シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< デ・ワン(徳王)ー2  独立の夢と挫折 | main | 内モンゴルでもっとも影響力を持った男ウランフ ―現代内モンゴルの創立者― >>
徳王 デ・ワンー4  その独立の夢と挫折
 これまで、1030年代から45年まで、デ・ワンがモンゴル人の独立国家の樹立を求めた際、日本側は終始認めませんでした。1937年10月に成立したモンゴル聯盟自治政府(首府はフフホト)と1939年9月に成立したモンゴル聯合自治政府(首都張家口)の地位は自治政府にとどまっていました。これはデ・ワンの意思とかなりかけ離れています。デ・ワンは終始、日本の内モンゴルに対する行き過ぎた関与に不満があって、「蒙疆」という中途半端な用語を認めませんでした。

デ・ワン(徳王)

 
※この「蒙疆」という言葉を検討してみましょう。
「蒙」は中華思想で見た“無知蒙昧(むちもうまい)”の「蒙」からとっています。
そして、「新疆」の「疆」と言う漢字を見てみると“文化果つる何もない荒れ果てた辺境の地”という意味になります。
 それをこの地を占領した日本の支配者までもが引用して使っています。
 言葉や文字というものは、それを使用する者の思考と立場を見事に表すものですね。

現在の内モンゴル自治区
 
 1941年2月、デ・ワンが2度目に日本を訪問した際、日本政府に「モンゴル建国促進案」と「日華蒙三方協定」を提出し、「中華民国建設大綱」で約束された民族自決権にもとづいて、万里の長城を国境線とし、モンゴル自治国(それができない場合、自治邦)を樹立する許可を求めていました。日本は、自治国の成立を認めませんでしたが、自治邦の成立は認めました。
 
 1945年8月、ソ連・モンゴル人民共和国連合軍が中国の東北と内モンゴル地域に進攻し、日本がアジア大陸という舞台から退場したあと、デ・ワンは依然として内モンゴルの進路を模索していました。同年9月、デ・ワンは蒋介石に大英帝国に属するカナダ、オーストラリア等の例にもとづいて、内モンゴルに自治領の地位を与えることを要求しました反対されました。
 
※この辺がデ・ワン(徳王)の政治力量と人物の限界といえます。ヤルタ協定が何を言ったのか、ヨーロッパやアメリカとソ連は何を欲しているのか、そして中国の国民党と共産党はどのような位置にあるのか、などが推し量れなかったのですね。無論、それにはデ・ワンが収拾できる情報の量の多寡があるでしょうから、数十年後の私が何を言っても無理なのかもしれませんが・・・、それは言えます。
 もはや、デ・ワンは“井の中の蛙”状態だったのですね。何か事をなそうとするには、情報収集は必須の活動だといえます。
 
 3年間の隠居を経て1949年にデ・ワンは内モンゴル西部のアラシャンに赴き、自治運動を行いました。しかし、この時の東北アジアと中国の情勢はすでに大きく変わっていました。アラシャーの定遠営にいたデ・ワンにとって中国共産党軍の包囲を越えて、外部の支援を得るのはもはや不可能になっていたのです。
 
 日本軍の撤退後、中国共産党を含む外部勢力は皆デ・ワンを自分の陣営に入れ、その威光と求心力を利用しようとしていました。当時、デ・ワンに与えられた選択肢は少なくありませんでした。ほんらい、デ・ワンにはアメリカや日本、台湾、インドなどに行くことも可能でしたが、彼は死ぬのであれば自民族の国――モンゴルで死ぬという心の準備をもって、1950年の初めに、モンゴル人民共和国に赴く道を選びました。しかし、彼を待っていたのは、ソ連の意志による逮捕、モンゴルでの過酷な獄中生活、そして中華人民共和国への送還でした。

 
抗日運動中の毛沢東と上海の二流女優だった江青夫人

 長男ドガルスレンも「日本のスパイ」と断罪され、1952年にモンゴルで処刑されました。中国では、デ・ワンは、「戦争犯罪者」「売国奴」「蒙奸」として弾劾され、1963年まで十数年間牢につながれました。1966年5月に一代の英豪デ・ワン(徳王)はフフホトで永眠しました。
 
 デ・ワンの悲壮な行動はこの時代の内モンゴル人の戦いと分かちがたいものでした。中国では公式にデ・ワン(徳王)を「売国奴」「蒙奸」として批判してきました。他方、日本では徳王は、日本の対中、対内モンゴル政策の協力者として描かれがちです。しかし、内モンゴル人から見ると、デ・ワンはモンゴル人の独立ないしは自立した準国家の樹立のため、日本と中国の間にバランスを探し求めたといえると思います。    (主として、ボルジギン・フスレ著)

 

ウランフ
※次回からは、いよいよウランフの登場です。この項目では、ウランフの略歴や行動について触れますが、主として、文革時における毛沢東派のウランフに対する批判・攻撃内容と「内モンゴル人民革命党」問題及び内モンゴルでの虐殺(ホロコースト)の真相について触れていきたいと思います。
とはいっても、きょうから、関連書類や書籍を見始めて書きはじめますので、果たしてどこへ進んでいくのやら見当もつきません。
 
| モンゴル関連 | 11:23 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE