シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
森安通信 読者各位               190315

 

今日は少し長文ですが、森安通信をコピーしてお送りします。

なお、必要でない個所については割愛させていただきました。

森安先生、怒らないでください。

赤字の部分は私が色をつけました。

 

 以下は学問的な話です。21世紀になって私は「日本におけるシルクロード上のソグド人研究の回顧と近年の動向(増補版)」(森安孝夫編『ソグドからウイグルへ ──シルクロード東部の民族と文化の交流──』汲古書院, 2011, pp. 3–46)という学界動向を発表し,その中で「日本の学界にとってショッキングな出来事は,2002年にドラヴェシエールÉtienne De la Vaissière『ソグド商人史』Histoire des marchands sogdiensがパリで出版され,しかもその執筆者がフランスの若手研究者だったことである.本来なら,このような単行本はソグド研究の長い伝統と分厚い蓄積がある日本で真っ先に出版されてしかるべきであるのに,完全に先を越されてしまった」と書きました。その本が,ついに日本語で読めるようになりました:

 

影山悦子(訳)『ソグド商人の歴史』岩波書店,2019年2月。

吉田豊教授の神戸市外大時代の教え子である影山さんの御苦労には心より感謝します。ただし価格が18,500円と高額で,内容もプロ向けですので,大学の図書館や歴史研究室では是非とも備えていただきたいものですが,高校教員にはお薦めできません。

 

 今年2月17日に,奈良の大和文華館で開催された遼代の墳墓出土品と平安文化をつなぐようなシンポジウムがあり,これまで飛鳥・奈良時代に中国から渡来してきた緯錦(よこにしき)の技術が,日本国内で独自に進化して倭錦と呼ばれるものになったと考えられてきたが(これもいわゆる国風文化),実は新発見の10〜11世紀の遼代墳墓から出土した染織品の中に同じ技術のものが多数存在することが判明したそうです。

 

一方,アメリカでは藤原氏の建立した宇治平等院の建築や壁画が,チベット仏教(敦煌仏教)や遼仏教の強い影響を受けているという博士論文が出されているそうです。

そうなると,従来は無視されがちであった遼帝国(契丹)と平安日本とを結ぶルートのあった事が予想されます。その場合,当然ながら,対馬・壱岐が浮かび上がってきます。近年は遼・高麗・日本を結ぶ仏教文化の交流が注目されていますが,上川通夫・愛知県立大教授によれば,「遼・宋・高麗の混成商人団」が媒介した可能性もあるそうです。誰でも知っている13世紀モンゴル時代の「元寇」に比べ,1019年の「刀伊(とい)の入寇」という事件の背景は分かりにくいのですが,「遼・宋・高麗の混成商人団」を裏返して考えてみれば,何かが見えてくるのかも知れません。

 

 最後に,前回の森安通信(2019年2月3日配信分)で紹介した帝京大学主催のシンポジウム「シルクロードを掘る──いま蘇る,いにしえの道」に残念ながら参加されなかった方には朗報となるお知らせをします。

妹尾達彦・中央大学教授が主宰される公開シンポジウム「ユーラシア考古学を楽しむ」の案内が届いたのですが,その趣旨は,「近年におけるユーラシア大陸の考古学の進展には,目を見張るものがあります。遺跡の発掘が続き,新たな事実が次々と明らかになってきています。本シンポジウムの目的は,ユーラシア大陸の各地域で発掘にあたってきた各分野を牽引する研究者に集っていただき,ユーラシア考古学の現在に迫ること」だそうです。

 

日時:3月30日(土) 12:30〜18:30

会場:中央大学多摩キャンパス 2号館 4階 人文科学研究所会議室 1

 〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1 多摩モノレール「中央大学・明星大学駅」下車徒歩5分

参加費無料

 

プログラム

 12:30-12:40  妹尾達彦(中央大学人文研研究員) 「趣旨説明」

 12:40-13:40  林 俊雄(創価大学教授)「ユーラシア考古学を楽しむ」

 13:40-14:40  山内和也(帝京大学教授) 「スイヤブと砕葉鎮城」

 14:50-15:50  岩本篤志(立正大学准教授)「バクトリア北部の仏教遺跡と玄奘 −立正大学の発掘調査から−」

 15:50-16:50  清水信行(青山学院大学名誉教授) 

         「沿海州渤海古城 クラスキノ城跡の調査成果と課題」

 

 [討論]

 17:00-17:20  松村公仁(アナトリア考古学研究所研究員) 「アナトリア考古学から」

 17:20-17:40  佐川英治(東京大学教授) 「東洋史学から」

 17:40-18:00  小林謙一(中央大学教授) 「日本考古学から」

 18:00-18:30  総合討論

 

 私はこれに参加することを決め,終了後の懇親会にも出ますので,もし会場でお会いできれば幸いです。遠慮なくお声をかけて下さい。

                 不具    2019年3月15日      森安孝夫

 

3月30日には私も参加する予定です。

会場でどなたかとお会いできれば幸いです。(野口)

| シルクロード | 09:50 | comments(0) | - |
シルクロードの講演で困っています

3月4日に日比谷で、聞いたこともないある大手の旅行会社から「春からシルクロードのツアーを展開するので講演をお願いしたい」とのことで1週間くらい前から準備していました。

その会社は、シルクロード関係のいろいろなホームぺージを見てわたしに白羽の矢を当てたそうです。

 

期日も迫ってきたので、きのうテーマやお話しする時間などの再確認をする電話をしました。

テーマは「中国新疆のロマンあるシルクロードのお話を」ということでした。

なるべく新疆の話から遠ざかりたいので、スキタイや匈奴などを含めた話を準備していたのですが、これには困りました。

断崖の上の炳霊寺石窟

 

「今の新疆の話となると、本当のことを話すことになりますよ」と言いましたが、その会社の方はさすがに新疆の担当者だけあってすぐに理解できたようでした。「そこをなんとかシルクロードのロマンに絞ってお話しいただけないでしょうか」といいます。

そういう話なら、初めから断っていましたが、チラシもできて宣伝している時点で、ごねるのは悪いのですが、困っています。

 

で、私が考えた内容は、「新疆・中央アジアの歴史と現在」という、よく意図のわからないテーマにしました。

それで、作成したチラシを送っていただきました。あちらさんが作成したチラシは「中国・中央アジアを行く―西域シルクロード講座とツアー発表会―」となっていました。そんなに違ってはいません。

ですから、いままで時間をかけて用意したパワーポイントの半分以上を消しました。無駄な時間だったのですね。

 

そこへスポーツ関係の後輩から電話が来ました。「野口さん、きょうの会議も忘れたんですね」と。

2時からの会議と4時からの資料作成の打ち合わせがあったのです。手帳には書いてあったのですが、リビングのカレンダーには書いてなかったのです。

炳霊寺石窟

 

毎日の朝食後、夫婦で互いに「今日の予定」を確認しあいます。ですから、手帳は二階の机かバッグの中にあるので、カレンダーに書き込んだ予定が優先されます。カレンダーが悪いのです!

 

しかし私には、一つのことに集中すると忘れてしまうという長所があります。

新規まき直しになったパワーポイントは、あと3日しか時間がありません。いやいや28日はフランスからのスキー代表団の歓迎会があるので2日です。

 

でも、困っています。

 

そうそう、そういえばフェースブックで誕生日おめでとうのメッセージがいくつか来ていました。今日は私の誕生日ですが、忘れていました。知らない人からも来ていました。

もう、そんなこといらないのに!

| シルクロード | 15:19 | comments(0) | - |
森安通信を転載します

今日は、大阪在住の著名なシルクロード研究者・森安孝夫先生の「森安通信」を転載します。野口

 

 

森安通信 読者各位

 

 私はこれまで「シルクロード」を「前近代においてユーラシアの東西南北を結んだ高級商品流通と文化交流の幹線道路網」と定義して,この術語は古代・中世史のみに使うべきで,近現代史に使うのは適当でないと主張してきました。なぜなら近代以後,世界の物流の中心は海洋に移ってしまい,内陸のシルクロードは世界物流のメインルートからはずれてしまったからです。近代になっても露清間の貿易量は増大しているから,近代になって陸のシルクロードが衰えたという見方は誤りであるという反論もありましたが,絶対量が増えたといっても地球規模の物流の中に占めるパーセンテージが激減してしまったことこそが問題なのですから,そんな反論は的外れでした。ところが2010年代になって中国の習近平政権が「一帯一路」構想をぶち上げた結果,状況が変わりつつあります。つまり大西洋ルートを欧米に,太平洋ルートを日米に抑えられていると感じる中国が,かつてのラクダや馬に代わる鉄道によって中国と中央アジア諸国と東欧と西欧を結びつけ,陸路による物流を大幅に復活させようとしているのです。その現状が,本日の朝日新聞の附録であるGlobe(朝日新聞グローブ)に「喝采と警戒のシルクロード」として特集されていました。もちろん習近平の一帯一路構想の裏には,巨大な援助を投入して中央ユーラシアの弱小国を債務漬けにしておいて,いずれは意のままにしようという中国の覇権主義が隠されているわけであり,今度の特集ではその影の部分(国内では新疆のウイグル民族を弾圧)にも言及があります。とはいえどちらかといえば,そのうち日本まで巻き込む巨大物流ルートが中央ユーラシアに再生されるという明るい方向で紹介されています。それは事実であり,日本の財界・産業界も今後は目を向けざるをえないことになるでしょう。

 

 ところで先月の23・24日,東京中野の帝京平成大学で,山内和也・帝京大学教授が率いる帝京大学文化財研究所が主宰し,二日連続で開催された国際シンポジウム「シルクロードを掘る──いま蘇る,いにしえの道」がありました。発表は日本・韓国・中国・キルギスからの参加者17名に及び,カラー写真満載の予稿集が配布され,同時通訳が付く本格的な国際研究会でした。山内和也教授は,かつて上野の国立文化財機構・東京文化財研究所に所属していた時期からキルギス共和国国立科学アカデミー歴史文化遺産研究所と協力し,チュー河盆地にある都市遺跡群調査に従事しながら,ユネスコ世界遺産委員会の委員としてシルクロードを世界遺産として登録するための活動をしており,帝京大学移籍後は引き続きキルギス共和国国立科学アカデミー歴史文化遺産研究所の協力のもと,チュー河盆地にある三つの最重要都市遺跡,すなわちアク=ベシムAk-Beshim(スイアブ,砕葉),クラスナヤ=レーチカKrasnaya Rechka(ナヴェカット,新城),ブラナBurana(ベラサグン,グズオルド)の一つであるアク=ベシムを重点的に発掘しているのです。そのような背景があるため,今回のシンポジウムにおける発表はキルギス・カザフスタン・ウズベキスタン・タジキスタンの旧ソ連領中央アジア諸国に分布する遺跡に関わるものが大半を占めていました。これまで私は中国の新疆ウイグル自治区・甘粛省・内モンゴル自治区とモンゴル国での現地調査には相当の回数と日数で参加(大部分は主宰)しており,東部天山地区を含む東トルキスタンからモンゴル高原の状況には親しんできましたが,旧ソ連領の中央アジアすなわち西部天山地区〜西トルキスタンの現地を踏査した経験はないので,今回たくさんのスライドや動画を見ることができたのは,まことに幸いでした。

 

 トルキスタンとはペルシア語で「トルコ人の土地・国」という意味ですが,歴史的実態としてはソグド語・コータン語・トカラ語などの印欧語族が原住民であった土地に東方から漢民族が浸出し,さらに北方から突厥・トゥルギシュ(突騎施)・カルルク(葛邏禄)・ウイグル(回鶻)・オグズなどのトルコ系遊牧民族が次々に支配者として臨んできた結果,全体として「トルコ語を話す人々の土地・国」へと変化したのです。西部天山の北麓でイシク湖に発するチュー河を擁するチュー河盆地(キルギス共和国),並びにその西南隣で西部天山に発するナリン河を擁するフェルガナ盆地(ウズベキスタン共和国)は農業にも牧畜にも適した農牧接壌地帯であり,古くから農耕都市民と騎馬遊牧民が共存していました。それゆえ現在,チュー河盆地にはアク=ベシム(スイアブ,砕葉)をはじめとする多数の都市遺跡が散在し,フェルガナ盆地にもミンテパMingtepa,ダルヴェルジンDalverzin,クヴァKuvaなどの遺跡が点在しているのです。とりわけアク=ベシム都市遺跡は西半分がスイアブ(砕葉)と呼ばれたソグド人の東方進出の橋頭堡の一つであり,東半分は漢人が唐代に築いた砕葉鎮城でありますから,イスラム化以前の中央ユーラシアにおいてソグド世界・トルコ世界・漢人世界が交叉する最重要拠点だったわけであり,その歴史的意義の重要性は計り知れません。今後もアク=ベシムで発掘を続ける帝京大学文化財研究所の活動はますます注目を浴びることになるでしょうが,発掘作業の進展と共に,突厥とりわけ西突厥,並びにトゥルギシュ(突騎施)がチュー河盆地を拠点にして,西のソグド本国や南のタリム盆地のオアシス都市国家を間接支配するに至った経緯についても,文献史料(漢籍・アラビア語など)に加えて遺物やコインなどに残された文字資料(ソグド語・漢文・ルーン文字トルコ語)も参照しながら考察を進めていく必要が生じてくるでしょう。中国の一帯一路政策が,こういう学問研究に大金を注ぎ込んでくれるなら文句はありません。なおチュー河盆地とフェルガナ盆地の遺跡には,ゾロアスター教・仏教・ネストリウス派キリスト教・マニ教などの寺院・教会・墓地遺址やさまざまな遺物や岩壁銘文なども残されているため,宗教の道としての側面を持つシルクロードの研究にとっても,有用な材料を提供してくれるはずです。

 

 昨年12月には,鉄の研究で世界的に有名な村上恭通教授を愛媛大学にお尋ねし,西アジアから中央ユーラシアを通って中国・朝鮮・日本まで伝播した鉄文化についていろいろとお話を伺いました。村上教授の御著書(『倭人と鉄の考古学』1998年,青木書店;『古代国家成立過程と鉄器生産』2007年,青木書店)を読んで一番驚いたのは,私も信じていた「弥生時代終末期までに鉄器の普及が全国におよび,生産力の拡大による安定した経済的基盤が古墳時代成立の前提となる」という従来の考え方が,完全に否定されたことです。弥生時代後期に農具が完全に鉄器化した地域は北部九州・中九州・山陰・西部瀬戸内のみで,それ以外ではまだまだ石器と併用しており,弥生時代は決して「初期鉄器」文化ではなく,いわば「原始鉄器」文化に過ぎなかったということです。

 

 愛媛大学のある松山市は,斉明7年(661年)に百済救援軍を率いていった斉明天皇の船団が停泊し,道後温泉で休息した後,いよいよ出航しようとした時に額田王(ぬかたのおおきみ)が「熟田津に船乗りせむと月待てば 潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな」という有名な歌を詠んだ熟田津の港(現在の松山市西岸)があったところです。そこに出てくる地名を我々はふつう「にきたづ」と読んでいましたが,現地の松山では「にぎたつ」でした。村上教授によれば,関門海峡から瀬戸内海に船で入って来ると山口県側ではなく愛媛県側に自然に着くそうです。ですから逆に瀬戸内海から関門海峡を抜けて玄界灘に出るには,この熟田津の港が最適だったようです。一つ謎が解けたような気がしました。

 

      不具    2019年2月3日      森安孝夫

 

| シルクロード | 09:15 | comments(0) | - |
ウイグル人の年越し 

きのうブログを書き終えて、どうも何か書き足りない気がして、大掃除中も気になっていました。

いま、掃除をサボって自室に戻ってゆっくりしていて思い出しました。

 

ウイグルの世界と日本と決定的に違うことは、1月1日の「正月」というのは、ただ単に12月31日の翌日だということです。

「新年ハオ!」と互いに祝福しあっても、翌日になれば元どうりです。

新しい服も買いません。おせち料理もありません。爆竹は漢人の習慣だから嫌がります。

 

私の子どものころは、年末は学生服のそでがテカテカに光ったものから、新しい学生服を買ってもらうのが大きな喜びでした。

底なしの貧乏だった我が家で、息子2人には正月くらい新しい学生服を買ってあげようと、必死に金をためた母親の苦労が今頃になって身に沁みます。

 

休日もたしか1日だけだったような気がします。

しかも肝心なことは、ウイグル人はイスラム教徒。

西側諸国や漢人の世界の西暦とは違うので、まったくと言っていいほどカンケイないんです。

 

それを書き足したかったのです。

 

でも、こんなのんきなことを書いている今でも、多くのウイグル人たちは酷寒の囚人房で、いつ帰れるかもしれない未来に望みをもって戦っているのです。

私の知っている多くの友人たちのほとんどは拘束されたままです。

あの顔、この顔、みんなみんな捕まっているようです。

行って確かめる術もありません。

悲しいけれど悔しいことです。

残るのは怒りのみです。

 

まだ、掃除が待っています。

適当にやります。

明日は正月。

 

型どおりですが、みなさん、良いお年をお迎えください。

 

31日  野口信彦

 

2011年12月のトルファンのスーパーです。

店に入るときは、身体に身につけているものは財布以外すべてをロッカーに入れます。

支払いが済むと、警備員から全身の身体検査を受けてからロッカーに進めます。

当時でさえ、それくらいですから、今はどうなっているんでしょうか。

子供用品売り場です。

生まれて五カ月の孫娘に何か買っていきましたが、

どれを買っても喜ばれませんでした。

| シルクロード | 11:12 | comments(0) | - |
ウイグル人の年越し

 2011年の冬、私はウイグル人の友人の息子たちをガイドにしてタクラマカン沙漠一周の冬の旅をしました。カシュガルで別の友人の手配で26歳の青年の運転するタクシーをチャーターしてです。

 真冬のタクラマカン沙漠はマイナス10度から30度くらいです。

しばらく、冬のタクラマカン沙漠の風景をお楽しみください。

ロプノール近くの観光地ですが、このような光景です

111224 こんな人跡未踏の地にも、漢人の住宅が建てられている

111224  タクラマカン沙漠最果ての地にも道路拡幅工事の開発の手が・・

111224 チェルチェンの「楼蘭体育館」

111224 チェルチェンの博物館は「土曜日だから休館だ」って!

111224  石油スタンドの娘さんにカメラを向けると恥ずかしながらもちょっと・・・・

 

あと3日で正月です。月日が過ぎるのはまったく早いものです。

今年は特に私にとっても世界にとっても激動の1年でした。

まだ、年賀状も書いていません。いつも正月になってから書きます。

大掃除も今日からです。年末だからと言って大掃除をするのはおかしいと思っていて、あまりやりません。じゃあ、いつもやっているのかというと我が部屋も先週に半年ぶりに掃除をしたくらいですから・・・・

 

 しばらくウイグル人のことを書いてなかったので、私がウルムチで過ごしたウイグル人の正月風景を思い返してみましょう。

 

 もう7年前になるでしょうか、私は年末年始をウイグル人の親友の家にステイしていました。彼ら夫婦の大きなダブルベッドのある部屋の隣に部屋をあてがわれました。新疆生産建設兵団舞踊団の評判の踊り手であった美人の奥さんは、私が部屋にいても平気な顔でネグリジェのままで部屋を横切り、私がいても彼女はいつも彼に抱きついていってキスをねだっています。困ったものです。

 

 ウルムチの冬はマイナス10度から30度くらいにまで下がります。私が滞在していた時も、道路は固く凍り付き、粉雪が舞い、寒風が吹きすさんでいました。ですから靴も普通の靴では危なくて歩けません。

 

 特徴的なことは、年末はとくに大みそかは友人の家々をまわることです。

 私は友人の彼と2人でまわりましたが、これは女性はまわらないのでしょうか?よくわかりません。というのは、奥さんの友人の家までも私たち男2人がまわるからです。

 

 それぞれの家では、多くの友人がまわるので、ちゃんとした接待はできません。お茶とお菓子だけでした。ずいぶんとまわりました。10軒以上はまわったと思います。大体5分から10分くらいで失礼するのですが、彼は初対面の私を紹介するので、もう少し時間がかかったようでした。

 

 夜中の12時に新年を迎える時のことはよく覚えていません。

 むかし、大学に留学していたころは、時報が12時を示すと「新年好(ハオ)!」と叫んで互いに新年のお祝いをします。

 こういうことも聞いたことがあります。「そのとき、そこにいた女性にキスをしてもかまわない」と、幸か不幸かそれは実現しなかったのですが、かなりの間、本気にしていました。

 

次の写真は、ウルムチに帰り着いてからの冬のウルムチです。

111228 国際大バザール

111227  夜のウイグル人街の路上。車の上に衣料品を乗せて商売

111226 帽子売り場のおじさん

 

下の写真は、ウルムチの有名な舞踊家や女優さんたちの写真です。

私の友人の女性の歓迎会があったので、私も乱入しました。

合計19人の女性の集団は圧巻でした。

左は大阪の大学に10年間留学した女性、右は東京の大学に留学中の娘の母親。

111226  19人の平均年齢50歳の軍団はさすがに強烈でした

この仕草だけでも踊りの名手だと思えるでしょう?

 

 

 今にして思えば、懐かしいあれこれですが、現実は地獄の様相を呈しています。

 

 この写真に写っている方がたのどなたが、今でも街に住んで普通の生活をしていられるのでしょうか

 旅人から聞いた話では、ウルムチの街から成人の男の姿が見あたらないと言います。

 外国に行ったことのある者、

 家族が外国に留学しているもの、

 外国人と付き合ったことのある者、

 外国へ行ったことのある者、

 これらの人びとはみんな、「なんとか教育センター」という名の強制収容所に入れられているのです。

 

 なぜ、中国の党と政府は、このような前代未聞の、いや、ヒトラーやスターリンやポルポトはやったことがありますが、なぜこのような残虐な仕打ちをするのでしょうか。

 

答えはどうやら、「新シルクロード経済圏構想」いわゆる「一帯一路」政策にあるようです。

それについては、もう少し研究しなければなりませんが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| シルクロード | 17:32 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE