シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 北京〜パリ大陸横断ラリーin1907 その6 | main | 「桜高に学ぶあなたへ」を転載します >>
ザマナイ(Zaman-ai)〜時代よ〜を聴いて
きのう午後、所用で小一時間かかるところへ車で出かけました。

そのときワイフが貸してくれた表記の「ザマナイ〜時代よ〜」というCDがあったので、 Podにコピーして運転中にかけて聴きました。その旋律と歌詞を何度も繰り返し聴いた。衝撃でした。

 

曲は、「ザマナイ〜時代よ〜」という曲です。

歌手の朋子(TOMOKO)さんがNHKテレビで歌ったのを契機に、著作権問題など大変な苦労をしてCD自主制作にたどり着いたようです。

 

次に曲の、キャッチコピーをご紹介します。

 

旧ソヴィエト支配下のカザフスタンにおいて、日本の四国ほどもある核実験場で、40年間にわたり500回近い核実験が秘密裏に行われてきた。

チェルノブイリを遥かに凌ぐ大量の放射性物質が環境に放出され、120万人とも

言われる周辺住民が被曝し、苦しむこととなった。

癌、白血病、心臓病...他にも様々な病気や障害児出生率の増加、若年での死亡率の増加、そして自殺率の増加。
ペレストロイカを機にカザフスタン全土で200万人が抗議運動に参加。

「ザマナイ」はこの運動と共に歌われ、多くの人々に勇気を与えた。

1989年、セミパラチンスク核実験場を閉鎖させることに成功したが、周辺住民の苦しみは今日も続いている。人類は、核と共存することはできない。

旧ソ連下カザフスタン40年の核実験を止めた歌。魂の歌声を聴け。

 

次に歌詞を紹介します。

【訳詞】高橋朋子
【作曲】T.Muhamad Janov

1.すこやかな子らはなぜ消えた 風になびく髪はなぜ消えた

  心ない仕打ちよ ザマナイ ザマナイ ザマナイ 清き故郷はなぜ消えた

  哀れなるわが大地 数え切れぬ 爆発 閃光に 引き裂かれたわが心よ

2.父祖の眠る地を壊して 豊かな大地を汚して 罰として苦しみ続けよと?

ザマナイ ザマナイ 誇りよ 今いずこ

哀れなるわが大地 数え切れぬ 爆発 閃光に 引き裂かれたわが心よ

3.泉に毒を流すものよ 愛しき子らを奪うものよ

何故ふるさとを貶(おとし)めるのか 

ザマナイ ザマナイ 恥じてこの身が地に埋まる

哀れなるわが大地 数え切れぬ 爆発 閃光に 引き裂かれたわが心よ
  哀れなるわが大地  数え切れぬ  爆発 閃光に

http://www.youtube.com/watch?v=OB9O9-ANmV4  で動画と歌が聴けます。

20121111日 全国で100万人の原発なくせというスローガンのもとの集会で文科省前で歌手のTOMOKOさんがカザフスタンの核実験を止めさせた歌 『ザマナイ〜時代よ〜』を日本語バージョンで歌ったそうです。

http://blog.goo.ne.jp/song_of_eternity/e/1c39e54cafb265edb37eb2b68dd4286a

自主制作であり、音源はもうすでにないそうです。

このCDは買って損しません。定価は1000円だそうです。

 

わたしの研究仲間のグリさんも、新疆ロプノ―ルの核実験の影響で甲状腺がんの疑いがあり、目下、カナダのトロントで病院にかかっています。

彼女の住んでいたトルファンはロプノ―ルとセミパラチンスクの中間にある地域です。

双方の核実験はとっくに中止されたにもかかわらず、わたしの身近な方が、いまだに放射能の犠牲にされようとしています。

現に彼女の甥は昨年、この甲状腺がんでわずか24歳の生涯を終えました。

その日本ではどうなっているでしょうか・・・・・・考えてみましょう。

| 東日本大震災関連 | 05:02 | comments(2) | - |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/03/08 10:20 AM |
はじめまして、日本語で歌っている本人です。
ご丁寧にご紹介を賜りまして、どうもありがとうございます。
偶然、久々にWEBの検索をかけたところ
お書きくださったばかりの記事を拝見しました。

福島でも、甲状腺がんの子供が既に3人も出てしまいました。悲しいことです。
カザフだけの歌ではありません。
核の被害がこれ以上広がらないように、どうぞご一緒にお歌いください。

尚、3/10の「0310原発ゼロ☆大行動」の中で
文部科学省前で「ザマナイ」を再度歌わせていただくことになっております。
時間は未定ですがご都合がよろしければ集会にご参加ください。
詳細はツイッター等で、直前になるかもしれませんが
前日までには流れます。
ありがとうございました。
| TOMOKO | 2013/02/24 12:21 AM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE