シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 今週末から河西回廊の旅に出ます | main | システム化された敦煌 >>
今週末から河西回廊の旅に出ます―2

 4日目はいよいよ今回の旅の目玉でもある炳霊寺石窟へ。河をせき止めて造った人造湖で、モーターボートで2時間近くも突っ走ります。その翌日は天水市の麦積山石窟へ。麦を積み上げたような恰好をしているとのことなのですが、私には全然そのようには見えません。

炳霊寺石窟へはこの人造湖を2時間近く突っ走ります

回廊にこのような仏像が無数に並んでいます。

ここまでの写真は、炳霊寺石窟

 

眼もくらむような高さにある麦積山石窟

ここまでの写真は私の撮影ですが、麦積山石窟です。

 

 翌日は青海省の西寧市へ。「のこちゃん」の家族はこの街に住んでいます。翌日は青海湖観光。そして、医学博物館などを観光して翌日、西安市へ。

中国の地図で、赤いところが青海省です。ここは清朝時代、すべてが

チベットの国でした(インターネットから)。

青海湖

ここの2枚は私の撮影です

 

 西寧では観光の目玉がタール寺なのですが、今年になってから、ここは駐車場から数キロも離れた所に設置されて、歩いて小一時間もかかるようになったとのこと。どこかの誰かからどこかの誰かへの袖の下が通って、どこかの官庁がこの理不尽なことを認めたようです。連日の旅の最終コースに近いので、おそらく疲労も蓄積していることだと思い、ここはキャンセルをせざる得なくなりました。

ここは西寧市の医学博物館

西寧市のここはチベットのアムド地区。五体投地の巡礼者も多くいます。

目標はタール寺。

 

 

 西安では、兵馬俑、大雁塔、陝西省古代博物館、長安旧城(西門)へ。

旧長安の城壁。ここから西のシルクロードへ旅立って行きました。

上の写真の城壁から見た西安市内。この道がず〜〜〜っと西へ続いています。

兵馬俑

 

 ここでも陝西省古代博物館が休館日とのことで別の博物館になりました。

 

 今回の旅の仲間には84歳の方がいます。拙宅のすぐ後ろに住んでいますが、毎日歩いたり階段を上り下りしたりのトレーニングを積んでいます。

 

 兵庫県からの常連の人、彼女は大阪の大学を定年退職したので、晴れて自費で行くことになりました。

彼女は大阪の女子大学でモダンダンスを教えていたそうで、このありさま。

 

 むかし、朝日の写真部にいた80歳近い方もいます。

 

 のこちゃん情報では、あちらも日本と同様に、例年にない暑さだそうです。

 暑さ対策と疲労回復、夏の旅はこれが最大の課題になりそうです。

 どんな旅になるか面白そうです。帰ってからの報告を待ちください。

敦煌・鳴沙山の観光用ラクダは、最近では長時間労働で過労死しているそうです

 

 

 そうそう、最近の中国は、見境なく外国人を捕まえています。

 アメリカの青年は帰国後、亡くなりました。ノーベル賞受賞者の劉暁波氏も獄殺されました。日本人の社員もつかまって6人中4人が釈放されましたが、2人はスパイ罪で拘留中です。

 反革命を煽ったり、国家を打倒せよなどといわないで、良心的な主張をしているだけでも捕まるのですから、私もどうなるかわかりません。

 

 では行ってきます。それまでこのブログはしばらくお休みです。

| 河西回廊 | 10:31 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE