シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 史上初の“シルクローダー”張騫(ちょうけん) | main | シルクロード・新疆の少数民族 >>
僧法顕の執念
    法顕(ほっけん 337年、咸康3年― 422年、永初3年)は、中国東晋時代の僧。

姓は龔、平陽郡武陽縣(山西省)の人。

 経の訳出にくらべて、戒律が中国仏教界において完備していないのを嘆いた法顕は、399年(隆安3年)長安からインドへ、慧景、慧応、慧嵬、道整と共に求法(ぐほう)の旅にたった。

 6年かかって中インドに達し、仏跡をめぐり、『摩訶僧祇律』、『雑阿毘曇心論』などをえて、さらにスリランカにわたり、『五分律』、『長阿含経』などを求めた。
 413年(義煕9年)海路で青州(山東省)へ帰ってきた。

彼の旅行記を『仏国記』(別名、『法顕伝』、『歴遊天竺記伝』)という。『大般涅槃経』は仏駄跋陀羅によって訳出され、涅槃宗成立の基となった。



とくに僧法顕の西域・インド旅行(仏国記、399411年)は西暦399年、仏典の原本を60歳を越えた高齢で求め、タクラマカン沙漠を越え、5000mのカラコルムを上り、インダスの河を渡ってインドへたどり着いた。はじめは10人の同行者がいたが、無事に帰国できたのは法顕1人だった。

 

インドでは経典の収集、梵語の学習、仏跡めぐりなどに6年間を費やし、足掛け14年間、実に27ヶ国を巡る旅になった。

求法の旅を記した『法顕伝』(414年)は、西域を知るための貴重な情報源だった。法顕が帰国した時は80歳近かった。しかし、14年間の旅の記録にしてはおよそ14,000字という短さで、豊富な内容ながら簡潔な名文として知られている。

 

「沙河中多く悪鬼熱風あり、偶えば則ち皆死に、ひとりとして全き者なし。

上に飛鳥無く、下に走獣無し。はるかに望み目を極めて渡るところを求め欲すれど、則ち擬するところを知るなし。ただ死人の枯骨をもって幟となすのみ。行くこと十七日ばかり、およそ千五百里にして 善国(楼蘭)に到る」

 

帰国後は北インドから来た仏駄跋陀羅禅師のもとで、持ち帰った経律のうち六部六三巻を翻訳し、のち湖北省の新寺(辛寺)で入寂した。82歳とも86歳とも伝えられている。


 

玄奘三蔵『大唐西域記』

 

玄奘三蔵(602664)は仏経をひと通り修めていたが、仏教の経典の解釈に疑問を感じていた。高僧から教えを受けてもらうが、各自によって解釈が違うので、直接、インドに行って原典を集め、インドの高僧から解説してもらおうと思い、インドへ向かった。

当時、唐の王朝は中国人の旅行を禁止していた。そこで、玄奘三蔵は出国禁止の掟を破って、密かに玉門関を出て、タクラマカン沙漠を進んだ。

 

玄奘三蔵は高昌国からクチャで雪解けを待ち、アクスから天山を越えてスイアプ(素葉城)城で統葉護に至り、可汗に会うことができた。可汗は彼を歓迎するとともに通訳をつけ、カーピシー(現在のアフガニスタンのカーブル近辺)まで送るよう手配をしてくれた。ここから西トルキスタンを経て、628年、北インドに着いた玄奘は、ガンダーラ〜ウッディヤーナ〜タクシャシーラ〜カシュミールを経て、インド各地の仏跡を巡礼した。

 

滞印13年、インド各地をくまなく巡歴し、641年秋、帰国の途につき、645年、長安の官民あげての大歓迎の声に囲まれて帰った。

玄奘三蔵

 

玄奘三蔵は当時の国際情勢を巧みに利用することができ、各国のお布施も受けることができ、シルクロード沿線の政治権力をうまく利用していったのである。

別のいい方をすれば、玄奘は、政治家であったということであろう。

高昌国では、王の求めに応じて40日間滞在して、仏法を教え、出かけるときには、多くの従者と、馬・ヒツジや食糧、そしてなによりも貴重な贈り物はどこでも通行を許される「鑑札」のようなものの交付だったろう。

 

そこへ行くと法顕は、高齢になってからの求法の旅であった。さらに驚くことは、法顕のルートをたどると玄奘よりもはるかに険しいルートだったことである。その執念は鬼気迫るものを感じさせる。

| 歴史 | 04:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.silkroad-j.lomo.jp/trackback/1321467
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE