シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 我々はなぜ、シルクロードの旅行を中止したのかー1 | main | 敦煌から河西回廊を経て青海と長安へ >>
怒涛の3週間!

 シルクロード・ツアーの中止を決めたものの、何人かからは“シルクロードならば、どこでもいいですから、どこかへ案内してほしい”と言われました。それはそうです、私もそれはすぐに考えていました。私に関しては新疆には50回近く行っていますし、ほとんどのところへ行っています。だいいち今回のあとでは新疆のどこへも行かれません。で、あれば、河西回廊か敦煌(敦煌も河西回廊ですが・・・)あるいはモンゴルへと考えるしかありません。

 

 

 

 チベット青海省(もともと青海は清朝の頃には全土がチベット領でした)の西寧市に住む通称“のこちゃん”にメールしました。「敦煌から河西回廊を通って青海湖へ。最後は長安の都のルートを検討して」と。2〜3日ですぐに返事が来ました。なぜなら、そこは私たち3人とガイドののこちゃんたちとで5年前に行ったからです。

敦煌郊外の鳴沙山

敦煌莫高窟の蔵経洞で文書・経典などを調査するポール・ペリオ(30歳)。

陽関で

天水郊外の麦積山石窟

 

 上海から敦煌の直接行って莫高窟をみる。次は私も初めてなのですが、林窟。そこから河西回廊を東に向けて走り、嘉峪関、馬蹄寺、もう一つのウイグル・裕固族にも会い、蘭州から炳霊寺石窟、天水からは麦積山石窟へ。さらに青海省へ入って西寧のタール寺、西寧から往復で300劼寮蝶じ弌∈埜紊歪弘造療圓愼って兵馬俑・大雁塔や古代博物館など。かなり盛りだくさんですが、この11日間の個人旅行に行きます。

青海湖は海軍の魚雷訓練基地にもなっている

西寧市郊外のタール寺

西安の大雁塔

 

 こう書くと、何ごともなく時が過ぎゆきたとお思いでしょうが、とんでもありません。キャンセルの文書作成・通知、申込金の返金、新しい企画の検討、日程の調整、見積もりの再検討(費用をまけさせる交渉のこと)、国際便の発注、そこの社員(西遊旅行でしたが)との一日10回程度のやり取り、参加希望者だった方々への今度の企画の参加の可否の問い合わせ、航空便の立て替え払いなど。おかげさまで年間の予定が8月上旬からと決まっている方を除いては全員が参加することになりました。

 

 次には今週10日に迫った「シルクロード講座」でテーマを少し変えて、今度行くコースのパワーポイントの作成、レジュメの作成など、嵐のような3週間でした。

長安の都の西門。ここから、いつ帰れるとも分からない西域=シルクロード=での兵役に就くものが別れを惜しんで出ていった。

 

 それに加えて、わたしはシルクロードとは全く別のスポーツ分野の全国的な交流組織の事務局長の仕事も担当しているため、そちらの仕事も風雲急を告げる出来事が起こっています。全国各地から毎日のように問い合わせが来て送受信しています。発信するニュースも担当者に原稿を送って1日おきにメールニュースを発信しています。新聞からの取材もあります。それらに一つ一つ丁寧に応えなければなりません。丁寧といえば、卓球でも中国の世界チャンピオンの「丁寧」選手がいますが、日本の中高生選手が大活躍。目が離せません。

 

 毎日・毎日、嵐のような毎日が続いています。嵐と嵐がミックスして「怒涛の3週間」でした。この3日間はシルクロード講座のパワーポイントの作成に没頭していました。予定の100枚の写真が200枚近くになっていて、これからその写真の削除作業です。そして今日は午後に家を出て、帰りはおそらく11時でしょう。この毎日が刺激的で楽しいんですね。

 

 もう一つ心配事があります。新疆へ行かないことにしたから安心なんでしょうか?そんな甘いことを言っていられないと思います。甘粛省でも中国政府のやることは同じなのででしょう。私が上海で“入国禁止”になるかどうかわかりません。このブログも彼らは見ているでしょうから・・・

ホータンの繁華街でも特警のバスや自動小銃を持った兵士が引き金に指をかけて「警戒」しています。

| シルクロード | 10:17 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE