シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 初めて日本で開催されたサウジアラビア展 | main | イランの歴史をお話ししました >>
中央ユーラシア音楽の集いへ行きました

 この集いのフルネームは「中央ユーラシア(イラン・シベリア・南インド)トラディッショナル・ミュージック」。

 会場は、いつもの東中野駅前「驢馬駱駝(ろまらくだ)」。

広く広報されたチラシの表面

同裏面

 

 実はこの日は、昨日のブログに書いた「アラビアの道」展の帰りでした。この日の昼食は大久保へ立ち寄って焼き肉を思いきり食べてから行こうと思っていました。しかし、いつも行く新大久保からのコースと違ったために、道を間違えたようです。結局、選んだメニューはモンゴルの火鍋だったのです。

 

暖かいというより暑いというくらいの天気だったので、火鍋は失敗でした。おまけにウエイトレスの女性は、まだ日本語が十分ではありませんでした。4000円くらいの高い料理をすすめます。そんな高いものは食べられない、もっと安いものをと思っても、言葉が通じない。中国料理のようなものでしたが、相手はモンゴル人。そして、食べなれないものなので、どれを注文していいかわかりません。

 

結局、生ビールを含めて3000円を超えるものになってしまいました。会場の受付時間が迫ってきます。こんなことならコンビニでうまいサンドイッチを食べたほうが良かったと思っても仕方ありません。冬支度の綿の下着で火鍋。汗をびっしょりかきながら隣の駅の東中野まで行きました。

 

会場に入ると受付けに昨年11月のイベントにも来てくれた芸大の研究者の女性。4月のシルクロード講座は、インド音楽の奏者寺原太郎さんで、内容はインド音楽やラーガについての話と演奏という形になりますが、この日は南インドの演奏もあります。研究の傍らのお手伝いでしょう。(4月は寺原太郎(バーンスリー)、寺原百合子(タンプーラ)2名で来てくれるそうです)。

彼女は「」4月にシルクロード講座へ行ってもいいですか?と聞きます。

 

この日のコーディネーターは、寺田亮平。

我がクラブのメンバーでもあります。

寺田亮平

トゥバのイギル

 

そして出演は、トゥバ音楽の彼の次には口琴演奏者の直川礼緒。奥さんも含めた何度かシルクロード講座に出演していただいています。口琴の販売にはシベリアのサハ出身の奥さんも・・・ご挨拶しました。

口琴を演奏する直川礼緒

 

そして次が、私の狙いでもあったイランの音楽を研究している、慶九さん(女性)と東大で院生として研究中のアミンさん(男性)。

慶九

北インド古典声楽習得中、イラン音楽とペルシア詩への興味が増し、2007年イランへ語学留学。8年半のイラン滞在の間、常にイラン人家族や学生たちと共に生活しながら、音楽と詩を通してイランの文化に触れる。2008年〜2014年、イラン教育庁奨学金給付生としてテヘラン国立芸術大学・イラン音楽演奏科にて学ぶ。20159月帰国。セタールとタンブールの演奏を主にラアナーイー・ファミリーに師事し、彼らの演奏グループメンバーとして、イラン、日本、ヨーロッパにて共に演奏活動を行っている。

イランの楽器 セタール

アミン

 

私は以前、ウルムチの友人からある一枚のCDをもらいました。それはイランの歌手がクルアーン(コーラン)を各国の言葉で歌うすぐれものでしたが、その歌を歌っていた彼アミンの声とそっくりなのです。

 

最後の演者は、南インドの音楽でしたが、私は所用で会場を後にしました。所用といっても、この日から大相撲。我慢が出来なくなって帰宅したというわけです。

このようにしてまで会場へ行ったのは、ひとえに、シルクロード講座や秋のイベントの新しい出演者をいろいろ探している最中でしたので、行ったわけです。

南インド音楽を演奏するプリヤダルシニ・プラカーシュさん

| シルクロード | 10:21 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE