シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< ウイグル人の生活習慣及び風俗・伝統あれこれ ―37  トルファン・ハミ地域の歴史 | main | 第9回 現代シルクロード研究会のお知らせ >>
神の恵み・カレーズ(地下水路)―38

 神の恵み・カレーズ(地下水路)

 

 トルファン・ハミには他の地域には見られない数千年の歴史を持つカレーズ(地下水路)がある。天山山脈の雪解け水をオアシスに導く渠であり、穀物、葡萄、綿花など多様な収穫を得る地下水源である。

カレーズの展示場所だが、中には実際のカレーズが流れている

 

 トルファンのカレーズ(地下水路)は、その昔、ペルシアに5000年ほど前から存在したといわれている。次第に西の北アフリカ、イベリア半島から西のトルキスタン(現在の中央アジア)にまで及び、東トルキスタン(西域、現在の新疆地域)にも達した。現在はトルファンからハミにまで及んでおり、両地域での総延長距離は5000km以上になるといわれている。5000kmを越えるといわれているので、ほぼ同じ距離である万里の長城と比べて、「地下の万里の長城」とも呼ばれている。近年はあまり掘られておらず、しかも地球温暖化の影響を受けて崩壊が進んでいるのが現状である。

これは展示用の人形だが、このようにして縦穴を掘り下げて

カレーズをつくる、というもの

こうやって下がっていって、横に掘り進める。

落ちてくる土砂をカレーズの外へだす作業もする

 

 カレーズは天山山脈の豊富な水を得るために、トルファン、ハミの人びとに伝えられた天からの恵みであろう。そのカレーズを造るには、2〜30mおきくらいに縦穴を掘り、縦穴を次々と掘り進め、水が流れる方向に傾斜を少しずつ下げながら横穴を掘り下っていく。その長さは数キロから100kmにも及ぶ長いものまである。トルファンやハミの人々にとっては、このカレーズがなければ生きていけなかったが、最近ではカレーズを掘らなくなったので、井戸から電機でくみ上げるようになって来た。当然、費用はかさんでくる。毎年カレーズを維持するために掘り返さなければならないのだが、今ではそのような危険を伴う仕事をする人が少なくなっているからである。

これがホンモノのカレーズです

 

 新中国以前、中国は半封建半植民地の状態にあり、小作農民は地主・富農の収奪に苦しめられていたが、トルファン・ハミ地域では、地主ならぬ「水主」がいたのである。現在は無論、水主は国有になっており、農民はそこから水を買っている。現在の国有のカレーズでは、農地や生活者のところまで水を各地に供給するために、蒸発を最小限に食い止め、安定的に供給することが最大の仕事となっている。

2011年、カレーズの展示場所にあった、騎馬遊牧民「高車」に関して、

「高車は我々ウイグル人の祖先である」と書かれている。

ラグ麺の店で麺を討つ店の人

| コメント | 06:57 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE