シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< カナダの10年前 | main | 40年ぶりのキューバに行ってきました  >>
カナダの10年前−Α々駝臼浜西泙両尚罎鬟肇蹈鵐箸埜る

 メジャーリーグ、松井を見る

 

8月8日、アメリカン大リーグのニューヨークヤンキースとカナダブルー・ジェイズの試合を見に行った。案内役はグリさんである。彼女は「わたしはサッカーなら少しは知っていますが、野球はぜんぜん知りません。打ったら右へ行くのですか、それとも左へ走るのですか?」という「案内役」である。

これは10年前の2007年の写真です!

 

午後7時のプレーボール2時間前に着いたが、すでにニューヨークからバスで来たファンが大勢、ヤンキースの帽子やユニフォームを着て、そしてビールを飲みポップコーンを片手に試合開始待っている。

入場料は1人65ドル(8000円以上)、高い!

 

5時半にオープンしたが、開閉式のドームがいきなりワラワラと開いて、太陽が照りつけ青空が見えた。上を見ると世界一高いCN(これも発音はシンである)タワーを真下から見上げることになる。

打撃練習をしていた。ダッグアウトの上まで行ったが、戻ってくる松井を3〜4メートルで見ると「松井!」などと呼ぼうと思ったが、呼び捨てにできない。思わず「松井さん、がんばって!」と敬語をつかってしまって、われながらおかしくなってしまった。

国民栄誉賞の受賞が決まった松井です

 

 

ヤンキースのピッチャーは韓国のワンとかいう選手だったが、いきなり6点も取られた。最前列から21番目の席だが、マウンドを見ているとなんだかやる気のない投げ方である。よく言えば、淡々と投げているというやつである。

 

改めて思ったのだが、大リーグに常時出場できるということは、打撃だけが良くてもダメということである。松井の守備位置のレフトにゴロでとんだボールの捌き方が、尋常ではない。「眼にもとまらぬ」という古い形容詞があるが、まったくそのとおりのすばやさでセカンドに投げ返す。なんでもない(ような)ボールさばきひとつとっても、普通以上のものがなければこの世界では1日ももたない。

 

現に日本人選手がニューヨークヤンキースやメッツなどのチームで2年以上、レギュラーで試合に出場できているのは松井だけであろう。なんだか急に熱烈な松井ファンになったような言い方をするが、東京から1万キロも離れた異国の地にみる松井を、日本人というだけで好きになるのであろう。

 

ダッグアウト上の私たちのシートのすぐ後ろには5〜6人の腹の出っ張ったヤンキーの男たちが、恐ろしいほどの量のビールを口に注入しながら、大声が野次をとばし、大笑いをし、大騒ぎをしている。前のシートには、日本人の男女3人がいた。はじめは彼らが日本人だと気がつかなかったのだが、彼女たちも「松井さん、打ってぇぇ!」などといっているのでわかった。かれら3人は男性がトロントに仕事に来ていて、恋人が夏休みに彼のところに遊びに来て、もう一人の女性が友人としてついてきたという。なんだか連帯感がわいてきてしまった。恋よ実れ!である。

本当にビールをたくさん飲む! だからおなかが出るんです。

 

7回表、なんだかホームランが出るような予感がして、望遠レンズに切り替えて、一振りごとにシャッターを切っていたが、何球目かに予想通りのホームランが出た。バットの音でわかった。やはり私は予知能力のある「預言者」であった。試合は14対5でブルー・ジェイズの圧勝だったが、試合結果などどうでもいい。ただひとり松井がホームランを打っただけで満足である。

このシーンが、松井がホームランを打った瞬間です。

わたしの撮影技術は、いまやプロ並みだと思いませんか?

 

 

球場は、日本のように応援団が鉦や太鼓で大騒ぎをするでもなく、一塁側が片方の応援で固まるということもなく、ヤンキースファンとブルー・ジェイズファンが入り混じっている。小さな子どもからお年寄りや車椅子の人までもがいる。

この子もニューヨークから来たそうです

 

 

わたしもこの数年、食べたことのない待望のマックとビールで大リーグを存分に楽しむことができた。2杯目のビールは、通風の薬を忘れたために、グリさんがワイフからの申し渡しでビールを固く禁じられていたのでダメであった。

だが、1人で階段を上がって売店でビールを買い込んで飲んで戻ったことは黙っていた。

楽しい一夜であった。

| 旅日記 | 11:49 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE