シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 内モンゴルでもっとも影響力を持った男 ウランフー3 ―日本の敗戦とソ連の勝利は現代内モンゴルに何をもたらしたかー」 | main | アフガン巨大壁画「完全復活」東京芸大、ネットで資金集め >>
ウランフ 4  ―内モンゴルにおけるその功罪―
 1945年末、満州や内モンゴルはソ連赤軍とモンゴル人民共和国軍によって「解放」され、中国国民党と中国共産党の争奪の地となりました。日本によって工業建設が進んだ「満州国」は、国共両党にとって死活問題になってきました。内モンゴルの東部地域は満州国の一部であったため、国共の対立が内モンゴルの戦後の運命を決定づける一つの動機となりました。

毛沢東と王明

 中国共産党のエリートたちはウランフが求める内モンゴル自治の主張から自らに有利な一面を見出しました。それは、中国共産党の支持を得た内モンゴルの自治はモンゴル人に歓迎されるだけではなく、モンゴル人民共和国からも支持されます。なぜなら、後者は、せめて盟友である中国共産党が内モンゴルを良くしてもらいたいと思うからでした。

 そうした判断から内モンゴルの自治は中国共産党から支持されます。1947年5月1日成立の内モンゴル自治区政府は中国の主権を認め、中国共産党の指導を受けると宣言し、国民党政府から独立したのです。内モンゴルが中国共産党を選択したのは、モンゴル人民共和国との合併に失敗して、それ以外に選択肢がなかったからでした。

ウランフ

 もし、国民党が勝っていたならば、日本の敗戦と同様もしくはもっと悲惨な清算が待っていたはずです。そしてウランフが指導した内モンゴル自治政府は、1948年〜49年の国共内戦のなかで、一貫して中国共産党側に立ち、様々な戦闘に参加して大きな戦果を挙げました。1949年10月1日、北京の天安門広場で行われた中華人民共和国の建国式典に内モンゴルの騎兵隊が参加したことは、内モンゴルの人びとがこの「賭け」に勝ったことを意味しています。

 しかし、ウランフが指導した内モンゴルの自治が国際情勢の変化と戦略的連合の産物であったことを我々は認識しておく必要があります。したがって、その存在自体は極めて流動的なものです。第一次世界大戦の勝利は永遠の安定を意味するものではありません。内モンゴルの自治が、このように強い法的裏付けに欠けていたからこそ、その存続が極めて脆弱なものとなりました。そのため、1948年以降、ウランフは一貫して中国における民族自治の法的整備に努力してきました。

 協力的な民族主義であれ、中国における民族自治制度の法整備であれ、ウランフの努力はほかでもなく内モンゴル人の現代政治思想の産物だといえます。疑いもなくウランフは、20世紀の中国と内陸アジア地域の歴史に大きな影響を残した一里塚的な人物といえます。
(ウラディ・E・ポラク/ボルジギンブレインサイン訳)

※ここでは、ポラク氏自身の書いた内容を曲げない程度での言い回しの変更をしています。同時に、文中に私自身の考え も入れてあります。
 
 これでウランフの紹介は終わります。このあとはいよいよ、文化大革命期における「打倒ウランフ」と、いわゆるモンゴル人ジェノサイドと「内モンゴル人民革命党事件」の実際を楊海英氏から送られた基礎資料を基に、私の意見も含めて書き進めていきたいと思います。

 
| モンゴル関連 | 10:20 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE