シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 「モンゴル帝国を継承したロシア」−1 | main | 今週末から河西回廊の旅に出ます >>
現代シルクロード研究会の報告―2

 その後、紆余曲折があって、ロシア帝国はモンゴル帝国の継承国家として出発しました。ですから、モスクワの貴族たちにはタタール出身者が多かったのです。

13世紀初頭のモンゴル周辺地図

 

 

 その後、14〜17世紀、モスクワは好条件を出してジョチ・ウルスの子孫の王族や貴族をモスクワへ移住することを勧誘、多くのタタール人がロシアに移住し、キリスト教徒に改宗していきました。

 1581年、ドン・コサックのイェルマクがシビルのクチュム・ハーンの支配する町イスケル(シビル)を占領。この年にロシアのシベリア支配が始まったとロシア史ではいいます。

モンゴルの騎馬兵

 

 シベリアの語源となった「シビル」は、漢文資料に登場する遊牧騎馬民の名前「鮮卑」です。

 

 1584年 イェルマク自身は、クチュム・ハーンの反撃を受けてイルティシュ河畔で戦死してしまいます。1598年、クチュム・ハーンはコサックとタタールの混成軍に敗れ、草原に逃げたのですが、結局、ジョチ家の別の子孫であるノガイ族に殺されました。ロシアのツアーリ、ボリス・ゴドゥノフは、捕虜となったクチュムの子らを、皇子(ツアーレヴィチ)と尊称し、優遇したといいます。

出陣へ(ムィコーラ・プィモネーンコ、1902年)

 

 コサック(ポーランド語由来の英語、ロシア語でカザーク)は、ロシア史の定説ではウクライナの逃亡農民といわれていますが、アタマン(トルコ語で百人隊長)と呼ぶ首領を選出し、自立的軍事共同体を形成して、荒野で人馬一体の生活をしていました。

ドニプロ川の河岸でのコサックの見張番。

 

 語源はトルコ語のカザフと同じで「自分の部族から分離して自由行動をとった人びと、冒険者の生活を営むに至った集団」(ロシア正教が言っている)です。黄金のオルドが分裂したあと、ジョチ家の支配から離れてロシア正教徒になった遊牧民集団がコサックの起源であろうといわれています。

コサックのピラミッド。ウクライナ・コサックに遡る騎馬術。

 

一方、カザフ民族は、ウズベク族から分かれた集団です。

 

 コサックは、モンゴル帝国の後裔の遊牧騎馬民と正面衝突しないように、彼らの本拠地の草原からはるか北方の河川沿いに東方へと進んだ。このあと各拠点に建てた砦(オストログ)が町に発展、それぞれの町から南下する。シベリアの森林地帯は人口が少なく征服が容易だったが、草原のジョチ家の後裔の諸国の征服が完了したのは1860〜70年代でした。

コサック・ママーイ。コサックの理想像。

登録コサックの連隊長(18世紀)。

遊び中のコサック(ティモフィイ・カルィーンシクィイ、1786年)。

 

きのうと今日の写真・図版は、いずれもウィキペディアから拝借しました。

 

| モンゴル関連 | 10:15 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE