シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 大相撲を論ず―6 相撲を教えるということ | main | 大相撲を論ず―8 相撲の世界の賃金事情 >>
大相撲を論ず―7 相撲協会は「近代的労務管理の導入を」

いま必要なことは、相撲協会と部屋の「近代的労務管理」です。

これには「部屋」や「一門」という壁を取り払うというもう一つの大仕事も喫緊の課題になっています。

この「壁」を打ち砕くには、現在の相撲協会の組織構成を改革しなければ実現は不可能です。

それには相撲協会の理事に外部からの有識者が加わらなければなりません。

横綱審議会だけでは間に合わないのです。

 

近代化のもとで大切なことは力士のケガ=傷病のことです。

9月場所や九州場所に典型的に表れたように、けがによる休場が非常に多くなっています。

 

相撲の世界に入ると、“とにかく太れ、大きくなれ”と言わんばかりに、太るために沢山食べさせます。

まるで北京ダックかアヒルに餌を与えるかのように。

しばらく前まで、相撲を引退した者で還暦を迎えた人が少ない、とよく言われました。

必要以上に食べさせられるから、心臓など内臓に疾患を起こす者が多くなるのは当然です。

ですから短命の者が多かったのです。

 

相撲の稽古や本番でのけがも多くなっています。このままでは、幕内の半数以上が休場して本場所が成立しなくなるなんてことにもなりかねません。

要は、科学的な食事のための管理栄養士を配置することや、科学的なトレーニング方法の取入れ、トレーナーや指導者が必要です。

その点で「国立科学スポーツセンター」などとの提携も必要でしょう。

 

さらには、2カ月に1回の本場所ではけがを治す余裕ができません。

さらに巡業も含めれば年間10ケ月は本場所か巡業です。

少なくとも本場所を多くても年4回くらいに減らす、

さらにはケガの休場を補償して治療に専念できる体制も必須です。

協会にとっては収入減になることなのですが、大相撲を長く維持・発展させたければ、これくらいのことは必要です。

 

そのような措置を講ずることができる病院と医師・看護師や栄養士・トレーナーなどの配置や、大手の病院と契約を結ぶことあるいは専属の病院の充実ことも必要になってくるかと思います。

 

1129日、日馬富士の引退が報じられました。

この際、積年の桎梏をここで取り出して解決するいい機会です。

そのためには、国会での問題提起や政策の提起が必要だと思います。

 

以下は「相撲協会」のホームページの写真です。

 疏案 巡業地へ出発

開場〜朝太鼓

K覯式焚爾侶慮

ぐ手会

ソ塾勝λ詁發侶慮

子どもとの稽古

Ъ茲蠢箸潦始

土俵入り

横綱土俵入り

幕内取り組み

弓取式

次の巡業地へ

 

相撲甚句

 

しょっきり(初切)

櫓太鼓打分

 

| 大相撲を論ず | 09:41 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE