シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 新疆シルクロードを平和と友好の道へ | main | シルクロードの匂いがする [モンゴル 春の祭り]に行ってきました >>
朝鮮半島のシルクロード研究にも春が来るでしょう

 今朝の新聞ほど待ち遠しかったことはありません。

 きのうはいろいろな用事があったのですが、すべてすっ飛ばしてテレビに見入っていました。

 歴史的な南北首脳会談が行われ「朝鮮半島の平和と繁栄、統一のための板門店宣言」が発表されました。2人の首脳の笑顔と邂逅に、見ているこちらもうれしくなりました。“すごい!すごい!これこそ歴史的瞬間だ”と思いながら。

 「板門店宣言」では、「共同の繁栄と自主統一の未来を早めていく」として、具体的には「当局間協議を緊密に行い、民間交流と協力を円滑に確保するために、双方の当局者が常駐する南北共同連絡事務所を開城(ケソン)地域に設置する」としています。

 また、「軍事的緊張状態を緩和し、戦争の危険を実質的に解消するために共同で努力していく」として、具体的には、「地上と海上、空中をはじめとするすべての領域で軍事的緊張と対立のもととなる相手の一切の敵対行為を全面停止する」としました。

 さらに「朝鮮半島の恒久的で強固な平和体制の構築のために積極的に協力していく」として、「停戦65年になる今年、終戦を宣言し、停戦協定を平和協定に転換し、恒久的で強固な平和体制構築のための南・北・米3者または南・北・米・中4者会談の開催を積極的に推進していく」としています。

 

 停戦65年ということは、私が小学校の5年生のときで、父が亡くなった年でした。強烈な悲しみと一緒に、“隣の国の戦争が終わった”という印象が強くありました。でも、それは終戦ではなく「停戦」だったのですね。

 つい、この間まで「核戦争が起きるか」という瀬戸際にあったものが、このようなことになるとは“お釈迦様でも”知らなかったでしょう。

 

 少なくない声として「今まで何度も国際世論を裏切ってきた北朝鮮」「何を言っても信用できない」などの声があります。

 いま大事なのは、“裏切らせない国際世論”“核廃絶を確実にするための国際世論”が必要だと思います。

 もう一つ必要なものがあります。アメリカのトランプが核を使うぞと脅かしておいて、世界規模の“圧力”をかけました。その結果がこれだともいえるでしょう。では、北に譲歩を迫ったら、アメリカは何を譲歩するのでしょうか?一方的な譲歩では“片手落ち”でしょう。

 “振り返ったら誰もいなかった”状態の、外交なき安倍首相は、いまだに「圧力」を言い続けています。日本外交が世界の恥になっているのも気づかないで。そして国会を空転させざるを得ないほどの、数々の過ちにも強弁を続けているのはなぜでしょう。

 

 もうひとつわたしに期待を抱かせることがあります。

 これまでほとんど手つかずだった朝鮮半島の“シルクロード研究”です。

 “えっ!シルクロードって長安からローマだけだったのではないですか?”といわれるかもしれません。とんでもありません、シルクロードは文明が交流したルート、いわゆる「文明交流のネットワーク」。を「シルクロード」っていうんですよ。

 私の友人で「渤海を研究したい」という人がいました。先日、拙宅の書斎から抱えきれないほどの関連書籍をお貸ししました。その渤海も研究できます。何よりも、朝鮮半島の脊梁山脈を中心とした文明の交流の歴史を研究できます。

 戦前の日本軍による朝鮮侵略の足跡や被害の実態を知ることができるかもしれません。

 やはり、シルクロードは平和でなければ研究できません。さらにいえば、世界の平和によってシルクロード研究を世界に広めることもできると思います。

 

 まだまだあります。アフガニスタン研究が、まだできません。

 イラクにもまだいけません。

 かつて行ったことのあるシリアはどうしているでしょう。

 

 まだまだ年を取るわけにはいきません。

| コメント | 11:46 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE