シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< −旅の終わりにゲバラ語録を―     2018年2月24日 野口信彦 | main | この世に地獄はあるのか! ―シルクロードは平和でこそ発展するべきです― >>
番外 キューバの旅が終わって

長い間待ち望んでいたキューバの旅が終わった。

必ずしも「満足した」とは言い切れないが、ともかく終わった。

 

“言い切れないもの”は何かと考えた。旅行社の気遣いの不十分さは大した要素ではない。ではその要因は何か。キューバの社会主義の未成熟さなのか、あるいは・・・ それ以外のことは思い浮かばない。

外国にまで軍隊を送り込む国、国家の幹部がボリビアの革命に参加するという姿、日本に生まれ育った私たちからは想像だにできなかったが、その論理はここでは“普通”なのだろうか、それとも・・・・

今回は“・・・”これが多い。それが実際である。

 

アメリカの経済封鎖で革命勝利後もずっと貧しいままであったこの国の人びとは、底抜けに明るかった。だが、「底」は抜けてはいない。貧しいが故の歪(ひずみ)がそこここにあるような気がした。

 さらにまた、ほとんど地球の裏側にあるこの国と日本とは1万キロ以上も離れている。これからも情報の希薄は変わらないだろう。

 だが、この国はあのアメリカの武力脅迫に一歩も引かずに戦う決意を持っていた国でもある。

 私はこんなキューバと人とカリブの海が好きなのだ、きっと。

 

閑話休題

 

 話は変わるが、わたしは今日で75歳になった。最近は体の衰えを感じ、思考の衰えも感じる。だが、このまま朽ちていく気はない。世間では「後期高齢者」というが、私はそんな風には思いたくない。「好機到来者」だと思うようにしている。

 

3〜4日前に新車を購入した。“死ぬ前の最後の車は中古でなく新車を。それもレクサスあたりを”と思っていたが、レクサスほどでなくとも三菱のいい感じの車だ。なぜ、三菱かって?うちのカミさんが三菱の中古を買っているが、そのメンテナンスでいつも午前中に担当者から電話がくる。彼女は午前中は舞踊家としての身体つくり、踊りの構想を練る時間帯。いつも私が電話に出る。いつしか営業マンとは連帯感が芽生えた。それだけの理由である。三菱を選んだのは。そういうカミさんも4月中旬に舞踊公演を打つ。それが終わったら新車を買うといっている。まだまだ私たちは若い!

                    2018年2月26日  野口信彦

クラシックカーのほうが恰好いいですネ

 

| 旅日記 | 10:07 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE