シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< ウイグル人の生活習慣及び風俗・伝統あれこれ―36 クチャ | main | ウイグル人の生活習慣及び風俗・伝統あれこれ ―37  トルファン・ハミ地域の歴史 >>
ウイグル人の生活習慣及び風俗・伝統あれこれ ―36 クチャのクズルガハ烽火台の伝説

 クズルガハ烽火台のサソリに噛まれた姫君

 

 クチャの街から西へ、カシュガルへ向かう幹線道路を行く。古代クチャ王国の宮城・亀茲故城を過ぎ、最先端のクチャ河を渡ると、車は幹線道路を離れ、一路北西へ向かう。ポプラ並木がうっそうと茂り、緑陰の下にできたトンネルのような道を進む。その木の間から、ウイグル族の家屋の鮮やかな白壁が見え隠れする。車で15分、街の中心から4〜5キロ走ったあたりで、オアシスの緑がなくなる。北は荒涼としたチョルタク山麓の丘陵地帯が連なり、南はタクラマカン沙漠に向けて渺々(びょうびょう)たるゴビがひろがる。誤解を受けないようにお話しておきたいが、ここでいう「ゴビ」とは、特定の砂漠の名前ではなく「砂礫(されき=小石や「つぶて」などのこと)沙漠」のことをいう。


 街から北西10キロ、ひときわ高い丘陵の上に、「クズルガハ土塔」と呼ばれる漢代の最西端の烽火台がある。


 漢の西域経営にとって、往事の亀茲国は最重要地域であった。前漢は鳥塁に西域都護府を置いたが、そこから亀茲国へ向けて、4、5キロの間隔で、烽火台が建設されたと言われる。このクズルガハ土塔は、土をつき固めてつくられており、高さ18メートルはあろう。北は天山に根拠をおいている匈奴を睨み、東はクチャのオアシスを見下ろす烽火台は、敵の襲来を知り警報を発する台としては、絶好の位置にある。地元にはこの土塔をめぐって、1つの伝説が残されている。

これが、クズルガハ烽火台 です


 むかし、クチャの国王には非常に美しい娘がいた。ある日、西方から来た1人の占い師に娘の将来を見てもらったところ、彼女には100日の災いがかかっていて、サソリに刺されて死ぬであろう、ということであった。そこで国王は、街から10キロも離れたクズルガハのこの地に塔のある宮殿を造り、姫をかくまった。毎日のように食事を運び99日が過ぎた。そして最後の日のことである。いつものように食事を届けさせたが、その日は、果物籠に娘の好きなりんごも入れた。ところが、その籠の中に1匹のサソリが潜んでいたのである。そうとも知らずに、りんごを取ろうとした姫は、サソリに刺され一命を落とす。嘆き悲しんだ国王は、土塔の下に身を投げ出し、「娘よ、とどまれ」と叫んだ。

 

伝説はクズルガハ土塔の名の由来を説明しており、沙漠の民にふさわしい言い伝えではあるが、この土塔は間違いなく漢代に造られた烽火台であって、娘をかくまうために建設されたものではない。漢代の烽火台は、チョルタク山系を南北に割って走る塩水渓谷の岩壁の上に建てられていた。塩水渓谷はその名の通り、川底が一面真っ白い塩分で覆われている。夏の増水期を除いて渓谷にほとんど水はない。河床の乾燥により、塩分が結晶して表出しているのであろう。

 

 そしてその後、中央アジア各地を歩くと、クルグズでも、タジキスタンでもどこでも同じような姫君伝説があることが分かった。美しい姫君がサソリに刺されて死ぬのだから、伝説にとってはこれほどおいしいはなしはない。そんなことをいってしまっては、身もふたもロマンもないが・・・・


 河岸はチョルタク山系の最深部にかけて、川底がそのまま隆起したような奇岩の連続である。その河床の真中を、ウルムチとカシュガルを結ぶ幹線道路ができる前の古い道が走っている

チョルタク山系の塩水渓谷


 塩水渓谷から500
メートル程入ったところに、クズルガハ千仏洞があった。クズルガハとは「赤い岩」というような意味である。南北に走る丘陵の東西の壁面に石窟の入口が開いており、現在46
の通し番号が記入されている。比較的保存のよいものが38窟ある。しかし、壁画が残っているものは、わずか11窟に過ぎない。最も古い窟の造営期は、3世紀から4世紀にかけてである。石窟には礼拝のためのチャイティーヤ窟と、僧侶の修行と生活の場のビィハーラ窟があるが、クズルガハ千仏洞の場合は、チャイティーヤ窟が多い。

| シルクロードの光と影 | 09:36 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE