シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< シルクロード トルクメニスタン・ツアーのご案内 | main | 4月23日(土曜日)は「現代シルクロード研究会」です >>
4月のシルクロード講座は若手研究者がお話します
 花粉の襲来と多事多端で疲労・意気消沈していた時期が長く続きましたが、少しずつ元気になりつつあります。
4月9日(土曜日)の「シルクロード講座」は、

「中央アジアで過ごした2度の"新年"――旅行と留学を終えて」というテーマです。

 こんどの講師は若手です。
 現在、東京大学で勉強中の若手研究者で、今、キルギスの首都ビシケクでロシア語を学んでいますが、間もなく日本へ帰ってきます。
 開会時間は午後1時です。会員でない方は1000円が必要です。
 

ブハラにて

今日の3枚の写真は児玉丈爾さんから送っていただいた写真です。
キャプションも児玉さんです。


 講師の名前は児玉丈爾(じょうじ)さん。
長崎県佐世保市生まれ。東京大学教養学部文科三類に所属しています。
大学では文学部歴史文化学科に進学し、東洋史を専攻する予定だそうです。
ご本人から講座の主旨を書いて送っていただきました。
 
 キルギスのビシュケク、ボコンバエバ、カラコル、ウズベキスタンのタシケント、サマルカンド、ヌラタ、ブハラを訪れた昨年度の旅行と、新疆ウイグル自治区ウルムチ市を経由して渡航した、本年のキルギス留学で見てきたものをご紹介させて頂きます。為替事情や通信事情などのお役立ち情報も織り交ぜつつお話ができればと考えております。
 
ビシュケク近郊のコイ=タシュ公園での「乗馬」です

 彼と私の出会いをご紹介しましょう。
 私の家から車で10分くらいの調布市内に「パソコンデポ」という店があります。パソコンの修理や小さな部品やインクなどを買います。
 昨年、6月頃、キルギスへ行く前に変圧器を買いに行きました。その時に彼と出会ったのです。私が「8月にキルギスへ行く」というと、彼は「私も3月にキルギスに行ってきました」といいました。
  聞いてみると、西遼(カラ・キタイ)の研究をしているといいます。その後、私は彼と会いたかったのですが、しかし彼は現役の大学生。なかなか会えません。やっと会えたのは今年になってからです。しかも、キルギスに短期留学に行くとのこと。
 
  でも、そんなことではメゲません。キルギスまでメールをして「シルクロード講座」と「現代シルクロード研究会」の約束を取り付けました。

タシケントでナウルーズの伝統料理を作るカザフ系女性
 
 今、私たちのクラブの役員に松田浩太という27歳の若き研究者がいます。
 そして児玉丈爾という2人目の若き研究者がお話をしてくれます。
 私や古くからの役員は、みなさん60代から70代になっています。50代もいますが、役員や会員には絶えず若い人が必要です。そうでないといつまでもマンネリの志向がはびこり、クラブが衰退していきます。
 
 もっと言いますと、私・野口の古い枠を取り払って、新しい地平を切り開いてもらわなくてはなりません。絶えず新しい息吹が必要です。


 この高齢化問題の解決は、あらゆる分野の課題となって私たちの前に立ちはだかっています。退任したスポーツ連盟も、若手の抜擢が主要な眼目でした。そして女性の獲得がもうひとつの目標でした(婚活ではありません)。
 さあ〜新しい時代の幕開けになる、春です!

 
| シルクロード講座のお知らせ | 11:13 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE