シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< ウイグル人の生活習慣及び風俗・伝統あれこれ ―13 | main | ウイグル人の生活習慣及び風俗・伝統あれこれ ―15 >>
ウイグル人の生活習慣及び風俗・伝統あれこれ ―14−割礼

 割礼(かつれい)のお祝い

 

 「割礼のお祝い」(sunnat toy=スンナットイ)は、男の子が5〜7歳になったとき、多くは冬と春に実施する。ペニスの先端を「割く」儀式のことである。

この日の花形はたくさんいたが、この女性も花形の1人であった。

 

 この割礼のお祝いは、ある地方では「khatna toy=カトナットイ」ともいう。「sunnat」は預言者ムハンマドによって行うよう命じられた行ないのうちの一つであり、ムスリムとしての指標となっている。したがって、この習慣はイスラームを信仰するすべての人びとに共通のものである。


 この祝い事には、親戚、近所の人たち、友人たちが招待されて客となる。

 まず、割礼(sunnat)を施される子どものために新しい布団が準備される。子どもには真新しい衣服を着せ、赤い繻子で作られた帯で結ばれるかあるいは胸に花をつける。客人へのもてなしの最後に割礼が始まる。ある地方ではまず割礼を行い、お祝いの宴はその後に催される。あるいは祝い事を催したのち、適当な時期に割礼が行われるなど、地方によって異なる場合が多い。割礼の前、子どもには沐浴をさせる「大津(漢語でダーシン)」、「小津(シャオシン)」をさせる。割礼執行人(sunnatchi=スンナッチ)と子どものおじたちは、子どもの心を落ち着かせるために何かを話す。割礼のとき、おじかあるいはその子どもの近親者が子どもを抱える。

果たしてこの子が割礼を受ける子なのか、最後まで分からなかった。


 割礼が行われた後に切られた部分から血が出ないように、火を通した綿布で切った所を押さえておく。子どもがひどく泣いて血が出ないようにと、子どもの口に卵を詰めておく。その場にいる人びとは、子どもを祝福し、子どもにお金を握らせる。割礼執行人の手さばきが軽やかな場合、子どもは1週間で立ち上がる。

劇団の大先輩のOGのうた

 

 ある男の子は、生まれたときにはもうすでに割礼を施したような形状で生まれてくる。このような子どもには割礼は行わない。別のあるムスリムの国々においては、現在も男の子が生まれたとき、へその緒を切るときに割礼を終えてしまうことがある。大きくなるのを待ってはいない。このようにウイグル人社会では、「結婚のお祝い」、「ゆりかごのお祝い」、「割礼のお祝い」あるいは「chach qoshaq toy=結婚を誓う言葉」というような意味のものまで含めた祝いの式がある。これらの祝賀の式にはさまざまな様式やしきたりがある。これらには、ウイグル人たちが自ら信仰してきた種々の宗教教義がとりいれられている。

| シルクロードの光と影 | 08:53 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE