シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 「ヨーヨー・マと旅するシルクロード」試写会に行きました。 | main | シルクロードツアーの内容が決まりました >>
武蔵野市でシルクロード講演会をしました

 2月15日(水)。武蔵野市教育委員会と武蔵野老壮シニア市民講座の共催事業の「武蔵野市老壮シニア講座」で講演を行ないました。

 

 題して「シルクロードそのロマンと歴史の真実」

 以前にもこの欄でご紹介しましたが、昨年末、韓国の百済(くだら)・新羅(しらぎ)の遺跡が公開されて、そのツアーがあり参加した際、同行されたKさんという方がこの講座の運営メンバーで、そこから講演してほしいとの話が舞い込んだのです。

 会場は武蔵境駅前の「スイングホール」。定員180人の会場。

縦位置の写真を90度曲げることができません。

 

 

 私はそれまでのシルクロードの旅の総決算のつもりでたくさんの写真をご披露して、シルクロードのロマンをご紹介しつつ、世の中で知られていない「歴史の真実」をお話ししたいと思っていました

 その前に、1月の我が「シルクロード講座」には、イランのナヒードさんをお呼びしました。終わってから懇親会の会場へ行く途中、彼女にも出てもらおうと思いお願いしました。70過ぎのジジイが一人むさくるしく話しするだけでなく、美しい女性が舞台に立って彩を添えてもらうことも必要だと思ったのです。それだけでなく、その国の歴史や伝統、人びとの生きざまなどを紹介していただきたかったのです。

 

 そして最近、入会したマネージャーの吉田さんとうちの奥さんが同行。7月のシルクロードツアーのチラシ配布と、拙著3冊のサイン入り頒布やらをお願いしました。その前に、朝、ナヒードさんの家まで行って一緒に会場入りしました。吉田さんはそれまで勤務していた旅行会社を退職したばかりですので、わがクラブのツアー部門の後継者に考えているところです。

左がうちの奥さん、真ん中が吉田さん、右が私です。

まだ、講演前ですね。

 

 近年は、この種のイベントでは消防法の規定で定員以上入場させてはならないとのこと。市の共催ですからそれは厳しくて180人ピッタリで入場を締め切ってしまいました。満員です。無論、武蔵野市民が対象で入場は無料です。

 今までは“立錐の余地もない”という表現が当てはまっていたのですが、もう今では、“立錐の余地”がなければ消防法違反になるのですね。なかには私のウォーキング仲間が新宿区の住人にもかかわらず夫婦でちゃっかり座っており、家の奥さんの友人の歌手さんも三鷹からきて座っていました。

イス席180人分は全部座っています。

 

 お話しそのものは、私が経験・体験してきたものですから、たいして難しいものではなかったのですが、この20年近いシルクロードの旅を紹介する画像ですから写真の数は膨大なものになっていました。

 1週間ほど前に我が家で試写会をしました。私が準備したパワーポイントの300枚近い写真を家の奥さんに見てもらって、削っていい写真を言ってもらって映写枚数を削る作業をしたのです。230枚くらいに削りましたが、南米大陸が欠けていたと言って増やしたり、アフリカもなかったから・・・と増やしたり、個人的な写真は削ろうとか、試行錯誤しました。

 

 写真を準備した地域は、はじめに7月に行く西域南道各オアシスの写真、そこから西域北道へ行って北新疆、次にはシベリアのトゥバから始まってモンゴル、チベット、中央アジアから中東と予定していました。

最後の15分間はナヒードさんの時間でした。

 

 当日は案の定、時間が足りなくなってしまいました。最前列に座ってもらったカミさんとマネージャーさんが“時間がないよ”としきりにサインを送って来るのを無視していたのですが、ついにペルシアの民族衣装を着たナヒードさんが舞台にまで上がってきて「私の15分間の時間も無くなりますよ」と直談判に来ました。結局、北新疆の手前で強制終了でした。

 

 

 私の時間配分と計算のミスでした。しかし、運営側の方がたは「シルクロードのロマンをたっぷり味わせていただき・・・」とか言って下さいます。もちろん90%は社交辞令でしょうが、果たして・・・・

 

 持ち込んだ拙著は3種類のうち、やはり新疆シルクロードを書いた『シルクロードの光と影』(めこん刊、2007年、2500円。まさに10年前の今日、2月18日発刊でした)がダントツの20冊売れ、『シルクロード 10万年の歴史と21世紀』(本の泉社刊2009年1月刊1,800円)と『シルクロード万華鏡−それぞれのグレートジャーニー』編著(2012年5月、本の泉社刊、2381円+税)などはそれぞれ2〜3冊でした。

 

 今までこんな本を書いたことなど忘れていましたが、書店から取り寄せて10万円ものお金を払ったので、これからは売らなくちゃと思っています。皆さんもどうぞよろしくお願いします。

拙著4冊です。

 

 

 もう1冊『幻想のカイラス』は、すでに絶版になっています。拙宅にも2冊しかありません。出版社もなくなりました。1998年の刊行ですが、誰かが何冊かを持っていて、ネットオークションでは1万5千円になっていました。そんなことしないでもいいのにと思いますが・・・

 もう1冊くらい出版しているはずですが、どんな本だったか忘れました。

| シルクロード | 10:36 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE