シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 偉大なるかな白鵬関 | main | 「モンゴル帝国を継承したロシア」−1 >>
偉大なるかな白鵬関ー2

白鵬の記録がなった時、不覚にも嗚咽が漏れそうになり、涙が浮かんできました。

 

白鵬の偉大さは、まだまだあります。私は、新聞やテレビがあまり触れないことに触れたいと思います。

まず、特筆すべき「偉大」さは、負け数が極端に少ないことです。白鵬は1847勝で219敗、休場は58。これに比べて魁皇は、700敗、千代の海は437敗になっています。これを見るだけでも、白鵬はいかに負けた相撲が少ないかが分かります。強い相撲取りは「負けない相撲をとる」ということなんですね。

白鴎(右)は押し倒しで高安をくだし、歴代単独トップに立った。

 

それから最近になって急に取りざたされるようになったことは、白鵬の日本国籍取得問題です。

 

白鵬が「一人横綱」で孤軍奮闘、大相撲界を支えてきました。あるいは7年前の野球賭博問題でも、翌年の八百長問題でも、「一人横綱」として協会を支えてきました。そのことは万人が知っています。

東日本大地震の際でも、力士協会の会長として、全関取から1人毎月1万円の募金を訴えて10年間送り続けたことを私は知っています。

最多勝記録を更新し、花道でガッツポーズをする白鵬=21日午後 名古屋市の愛知県体育館で、戸村昇撮影

上の写真とも朝日新聞からとりました。

 

 

わたしも震災後、銀行からもらった「500円硬貨を50枚収納できる貯金箱」に貯金をし続けて数年。3ヶ月で5万円貯金できたとして、1年に20万円。5年間で100万円!自分でも驚きますが、送り続けています。

 

目安で、20回以上の優勝を遂げれば「一代親方」として、生涯、しこ名を残すこともできます。それにもかかわらず、日本相撲協会は“規約”をタテにとって白鵬の一代横綱を認めませんでした。理由は、彼がモンゴル国籍だからです。この大相撲を支えてきた中でモンゴル国籍の関取はかなりいます。白鵬だけが国籍が違うという理由があるのであれば、規則を変えればいいのです。グローバル時代のこんにち、「国籍」の違いで何かを認めないなどは、子どものやることです。

 

彼が国籍変更をしなかった理由は(私の推測ですが)、彼のお父さんがモンゴル相撲(ブフ)の横綱であり、68年、メキシコ五輪のロスアンゼルス五輪で銀メダルを獲得した、モンゴルの英雄だったからです。私もモンゴルでお会いしたことのあるそのお父さんが国籍変更に反対だったようです。朝日新聞では、はじめて国籍を変更したのは元関脇の旭天鵬で、母国で家族が非難を浴びたということも原因になっているようです。

後列の左から2人目が白鵬のお父さんです。私の席のすぐ後ろでした。

そうそう、モンゴルの首都ウランバートルのモンゴル相撲(ブフ)競技場です。

そのとき、3〜4人隣が首相でした。この2枚の写真は2010年10月29日。

ウランバートル市発足371年記念のブフ大会でした(筆者撮影)。

 

 

その英雄であったお父さんも、迫りくる老いのなかで、認知症を患っているとのうわさも聞こえてきます。白鵬にまだまだ待ち受けている苦難の道のりの一過程で起きた今回の最多勝利記録。讃えても讃えても讃えきれないその労苦に報いることが協会の仕事ではないでしょうか。

 

まだ追うことのできる記録があります。それは、北の湖が持つ横綱在位場所の最多記録、幕内勝ち星は歴代最多の954ですから、あと3場所で達成することができるでしょう。さらに、双葉山の69連勝の壁を突破する仕事も待っています。まだ32歳。これからです。

| 大相撲を論ず | 10:56 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE