シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 友あり、病気になる。また悲しからずや、いや、楽しからずや、だ。 | main | 年1回定例シルクロード・講座。今年のツアーはイランです >>
スポーツマンシップの行く道

  先日のこと。隔週くらいに仲間内でスポーツ関連の勉強会を開いているのですが、そこで議論になったこと。

ピョンチャン・オリンピックの女子スピードスケートで小平奈緒選手が優勝して、韓国の選手が2位になった際、小平選手が2位になった友人の韓国選手の肩に手をかけて慰め、励ましている場面が“感動”を呼んでいるということに関して。

小平奈緒選手と2位の李相花選手(共同)

 

 私が、「スポーツ選手であれば、ああいうことは当然のことだから、何もマスコミが“感動!”“感動!”と騒ぐことはないんじゃないか」といいました。すると、誰に対してでもすぐに喧嘩口調で話す同年輩の女性が「感動でいいんじゃないの?」と異論を唱えました。女性というか年齢のかさばった彼女たちは決して持論を引っ込めません。ですから、「お互いの考え方と意見の持ち方だから、言い争うことじゃないから」と議論を打ち切りました。このテの人と言い争うのは疲れるからです。

 

 それはともかく、今回のオリンピックは数々の収穫がありました。北区西が丘にある「味の素ナショナルトレーニングセンター」の働きの成果でもあると思います。良い指導者、よい施設、そしてアスリート本位の国の予算。

現実は多くのスポーツ愛好者はその道をふさがれていますが・・・

味の素ナショナルトレーニングセンター

 

 「金メダルは目標であるけれど、そのためだけに努力しているのではない」

「自分の最大限の努力の結果が金メダルなのであって、まだまだ私は進化し続ける」・・・

 これらの彼女のアスリートとしての意識は、素晴らしいものです。

カメラとマイクを向けられるとロクに自分の意見も話せないスポーツ選手がいる中で、この人は優れたスポーツ思想を持っていると思います。

 

お相撲さんでも、金星を挙げたり、勝ち越した力士にインタビューすると、すらすらと話す力士が増えています。以前は“マグレです”を繰り返す力士ばかりでしたが。

それに比べるとオリンピック後の悪しき話題として、女子レスリング界の問題が持ちあがっています。

 

 伊調かおる選手とコーチとの関係が“パワハラ”だと騒がれています。そのこと自体については、事実関係を確かめて良い結論が出ればいいことですが、私が言いたいことは、残念ながら、あのようなことはスポーツ界にとっては日常茶飯事の普通のことになっているということです。「オレがかわいがって指導したのに、ほかのコーチに教わろうとしている。許せん」、「オレのメンツをつぶした・・・・」。

  それくらい人間関係や指導・被指導の関係は個人本位でいびつになっているのがほとんどです。

伊調馨選手(左)と栄和人強化本部長

 

 だからこそ“スポーツマン・シップ”が大切なのだと思います。

 試合や競技の時は正々堂々と戦い、それが終われば友だち。互いにリスペクトの精神で対し、相手から学ぶということが基本なのです。

 

 政治の分野でも同じことが言えるでしょう。国会に提出した国の文書に手を加えて改ざんし、存在している文書を「ない」とうそを言う、これなどは「退場!」です。

 カーリングのチームがさわやかな話題を呼んでいますが、北海道の言葉「そだね〜」がはやり言葉になっています。

カーリング女子3位決定戦で英国を破り銅メダルを獲得し、喜ぶ

(左から)吉田知、藤沢、本橋、鈴木、吉田夕=24日、韓国・江陵

 

  それに比べて安倍内閣の「うそだね〜」がなんと多いことよ。直さなければなりません。

戦争への道を一直線。政治は国と国民の平和と安心のためにあることを忘れた男。

「うそだね〜」。

 

| コメント | 09:28 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE