シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 「シルクロード その悠久のロマンと歴史の真実」 | main | 1月のシルクロード講座では・・・・ >>
日本シルクロード文化センターの総会を開きました

 1月13日は台湾の霧社事件調査の旅から夜中に帰って来たばかりですが、翌日14日の土曜日、年1回の日本シルクロード文化センター総会を開きました。

 総会は委任状を含めて過半数で成立(一応、きちんとしているでしょ?)、提案されたすべての議題が賛成されて、新しい1年のスタートを切りました。

総会に出席した会員のみなさん

 

 討論では私たちのクラブの基本的な活動である「シルクロード講座」を、よりいっそう改善しつつ、「現代シルクロード研究会」の充実をはかるということになりました。

 ちなみに、きのう午後に開いた「シルクロード講座」はイランの舞姫であり、NHK国際放送のメンバーでもあるナヒード吉成さんでした。講座のあとの恒例の懇親会でも、出席者と楽しい懇談をしました。

年末に故郷イランに帰国してきたナヒードさんは、

土産話もたっぷり。

 

 そして、2月のシルクロード講座は、古代オリエント博物館長の月本昭男さんが講師です。題して「古代オリエントの魅力――『ギルガメシュ叙事詩をめぐって』――」です。ご期待ください。

 

 また、1月28日(土)に行なう「第8回現代シルクロード研究会」は、狛江駅前の泉龍寺・仏教文庫で行います。

テーマは「世界史の基礎を創ったモンゴルの歴史―2」としてお話します。講師は私・野口です。今年いっぱいはこのテーマで進める予定です。

左は、報告する周東三和子事務局長

 

 11月の年1回のイベントも、超有名な方のお話を計画しています。決まり次第発表いたします。その時には、シルクロード各民族の踊りや民族音楽もご披露する予定です。

 

 夏の恒例シルクロードツアーは、敦煌から車で4000メートルの山脈を横断してタクラマカン砂漠に入り、チャルクリクからミーラン遺跡へ行き、ホータンから汽車でカシュガルへ、トルファンで遺跡類を見てからウルムチへ行き、帰国するというコースを予定しています。

 旅のテーマは「シルクロードの真髄を極める旅」。

 まだいろいろ計画がありますが、それはその都度発表していきます。

 ご期待ください。

| 日本シルクロード文化センターの活動 | 10:23 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE