シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 40年ぶりのキューバ旅日記 ―キューバ革命を左右した戦いの地サンタ・クララ− | main | 40年ぶりのキューバ旅日記 ―ハバナの老人クラブで― >>
40年ぶりのキューバ旅日記 ―ハバナの夜。キャバレー・トロピカーナでカリブの音楽を堪能−

  私はこれまで、日本でキャバレーとか、女性が座って男性にサービスをする店に入ったことがない。誘われたことはあるが、そのような気持ちにはならないし、その類の友人は極めて少ない。なぜなら、自分が好きな酒を飲むのに、「女性」の媚に金を払う気持ちにはなれない。仲間や家族と楽しく飲むほうがよほどうまい酒が飲めるからである。

 

それからもうひとつ、私は子どものころから音楽が好きであった。高校生くらいからはモダンジャズに強い関心を持った。そのうちに必然的にマンボ、サンバやレゲエなどの音楽も好きになっていった。私の車の中のI podには、このような音楽が満載である。

 

 ジャズの王様と言われた「サッチモ」こと「ルイ・アームストロング」は、こう言った。「ジャズには良いジャズと悪いジャズがある」と。

 人に勇気と元気を与え、生きる道を指し示し、迷いをなくすようなジャズは“良いジャズ”といえよう。そして、その反対が“悪いジャズ”といえる。

 そして、キューバはこの「良い音楽」でいっぱいだった。このキャバレー「トロピカーナ」は、激しく楽しい踊りと中南米音楽のすべてを満喫できるところであった。

 

 そのキューバの音楽はヨーロッパとアメリカ音楽の融合であった。コロンブスがこの島を「発見」したあと、スペイン、イギリス、フランス、オランダなど新旧のヨーロッパ帝国主義の進出を受けたことで、島ごとに異なる文化と言語が定着していった。

 また奴隷として連れてこられたアフリカの黒人が持ち込んだ風習や周囲の大陸文化も混ざり合い、カリブの小さな島々にはそれぞれ独自の音楽が発達した。

 

 なかでも当時から西洋との交易の中継地として栄えてきたキューバでは、スペイン語圏の文化と島を囲む各地の音楽が相互に影響しあうことで、豊かな音楽が生まれた。

 20世紀初頭にはすでにアバネーラ、ボレロ(クラシック音楽とは異なるキューバのギター音楽)、ソンなどが現地の音楽として流行したが、キューバ音楽の魅力を爆発的に世界に広めたのは。1930年代以降に欧米で起こった一大ラテン・ブームだった。

 

 ノリのいいリズムとビッグバンドによる切れのあるサウンドで演奏されたルンバやマンボ、チャチャチャといったキューバ生まれのダンス音楽が世界中を席巻し、そのなかからザビア・クガートやペレス・プラードといった世界的な大スターも生まれていった。その後、1959年に社会主義革命が成功するとキューバはアメリカ合衆国と関係を断ち、その後はより地元に密着したかたちで音楽を発展させてゆく。

 

 

 そのようななかで、アメリカのミュージシャン、ライ・クーダーが国交断絶の壁を乗り越えてキューバを訪れ、映画「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」を制作。当地に暮らす老ミュージシャンたちの歌と演奏とともに、素晴らしく成熟した音楽文化をあらためて世界に広めた。

 キューバから生まれた最高のダンス音楽といえば、北米で大流行したサルサも忘れてはならない。北米で大流行した。

 

 私たち夫婦の旅仲間のある女性は、このサルサが好きで青山かどこかまで行ってレッスンをしている。

 しかし、サルサの発展については諸説ある。もともとキューバで発祥したダンス音楽であるルンバやマンボが、プエルト・リコを伝わって周囲の音楽と融合。1950年代以降、アメリカのニューヨークに移住したプエルト・リコ人によってジャズやロックの影響も取り入れられた発展したものだという、カリブ・ニューヨークの合作説が有力だという。

 

年配の方は覚えておいでだろうがトリニダード&トバゴで生まれたカリプソは黒人シンガー、ハリー・ベラフォンテの「バナナボート・ソング」が世界的に大流行した。私も子供のころ口にしていたことを覚えている。

様々な音楽がカリブの島々を取り巻いて演奏されていった。

 

ハバナの「キャバレー・トロピカーナ」は、私が抱いていた日本のキャバレーとは全く異質な、明るく楽しい音楽とダンスの楽園だった。

広い会場の中段に席を占めることができた私たちは、ラム酒のお迎えとともに存分に楽しむことができた。

きらびやかな男女の衣装、キューバのナンバーワンといってもいいほどの最高の歌とダンス、子供も一緒に楽しめるような楽しい雰囲気であった。

最後には一行の半分くらいの仲間が舞台に上がって一緒に踊りだしていた。

 

私の筆力ではこれ以上の表現を知らない。あとは写真で想像していただくしかない。

文書は『地球の歩き方』の松本良平氏の力をお借りした。

| 旅日記 | 05:19 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE