シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< ますます深刻になるネパール大地震の大災害 | main | ヨルダンの夜とネパール >>
遊牧民とは。チベットの高みからー2
チベットが諸宗派の対立から抜け出して「チベット仏教圏」を形成するには、外部からの影響もあった。13世紀後半、モンゴル帝国とユーラシア大陸全体に新しい時代をもたらしたフビライであった。彼の影響力がチベットに第二の夜明けをもたらしたといえる。彼の影響力いうよりも、それまでの遊牧民の長い歴史がそうさせたのだろう。

フビライハン肖像画(国立故宮博物院所蔵)
 
カルマ派、ディグン派、ツェル派、パクモドウ派などが乱立する中、サキャ派の若き指導者パクパは、フビライの「国師」、ついで「帝師」とされた。チベット仏教はフビライ帝室の宗教となったのである。
現在の中国は、「元朝以来、中国の版図であった」とチベット支配の根拠としているが、別の言い方をすれば、これは檀家さんとお寺さんの関係なのである。近代政治における「版図」や「侵略の結果」やそのたぐいのものとは異質なものなのである。

クビライの狩猟図(劉貫道『元世祖出猟図軸』より、国立故宮博物院蔵)
 
いまの中国の首都北京は、フビライの帝都「大都」の直接の後身である。故宮や北海公園の近くにある巨大なチベット式の仏塔「白塔」(モンゴル時代の大聖寿万安寺、のちの妙王寺)は、フビライ時代につくられた。当時の大都には、こうしたインド・チベット風の高層建築が林立していたという。
 
チベットはモンゴル時代に輝いていた。そして、その記憶がなくならないうちに、16世紀、内モンゴルのトメト部のアルタン・カンは、青海で「第三代ダライ・ラマ」(先代の第一代、第二代はあとからさかのぼって数えられた)と有名な会見をした。モンゴルとチベット仏教との、二度目の邂逅である。
 
アルタンはみずからをフビライになぞらえ「第三代ダライ・ラマ」をパクパになぞらえた。ダライ・ラマが、モンゴルの政治権力を通じて、内陸アジア世界の宗教権威となる道が、ここに開かれたのである。
 
なお、このチベット高原の南縁にヒマラヤがそびえる。個々の地層からアンモナイトの化石が見つかる。15回前後行ったネパールでは、このお土産が大好評である。日本の友人たちに依頼される。ダルバール広場には、数多くの土産屋の店があり、数千、数万のアンモナイトの化石を売っている。そのうちいくつが本物かわからない。わからないままに買って帰ってお土産を渡すと例外なく喜んでくれる。彼もわたしも誰も本物かどうか知らないのだから、いいことなのであろう。
 
そのカトマンズが崩壊した。人口の数割が被災者になっている。ヒマラヤに入っていた多くの登山者が被災し、遭難し、死んだ。今できることは募金活動くらいだ。行かれない。滑走路が一本しかないトリプバン空港は大混雑だそうだ。のんびりしている人たちだから、このような大災害にどう立ち向かえるか、そのほうが心配だ。
 
ランタン国立公園のラクワで新たに雪崩が起きて、登山者250人が行方不明と封土王された。ランタンリルンには単独で登りに行ったことがある。あの美しい渓谷も無残に崩壊しているだろう。すぐには行かれないところになってしまったので、わたしは東日本大震災よりも精神的に動揺している。ネパールは、私たち登山者の第二の心のふるさとだから。

ランタンリルン

左がランタンリルン

 【ネパール大地震】白煙あげ登山者を襲う雪崩 地震直後のエベレスト
 
★しばらくの間、ネパール救援活動と、たまりにたまっている諸執筆課題をこなすために、しばらくブログ定期掲載を中止します。時間の余裕と心の余裕が出た際には書きますが、お許しください。
5月12日からは、ロシアのサンクトペテルブルグに行って、エルミタージュに5連泊で入り込みます。シベリア、モンゴル、中国、新疆や中央アジア各地から奪い取っていった歴史遺産の実物を参観し、撮影するためです。4〜5年来の願望でした。ですからシルクロード関連のところだけ入ります。ではまた。


ネパール・カトマンズの国際空港に集まった旅行客ら=26日(ロイター=共同)


【ネパール大地震】死者数4000人超に 「72時間」迫る中、懸命の捜索続く


27日、ネパール・バクタプルで倒壊した家屋から
がれきを運び出すネパール軍兵士(ゲッティ=共同)


もう一度この写真で、すこしだけホッとしてください。

 
| 遊牧騎馬民族 | 12:15 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE