シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 40年ぶりのキューバに行ってきました ―革命戦争の記念の地トリニダー− | main | 40年ぶりのキューバ旅日記 ―キューバ革命を左右した戦いの地サンタ・クララ− >>
第90回 シルクロード講座の報告  (報告者 大塚純子) 

2月のシルクロード講座は1週間前に開きましたが、日本シルクロード文化センター役員の大塚純子さんにレポートを書いていただきました。写真は一部を除いて末尾にまとめて掲載します―野口

  

 

 開催日時:2018年2月10日(土) 13:00〜16:00

 会場: 「みんなのひろば」  狛江市和泉2-20-12-103

 

 テーマ:「カザフ牧畜民が生み出す美しき装飾世界―手芸技法の紹介を中心に」

 講 師:廣田千恵子さん(カザフ装飾文化研究者)

(講師プロフィール):モンゴル国バヤン・ウルギー県に2年滞在しカザフ人とともに生活しながら彼らの文化を学ぶ。帰国後は全国各地でカザフ刺繍ワークショップを開催。また、留学中からWEBサイト「カザフ情報局KECTE」を通じて情報発信をおこなっている。現在は千葉大学大学院後期博士課程在籍中。

 

 モンゴル国内のカザフ人の人口は約10万人、モンゴル国の総人口のうち約4%を占め、そのうちの約9万人はモンゴル国の最西北のバヤン・ウルギー県に居住している。

モンゴル内のバヤン・ウルギー県の地図

 

 ロシアの南下政策が始まるにつれてカザフの一部の牧畜民たちは南へ北へと移動しこの地に落ちついた人々は、そのあとにモンゴル・ロシア・カザフスタンの国境が定まったためカザフに帰れなくなりモンゴル国民となった。モンゴル国内の少数民族と位置づけられ、カザフ人は少数民族中、人口第1位でその89%を占めている。

 

 バヤン・ウルギー県では全人口(約11万人)の4割が牧畜を専業としている。この地のカザフ人の文化とは遊牧、イヌワシを用いた狩猟、ドンブラなどの民族楽器・音楽、天幕型家屋の内側を飾る室内装飾の製作その技法、文様です。

 今回の講座は、このうちの天幕型家屋(キーズ・ウイ=フエルトの家の意)の伝統的室内装飾の作成技法とその文様、材料等の紹介です。

 

  • カザフの天幕型家屋(ユルタ)とモンゴルの天幕型家屋(ゲル)は少し違う

・カザフのユルタは屋根が高くモンゴルのゲルよりも大きい。

・モンゴルのゲルは真ん中に屋根を支える支柱があり屋根をしっかりささえている。カザフのユルタは屋根が2段になっていて高く、屋根は支柱で支えるのではなく全体のつり合いを取ってかぶせるので支柱がない分やや柔い。

カザフのユルタ

 モンゴルのゲル 

  • カザフの天幕内の装飾とモンゴルの天幕内の装飾は違う。

 ・カザフでは室内を装飾布で飾る伝統がある。色彩鮮やかで技法に富み、砂防や害虫の侵入を防いだり、風を通したり塞いだり室内の温度調節をする簾に似た機能を持つ装飾布もある。バヤン県は冬は―30℃〜―40℃の半乾燥地帯で防寒対策は欠かせない土地柄である。

・ユルタの造りはゲルより頑丈な造りではないので、重量のある装飾布を多く架けるには注意が必要である。

*この地のカザフ人は、夏は高い山に移動して天幕型住居に住み、冬は山を下りて定住用の固定木造住宅(スタック・ウイ)に住む。固定住宅の中は冬に使うストーブで空気が汚れ装飾も汚れるので室内装飾は少ないという。^

・モンゴル人は常に移動に適した天幕式ゲルに住む。モンゴル人のゲルの中は装飾が少ない。装飾は家具そのものに彫刻・彩色をほどこし簡素である。

移動の際には解体、運搬、建造がしやすいことを旨としている。

 

3.カザフの装飾作成技術一覧(カザフ語表記)

  • 彫る(Oio)オヨ     木材を彫刻する。フェルトを切り取る。
  • 縫う(Tiry)ティゴ     刺す。縫う。*針を突き立てるイメージで布にさす。

            壁掛け布を作成する技法で、道具は針・かぎ針

            フエルトに刺す場合は()サロ

  • 巻く(Opay)オラオ   巻く。包む。くるむ。*芦の茎に糸や裂いた布等を

            巻き付け、これを簾のように編んでいく技法。

            砂防壁を作成する技法

  • 織る(Tepy)テロ    織る。拾い集める。*一か所に集めるイメージ

            手織紐を作成する技法

  • 織る・編む(Toky)トコ 織る。編む。*物を構築するイメージ

 

4.文様を作り出す技術

 )イΑ憤貳姪にティゴ)*縫い方によってさらに名称が分かれる。

             ・刺し縫いする

             ・縫い合わせる

             ・押し縫う

             ・仮縫いする

           *道具=針(イネー)、大針(テペン)あるいはかぎ針(ビズ)

           *素材、フェルト、布、皮

∋表する(刺繍=ケステ)

・かぎ針刺繍、手刺繍、大針刺繍、(縫い目によって)○○刺繍

 大きな布のまま製作できる。壁掛け布、マット、ベッドカバー、マットレス等

 の装飾によく使われる。技法は難解ではなく反復練習すればだれにでもできる。 

  ・刺し子≠刺繍とは別の分類。 布が丈夫になる。

・左右対称の整頓された模様を表現するための技法 

・ケステ=〇表 一覧表は)イΔ汎韻

 ・織は芦を刈り取って乾燥させ、茎の一本一本に糸や細く切った布、紐を巻き付け

  これを何本も並べて簾を作るように織紐で括っていく技法で、芦の間隔を変えて用途に合わせ、砂防壁に仕立てたり、風を通す暖簾に仕立てたり、虫を防ぐ簾にもなる。

 ・機織り機は無く、簡単に木の枝を何本か固定し、間に縦糸を通し、これに横糸を

  くぐらせていけば布が織れる。

  縦糸の本数を多くすれば布幅は大きくなるが、文様の都合で一般的、伝統的に

  縦糸の本数は決まっているようだ。

  草原でも、道端でも、家の中でも簡単にこの仕組みで布を織ることができるので、

  場所や時間を選ばずに作業ができる。熟練すれば高度な文様の布もできる。

 

5.文様 

文様は動物の角、耳などがモチーフになっており、左右対称の図形が繰り返される。

 布全面を刺繍で埋め尽くすのが特徴。微細に正確に埋め尽くす。

 かぎ針網や刺繍では繰り返し文様の他に、自由な絵柄、色使いが出来る。

 しかし、これも基本的にはびっしり布地を埋め尽くすのが伝統である。

 

6.装飾品は商品化されていない。

 カザフ人の装飾布は生活の必要から生まれ、技術が高く昇華したものであって

 手空きの時間にコツコツと造りだされた。したがって売るほどに造るものではなく

 市場にはほとんど出回らない。

 したがって手に入れるのは難しい。

 大作は絢爛豪華で目を奪われるが、技法は難解とまではいえず、素材、糸、布地も手近に入るもので作られ特別高価なものでもない。化学繊維も使用するし、時代につれて登場する新しい素材も取り込んでいる。今までもこれからも大量清算は可能ではない。

 

 この宝物はこれからどう発展していくのだろうか。

モンゴル西北部地方の美しい景色にあこがれている身としては、遠くない将来にこの地を旅し、カザフ人のユルタに立ち寄って装飾品の数々を見せて頂きたいと思う。

                                

| シルクロード講座の報告 | 06:51 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE