シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 大相撲千秋楽に行ってきました | main | 「孫の運動会」 >>
“戦争の犠牲になった大相撲”

  きのうの千秋楽観戦記の続編です。

 仲間たちとかつての戦争の加害と被害に歴史を研究しています。

 そこで分かったことは、日本が起こした過去の侵略戦争は、大相撲まで奪っていたということです。

 

 力士たちは徴用され、、金属製品の優勝カップは軍部に供出され、国技館は風船爆弾の製造工場となり、ついには東京大空襲で炎上しました。

 当時2歳だった私の家も深川にあったためすべて焼失しました。

 6000坪の土地と家屋敷はすべて灰燼に帰しました。

 2度とこんなことがあってはならないと思います。

 

大相撲に下賜された天皇賜杯。金属や鉄製品不足のため軍部が「金属類回収令」を出して没収しました。そのほか、優勝や敢闘賞などで授けられる銀杯や思い出の詰まった宝物30余りも供出させられました。

 

徴兵制のもと、力士にも「赤紙」の召集令状が来て、戦地に向かいました。戦後、横綱になって活躍した栃錦、吉葉山も出征していたのです。残った力士は、俵担ぎや荷造り、火消しなどの力仕事に駆り出されました。

 

 

国技館は1944年(昭和19年)に軍部に接収され、風船に爆弾を乗せ、偏西風でアメリカ本土を攻撃するというのです。おとぎ話のような志向ですね。

大相撲の興業は国技館を追い出され、後楽園や回向院でやらざるを得ませんでした。

 

1945年3月未明、東京の東の下町は大空襲に見舞われ、国技館の丸屋根に焼夷弾が落ち、桟敷席も観客席もすべてが焼け落ちてしまいました。この空襲では2人の力士が亡くなりました。

 

相撲博物館の「戦後70年『大相撲と戦争』展」のコメントには、「大相撲から戦争をとらえることで、戦争の悲惨と平和の尊さについて考える機会になれば幸いです」とあります。

 

| 大相撲を論ず | 09:42 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE