シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< ウイグル人の生活習慣及び風俗・伝統あれこれ ―16 | main | ウイグル人の生活習慣及び風俗・伝統あれこれ ―18 日本語を勉強して、日本へ行こう! >>
ウイグル人の生活習慣及び風俗・伝統あれこれ ―17

ウイグルの葬式

このモスクは、私が定宿としていたホテルの眼の前。

新疆芸術劇団の近く、新華書店の近くにあるタタールの

モスク。ちょうどここで葬儀があった。

 

 

ウイグル人の葬式には、かつては鳥葬や火葬などがあったが、イスラーム化されてからは土葬となった。

西域南道のどこかの道筋で出会った葬列。どこだか忘れた。

 

家族が病院や仕事場で亡くなったら、まず遺体を自宅へ運ぶ。夜中に亡くなった場合では、翌日の朝まで遺体を見守る。それからモスクに朝の礼拝にきた人たちは、亡くなった人の家へ行く。亡くなった人が女性の場合では、4人の女性がまず沐浴した上で、顔にマスクをかけて遺体を沐浴させる。男性の場合では、4人の男性が遺体を沐浴させる。沐浴された遺体は白い布で覆われ、遺体の顔を家族や親戚に見せる。家庭によっては沐浴された遺体に香水や香りのよい木の葉をかけることがある。

どこかのオアシスでのお墓

同所

これもどこかの街の葬儀の模様

 

 

地方によっては、亡くなった人のために行われるNezir(ナズル)の日にちが違う。人が亡くなった日を含めて3日目、4日目、トルファン地域では5日目、ウルムチでは7日目となっている。それから40日目、1年目、2年目、3年目とNezirを行なうことがある。

これはホータンのお墓。だが、この旗はチベット仏教のタルチョーではないか!

ホータンは新疆では最も早く仏教が興隆した地。仏教も何にも知らないでいるのか、

はたまた・・・・

同所

 

日本にも少なからぬイスラーム教徒がいるが、ある人が、不幸にして日本の地でなくなって、地元自治体の理解不足で火葬許可書を出して焼かれてしまったことがあって、大問題になった。あるいは子どもが日本人の学校に入学して、給食に出された豚肉を食べてしまって、これまた大問題になったこともある。日本にとって、まだまだイスラームは遠い世界のことなのであろうか。

同所の墓穴。だいぶ誤解されている向きもあるが、遺体は、頭をメッカに

向かせるのではない。墓穴に入れてから顔をメッカに向けて寝かせるのである。

 

墓守の女性だが、彼女は数珠を持っていた。

私は、数珠は仏教だけかと思っていた。

 

2017年の昨今、成田空港ではやっとハラームの食事が出るようになったが・・・

| シルクロードの光と影 | 09:21 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE