シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 朝鮮通信使ものがたり−5 「通信」とは、「信(よしみ)を通わす」 | main | 朝鮮通信使ものがたり−7  宣教師たちの犯罪 >>
朝鮮通信使ものがたり−6 秀吉の気概とスペインの無敵艦隊

 

さあ、それでは秀吉の時代のもう一つの物語りを少し詳しく見てみましょう。

 

秀吉は明の征服をもくろんで、手始めに朝鮮を討とうとしましたが、みじめな失敗に終わりました。所詮、道理のない侵略行動だったからでしょう。

 

しかし、この事件を当時の国際情勢全体から見ると、このたたかいは、豊臣秀吉が主導する遠征軍と、明とその属国である李氏朝鮮の軍との間で朝鮮半島を舞台にして戦われた国際戦争で、16世紀における世界最大の戦争であったと言えるでしょう。これを利用しようとした外国勢力がいました。

スペインです

スペインのフエリペ国王

 

旧植民地主義国の雄であったスペインは、中南米を植民地とし、アフリカ、アジア各地も支配していました。そして次に狙ったのが明の中国でした。ここに秀吉の戦略が見えて来て、合作をはかったのです。

 

この時代、スペインによってまだ征服されていなかった国は、東アジアでは、明(朝鮮半島含む)と日本のみとなっていたのです。  

ポルトガル王のジョアン3世の依頼でイエズス会からフランシスコ・ザビエルらの宣教師を日本へ派遣して、主として九州・四国の大名らをキリスト教に改宗させました。

ポルトガルの貴族出身だったザビエル

 

ポルトガルは1510年にインドのゴアを武力占領してアジア進出の拠点とし、さらに翌年にマラッカ王国を占領して南シナ海に進出、中国との接触を開始した。明朝の北京での交渉は失敗し、ようやく1557年にマカオ(澳門)に居留を認められたとされている。

以後、ポルトガルはマカオを拠点として中国、さらに日本との交易を行っていった。マカオのポルトガル商人には公式な交易以外にも密貿易で利益を上げようとする者も多く、そのうちの一部は中国人のジャンク船に乗って漂流して1543年(1542年ともいう)に種子島に漂着し、日本に鉄砲を伝えた。これが契機となって、ポルトガルは日本との南蛮貿易を開始する。その後もマカオは、インドのゴア、マレー半島のマラッカとともにポルトガルのアジア貿易の拠点として繁栄した。またイエズス会のアジア布教の拠点ともなった。(トメ・ピレス著『東方諸国記』岩波書店)より

 

スペイン国王は、まず宣教師を派遣し、キリシタンが増えると、次は軍隊を送り、信者に内応させて、その伝道地の国土を征服するから、世界中にわたって領土を占領できたのです。

スペインが、日本に最初にやってきたのは、天文18(1549)年のことでした。尖兵はフランシスコ・ザビエルの宣教師「部隊」でした。

 

当時のスペイン宣教師とは表向きはキリスト教の伝道ですが、裏では立派な軍事組織を抱えていました。当時のアジアの拠点はマカオでした。キリスト教の伝道と見せかけ、それぞれの国民に受け入れられやすそうな調子の良いことを言っては改宗させ、頃合いを見計らって軍隊を送り込み、人民の殺戮や財宝の強奪、植民地占領などを行っていたのです。

マカオの聖母聖誕司教座堂

2016年の李斌生司教

| 古代朝鮮の歴史 | 04:50 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE