シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< “戦争の犠牲になった大相撲” | main | 少しホッとして来ました >>
「孫の運動会」

 おとといの土曜日。前日の急な娘からの電話で孫娘の運動会に行くことになりました。最近、このブログを書く時間もないほどの超多忙な毎日ですが、この日だけはどういうことか、時間は何とかなるというタイミング。親が死んでも行こうと思いました。もうとっくにいませんが・・・・・

前夜、嬉しくて眠れなかったような顔ですね

 

 以前から“ランドセル姿を見てみたい”と言っていたのですが、なかなかそのチャンスがありませんでした。親がいないときに学校近くに姿を見せれば、ストーカーか不審人物に思われてしまいますから・・・

 

 学校へ娘夫婦と行くと、校長席の近くのテントに「敬老席」がありました。電車ではあまり座りませんが、この日は躊躇なく座りました。ブルーシートにじかに座ると、この太っ腹、立ち上がるのが大変なんです。

 

 で、運動会といっても、結局、誰でも同じことでしょうが、自分の家族・親族の姿しか見ません。1年生の孫娘が、まだまだ小さく、可憐で、かわいい姿をグラウンドの向こう側に見るくらいだけです。双眼鏡がないので、国技館で撮影に使ったカメラの望遠レンズで見ていました。うちのカミさんと望遠レンズの取りっこでした。

 かけっこもニコニコ笑いながら悠々と走って3番目。

かけっこもはじめは一番だったのですが、うしろから追い抜かれても平然としていました。

でも一番がいいんじゃないですから、かまわないのです。

 

 

 前週、わが家にお泊りできたときに披露してくれたダンスは、1,2年生の玉入れ前の集団ダンスでした。あまりの可愛さに目が潤んでしまいました。

 皆さんどなたでも経験があるでしょうから、これ以上爺じバカぶりを語ると嫌われますから、これくらいにします。

運動会最初のラジオ体操。このラジオ体操は科学的にも子供の身体に有害だと明らかになっているのに、やめません。

NHKがはじめて文科省が推薦しているからでしょう。

 

玉入れの前のダンスですが、うまく撮れていません。

こんなように孫しか被写体はいませんね。

 

少し運動会の歴史を調べてみました。去年9月4日の、毎日小学生新聞からです。

 

 日本で最初の運動会があったのは、海軍兵学校。1874年、明治7年のことだそうです。イギリスから来たダグラスという教師が「アスレチックスポーツ」をしたいと提案してからだと言います。日本ではこれを「競闘遊戯」と訳したそうです。種目は短中距離走、走り高跳び、三段跳び、走り幅跳び、二人三脚、卵採り(一定間隔に置かれた卵を20個拾って走る)、背負い競走、水おけ競争など全部で18の種目があったそうです。

 これらが全国に広がっていき、数校が河川敷や神社などに集まってやっていたそうですが、それが次第に軍事的なものに様相が変化していきました。

ネットから借用の写真ですが、私は小学校5年生の頃ですね。

 

 しかし反面で、運動会は当初から「村の祭り」の性格も持っていました。周囲の村々から集まって、店や家業を休んで町全体で取り組む、にぎやかなお祭りのようなものになっていきました。なかでも仮装行列は集落ごとに一番力を入れたとあります。文部省や府県が“あまり派手すぎないように”と注意を繰り返したほどだと言います。

 

 日中戦争がはじまると運動会も軍国主義の様相を帯びてきました。全員が力を合わせて行う種目が増え、愛国行進曲などのダンス、「敵前上陸」「爆弾リレー」などの競技などが見られます。

 

 これがアジア太平洋戦争に入るとさらに軍事色一色になり、「体練大会」「錬成大会」と名前を変えるところが多くなり、教科の体操科が体練科と名前を変え、科目に体練科武道が新設されました。種目にも柔道、なぎなた、剣道が登場しました。

 

 戦後は、運動会の位置づけを、集団行動をできるようにし、運動に親しむ態度、責任感や連帯感を育て、体力の向上につながる活動をするように、となっていきます。

 

 しかしいま、学校体育に「なぎなた」や「柔剣道」が復活していることも、平和憲法の9条をなくす政治の流れと無関係ではないと思います。柔剣道とは、鉄砲の先に剣をつけて敵を刺し殺すことです。こんなものはスポーツではありません。殺人技です。

かけっこの着順を判定する先生たち。この先生たちも年1回の運動会なので、なかなかなれないで大変そうでした。

 

 

 学校や教師たちは努力をされていると思いますが、子どもの安全や健康に気をつけ、事故を起こさないで学校の特色や伝統を生かしつつ、あくまでも児童・生徒主体性を尊重したものにしていくことが学校・親・地域社会全体の責任だといえます。

5,6年生の何かの体操ですが、子どもたちはこの頃になると、女の子から少女ですね

子どもの元気な姿が一番うれしいですね

やっと立てました!

 

 ひとこと:学校の配慮でしょうが、片親がいない子供を配慮して、児童たちは親と一緒に昼食を食べない学校が多いと言います。それはよく理解できるのですが、多くの子どもたちは親や家族が来ています。この子たちへの配慮も必要なのではないでしょうか。「孫しか見えないジジバカの声」。

| コメント | 10:37 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE