シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
ウイグル問題で、今日の朝日新聞の記事をコピーして掲載します

 最近、新疆ウイグルのことを書いたり、話しするたびに思います。「私の知り合いや友人たちが、みんないなくなってしまった」と。

 みんな心の底から信頼しあい、楽しく笑いあい、素敵な仲間たちでした。

 その人たちが、みんないなくなってしまいました。

 彼らは、彼女たちは、今も、暖房もない極寒の、狭い部屋に、ぎゅうぎゅう詰めにされた部屋で、悪臭の立ち込める独房や集団房に拘束されたまま、いつ戻れるかの希望も見いだせないままに拘束されています。

 こんな理不尽なことはありません。

 そこで、今日の朝日新聞に掲載された、ウイグル問題「トルコ『中国の同化政策は人類の恥』」(関連記事を含む)をコピーして掲載します。

 

中国でイスラム教徒が多いトルコ系少数民族ウイグル族に対し、強引な同化政策など大規模な人権侵害が懸念されている問題について、トルコ外務省は9日、「中国当局によるウイグル族への組織的な同化政策は、人類にとって大きな恥だ」と中国側を非難する声明を出した。

日本外国特派員協会で20日、

会見する世界ウイグル会議のドルクン・エイサ総裁

 

 トルコは中国と経済関係を深める一方で、ウイグル問題をめぐっては民族的、宗教的つながりを重視して中国批判を続けている。ただ、今回は厳しい表現で中国側を非難しているため、中国側が反発すれば、両国の関係悪化は必至だ。

 

「反抗すれば24時間立ち続け」ウイグル収容施設の実態

 中国新疆ウイグル自治区で少数民族の住民らが「再教育施設」に収容されているとされる問題で、施設で拘束されていたというカザフスタン国籍の男性が11月23日、東京都内で講演し、「地獄のような弾圧を受けた」と経験を語った。

 男性は、同自治区出身でウイグル人とカザフ人の両親を持つオムル・ベカリさん(42)。2006年にカザフ国籍を取得し、カザフ国内で旅行会社に勤めていたオムルさんは実家に立ち寄った昨年3月、突然拘束されたという。施設に連行され、国家分裂罪など三つの罪を認めるように迫られた。カザフ国民であることを伝え、大使館や弁護士と連絡をとるよう訴えたが、拒否されたと訴えた。

 

 オムルさんによると、施設では小さな窓しかない部屋に数十人が押し込まれ、睡眠や食事のほか、排泄(はいせつ)もこの部屋でするよう命じられた。

 

 午前4時前に起床し、党の政策を学んだり、党をたたえる歌を歌ったりした。食事の時間などをはさみ、学習は日付が変わるまで続いたという。習近平(シーチンピン)国家主席共産党への感謝を述べるよう強いられ、イスラム教を否定するような発言やイスラム教が禁じている豚肉を食べるよう命じられることもあったという。

中国新疆ウイグル自治区の「再教育施設」に収容された経験を語る

オムル・ベカリさん=東京都千代田区の明治大学

 

 

ウイグル拘束、国連で懸念 釈放・調査要求、相次ぐ

 ジュネーブの国連人権理事会でこのほど、中国の人権状況に関する審査が行われた。各国から少数民族の人権状況に対する懸念の声が相次ぎ、特にウイグル族の大規模拘束問題をめぐり厳しい意見が相次いだ。

 6日に行われた審査で、各国の代表がウイグル族の拘束問題に言及。「不当に拘束されたウイグル族や他のイスラム教

 

 オムルさんは「反抗的な態度をとると、鎖で手足を縛られたまま壁の前で24時間立ち続けるなどの罰があった。収容者の中には衰弱して死亡する人もいた」などと語った。

 オムルさんはカザフ大使館の働きかけで8カ月後に解放されたが、多くの親族が拘束されたままで、父親は今年9月、施設内で死亡したという。

 「中国政府が主張するような教育の場所ではなく、民族浄化のための施設だ」と時折、涙を流しながら訴えた。

| シルクロードの光と影 | 09:44 | comments(0) | - |
獄中で甲状腺が

 

 スウェーデンにいるウイグル人の友人からメールが来ました。

 

 

 「新疆にいる母と北京の漢人の友人を介して電話で話すことができました」。「半分以上は泣きながら話して、あまり言葉にはなりませんでした」と言っていました。いつもは、「早く新疆へ帰ってきて。娘のお前や孫に会いたい」と泣く母親は、こんどは「新疆に来てはいけません」と言っていましたともいっていました。

 

 母親も娘に会うために数年前日本に来ました。それが原因なのでしょうか、週に一度は近くの共産党事務所に呼ばれて習近平主席を称えたり、「学習」をさせられているようです。もうすぐ80歳になるのに、そんなことさせなくてもいいのにと思います。

 

 「わたしも息子たちを連れて帰りたいと思っています。モンゴルとウイグルのハーフの友人は、先日、ウイグルに帰って、ホテルに家族が面会に来てくれたといっていました」。

 

 このメールを見て、私は彼女の新疆行きを必死になって止めました。

 「そんなことを言って帰国して、強制収容されて釈放されていない人がたくさんいるんだよ。処刑された人もいるんだよ」と。

 

 私は今でも克明に覚えています。

 11月23日にお茶の水の明治大学で行なわれた、「国際アムネスティ」の集まりで、カザフとウイグルのハーフの男性がただ一人奇跡的に釈放されて講演をしました。

 そのとき、休憩時間の会場には私の顔見知りのウイグル人たちが大勢いました。

 多くの男性ウイグル人が泣きながら「妻と娘が捕まったまま半年も出てこない」。「私の可愛い娘が、もう1年も行方不明になっています」。

そのような人たちばかりでした。

 

そのときの私のブログも、彼女ははるかスウェーデンの地で見て知っていました。

いまや中国の安全局は外国に住んでいるウイグル人の情報や、外国人同士のこの種のニュースを逐一見ていて、“今後の参考”にしています。

会場で泣いていた彼らも、もう生涯、新疆に帰れません。帰れば逮捕、その多くは処刑されます。なぜなら、彼らの多くは「東トルキスタン共和国」の再来を願い、独立志向があるからです。

当局からすれば、これはもう立派な「国家反逆罪」になるでしょうから・・・

 

獄中にいる彼女の妹は2〜3年前一人息子を甲状腺のガンで亡くしました。

その数年前、いつものように友人の家族が家族ぐるみで私を歓迎するパーティを開いてくれた時のことです。彼女の息子がいたのですが、一人だけ別のテーブルで食事をしています。「一緒に食べようよ」と言ったのですが、25歳くらいの彼は「私は伝染病の病気をもっていますので・・・」と言って同席しません。

 

あとで聞いた話ですが、彼は甲状腺に罹っていたのです。

新疆の医学では“甲状腺炎は伝染する”となっているようです。

彼は数年後、亡くなりました。

 

原因は、長年実施されてきたロプノールの核実験でしょう。

さらにうがった見方をすれば、彼らの居住地が、かつてのソ連のセミパラチンスクの核実験場とのちょうど中間に位置しているからとも思います。

 

その甲状腺に妹もかかっているとのことでした。

夫と離婚して、ただ一人の息子も亡くし、昨年1月に街の旅行会社のトルコへのパックツアーに参加しただけで、1年間も幽閉されている彼女に、再び襲ってきた不幸なことです。

 

神や仏を信じない私ですが、この世に神も仏もないものか、との思いを強めています。

| シルクロードの光と影 | 06:58 | comments(0) | - |
強制収容所からの生還者の生の声を聞きました

 11月29日付のしんぶん「赤旗」に「手足に鎖、8カ月で体重が半減 『新疆ウイグル自治区』中国のイスラム教徒拘束 告発」という記事が、国際欄の1ページの半分近くを占めて、11月23日に開かれた明治大学での講演会の模様を掲載していました。

今年9月にカシュガルへ旅行した日本人旅行者が撮影したという

大量の「監視カメラ」の列です。 

 

 私はかねてから“同じ共産党を名乗っているんだから、誤解されるといけないからウイグルの現状を報道をしてほしい”と、私のブログや小論をメールで送りました。

 台湾の先住民族の反乱事件「霧社事件」についても書き送ったことがあります。

 

 今回のウイグル問題(本当は、中国問題、なのですが・・・)についても注目していましたが、これまで2〜3の小さな記事があった以外は、初めての大見出しの記事でした。これは高く評価したいと思います。

 

 おそらく、記者が実際に目にしたことでなければ、他社の記事やネットの記事を参考にしては書けなかったのでしょう。メディアとしては当然のことなのですが・・・ 

 記事の内容は、私が書いた内容と同じでした。恣意的なものは何もありませんでした。

 

 これらの一連の大弾圧事件、民族を丸ごと消滅させるような目的をもって行われていることは、どうやればやめさせることができるのでしょうか?

 

 中国国内のウイグル民族自体は、“声を出せば拘束され、殺される”かもしれない状態です。もっと具体的に言うと、イスラム教徒であるウイグル人たちが、クルアーンを口に出せば(クルアーンは声を出して読むことを義務付けています)、毎日の決まった時間に礼拝をすれば、そして女性は頭にヘジャブをまけば、拘束です。これではすべてのウイグル人、トルコ系民族やペルシア語を話す民族は、全員が拘束されてしまいます。あたりまえの宗教活動ができません。

 

それであれば、中国国内の主として漢民族が立ち上がらなければなりません。彼らも 同じように中国の党と政府から、中国憲法と党綱領にも明記されている民族の平等、言論、出版、集会の自由などがあるからですが、それはもうとっくに名目上のことで、モノ言えば唇寒しどころか命さえも危うい状態です。

 

 そうであれば、日本やアメリカ、EU各国の先進国や民主主義が確立している国際社会が中国政府に圧力をかける以外ありません。

 しかし、我が国のメディアには「忖度」をモットーとするメディアが少なくない数で存在しています。そうでない大新聞社でも、中国国内での取材に困るからと、これも「遠慮」して書かないところがあります。

 

 日本にいるウイグル人はどうでしょうか。

 2月9日に池袋で行なわれた、世界ウイグル会議主席のラビア・カーディル講演会では驚きました。あれは右翼の集会だったのです。日の丸と君が代が歌われれば、それはだいたい右翼の集会ですが、そこに多くのウイグル人が出席していたのです。

 座っている日本人の多くは、街頭で「ヘイトスピーチ」をするようなメンバーです。

 かれらウイグル人たちは「わたしたちウイグル人を応援してくれる人は、だれでもいい人」と思うでしょうが、中には頭の先からつま先までズッポリ右翼に染まり切っているウイグル人もいるのです。残念なことです。

 

 “溺れる者藁をもつかむ”という言葉がありますが、日本の政治状況や政党分布などに疎(うと)いウイグル人(おしなべて外国人はそうですね)は、飛びつくわけです。

 中国共産党に反対だから「反共」「反中国」と単純なのです。そこに右翼が甘いエサを投げるのですから、カンタンに引っかかります。そうであってはならないのですがね。

しかし、23日の集会にも多くのウイグル人がいました。2月9日の講演会には顔を出さなかったウイグル人がいたのです。そして彼らは私の知り合いが多かったのです。とてもうれしい気持ちでした。

 

 そのウイグル人ですが、在日のウイグル人でさえもが分裂状況です。

 カザフスタン、トルコ、アメリカやスウェーデンなどにいるウイグル人の「国際組織」は、互いに主導権争いをしていてまとまりません。これでは「力」になりません。

 

 いま大切なことは、

すべてのウイグル人がまとまること。

統一した指導部を持ち、世界共通の「方針」を持つことです。

それでなければ、“遠吠え”にすぎなくなります。

 

 そして、それに加えて重要なことが、国際世論です。

 いまは、あなたの応援が必要です。

 このままでは、ウイグル民族は絶滅します。

 

 

「反テロ」のスローガンがはためくカシュガルの街。

トラックには軍警の兵士たちが満載です。

バザールのひと時

| シルクロードの光と影 | 16:52 | comments(0) | - |
強制収容所からの生還者の生の声を聞きました

 ※初めにお知らせです。

 きょう28日(金)午後10時からNHK BS1チャンネルで「ニュース国際報道 衝撃発言 ウイグル族収容の実態」という番組案内があります。11月23日の明大での集いでもNHKの報道カメラが撮影していましたから、(おそらく)この時の証言が報道されるものといえます。NHKとはいえ、ぜひ視聴をおすすめします。違う内容でしたら、ゴメンナサイ。

  引き続き、「中国・ウイグル100万人とその家族の正義を」と題する、アムネスティ国際ニュース18年9月26日の事務局発表ニュース記事をお伝えします。途中で私の見聞したや意見も含めます。

カシュガルのエイティガルモスク。いま、ここはどうなっているのだろう。

 

 新疆ウイグル自治区のウイグル族など少数派に対する弾圧をやめ、推定100万人にのぼる人たちの拘束を解くべきである。 

 

 同自治区ではこの1年間、多くがイスラム教徒のウイグル族やカザフ族の住民多数が、「再教育施設」に収容され、教化、同化などを受けてきた。残された家族は、突然連行された夫あるいは妻や子どもがどこでどういう扱いを受けているのか、知る由もない。どこかに訴えたくとも、報復を恐れてそれもできない。家族の苦悩は増すばかりだ。

 

 国際社会はこの事態を傍観せず、中国政府に対し、説明責任を果たすべきである。

 アムネスティは、新疆ウイグル自治区在住の家族や知人が行方不明になったという100人あまりの国外在留者、さらに再教育施設で過酷な扱いを受けたという元被収容者たちに、聞き取りをした。

 

 大規模な拘束

新疆ウイグル自治区での弾圧が強化されたのは、昨年3月、同自治区に「反過激主義規則」なるものが適用されたことが契機だった。宗教的あるいは文化的な表現が公私の場を問わずに、「過激主義」とみなされ、「普通でない」あごひげを生やす、ベールやヘッドスカーフを着用する、イスラム教やウイグルに関する本や記事を所持する、定期的な祈り、断食、禁酒などが摘発の対象となっている。

 

※私は、アムネスティや「各種報道機関の「ウイグル族」という言い方、書き方が嫌いです。「民族」が違うということは、ほとんどすべてが違うということになります。「・・・族」という言い方、使い方をするということは、「違いの強調」につながります。違いを強調するのではなく、おなじ人間だということを強調してほしいと思っています。ですから私は、ウイグル人あるいはカザフ人という言い方・書き方をしています。

 

 

 海外、特にイスラム系の国での勉学、仕事、あるいは国外の人たちとの接触は、疑いの目を向けられ、老若男女問わずだれもが拘束対象となる。

 

 ※、以前、この欄で友人の妹が、ウルムチからトルコへの普通のツアーに行っただけで拘束されている、と書いたことがありますが、しかし、政府にとっては、それだけでも政府にとっては立派な拘束理由になっていたのですね。

 

 

 顔認証ソフトやメールや通話の検問など、監視の目はいたるところに張り巡らされ、プライバシー保護の技術を使ったメッセージやアプリを使うだけでも拘束理由になる。

 

 中国当局は、被拘束者を留め置く施設を「教育による転向」のための施設と呼ぶ。罪を問われ裁判にかけられるわけではないため、弁護士はつかず、異議申し立てもできない。転向に抵抗すれば、罵声を浴びせられたり、暴行されたり、食事を与えられなかったり、個室に閉じ込められたりするという。いつ「転向」できたかの判断が当局次第のため、被収容者には、先が見えない日々が何ヶ月も続く。

 

 中国当局は、テロ対策や治安確保のための非常手段もやむなしとするが、その手段は特定の脅威を念頭に、極力、対象者を絞った限定的なものでなければなららない。ところが、収容施設は、洗脳、拷問、処罰の場と化している。

                          (続く)

パキスタン国境に近いカラコルムハィウエイのカラクリ(湖)でのキルギス人のおじいさん

2004年に訪問したウルムチの「新疆歌舞団」。以前はソ連の領事館だったため門柱にはレーニンの胸像がある。

ここのスタッフやアクターたちも今は・・・

| シルクロードの光と影 | 04:11 | comments(0) | - |
強制収容所からの生還者の生の声を聞きました

  今回からは、国際アムネスティや水谷尚子さんのリポートによるリポートなどを含めて私の意見を書かせていただきます。

 ホータン郊外の農民「日本は水が多いだろうから、それをこっちに持ってきてくれよ」といわれました

 

 私たちが昨年、久しぶりのシルクロードツアーを企画していたところ、いつも同行してくれるガイドのNさんから国際電話が来ました。「野口さん、ツアーを中止してください」と。「いろいろ難しいことがあるからだろうね。じゃあ、僕が1人で行くというのはどう?」と聞くと「それも無理ですね」という返事でした。彼とはそれが最後の連絡になりました。それほど私や私たちは新疆の情勢が実際上の大問題として存在しているのだということを呑み込めていなかったのです。

 

 その前に新疆へ行ったのはいつのことだろう。もうしばらく行っていません。新疆の情勢が風雲急を告げていることがわかっていたからです。その前から私は、水谷尚子さんのように、いつ北京空港で「入国禁止」に会うかわからないとい危険性もあったので、新疆行きを控えていたからです。

 

 すでに2014年頃からホータンやカシュガルでは、街の中心地にコンクリート製の防護壁がつくられ、完全武装の軍警の兵士が小銃の引き金に指をかけて「警備」をする姿が目に焼き付いていたのを見ていました。そういう兵士を素でのウイグル人が襲うわけがないのにです。目的と狙いは一般のウイグル人に、「テロをするものがこんなにいるんだから、みんなも警戒しろ」ということなのです。

 

私は水谷さんのように世界ウイグル会議の主席を日本縦断講演会に案内するようなことはしていませんでした。具体的な反中国政府や党にたいする活動ではなく、文章で中国批判をしているから大丈夫ではないかと思っていたのですが、もうウイグル人やカザフ人らに対しては、その範囲をとうに超えていることがわかってきました。実際に共産党員でもあった弁護士たちの多くが拘束されていたことを見れば明らかでしょう。

 

 アムネスティ国際ニュース10月16日によると「この1年、中国政府は、新疆ウイグル自治区のウイグル人やカザフ人らに、主にイスラム教徒である民族集団について、大量収容、住民などの立ち入り禁止、強制的な政治教育や文化的同化などを進めてきた。収容されている人たちのほとんどの家族は、本人の消息や安否を知る由もなく、しばしば、事態の悪化を恐れ、口を開くことはない。

 

新疆ウイグル自治区での弾圧が強化されたのは、昨年3月、同自治区で『脱過激化条例』が制定されたことが契機だった。同条例のもとでは、公私の場を問わずイスラムやウイグルの宗教や文化にかかわる行為を、『過激派』だとみなされ得る。そのような行為には、『異常なひげ』の蓄え、全身を覆うヒジャブの着用、定時の祈り、断食や禁酒。宗教や文化にかかわる本や文書の所持などがある。外国、特にイスラム教徒が多い国での就業や留学、あるいは国外の人たちとの通信や接触も、条例違反を疑われる大きな理由となっている」とレポートしています。

 

本気でそのようなことを考えて『脱過激化条例』を制定したのであれば、すべてのウイグル人やムスリムの少数民族がその対象になります。恐ろしいほどのジェノサイド政策です。ポルポトもヒトラーもスターリンも脱帽です。

 

 新疆ウイグル自治区人民政府主席は10月16日、ウイグル人やカザフ人ら100万人にも及ぶイスラム教徒らが送り込まれた収容所について、「無料の職業訓練校だ」とコメントしました。

 この発言は。強制収容所であることを示す数多(あまた)の証拠を否定するもので、被収容者やその家族に対する侮辱である。政府が組織的にウイグル人らを拘束している事実は、隠しようもない。

 

 大勢の人びとが収容されているこれらの収容所群は、明らかに懲罰や拷問のための施設であり、職業訓練所ではありえない。『収容所で暴行や食事はく奪、独居拘束などを受けた』という報告が絶えない。その結果、被収容者は多大な苦痛を強いられている。

 当局は、速やかに収容所の実情を明らかにすべきである。

 同国際ニュースから

 

カシュガル市内で

あるオアシスのホテルの入り口にいた女性。

| シルクロードの光と影 | 09:00 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE