シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
シルクロードの粋を学びました

 

11月9日、第107回シルクロード講座を開きました。

 

前月の10月は台風19号の襲来によって中止になりました。

今回は中央ユーラシア研究の第一人者・山内和也先生にお願いしました。

意外なことに山内先生をご存じの方は、わが日本シルクロード文化センター会員にも少なく、受講者は16名でした。

 

山内先生は58歳。イラン生活が7年という方です。

テヘラン大学で3年半学び、修士課程終了後も3年半を大使館で仕事をしたといいます。現在は帝京大学文化財研究所教授。

 

アフガニスタン、インド、キルギスタン、タジキスタン、エジプト、ヨルダンなど、中央アジア・西アジアなど世界各地で広く文化遺産の調査や保護のための活動を行っています。

最近では、中央アジアのキルギスタン・アクベシム遺跡で発掘作業を行なって大きな成果を上げているといいます。

 

この日のテーマは「シルクロードとグレートゲーム」。

19世紀から20世紀の初めにかけて、コーカサスからチベットに至る中央ユーラシアの広大な地域を舞台に展開されたたたかいで、1907年に英露協商をもって終結したとされています。

 

さらに、世界の一体化が進行するなか、帝国主義政策の空白の地域となっていた中央アジアにおいて、先鞭をつけて自国の緩衝国化することが英露双方の重大な関心事となったことで始まり、とくに英露によるアフガニスタンをめぐる抗争を指す、とも言っています。

 

とくに、ロシアの中央アジア進出はピョートル1世以来の関心事で、アム・ダリア川でとれる金の原産地そしてインドからヨーロッパへの陸上輸送の中継地としての中央アジアを手に入れ、イギリスの海上交易への打撃を与えることをもくろんでいました。

 

いわば、ヨーロッパ及びインドへの道によって生じたロシア帝国とイギリス帝国のたたかいでもあったのです。

そのたたかいの過程で、国は政策として、戦争になった場合の軍隊の侵攻ルート、宿営地や食糧や弾薬の補給地などを調査する必要があったのです。

 

淡々と話す山内先生のお話しには、ぐれとゲームを知っているつもりの私も、改めて学問の深さを痛感することになりました。

シルクロードを学ぶ上でのスタートラインの一つともいえるこの講座は、私の頭脳をきれいにしてくれました。

明日からもう一度、勉強のし直しです。

 

 

☆私は写真は一眼レフカメラしか信用していないので、スマホをブログに出したことはありません。

下の写真も、室内の明かりを消して写したものですから、くらくなっており、到底、人の目にさらすものではありませんでした。

しかし、せっかく映したものですし、ゼロより少しはいいかなと思いました。

この写真を見ても、何も分かりませんので、何も気に留めないでください。

山内先生は、シルクロードが世界文化遺産に登録されるうえで大きな役割を果たされた方です。

いまは、アク・ベシム遺跡の調査にも打ち込んでいるようです。

中国の紙が西に伝わったという伝説がある「タラス側の戦い」を

「第0次世界大戦」と表記したのは慧眼です。

お粗末な写真でごめんなさい!!!

| シルクロード | 09:22 | comments(0) | - |
金婚記念の中国・アムド旅行

到着2日目は蘭州市内にある甘粛省博物館へ。パスポートを出して無料で入館できます。写真撮影はOKですが、フラッシュ撮影と動画撮影はダメ。これらのことをドルジェに教えて彼女がチケットを買いに行く。「ガイド証」がないので彼女も有料です。博物館は3階に分かれていて、人類誕生やマンモスなどの標本から次第に現代に移行していく陳列は万国共通。

この博物館は甘粛省博物館なので、考えてみれば敦煌も甘粛省なのですね。

 

その前の朝食風景をご覧ください。ホテルの裏側にある屋台の店がたくさん。みんな汗びっしょりかいて小麦を焼き、肉を炒め、活気に満ちています。うちの奥さんは、ふだんは絶対に食べないジャージャー面。ドルジェとドライバーは何を食べたか忘れましたが、私はここでも牛肉面。“醜女(しこめ)の深情け”ではないですが、長い間の「牛肉麺食べたい!」の“怨念”が爆発したのでしょう。まァ許してください。

ピントがぼけましたが、牛肉面です

朝食を提供する屋台の中で、ワイフとドルチェが、何を食べましょうかと思案中。

この回族の夫婦も一生懸命働いています。若い奥さんはスカーフをしていません。

やっと朝食にありつきました

屋台ではないこのような食堂もあります。

 

ここでドライバー君が出てきました。26〜27歳と若いと思ったらなんと37歳。ノコちゃんの故郷ではないのですが、何らかのつながりがあるといっていました。ここチベット・アムドでもモンゴルでも、多くのところでは家族や親類あるいは同郷・同族で共同して仕事をします。

どうですか?

 

彼の名前は、なかなかイケメンなのですが名前が難しくて覚えられないのです。ガイドのドルジェも本当はドルジェチ何とかなのですが・・・ずっと農村でトラックの輸送をしてきたと言い、今回は友人の車を借りてきたといいます。初めて韓国の車に乗りました。なかなか良い車です。車が泥をかぶっても洗車をしないので、それを指摘すると翌朝にはピカピカにしてきます。ツアーのドライバーの心得などというものを教わっていないのでしょう。初日は蘭州のホテルのわたしたちの部屋にまで一緒に来ました。彼もなんで自分がお客さんの部屋まで一緒に行くのか分からなかったのでしょうか。

この写真は、麦積山石窟の高いところです。

 

この2日目のメインは、今回の旅の2つの目的の一つである「麦積山(ばくせきさん)石窟」です。ここは3回目の訪問です。

車は天水の街へ向かいます。道中の様子を書けばいいのでしょうが、何度も行くとあまり感慨もわきません。それよりも体調が悪いところへナビシートに座った私へのエアコンの冷気が直接ぶつかって、鼻水、くしゃみと咳で大いに苦しみました。バカなことにその席に3日も我慢して座っていたことに今となってあきれています。

| シルクロード | 09:31 | comments(0) | - |
中大の考古学シンポに行ってきました

もう旧聞に属しますが、3月30日の土曜日、中央大学人文科学研究所公開シンポジウム「ユーラシア考古学を楽しむ」に行ってきました。

 

旧ソ連が崩壊して以降、ユーラシア関連の遺跡の発掘や古文書の公開など、膨大な量の資料・史料がロシアから奔出していますが、中央アジア分野においても例外ではありません。

この日のシンポジウムは、ユーラシア大陸各地域で発掘に当たってきた各分野をけん引する研究者が一堂に集って、ユーラシア考古学の現在に迫ることにありました。

 

我が家から車で40分くらい。中大は八王子という住所でしたが、府中の少し先という辺りに、多摩動物園の近くに白く大きなビルが立ち並んでいます。それが、私も初めて行った中央大学の多摩キャンパスです。

学食を食べました。カキフライにハンバーグがついたライスで520円!なんという安さでしょう。しかし、学食というものはどこでもこれくらいの値段でしょうね。

まさに「白亜の殿堂」ですね

 

おなか一杯になって会場につくと、ロビーで我が日本シルクロード文化センターの会員である当金彦宏さんにお会いしました。そして、向こうのテーブルには創価大学の林俊雄先生があり、ご挨拶して教室に入ると、我が日本シルクロード文化センターの創立10周年記念の集いで記念講演をしていただいた森安先生が大阪から来ていました。私がこのシンポを知ったのは「森安通信」で知らされたからです。数年前の創立記念の講演のお礼を改めて言いました.

立っている方が森安孝夫先生です

 

 

このブログでシンポの報告を事細かに報告することはできませんので、誰が、何を報告したのかを記してみます。

 

その前に、会場はテーブルが15人か20人ほどしか座れない程度だったのですが、最終的には49人近くがいました。事務局の目算が外れて2倍も来てしまったようです。

狭い教室がいっぱいになりました。

私の席は前列の机の中央でしたが、ご覧の通りです。

 

冒頭の報告は、総論的なものとして位置づけられていたようです。

林俊雄先生からの「ユーラシア考古学を楽しむ」です。

林さんは報告の「意図」として次のように書いています。

「考古学は、マスコミに取り上げられることの最も多い学問である。一般大衆に対する関心、新発見に対する期待が高い。新発見は、それまで論争が続いてきた問題に決着をつけることもあれば、定説を覆すこともある。またさらなる謎を呼ぶこともある。それらの新発見の中から、私が特に関心を持ったもの、私自身がかかわった発掘を中心に8件を取り上げる。ユーラシア考古学の成果、現状、現代社会との関わりを紹介し、知の世界に遊んでいただきたい」とあります。

林俊雄先生

 

8件をご紹介しておきましょう。

  1. 狩猟採集の段階で高度な技術、社会制度(アナトリア)
  2. 車両の起源(メソポタミア、中欧)
  3. 馬の家畜化(ウクライナ、カザフスタン)
  4. 草原遊牧権力の発生(モンゴル、トゥバ、カザフスタン)
  5. 匈奴の王公墓は衰退期(モンゴル)
  6. 赤色象嵌装飾品は5世紀か7世紀か?(アルタイほかユーラシア各地)
  7. チュルクの石人は第一突厥から存在したか?(モンゴル、天山)
  8. 「アルタイのプリンセス」返還問題(アルタイ)

 

まさに息を呑むような内容で、耳をそばだてて聞き入りしました。

私がこれまで出席した数多くのシンポジウムのなかでも、この日はもっとも緊張してきたシンポでした。

私は少しの休憩時間の時に、林先生とお話しして5月の「シルクロード講座」でのお話をお願いして快諾されました。

 

 

続いての報告は、これも著名な山内和也先生(帝京大学教授)によるお話し、

「スイヤブと砕葉鎮城」

山内和也先生

 

 

次は、岩本篤志立正大学准教授による「バクトリア北部の仏教遺跡と玄奘―立正大学の発掘調査から」

 

 

最後は、清水信行先生(青山学院大学名誉教授)による、「沿海州渤海古城 クラスキノ城址の調査成果と課題」

私たちのクラブに渤海を研究したいという会員がいます。

私自身も2011年4月に、秋田県の渤海の迎賓館の遺跡を見に行ったことがあります。

 

 

立正大学の岩本先生とお話しする時間が少しありました。

わたしの尊敬する加藤九祚先生と最後にお会いしたのはウズベキスタンの国内空港からタシケントに向かう空港でした。そのとき九祚先生は「おや野口さんじゃありませんか」と声をかけて下さいました。そのときの先生には10人近くの若手の研究者風の方がたがいました。「いや、立正大学の人たちですよ」と言っていました。

ここで加藤九祚先生にお目にかかったのが最後でした。

カラテペの発掘現場

 

ここでティータイムがあり、続いて若手の先生方によるレポートが各20分ずつありました。

しかし、先生方の報告というものは、ほとんど時間を無視して話すので、1人で20分や30分は平気で時間オーバーします。です方からティータイムでゆっくり交流したりする時間がありません。

 

私はやっとのことで渤海の報告をされた清水先生にお会いしてシルクロード講座でのお話を要請しました。

他の先生とはやっと名刺を交換するのみでした。

いずれにしても、この日のシンポジウムは、私に強烈な刺激をもたらしてくれたものでした。

| シルクロード | 10:32 | comments(0) | - |
森安通信 読者各位               190315

 

今日は少し長文ですが、森安通信をコピーしてお送りします。

なお、必要でない個所については割愛させていただきました。

森安先生、怒らないでください。

赤字の部分は私が色をつけました。

 

 以下は学問的な話です。21世紀になって私は「日本におけるシルクロード上のソグド人研究の回顧と近年の動向(増補版)」(森安孝夫編『ソグドからウイグルへ ──シルクロード東部の民族と文化の交流──』汲古書院, 2011, pp. 3–46)という学界動向を発表し,その中で「日本の学界にとってショッキングな出来事は,2002年にドラヴェシエールÉtienne De la Vaissière『ソグド商人史』Histoire des marchands sogdiensがパリで出版され,しかもその執筆者がフランスの若手研究者だったことである.本来なら,このような単行本はソグド研究の長い伝統と分厚い蓄積がある日本で真っ先に出版されてしかるべきであるのに,完全に先を越されてしまった」と書きました。その本が,ついに日本語で読めるようになりました:

 

影山悦子(訳)『ソグド商人の歴史』岩波書店,2019年2月。

吉田豊教授の神戸市外大時代の教え子である影山さんの御苦労には心より感謝します。ただし価格が18,500円と高額で,内容もプロ向けですので,大学の図書館や歴史研究室では是非とも備えていただきたいものですが,高校教員にはお薦めできません。

 

 今年2月17日に,奈良の大和文華館で開催された遼代の墳墓出土品と平安文化をつなぐようなシンポジウムがあり,これまで飛鳥・奈良時代に中国から渡来してきた緯錦(よこにしき)の技術が,日本国内で独自に進化して倭錦と呼ばれるものになったと考えられてきたが(これもいわゆる国風文化),実は新発見の10〜11世紀の遼代墳墓から出土した染織品の中に同じ技術のものが多数存在することが判明したそうです。

 

一方,アメリカでは藤原氏の建立した宇治平等院の建築や壁画が,チベット仏教(敦煌仏教)や遼仏教の強い影響を受けているという博士論文が出されているそうです。

そうなると,従来は無視されがちであった遼帝国(契丹)と平安日本とを結ぶルートのあった事が予想されます。その場合,当然ながら,対馬・壱岐が浮かび上がってきます。近年は遼・高麗・日本を結ぶ仏教文化の交流が注目されていますが,上川通夫・愛知県立大教授によれば,「遼・宋・高麗の混成商人団」が媒介した可能性もあるそうです。誰でも知っている13世紀モンゴル時代の「元寇」に比べ,1019年の「刀伊(とい)の入寇」という事件の背景は分かりにくいのですが,「遼・宋・高麗の混成商人団」を裏返して考えてみれば,何かが見えてくるのかも知れません。

 

 最後に,前回の森安通信(2019年2月3日配信分)で紹介した帝京大学主催のシンポジウム「シルクロードを掘る──いま蘇る,いにしえの道」に残念ながら参加されなかった方には朗報となるお知らせをします。

妹尾達彦・中央大学教授が主宰される公開シンポジウム「ユーラシア考古学を楽しむ」の案内が届いたのですが,その趣旨は,「近年におけるユーラシア大陸の考古学の進展には,目を見張るものがあります。遺跡の発掘が続き,新たな事実が次々と明らかになってきています。本シンポジウムの目的は,ユーラシア大陸の各地域で発掘にあたってきた各分野を牽引する研究者に集っていただき,ユーラシア考古学の現在に迫ること」だそうです。

 

日時:3月30日(土) 12:30〜18:30

会場:中央大学多摩キャンパス 2号館 4階 人文科学研究所会議室 1

 〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1 多摩モノレール「中央大学・明星大学駅」下車徒歩5分

参加費無料

 

プログラム

 12:30-12:40  妹尾達彦(中央大学人文研研究員) 「趣旨説明」

 12:40-13:40  林 俊雄(創価大学教授)「ユーラシア考古学を楽しむ」

 13:40-14:40  山内和也(帝京大学教授) 「スイヤブと砕葉鎮城」

 14:50-15:50  岩本篤志(立正大学准教授)「バクトリア北部の仏教遺跡と玄奘 −立正大学の発掘調査から−」

 15:50-16:50  清水信行(青山学院大学名誉教授) 

         「沿海州渤海古城 クラスキノ城跡の調査成果と課題」

 

 [討論]

 17:00-17:20  松村公仁(アナトリア考古学研究所研究員) 「アナトリア考古学から」

 17:20-17:40  佐川英治(東京大学教授) 「東洋史学から」

 17:40-18:00  小林謙一(中央大学教授) 「日本考古学から」

 18:00-18:30  総合討論

 

 私はこれに参加することを決め,終了後の懇親会にも出ますので,もし会場でお会いできれば幸いです。遠慮なくお声をかけて下さい。

                 不具    2019年3月15日      森安孝夫

 

3月30日には私も参加する予定です。

会場でどなたかとお会いできれば幸いです。(野口)

| シルクロード | 09:50 | comments(0) | - |
シルクロードの講演で困っています

3月4日に日比谷で、聞いたこともないある大手の旅行会社から「春からシルクロードのツアーを展開するので講演をお願いしたい」とのことで1週間くらい前から準備していました。

その会社は、シルクロード関係のいろいろなホームぺージを見てわたしに白羽の矢を当てたそうです。

 

期日も迫ってきたので、きのうテーマやお話しする時間などの再確認をする電話をしました。

テーマは「中国新疆のロマンあるシルクロードのお話を」ということでした。

なるべく新疆の話から遠ざかりたいので、スキタイや匈奴などを含めた話を準備していたのですが、これには困りました。

断崖の上の炳霊寺石窟

 

「今の新疆の話となると、本当のことを話すことになりますよ」と言いましたが、その会社の方はさすがに新疆の担当者だけあってすぐに理解できたようでした。「そこをなんとかシルクロードのロマンに絞ってお話しいただけないでしょうか」といいます。

そういう話なら、初めから断っていましたが、チラシもできて宣伝している時点で、ごねるのは悪いのですが、困っています。

 

で、私が考えた内容は、「新疆・中央アジアの歴史と現在」という、よく意図のわからないテーマにしました。

それで、作成したチラシを送っていただきました。あちらさんが作成したチラシは「中国・中央アジアを行く―西域シルクロード講座とツアー発表会―」となっていました。そんなに違ってはいません。

ですから、いままで時間をかけて用意したパワーポイントの半分以上を消しました。無駄な時間だったのですね。

 

そこへスポーツ関係の後輩から電話が来ました。「野口さん、きょうの会議も忘れたんですね」と。

2時からの会議と4時からの資料作成の打ち合わせがあったのです。手帳には書いてあったのですが、リビングのカレンダーには書いてなかったのです。

炳霊寺石窟

 

毎日の朝食後、夫婦で互いに「今日の予定」を確認しあいます。ですから、手帳は二階の机かバッグの中にあるので、カレンダーに書き込んだ予定が優先されます。カレンダーが悪いのです!

 

しかし私には、一つのことに集中すると忘れてしまうという長所があります。

新規まき直しになったパワーポイントは、あと3日しか時間がありません。いやいや28日はフランスからのスキー代表団の歓迎会があるので2日です。

 

でも、困っています。

 

そうそう、そういえばフェースブックで誕生日おめでとうのメッセージがいくつか来ていました。今日は私の誕生日ですが、忘れていました。知らない人からも来ていました。

もう、そんなこといらないのに!

| シルクロード | 15:19 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE