シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< ウイグル人の生活習慣及び風俗・伝統あれこれ ―33 音楽の都クチャ | main | ウイグル―35 クチャ >>
ウイグル人の生活習慣及び風俗・伝統あれこれ ―34  十二ムカーム

十二ムカーム

ウイグル各地では、この絵がもっともポピュラーになっている。

 

200年程前のウイグルの詩人メシュレプは多くの詩を残した。豊作の歌は、それ以前から歌い踊られてきたが、メシュレプの詩が登場すると、ほとんど、彼の詩で歌い踊るようになった。以来、豊作の歌は、詩人の名をとって「メシュレプ」と呼ばれるようになった。

 

    情の秘密なら聞くがよい
   別離に悩む恋人たちに
   享楽の術なら聞くがよい
   幸運をつかんだ人たちに
   金持ちや、お偉い方などに
   孤独の味など分かりはしない
   ああ、流浪者こそが
   貧しさの苦労を知っている
   友よ、このナワイーは
   愛の砂漠に生きている
   ナワイーに会いたければ聞くがよい
   愛の砂漠からやって来た旅人たちに

 

今でも、ウイグル十二ムカームは、バザールや豊年祭り、結婚式など、ウイグル族の生活の折り目、節目で歌われている。まさに音楽の母であった。だが、この14〜15世紀から歌い継がれてきたウイグル十二ムカームの中に、もはや、かつての亀茲音楽を探すことは困難である。

 

      「婚礼の歌」

    右側に花ひとつ            
    左側に花ひとつ            
    二つの花の真中に          
    ひばりが喜び言祝ぐ          
    村中が喜びにあふれ         
    人びとは心楽しく
    今日は花嫁を迎える日だ
    さあ 大声で歌おう 婚礼の歌を

 

   人びとは歌い、また踊る

   婚礼のメシュレプは楽しみの海だ

   ダップを叩け

   ラワールの絃を爪弾け

   心をかき鳴らすように

 

古代の亀茲音楽に使われた楽器は既にこのオアシスには存在していない。しかし、クチャ人の歌と踊りに寄せる愛着は、昔も今も変わっていないだろう。

ツアーでいくシルクロードの旅は、プロカメラマンにとっては行きたくないそうだ。

プロの息子(野口克也)が、ブーブー言いながら撮影した一枚の写真です。

 

 

宇宙を舞うクチャの飛天

これは日本の法界寺の飛天(インターネットから)

                 

西暦627年、玄奘三蔵がクチャを訪れた時には伽藍が100、僧侶が5000人あまりいたと記されている。亀茲国は7世紀に唐に破れて滅亡し、9世紀末にかけてはウイグル人たちがこの地域で勢力を伸ばし始め、10世紀すぎからはイスラーム化が始まった。

 

ある文献では、クチャにある仏教石窟は総計570あまり、代表的な石窟は亀茲石窟にある第236石窟がある。クチャ石窟の創作時期は初期(3世紀末〜4世紀初)、発展期(4世紀中〜5世紀末)、繁栄期(6世紀〜7世紀)、衰落期(8世紀〜9世紀)と4つの時代に分かて研究する人もいると書かれている。

これも日本の、薬師寺東塔水煙(模型)

これもインターネットからです。

クチャは、撮影は全面禁止ですので実写はありません。

 

クチャ周辺のキジル、クム・トゥーラ、キリシュ、シムシン、スバシなどの寺院跡では、20世紀初頭に発掘調査を行なったドイツのル・コックやグリュンヴェーデルその他の探検隊によって「最も西域的な」といわれる石窟美術・壁画が数多く採取され、持ち出されている、実質上の略奪である。4世紀頃から大乗仏教とともに盛んになった西域的な仏教美術・飛天図が色鮮やかな色で描かれ、西域が生んだ文化財産として今日まで残されている。

 

 

追記

 

私は明日から、所用があって沖縄へ行ってきます。

今週末には帰ってきますが、その間はブログはお休みします。

よろしくお願いします。

野口

 

 

 

| シルクロードの光と影 | 09:50 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE