような弾圧を受けた」と経験を語った。

 男性は、同自治区出身でウイグル人とカザフ人の両親を持つオムル・ベカリさん(42)。2006年にカザフ国籍を取得し、カザフ国内で旅行会社に勤めていたオムルさんは実家に立ち寄った昨年3月、突然拘束されたという。施設に連行され、国家分裂罪など三つの罪を認めるように迫られた。カザフ国民であることを伝え、大使館や弁護士と連絡をとるよう訴えたが、拒否されたと訴えた。

 

 オムルさんによると、施設では小さな窓しかない部屋に数十人が押し込まれ、睡眠や食事のほか、排泄(はいせつ)もこの部屋でするよう命じられた。

 

 午前4時前に起床し、党の政策を学んだり、党をたたえる歌を歌ったりした。食事の時間などをはさみ、学習は日付が変わるまで続いたという。習近平(シーチンピン)国家主席共産党への感謝を述べるよう強いられ、イスラム教を否定するような発言やイスラム教が禁じている豚肉を食べるよう命じられることもあったという。

中国新疆ウイグル自治区の「再教育施設」に収容された経験を語る

オムル・ベカリさん=東京都千代田区の明治大学

 

 

ウイグル拘束、国連で懸念 釈放・調査要求、相次ぐ

 ジュネーブの国連人権理事会でこのほど、中国の人権状況に関する審査が行われた。各国から少数民族の人権状況に対する懸念の声が相次ぎ、特にウイグル族の大規模拘束問題をめぐり厳しい意見が相次いだ。

 6日に行われた審査で、各国の代表がウイグル族の拘束問題に言及。「不当に拘束されたウイグル族や他のイスラム教

 

 オムルさんは「反抗的な態度をとると、鎖で手足を縛られたまま壁の前で24時間立ち続けるなどの罰があった。収容者の中には衰弱して死亡する人もいた」などと語った。

 オムルさんはカザフ大使館の働きかけで8カ月後に解放されたが、多くの親族が拘束されたままで、父親は今年9月、施設内で死亡したという。

 「中国政府が主張するような教育の場所ではなく、民族浄化のための施設だ」と時折、涙を流しながら訴えた。

| シルクロードの光と影 | 09:44 | comments(0) | - |
獄中で甲状腺が

 

 スウェーデンにいるウイグル人の友人からメールが来ました。

 

 

 「新疆にいる母と北京の漢人の友人を介して電話で話すことができました」。「半分以上は泣きながら話して、あまり言葉にはなりませんでした」と言っていました。いつもは、「早く新疆へ帰ってきて。娘のお前や孫に会いたい」と泣く母親は、こんどは「新疆に来てはいけません」と言っていましたともいっていました。

 

 母親も娘に会うために数年前日本に来ました。それが原因なのでしょうか、週に一度は近くの共産党事務所に呼ばれて習近平主席を称えたり、「学習」をさせられているようです。もうすぐ80歳になるのに、そんなことさせなくてもいいのにと思います。

 

 「わたしも息子たちを連れて帰りたいと思っています。モンゴルとウイグルのハーフの友人は、先日、ウイグルに帰って、ホテルに家族が面会に来てくれたといっていました」。

 

 このメールを見て、私は彼女の新疆行きを必死になって止めました。

 「そんなことを言って帰国して、強制収容されて釈放されていない人がたくさんいるんだよ。処刑された人もいるんだよ」と。

 

 私は今でも克明に覚えています。

 11月23日にお茶の水の明治大学で行なわれた、「国際アムネスティ」の集まりで、カザフとウイグルのハーフの男性がただ一人奇跡的に釈放されて講演をしました。

 そのとき、休憩時間の会場には私の顔見知りのウイグル人たちが大勢いました。

 多くの男性ウイグル人が泣きながら「妻と娘が捕まったまま半年も出てこない」。「私の可愛い娘が、もう1年も行方不明になっています」。

そのような人たちばかりでした。

 

そのときの私のブログも、彼女ははるかスウェーデンの地で見て知っていました。

いまや中国の安全局は外国に住んでいるウイグル人の情報や、外国人同士のこの種のニュースを逐一見ていて、“今後の参考”にしています。

会場で泣いていた彼らも、もう生涯、新疆に帰れません。帰れば逮捕、その多くは処刑されます。なぜなら、彼らの多くは「東トルキスタン共和国」の再来を願い、独立志向があるからです。

当局からすれば、これはもう立派な「国家反逆罪」になるでしょうから・・・

 

獄中にいる彼女の妹は2〜3年前一人息子を甲状腺のガンで亡くしました。

その数年前、いつものように友人の家族が家族ぐるみで私を歓迎するパーティを開いてくれた時のことです。彼女の息子がいたのですが、一人だけ別のテーブルで食事をしています。「一緒に食べようよ」と言ったのですが、25歳くらいの彼は「私は伝染病の病気をもっていますので・・・」と言って同席しません。

 

あとで聞いた話ですが、彼は甲状腺に罹っていたのです。

新疆の医学では“甲状腺炎は伝染する”となっているようです。

彼は数年後、亡くなりました。

 

原因は、長年実施されてきたロプノールの核実験でしょう。

さらにうがった見方をすれば、彼らの居住地が、かつてのソ連のセミパラチンスクの核実験場とのちょうど中間に位置しているからとも思います。

 

その甲状腺に妹もかかっているとのことでした。

夫と離婚して、ただ一人の息子も亡くし、昨年1月に街の旅行会社のトルコへのパックツアーに参加しただけで、1年間も幽閉されている彼女に、再び襲ってきた不幸なことです。

 

神や仏を信じない私ですが、この世に神も仏もないものか、との思いを強めています。

| シルクロードの光と影 | 06:58 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE