シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< ベトナムの旅―44 ソロソロこの辺で | main | アレクサンドラ・ネールにびっくり!ー 私たちも、まだまだやれそうね。 >>
10日(土曜日)のシルクロード講座はおもしろそう

9月10日(土曜日)午後1時から第5回「シルクロード講座」があります。

 

2ヶ月ぶりのこの日の講師は、井出マヤさん。

私と同じ「パミール中央アジア研究会(パ中研)」の会員でもあります。

今回のテーマは「パリジェンヌのラサ旅行」。

勿論、左が井出マヤさんです。ブロンドの美しい髪ですね。

これはネットで得た写真ですが、神奈川県の聖光学園の

生徒たちとのツーリングのことが書いてありましたので、

おそらくそこの教員か職員との写真のようです。

 

お知らせのチラシのキャッチコピーを記載します。

 

「神秘の国」の文化に心ひかれ、美しいチベット高原に魅了されたパリジェンヌが貧しい托鉢の巡礼者に扮し、たった二人で鎖国下のチベットに潜入した。心躍る冒険物語を紹介します。
講師は日英会議通訳。通訳翻訳養成学校講師。中央アジアの仏教遺跡、近現代史、特に19世紀から20世紀初頭の中央アジア探険史に興味の中心があり、探検家の足跡を求めて、最近はほぼ毎年パミール高原を訪問。趣味は長距離の自転車ツーリング。

 

きっと、ご参加の皆さまの納得のいくすばらしいお話が待っています。

マヤさんは、お仕事にも触れていますように、日英会議の通訳やその関連の学校の講師をつとめています。

父上は、私の尊敬する山岳団体の元役員でした。

イランで開催された「アジア山岳連盟」の国際会議にご一緒したことがあります。

 

そのお父さんが、仕事でスイスに行った際、あちらで知り合ったお母さんが、帰国したお父さんを日本まで追いかけて来たという話を聞いたことがあります。押しかけ婚ですね。うらやましいくらいです。

マヤさんご自身は日本語も普通の日本人とほとんど変わりありません(発想はヨーロッパ的ですが・・・)。

 

また彼女は、自転車のツーリングの世界でも有名な方です。

パ中研の役員会の研修会を伊豆方面で行った際にも、自転車で参加しました。

ヨーロッパでも2000劼らいを走破することが、再三だそうです。

 

ネットにあった、あるコメントをコピーします。

マヤさんは自転車の分野の団体の創始者のようですが・・・

その分野の分からない単語も出てきます。

 

自転車人・井出マヤ

「自転車人」最新号、ロングライド特集ですね。
直距離サイクリストの装備を紹介するコーナーに出ている、井出マヤさん、という方。
見たことがあります。
富士山一周200kmのブルベに出たときに、私の自転車を車検していただいた方です。
そういえば、受付が始まってブルベカードを記入しているとき、だれかが(ヲレさんだったかな?)、あの人、AJで一番偉い人だよと教えてくれました。
井出さんって、AJの創始者だったんですね・・・
そんな凄い人に車検してもらったとは・・・
知っていれば、もっと気合入れて走ったのに(気合入れたところで、速く走れたわけではありませんが・・・)。

「自転車人」には、井出さんの娘さんの走行記もありました。
しかし、この「自転車人」最新号、他の記事も「距離感が壊れている」人たちのオンパレード。バイ○クルク○ブあたりは、せいぜい100kmをロングと表現しているのとは大違いです。

 

 

もう一つの特技は、酒好きというところです。

普段「とりあえずビールで」というところを、彼女だけは「私は日本酒で」となります。

だから私ともとても気が合います。

彼女が怒った顔を見たことがありません。いつもにこにこしています。

パリジェンヌのラサ旅行のお話とともに、それ以外の楽しい話がたくさん聞けること請け合いです。

 

どうぞ、あさっては狛江・小田急線の和泉多摩川駅近くの「みんな広場」へお越しください。

場所が分からない場合は、私の携帯まで。080−5483−6740 までお気がるに・・・

| シルクロード講座のお知らせ | 11:15 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE