シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 偉大なるかな白鵬関ー2 | main | 現代シルクロード研究会の報告―2 >>
「モンゴル帝国を継承したロシア」−1

 現代シルクロード研究会の例会を報告しましょう

170727  野口 信彦

 7月22日に開いた研究会のテーマは、「モンゴル帝国を継承したロシア」でした。みなさんは、このような言葉を普通、聞いたことはないでしょう。中学・高校・大学の教科書にはない、ことだからです。少し長い文章ですが、お読みください。

 

 第二次大戦に連合軍の一員として勝利したソ連は、白人社会なかんずくこと欧米先進国の一員であろうとしています。ですから、“あの野蛮極まりないモンゴルの従属下にいた”などと歴史の真実は、誰にも知られたくなかった話です。ソ連の支配下にあったモンゴル共和国(現在のモンゴル国)では、チンギス・ハーンはご法度、歴史の教科書にも載せることができませんでしたし、銅像も建てられなかったのです。

 

 コトの発端はモンゴルのヨーロッパ遠征でした。

 

 1236年頃になって、ヨーロッパ遠征のモンゴル軍がヴォルガ河中流のブルガル人の国を征服します。1237年、遊牧騎馬民のキプチャクを討ち、ルーシの都市リャザンを包囲して、7日間で攻略しました。1238年2月、ウラディミール市を攻略したのち、数部隊に分かれてウラディミール・スズダリ地方を破壊、ノヴゴロドに向かう。しかし、ノヴゴロドを攻める前に南に転じ、秋にカフカスに攻め入る。キプチャク人の首領クタンは、4万家族を率いてハンガリーに避難する。

モンゴル帝国皇帝オゴデイ

 

 1240年、300年の間ルーシの首都だったキエフがモンゴル軍の前に陥落。ブルガル地方とルーシで殺したすべての男子の右耳を切り取ることが命じられ、27万の耳を得たといいます。1241年4月 5部隊3万のポーランド・チュートン騎士団連合軍がレグニッツア近郊のワールシュタット平原でモンゴル軍に敗れる。切られた右耳は大きな袋9個が一杯になったといいます。1242年3月 前年末のオゴディ・ハーンの他界の知らせが届き、帰還命令が出てモンゴル軍は引き揚げるが、総大将バトゥはヴォルガ河畔を本拠地とし、ルーシの地を支配し続けました。

『ワールシュタットの戦い』

 

 

 このような遠征行ののち、モンゴルが破竹の勢いでスラヴ地帯、東ヨーロッパを席巻して今のロシの地帯に入り込み、モンゴルのルーシ(ロシア)支配が完結したのです。

 

 当時の北及び東ヨーロッパでは、モスクワ大公がルーシ諸国の中ではもっともモンゴルに従順で、徴税や徴兵の走り使いを率先して優位な立場になっていきました。いわく、イヴァン(イワン)一世がモンゴルからモスクワ大公の位をさずかりました。1328年のことです。

図は1241年のレグニツァの戦い

 

 その後、紆余曲折があって、ロシア帝国はモンゴル帝国の継承国家として出発しました。ですから、モスクワの貴族たちにはタタール出身者が多かったのです。

 

 その後、14〜17世紀、モスクワは好条件を出してジョチ・ウルスの子孫の王族や貴族をモスクワへ移住することを勧誘、多くのタタール人がロシアに移住し、キリスト教徒に改宗していきました。

| 現代シルクロード研究会 | 10:59 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE