シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 4月のシルクロード講座は若手研究者がお話します | main | 海のシルクロード〜〜〜リスボン〜モザンビーク〜マカオから石見銀山まで >>
4月23日(土曜日)は「現代シルクロード研究会」です
「第5回現代シルクロード研究会」

 4月23日(土曜日)は、午後1時から第5回目の「現代シルクロード研究会」があります。
会場は、小田急線狛江駅北口3分の「泉龍寺・仏教文庫」です。
狛江駅の北口を背中にして時計の針で11時の方向へまっすぐの突き当りです。

この研究会では、東大現役のシルクロード研究学徒の児玉丈爾さんから問題提起をしていただきます。
4月9日の「シルクロード講座」と同じ顔です。
児玉さんからのメモをご紹介します。

4月23日のテーマは、

「プレスター・ジョン伝説の裏側〜知られざる西遼帝国〜」


   西遼の耶律大石がセルジューク朝のスルターン・サンジャルを破ったカトワーン平原の戦い(1141年)を軸に、今まで史料の少なさからあまり注目されてこなかった西遼帝国と、チンギス・ハーン登場前夜の中央ユーラシア情勢について概略を論じていきます。
 
※日本シルクロード文化センターが14年12月からスタートさせた「現代シルクロード研究会」は、当初、クラブ内部の研究会として発足しました。
 設置した理由は“シルクロードをもっと研究したい”という熱心な声にこたえて設置したものです。
 もう一つの理由は、クラブ発足当時から提唱者の私とグリさんは“多くの人にシルクロードのロマンとともに、いま日本と世界の多くのところで教えられている、欧米の歴史観にもとづいた教科書から、真実の歴史をわかりやすく伝えていきたい”という思いがありました。
 
 しかし、スタートさせた「シルクロード講座」が好評なことと、それの維持・運営に力がそそがれていました。しかしやがて、“あちこちへ行って勉強することも大事だけれど、自力で学習する場を設けたい”という当初の念願を実現させたものです。
 
 いまはまだ、クラブ内部メンバーの問題提起で進めていますが、やがて外部の講師を招請するようになると思います。
 スタートさせたからには、より質の高い研究会をめざしたいと思っております。
 会員であると否とを問わず、みなさまのご参加を募ります。
 ほぼ3カ月に1回の研究会。
 資料代は会員であると否とを問わず、500円。
 お知らせはホームページとこのブログです。 

 野口信彦

 
| 日本シルクロード文化センターの活動 | 11:05 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE