シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
モンゴルの旅、ミーティングをしました

 6月1日午後、7月末に実施するモンゴルの旅の参加者によるミーティングを行いました。

 会場は千年以上の歴史を持つといわれる狛江の名刹「泉龍寺」の敷地内にある「仏教文庫」です。

 

 引退された泉龍寺の元のご住職は駒澤大学の教授。奥さんはうちの奥さんと同じ桐朋学園の大学の先生でした。

 ですので、敷地内に「仏教文庫」をつくって、大量の図書類などを保管するとともに、中小の会議室も備えています。

「現代シルクロード研究会」など、不定期の講座などで利用させていただいています。

 

 午後1時からの開催ですので15分くらい前に会場に行きましたら、すでに3人の方が来ていました。わたしもそうですが、年を取ると何事も時間より相当早く動くものですね。

 これまでのシルクロードの旅で何度も一緒に行っている鎌倉のMさん。

 女性2人でいつも大騒ぎしながらやってくる“恐怖のおばさまたち”。

参加者は18人でしたが16人が出席しました。やはり女性が多数です。

 

 ミーティングが始まっても、連絡のなかった2人に電話しました。1人は「仕事を休めなかったので、ごめんなさい・・・」という看護師の方。

  もう1人は、口ごもりながら「あのう、申し訳ないんですが、キャンセルしたいんですけど・・・」という女性。

 

キャンセルの女性は、最後の最後になって申し込んできた方で、かなりの人生経験のある女性ですが、パスポートが切れたままで、再発行するのに、「忙しい」ということで1か月もすぎてから申請に行ったと言う方。“こんなに苦労して飛行機のチケットを確保したのに、いまさらになってキャンセルかよ〜〜”という思いはあったのですが、こればかりは文句を言っても仕方ありません。

 

ミーティングでは2年前まで旅行社の社員で添乗経験が豊富なYさんから、旅のあれこれの諸注意、旅行者はこれが一番聞きたいところです。

次は、外国語大学の大学院でモンゴル研究をしている若い女性から「モンゴル語の基礎知識」。

モンゴル語の基礎やモンゴルの状況などをお話ししてくださった、

東京外国語大学大学院で研究をしている篠田泉さん。

どうやら成城のお嬢様のようでした。

 

最後は、突然の出演だったのですが、若く美しいモンゴル女性による馬頭琴の演奏です。彼女はうちの奥さんの舞踊公演の時にも来たのですが、入場して10分ほどして突然帰ってしまったことがあります。わがままだったのです。

 

演奏の予定はなかったのですが、若い人の心はわかりません。その彼女は最近、どこかの芸能事務所に所属したようで、撮影は厳禁。ネットに無断で出されることを懼れていました(1〜2週間ほど前にテレビにも出演していました。だから何だということではありませんが・・・)。

会場風景です。

 

初めて会う方も、久しぶりの方も、懇親会ではすでに和気あいあい。にぎやかで楽しい集いになりました。

 

きょう6日になってから、彼女にいつもついてくる女性が「私もモンゴルに行きたい」と言ってきました。

1日が土曜日でしたので、「月曜日の3日までに行くかいかないのかはっきりしないとダメですよ」と言ってあったので、行かないと思っていたのですが、そういうこと。

きょうはジムに行くことにしていたのですが、それをキャンセルして旅行者に連絡を取りなんとか行けるようになりました。ヤレヤレ です。

| モンゴル関連 | 11:48 | comments(0) | - |
ハヤリンバヤル異聞

きのうの5日、晴れた五月の空のもと練馬区の光が丘で恒例のモンゴル祭り=ハヤリンバヤル2019=が開かれていました。というのも、実は私の狙いは「ブフ=モンゴル相撲」の観戦だったのですが、残念ながら前日の4日だけの開催だったとのことで、この日は空振りでした。

モンゴル風ケバブですね

 

その前に。

最近の東京の交通はまったくわかりません。特に地下鉄です。

新宿南口から大江戸線で光が丘へ行くということが、わからなくなってきているのです。うちの奥さんは、都営線はシルバーパスで無料だからよく利用するようで私のガイド役です。

都心へ行くのに地下鉄は便利だということがわかっていても、私は若干、閉所恐怖症というか暗いところも嫌いな方なので、例えば、お茶の水近辺へ行くのも、必ず中央線で行きます。電車から見える風景が好きなのです。

 

モンゴル相撲がないということで気落ちしたところ、ウイグルのブースがあって、ケバブ=羊の焼き肉などを売っている店がありました。するとそこにはかねてから顔なじみのH氏がいました。

早速、裏手へ連れていかれて「待っててください。いま、ケバブを焼いてきますから、おごります」といって姿を消しました。

途中、テントの向こう側に朝青龍がいました。周りは大騒ぎでしたが、私は彼をあまり好きではないのでほっぽっておきました。

 

するとそこには昨年も同じ場所で出会った2人の男性の年寄りがいました。早速、缶ビールを差し入れてくれました。

すると、どういうことか待っていたかのごとく「南京大虐殺」の話になりました。右翼やネトウヨの話し方は、「大虐殺はなかった、それがあったというものはおかしい」の一点張りです。私の話は聞かないで「そんな考え方を持っていることそのものがおかしい」なのです。

 

私は、「1965年に実際に南京に行って虐殺された家族にも会ったし、資料も見てきた」といっても議論になりません。

せっかくの“ヤーヤー”も気まずい思いで過ごしました。

 

席を蹴立てるようにしてそこを出ました。

毎年同じですが、モンゴルの各種の売り物や案内所、あれこれたくさんありました。

モンゴルも含めて中央アジア各地では、このような席ではほとんど例外なく、ファッションショーがやられます。人垣の間から垣間見ましたが、これはこれで在日モンゴル人でもプロの青年たちのようでした。

やはりきれいですね。

 

続いて、やはり牛肉の焼き肉の店へはいりました。するとそこにモンゴル系のオイラト出身の女性トヤさんにバッタリ。久しぶりの邂逅を喜んでいましたが、そこには現役関取の蒼国来関がいました。

うちの奥さんの隣がトヤさん。博士号をもっている人ですよ。

今度の写真は蒼国来関とちゃんとした写真が撮れました。

蒼国来関も普通の参加者なのですね

 

舞台の出演者の一人なのかな?通路の真ん中で何気なく演奏していました。

ケバブを焼いている彼は、あまり<日本語を話せませんでした。

 

「久しぶり!」と言って、記念写真を撮ってもらいました。

以前は白鵬関と一緒になったので、うちの奥さんにシャッターを押してもらいましたが、私と白鵬が互いに外を向いている写真になっていました。今度は、ちゃんとした人に映してもらいました。

 

楽しみにしていたモンゴル祭りも、楽しいこともあり、懐かしい人にも会うことができましたが、右翼的傾向の人もかなりいます。

なぜかというと、多くのところではいわゆる「少数民族」は中国共産党の圧政や暴虐に苦しめられてきましたし、いまも苦しめられています。

中国は共産党の政府だから、それに反対するために、畢竟、反共、右翼的傾向に走ることになるようです。

 

しかし在日外国人は、日本の政治状況や政党分布などに疎いのです。中国政府イコール中国共産党だから、反共だというのは短絡すぎます。

久しぶりに会ったオイラトのトヤさんでも、F・Bには「令和になっておめでとうございます」と書いています。そう思っている人もいるでしょうが、そう思っていない人もたくさんいるのです。そこの理解が難しいのでしょうね。

 

帰宅してからの、お風呂とビールがおいしかったこと。やはり我が家がイチバン!

| モンゴル関連 | 11:20 | comments(0) | - |
「モンゴル」は大忙し

まだ4ケ月先の日本シルクロード文化センター主催のモンゴル・ツアーの参加者が23名になりました。

このツアーで旅行会社にお願いするのは、モンゴルの首都・ウランバートルへの直行便の航空券だけ。あとは主として私が実務を引き受けています。

 

7月の旅とはいえ、とにかく自分の分も含めて23人分の航空券を確保することが最優先。メールのある方、ない方。電話でもつかまらない人、おまけに我が家のFAXは目下故障中。

 

こんなすったもんだの末に、みなさんの登録が終わりつつあります。

パスポートに記載されている漢字とローマ字つづりの正しい名前、パスポート番号と有効期限、それに加えて住所、固定電話と携帯電話の番号などなど。

まあ〜この作業が2カ月近くかかりました。実務とはいえ大変でした。

 

それにしても、モンゴルの旅というものが、こんなに人気があったとは思いもよりませんでした。

始めは、2〜3年前に、ブナの木を見る自然愛好サークルに「白神山地は素晴らしいよ」と言っていたので行くことになったのですが、その下見に参加した女性の方がたから「モンゴルに連れて行って!」とせがまれたのです。

そして昨年末から、モンゴルへ行くことを前提にあれこれ調べ始めたのですが、その時点から参加希望者がどんどん増えていきました。

 

しかし、海千山千の方が多いのでいろいろ大変です。

有効期限というのは、旅行が終わる時点から半年先まで有効なパスポートでないと入国できない仕組みになっています。

それを、「私のパスポートは今年の11月まである。8月2日に帰ってくるのになんでダメなんだ!」と怒鳴りつけられる始末。なかには、1〜2年前に切れているパスポートの写真を送って来て平気な猛者のおば(あ)さまも2〜3名いました。なかにはパスポートを持っていない方もいました。立派なことです。

 

先日は全員の方がたに、色々な文書を送りました。

モンゴルの歴史、「モンゴルが人類史に果たした歴史的役割」や、かつての旅日記、それにあれとこれと・・・

一昨日は参加費の請求を忘れていたので、その文書と一緒にふたたびあれこれ郵送です。

 

ここで気づいたことがあります。

5〜6種類の文書をプリントするのですが、その紙代(約700枚の紙を使いました)とインク代がバカになりません。インクなどは、キャノンならキャノンの純正部品でないとだめというブザーが鳴ります。おまけにタカ〜〜イ!!!

独占禁止法違反で国会で取り上げてもらいたいくらいです。よくみなさん黙っていますね。どこのメーカーの製品だっていいじゃないか!といいたいですね。

 

そしてみなさんには始めに「おことわり」を強調しておきました。

この旅は旅行会社のパックツアーではないこと、自分と仲間たちで一緒に作り上げる手づくりの旅であることです。あまり言いたくはないのですが「個人責任」の旅だということです。

 

「23名もの参加者ですから、添乗員が必要でしょう?」と言ってくださった旅行社を退職された元添乗員の女性が言ってくれました。残念ながら初めからそのつもりであれば予算建てしたのですが、残念ながらおことわりせざるを得ませんでした。

 

そして4月13日の恒例の「シルクロード講座」は、モンゴルに特化したものになりました。

題して「モンゴル遊牧民の暮らしと文化」。お話は、「NPO法人北方アジア交流センターしゃがあ代表」の西村幹也代表

 

うちの奥さんもこの旅に参加するのですが、彼女が図書館から借りてきてくれた西村さんの著書『もっと知りたい モンゴル』(心交社 2009年刊)を読んでいるところです。

 

6月1日(土曜日)午後には、参加者のなんというか『結団式』のようなことをします。

ここでは、先に書いた元添乗員の方から、旅のもろもろの留意事項や注意事項、さらには簡単なモンゴル語の授業やあれこれを行います。

| モンゴル関連 | 11:46 | comments(0) | - |
シルクロードの匂いがする [モンゴル 春の祭り]に行ってきました

きのうの4日、練馬区の光が丘公園で開かれた、日本における最大級のモンゴル祭りと自称する「ハワリンバヤル(春の祭り)2018」に行ってきました。ワイフと2人で家を出て、途中で、看護師歴数十年という年上の友人と待ち合わせて。

 

ワイフの友人がモンゴル語で紙芝居をするということで11時前には着きました。しかし、オープンは12時。チラシには11時と書いてあるのですが、ここは国の違いがそうさせるのでしょう。でも、会場のあちこちで羊の肉を焼き始めており、ビールも冷たそう。

 

この日の「ハワリンバヤル」は、主催が在日モンゴル留学生会と同実行委員会で大使館などが後援しています。

「可能性を秘めた若いモンゴル 大好きな日本に抱いた夢」と銘打った集いになっています。

もうここには、すでにシルクロードの匂いが漂っています。

 

「日本・モンゴル民族博物館」というテントがありました。

興味と関心があったので近づいてみると、むくつけきひげ面の男がニコニコ座っていました。

場所を聞くと、なんと兵庫県の豊岡市。日本海側です。ワイフが「山陰地方ね」、友人は「裏日本ね」。「今は裏日本なんて言わないんだよ」とわたし。豊岡市立の博物館だそうです。

一見、モンゴルとの関連が薄い地方での市立日本・モンゴル民族博物館の健闘を願って近いうちに訪ねることを約束しました。

 

「モンゴル民族基金云々」というテントがありました。

ここではおなじみのトヤさん、マンダブインの姉妹と家族に会えました。

お姉さんのトヤさんは日本シルクロード文化センターの役員を経験し、毎年1回のイベントの司会などもやって頂いたことがあります。姉妹はモンゴル系のオイラトの出身で北新疆生まれです。会社から独立して、すでに事業はスタートさせているとのこと。成功を祈りたいと思います。

 

妹のブイナちゃん。先日、結婚したと思っていたら、もうヨチヨチ歩きのお子さんを連れての参加。ご主人は日本人。「子供の保育園が決まらなくて大変です。私はまだ働けません。野口先生、どうにかしてくださいよ」といわれました。「僕も頑張っているんだけれど、これだけは少し難しいね」といいましたが、大変です。でも、子どもが生まれる前にいた会社からは、早く戻ってきてほしいと催促されているとのこと。それはうらやましい。

 

次のテントは、羊や牛肉を串焼きにしているテント。すると懐かしい顔が。「Hさんじゃないですか!」と再会を喜ぶ。昔あった「シルクロード倶楽部」の事務所でよく会った方でした。羊と牛の肉を注文したのですが、「時間がかかるのでこちらへ」とうしろのシートへ案内される。男性⊃佑いました。「みなさん。こちらの野口先生はシルクロードの専門家ですので、新疆の話を聞いてください」といって、商売のほうへ戻って行ってしまいました。

 

肉を焼いている男性もウイグル人です(ウイグルの世界では、女性は肉を焼いてはならないとなっています)。彼も「友人が4か月前にウルムチへ帰ったけれど、もう帰ってこられないかもしれません」と言っていました。

 

日本人の彼らは、口角泡を飛ばして私にしゃべり始めました。

中共、共産主義はダメ、やがては「立憲民主党の辻本は国会審議をしないなんてとんでもない」と関係ないことまで口走り始めます。

 

そのころから在日ウイグル人の間では、\験供故郷を帰らないで独立運動を続ける、⊃討里い訖戟鼎惶△襦↓さらなる外国へ行く、せ纏本位で新疆の独立などとは無関係に生きる・・・などの多極分化が始まりました。

おかげで、現在の在日ウイグル人の交流はほとんどなくなり、ほんの少数の友人関係だけの集まりがあるだけです。そこでも、不容易な発言があると友人の間でも当局へ通報される恐れがあるので、危ないことは絶対に口にしません。ですから次第に疎遠になります。不信と疑惑とスパイ活動のオンパレードです。

 

私は、‘本人ができることは限られている。他国に干渉することは間違い。国際的合意と支援が必要、

⊃戟鼎叛こΤ特呂離Εぅ哀訖佑共同の目標を持つことが必要

K塾呂筌謄蹐論こΔら孤立するだけ。非暴力だけが強い力を持つ

などを述べました。

彼らは口をとがらせるようなそぶりでしたが、意味が良く理解できないようでした。

 

今回の春のお祭りの実施には、モンゴル人内部での不協和音もありました。

しかし、年に一度、在日のモンゴル人が集まって故郷を懐かしみ、モンゴルの料理と歌と踊りを楽しむ、という点で、ともに主催していくことが大切だと、関係者には話し続けました。

 

翌日の今日は、大人のブフ(モンゴル相撲)大会があります。大相撲のモンゴル出身関取もたくさん来ます。白鳳関は、ブフ(モンゴル相撲)の終わりころに来るとの話です。

今からでも光が丘へどうぞ。わたしは今日は机に向かいます。

 

今日の写真は、残念ですがカメラを忘れました。

したがって、やむを得ずスマホで撮りました。

私はスマホの撮影は嫌いです。

したがって、良い写真は一枚もありません。

まだオープンの前ですが、人がたくさん

舞台では馬頭琴(モリンホール)の演奏。日本人の同好会の方がたも演奏しているようです

ここは紙芝居のゲル。ワイフの友人が手伝っていました

ここは「民族文化基金」のテント。モンゴル人の留学生は300人くらい日本へ来ているとのこと。

まだ多くの青年が日本への留学を希望しているので、その基金を集めている団体だそうです。

| モンゴル関連 | 11:04 | comments(0) | - |
現代シルクロード研究会の報告―2

 その後、紆余曲折があって、ロシア帝国はモンゴル帝国の継承国家として出発しました。ですから、モスクワの貴族たちにはタタール出身者が多かったのです。

13世紀初頭のモンゴル周辺地図

 

 

 その後、14〜17世紀、モスクワは好条件を出してジョチ・ウルスの子孫の王族や貴族をモスクワへ移住することを勧誘、多くのタタール人がロシアに移住し、キリスト教徒に改宗していきました。

 1581年、ドン・コサックのイェルマクがシビルのクチュム・ハーンの支配する町イスケル(シビル)を占領。この年にロシアのシベリア支配が始まったとロシア史ではいいます。

モンゴルの騎馬兵

 

 シベリアの語源となった「シビル」は、漢文資料に登場する遊牧騎馬民の名前「鮮卑」です。

 

 1584年 イェルマク自身は、クチュム・ハーンの反撃を受けてイルティシュ河畔で戦死してしまいます。1598年、クチュム・ハーンはコサックとタタールの混成軍に敗れ、草原に逃げたのですが、結局、ジョチ家の別の子孫であるノガイ族に殺されました。ロシアのツアーリ、ボリス・ゴドゥノフは、捕虜となったクチュムの子らを、皇子(ツアーレヴィチ)と尊称し、優遇したといいます。

出陣へ(ムィコーラ・プィモネーンコ、1902年)

 

 コサック(ポーランド語由来の英語、ロシア語でカザーク)は、ロシア史の定説ではウクライナの逃亡農民といわれていますが、アタマン(トルコ語で百人隊長)と呼ぶ首領を選出し、自立的軍事共同体を形成して、荒野で人馬一体の生活をしていました。

ドニプロ川の河岸でのコサックの見張番。

 

 語源はトルコ語のカザフと同じで「自分の部族から分離して自由行動をとった人びと、冒険者の生活を営むに至った集団」(ロシア正教が言っている)です。黄金のオルドが分裂したあと、ジョチ家の支配から離れてロシア正教徒になった遊牧民集団がコサックの起源であろうといわれています。

コサックのピラミッド。ウクライナ・コサックに遡る騎馬術。

 

一方、カザフ民族は、ウズベク族から分かれた集団です。

 

 コサックは、モンゴル帝国の後裔の遊牧騎馬民と正面衝突しないように、彼らの本拠地の草原からはるか北方の河川沿いに東方へと進んだ。このあと各拠点に建てた砦(オストログ)が町に発展、それぞれの町から南下する。シベリアの森林地帯は人口が少なく征服が容易だったが、草原のジョチ家の後裔の諸国の征服が完了したのは1860〜70年代でした。

コサック・ママーイ。コサックの理想像。

登録コサックの連隊長(18世紀)。

遊び中のコサック(ティモフィイ・カルィーンシクィイ、1786年)。

 

きのうと今日の写真・図版は、いずれもウィキペディアから拝借しました。

 

| モンゴル関連 | 10:15 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE