シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 「白鵬たたき」にみる日本型“イジメ”の構造 | main | 能町みね子の貴乃花観、いや貴乃花の相撲観 ボルドーさんの引用から >>
大相撲を論ずー12 ”ニッポンすごいデスネ″&大企業の品質データ偽造問題&モンゴル叩きの三題囃子

最近、テレビで“日本はここがすごい”という類の番組が非常に多くなっています。私もよく見ます。

外国から、その道の専門家や技術者などが来日して、日本の技術力や親切心や心配りなどを紹介する番組です。

 

これに気を良くしてばかりはいられません。

“自虐史観“という言い方が言われていますが、アジア太平洋戦争で日本が中国や朝鮮をはじめとしたアジア各国にたいして、侵略や残虐な仕打ちの数々を行ってきました。2千万人を殺害したという記録もあります。それらの歴史犯罪は、わたしたちのおじいさんやひいおじさんの世代が起こしたことなのです。

 

そのおじいさんたちが起こした侵略戦争を私たちの世代が反省することを“自虐史観“という言い方であざ笑います。それに合わせたような観点から、先にあげたナショナリズムが押し出されてくるのだと思います。

 

一方、世界に誇ることのできるものが日本の技術力です。シルクロードの旅で各国へ行くと、皆さん一様に日本の技術力を高く評価してくれます。TOYOTA、NISSANやSONYなどは、それを持っているだけでステータスになっています。

 

それがここのところひび割れてきています。

神戸製鋼、東芝、日産、東レなどでのデータ改ざん問題、そして新幹線「のぞみ」の台車が破壊寸前だったことが分かった、インシデント問題。

これは日本の、先進的だと言われた技術力が根本的に喪失する問題として重大です。

 

これらの傾向は、排外主義として警戒すべき事柄であり、このようなナショナリズムが自然発生的におこったものなのか、日本が世界から疑問を投げかけられる問題としてゆるがせにできません。

 

さらに言うと、日本支配層は、かつては朝鮮の「三国志」といわれる内乱につけ込んで、自らの支配を維持するためにハクスキノエの戦いを挑み、惨敗したことをはじめとして、秀吉の朝鮮侵攻、そして明治維新後の“征韓論”その後に続く日清戦争、日露戦争など、そしてアジア太平洋戦争へと一貫して朝鮮半島や中国、アジアへの侵略の道を突き進んできました。

ハクスキノエ(白村江)の戦いの攻略図

大韓民国 扶余・白馬江の流れ(下記HPより転載)

征韓論を議論する明治政府

日清戦争で日本軍歩兵の一斉射撃

ジョルジュ・ビゴーによる当時の風刺画(1887年)
日本と中国(清)が互いに釣って捕らえようとしている魚(朝鮮)を

ロシアも狙っている。

日露戦争で戦場となった地域の俯瞰図

 

さらに、かつていや現在でも“中華思想”がアジアと世界の脅威になっていますが、その中華思想に比して“小中華思想”という考え方があります。日本のソレが当てはまります。その志向がモンゴルにも適用させて“モンゴル叩き”あるいは“白鵬叩き”として表れているのだと思います。

 

 

“白鵬叩き”に関しては昨日のこのブログで引用しました。

日馬富士の暴力問題は、すでに司法の手に委ねているわけです。“モンゴル憎し”ついでに白鵬も悪いとするには、なんとしても無理があります。

日本の、日本人の一部のこのような短絡した志向には十分警戒しなければなりません。

それらの風潮・傾向を権力が操っているとしたら、怖いものがあります。

| 大相撲を論ず | 08:30 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE