シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 40年ぶりのキューバ旅日記 ―ハバナの老人クラブで― | main | −カストロとゲバラを評す― >>
40年ぶりのキューバ旅日記 ―文豪ヘミングウエイを訪ねて―

 アメリカ人作家アーネスト・ヘミングウエイは1899年にシカゴで生まれて1961年に62歳で亡くなった。死去直前までの22年間はキューバで暮らした。

拠点としたのはハバナ郊外のサンフランシスコ・デ・パウラという丘の上の家。プールもある豪邸は「フィンカ・ビヒア(眺望楼)」と呼ばれていた。

ヘミングウエイの邸宅の一部

「老人と海」の舞台となったヨット「ビラール号」

ヘミングウエイの寝室のベッド。彼は身長が180センチ以上あったというから

このベッドでは小さかったかもしれない

 

 

 後半の1940年代には「使用人9人、猫52匹、犬16匹、鳩300羽、牛3頭、そして妻1人」と自称していた。妻が最後に登場するなんて失礼だろうが、このころの男こんな認識だったのだろう。いや「妻1人」という表現は彼なりのジョークだったのであろう。

眺望楼の庭

ヘミングウエイの胸像

陽気なスタッフ

いい顔してる!

 

彼は世界の各地を旅しながらここで執筆活動を続け、「誰がために鐘はなる」「海流のなかの島々」といった作品を発表していた。

 朝日が昇るころから7〜8時間を執筆にあて、昼から夜中までは自由な時間とし、定宿のホテル、アンボス・ムンドスのある旧市街でラム酒を2倍にしたフロ―ズン・ダイキリなどを飲んだという。わたしたちはそこへも行き、ダイキリを飲んだ。観光客そのまんまである。

ヘミングウエイが良く通ったバー&レストランでダイキリを

「ダイキリ」でいいのかどうか?違っているかもしれない

キューバのコーヒーは世界的にもおいしい。

お土産に持って帰ったら大好評だった。

その代わり「葉巻」はそうでもなかった。

なぜなら、いまは煙草を吸う人が少ないからである。

 

 この生活パターンは私と同じである。夜は外出がない限り、晩酌を飲んでから9時にはベッドに入る。目が覚めるのは朝2時か3時ころ。ブログやメールチェックなどはこの時間に書く(きょうは朝食後に書いているが)。

 そして外出がない限りは昼食も睡眠薬代わりにアルコールを口に入れ、午後目覚める。快適である。大相撲中継の時期は目覚めるとテレビの前に座るので、わたしの執筆タイムは昼までである。自称、「午前中だけ生きている男」。

 

 「老人と海」はキューバ第二の都市サンティアゴ・デ・キューバで書かれた。そのホテルも博物館ではなく、今でもそのままホテルだが、ヘミングウエイの部屋はそのまま保存されていた。 

 私は「老人と海」や「誰がために鐘は鳴る」などの映画は見た。だが小説は読んでいない。理由は、ほかに読むものがたくさんあったからである。

 

 

 ヘミングウエイはここキューバで多くの作品を書いた。ノーベル賞を受賞したその才能は世界屈指であったろう。しかし私は違う考えを持っている。

彼はあくまでも支配者アメリカの庇護の上に莫大な原稿料を得て裕福な生活を謳歌していたのである。私とは正反対である。スペインの人民戦線での戦いを描いた「誰がために鐘は鳴る」は映画を見る限りでは、ファシストに抵抗したスペイン人民を支援する世界各国の義勇軍兵士を描いた傑作といえようが、彼の作品の下地はどこにあったのだろう。小説を読んでいない私にはこれくらいしか言えない。

 今もあるアメリカ大使館。さて、アメリカというか

トランプはこれからどういう態度に出るか

| 旅日記 | 11:03 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE