シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 朝鮮通信使ものがたり−3 榎本弥左衛門と朝鮮通信使 | main | 朝鮮通信使ものがたり−5 「通信」とは、「信(よしみ)を通わす」 >>
朝鮮通信使ものがたり−4 室町時代からはじまった朝鮮通信使

室町時代の朝鮮通信使は、倭寇への禁圧政策を日本に要請することが目的でした。倭寇の朝鮮半島での活動は13世紀には始まっていたとの記録があり、15世紀以降は「明」が「海禁(鎖国)政策」によって私的な交易を禁じた影響もあって大規模化しました。

1410年には朝鮮の使者が瀬戸内海で海賊に持ち物を奪われるという事件も起きています。

跳梁跋扈した倭寇の足跡

 

強奪・略奪・殺人をほしいままにした倭寇

 

日本では14世紀以降に朝鮮との貿易に進出していきました。

朝鮮で官職を得る「受職倭人」、朝鮮各地の港で暮らす「恒居倭人」、有力者の使いとして訪れる「使送倭人」と呼ばれるものもいました。

 

朝鮮では15世紀から日本人を応接する施設として「倭館」を建設する一方、倭寇対策として1419年には対馬を攻撃する「応永の外寇」も起きました。のちに対馬の対馬宗氏は、朝鮮の倭寇対策に協力して、通信使の交渉役ともなりました。

 

この室町期の朝鮮通信使は都合3回行われました。

第1回は1428年、第2回は1439年、第3回が1443年。 

 

豊臣秀吉に派遣された朝鮮通信使

織田信長は明・朝鮮との通商交易をはかり、年使を派遣しましたが朝鮮はこれに応じず、次いで政権を掌握した秀吉は、1587年の九州平定後に対馬の宗義智に命じて交渉にあたり、朝鮮国王李昖の来日を求めました。

こうしてはじめから服属を求めず、秀吉による天下統一の祝賀使節を朝鮮に求めました。こうして1590年に朝鮮通信使が派遣されたのです。

 

今から420年ほど前、豊臣秀吉は突然、15万の軍勢で朝鮮を侵略しました(文禄・慶長の役159298年)。これには中国の明が朝鮮を支援しました。

この戦争は朝鮮を戦火に巻き込み、多くの朝鮮人が捕虜として日本に連行されるなど大変な被害を与えました。

 

1596年(慶長元年・宣祖29年)の朝鮮通信使

文禄の役において日本軍は朝鮮軍や明軍と戦い、やがて和議の機運が高まりました。

1596年の朝鮮通信使は、日本と明の休戦交渉の締めくくりとして行われた明の冊封使に同行したものでした。

朝鮮では当初、通信使派遣に反対しましたが、派遣しなければ、再び侵攻があるかもしれないという議論になり、朝鮮通信使の随行がきまりました。

 

しかし、冊封使は豊臣秀吉に接見できましたが、朝鮮通信使は接見を許されずに堺で待機となりました。冊封使は日本軍の朝鮮撤退を求めましたが、豊臣秀吉は激怒して交渉は失敗に終わりました。

堺には和平の成功と帰国を期待する多くの朝鮮人が集まってきましたが、日本の再出兵を知った冊封使は」帰国して、慶長の役となったのです。

 

豊臣秀吉時代の朝鮮通信使履歴は、1590年と1596年の2回でした。

 

これは江戸時代の加納安信の朝鮮通信使行列です。

| 古代朝鮮の歴史 | 09:04 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE