シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 「新疆ウイグル諸民族の歴史的変遷と現在」 | main | 初めて日本で開催されたサウジアラビア展 >>
世界は日の出を待っている

 

 驚きましたね。米朝首脳会談が実現しそうです。実現するかどうかには、まだ紆余曲折がありそうですが。

 

北朝鮮の金正恩が、核実験や弾道ミサイルの試射などの凍結を約束しました。5月には会談する見通しです。最後まで「あんなのはゼスチュアだけだから信用できない」と言っていたのは、世界でも日本政府だけ。

ホワイトハウスでトランプ米大統領との面会を終え、記者団に説明する

韓国大統領府の鄭義溶(チョンウィヨン)・国家安保室長(中央)

=8日、ワシントン、ランハム裕子撮影

韓国大統領府の鄭義溶国家安保室長と握手して破顔一笑する

金正恩朝鮮労働党委員長(右)=北朝鮮ウェブサイト「わが民族同士」から

 

 トランプの尻馬に乗って、「最後まで北朝鮮への規制の強化を」と言ってきたものが、肝心の親分が違う方向を歩きだして、あわてて「4月にアメリカ詣で」をしたいと言い出した。外交も内政もまるで日本国民に責任を負わない無責任首相だと思いませんか。

 “振り向けばだれもいなかった”っていうやつですね。

 

  その日本政府はモリ・カケ問題で瀬戸際に立たされています。

  政府と財務省は、国民の選ばれた代表である国会議員と国会に虚偽の文書を提出して、追及されても追及されても「捜査に影響があるから・・・」ということで拒否をしています。

大臣室に入る佐川宣寿・国税庁長官=9日午後7時17分、東京・霞が関、越田省吾撮影

 

 その追及される側の張本人であった佐川国税庁長官(前理財局長)がついに辞任することになりました。さらに近畿財務局の職員の自殺まで起きました。トカゲのしっぽは切れても「頭」はまだ残っています。「事実なら首相を辞任する」といっている首相の尻にも火がついてきました。

 安倍首相は総辞職・国会解散すべきです。

 

 

 表題の「世界は日の出を待っている」とは、第一次世界大戦の長い戦いに嫌気がさしていたドイツとフランスの兵士たちが、リリー・マルレーンの歌とともに熱狂的に歓迎した曲です。

 

 それに引き換え、スケールは違いますが、日本レスリング協会の会長とはどういう人物でしょう。倫理委員会の議論がスタートする前から「パワハラなどはなかった」と断言していました。これから調査しようとしているのに、なぜ会長が「なかった」というのでしょうか。これこそがパワハラそのものではないでしょうか。

 

 世界が大きく変わろうとしているのに、そして“世界が日の出を待っている”のに、日本のスポーツ界の閉鎖性と頑迷なパワハラぶりは百年一日のごとく微動だにしません。

 

 次は狛江市長問題。あろうことか狛江市長が市の職員や女性の市議たちに何度もセクハラを繰り返してきたことが、市議会の共産党市議が明らかにしました。「返杯・献杯は九州男子の・・・」と迷言を吐いていますが、この男もどうしようもないセクハラ男・パワハラ男です。

高橋都彦狛江市長

 

 

 ハリウッドからスタートした(実は数十年前から世界の女性が告発をしていたのですが)「# Me Twoo」の動きは日を追って大きくなっています。

この動きよ、もっともっと大きくなれ、である。

| コメント | 03:23 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE