シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 世界は日の出を待っている | main | 中央ユーラシア音楽の集いへ行きました >>
初めて日本で開催されたサウジアラビア展

 きのう、うららかな春の日差しを浴びながら上野へ行きました。

 めざすのは上野・東京国立博物館で開かれている「アラビアの道 サウジアラビア王国の至宝」です。

 主催は東博、NHK,朝日新聞、サウジアラビア国家遺産観光庁です。

 

 ご存じのようにサウジアラビアにあるイスラームの聖地マッカ(メッカ)には世界中から巡礼が訪れます。

 しかし、この地は人類が再三にわたって出アフリカを試みて、最後に成功したものがホモサピエンス。

いま、世界中に存在している私たちホモサピエンスが通過させていただいたところなのです。

 しかし、そういう私でさえも、シルクロードを勉強している身でありながら、あまりこの国と人びとそしてその歴史を知ってはいません。

 

 この40年間ほど、考古学者たちは先史時代の歴史から、香辛料交易で繁栄したオアシス都市の様子など、イスラーム以前の躍動的な歴史も明らかにしてきています。

 今回は、考古学に最新の成果を含む出土品と、イスラーム時代の優れた工芸品やサウジアラビア初代国王の所持品などで構成していました。

 そして、今回は日本初公開だそうです。

 ですから私がこの国のことを知らないのも無理はないですね。

 

 どうせカメラを持って行っても「ダメ」と言われるだろうと思って持って行かなかったのですが「フラッシュをたかなければ」OKだということ。

 うす暗いフロアで撮影していると女性のスタッフが静かに近づいてきました。「そのスマホはフラッシュがついています」というので、「フラッシュをつけないで撮影する方法を知らないので教えてください」という間もなく、さっさと消してくださいました。

 

 “スマホの写真は写真ではない”とかたくなに思ってきた私も、きのうはスマホで撮影しました。

 きょうご紹介する写真はすべて、そのスマホから撮影したものです。遠近や焦点やあれこれがままならない撮影のこと、不出来はお許しください。

 写真のご紹介も今はまだ無理です。これから勉強ですので・・・・・

 撮影順にご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

| 諸民族 | 10:34 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE