シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< ウイグル―35 クチャ | main | ウイグル人の生活習慣及び風俗・伝統あれこれ ―36 クチャのクズルガハ烽火台の伝説 >>
ウイグル人の生活習慣及び風俗・伝統あれこれ―36 クチャ

 母なる河・クチャ河の水源に位置するこの亀茲国の故城を、土地の人々はスバシ故城と呼んでいる。河を挟んで東西に夥しい数の仏塔、礼拝堂、千仏洞がひしめき合っていた。範囲は7000平方メートルに及び、西域最大の仏教遺跡であったろう。玄奘は、「昭怙釐(しょうこり)伽藍は街の北40余里」と記している。クチャの人々の死活を左右する、母なる河の水源にある寺院は、当時の善男善女にとって、いっそうありがたいものに映ったであろう。
 「僧徒は、持戒甚だ清く、まことによく精励している」。玄奘はこの伽藍の僧侶たちの熱心な修行ぶりを讃えている。


    月の如く、日の如く
    大いなる慈悲の仏陀よ
    クチャ河に、永遠の水の流れを 
    豊かな実りを与え給え

 

沙漠に生きる人々の祈りが、この壮大な寺院いっぱいに響いていたであろう。

クチャの街からマイクロバスでスバシ故城に向かった。遺跡の間を流れているスバシ河の河床は大きく荒々しい。かつて、この河の川幅はもっと狭かったはずで、それが遺跡を削って、今見るような幅の広い川になった。スバシ河は、この遺跡を外れたところで、クチャ河と名を改めて3本の流れに分かれる。いずれもクチャ河である。

 

きのう掲載したこの写真は、きょう掲載すべきものでした


 遺跡には仏塔、寺院、住居地区の跡が、塹壕のようにちらばっている。礼拝堂、小会議室、城壁。

小会議室には木の柱の跡が見えており、木材の一部も残っている。城址は日干し煉瓦、石の層、日干し

( かわら ) 、石の層と四層になっていて、日干し磚の底にはワラが入っている。
 龕(ガン:仏像を安置する場所)の跡がある。上部が欠けているが、龕といわれてみると龕である。

※2017年の現在、この上には入れなくなっている。当然であろう。脆い土くれが砕け落ちていたのだから・・・・

 

 最近発見されたという寺院跡のかなり急な階段を登ってゆくと、頂きに近いところに墓室があった。墓室といっても前室らしく、壁ひとつ隔てたその向こうに、死者は今もなお眠っているはずであった。誰が眠っているのであろうか。とまれ、夜毎、月光はこの高所の隅から隅まで照らすだろう。そう思った時程、歴史というものが、悠遠などといったものと無関係に、ただひたすら淋しいものに思われることもなかった。
 

 仏塔跡に上る。上部の壁の中に木材が顔を出し、壁画が少し残っている。最近の発掘で出てきたという階段もある。その階段を上って行き、上り詰めるとその下に墓室があるのが見られた。高所に立って俯瞰する。大天山を背景にした雄大な遺跡である。この仏塔跡を外から見ると、まるで象の頭部のように見える。なぜ、ここに象が登場するのだろうか。おそらくインドからの影響であろう。


 この、魏・晋時代に繁栄した大仏教寺院は、唐末あたりから衰えてゆくが、いついかなる時に廃墟になったかはわからない。スバシ故城がこれだけ残っているのは、全く風と砂のお陰だといえる。風が運んできた砂でこの遺跡は埋まり、護られてきたのである。
 

| シルクロードの光と影 | 11:06 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE