シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< シルクロードと関係ないのですが・・・ | main | 紛争激化の中東シルクロードが困難に直面しています >>
シルクロードの匂いがする [モンゴル 春の祭り]に行ってきました

きのうの4日、練馬区の光が丘公園で開かれた、日本における最大級のモンゴル祭りと自称する「ハワリンバヤル(春の祭り)2018」に行ってきました。ワイフと2人で家を出て、途中で、看護師歴数十年という年上の友人と待ち合わせて。

 

ワイフの友人がモンゴル語で紙芝居をするということで11時前には着きました。しかし、オープンは12時。チラシには11時と書いてあるのですが、ここは国の違いがそうさせるのでしょう。でも、会場のあちこちで羊の肉を焼き始めており、ビールも冷たそう。

 

この日の「ハワリンバヤル」は、主催が在日モンゴル留学生会と同実行委員会で大使館などが後援しています。

「可能性を秘めた若いモンゴル 大好きな日本に抱いた夢」と銘打った集いになっています。

もうここには、すでにシルクロードの匂いが漂っています。

 

「日本・モンゴル民族博物館」というテントがありました。

興味と関心があったので近づいてみると、むくつけきひげ面の男がニコニコ座っていました。

場所を聞くと、なんと兵庫県の豊岡市。日本海側です。ワイフが「山陰地方ね」、友人は「裏日本ね」。「今は裏日本なんて言わないんだよ」とわたし。豊岡市立の博物館だそうです。

一見、モンゴルとの関連が薄い地方での市立日本・モンゴル民族博物館の健闘を願って近いうちに訪ねることを約束しました。

 

「モンゴル民族基金云々」というテントがありました。

ここではおなじみのトヤさん、マンダブインの姉妹と家族に会えました。

お姉さんのトヤさんは日本シルクロード文化センターの役員を経験し、毎年1回のイベントの司会などもやって頂いたことがあります。姉妹はモンゴル系のオイラトの出身で北新疆生まれです。会社から独立して、すでに事業はスタートさせているとのこと。成功を祈りたいと思います。

 

妹のブイナちゃん。先日、結婚したと思っていたら、もうヨチヨチ歩きのお子さんを連れての参加。ご主人は日本人。「子供の保育園が決まらなくて大変です。私はまだ働けません。野口先生、どうにかしてくださいよ」といわれました。「僕も頑張っているんだけれど、これだけは少し難しいね」といいましたが、大変です。でも、子どもが生まれる前にいた会社からは、早く戻ってきてほしいと催促されているとのこと。それはうらやましい。

 

次のテントは、羊や牛肉を串焼きにしているテント。すると懐かしい顔が。「Hさんじゃないですか!」と再会を喜ぶ。昔あった「シルクロード倶楽部」の事務所でよく会った方でした。羊と牛の肉を注文したのですが、「時間がかかるのでこちらへ」とうしろのシートへ案内される。男性⊃佑いました。「みなさん。こちらの野口先生はシルクロードの専門家ですので、新疆の話を聞いてください」といって、商売のほうへ戻って行ってしまいました。

 

肉を焼いている男性もウイグル人です(ウイグルの世界では、女性は肉を焼いてはならないとなっています)。彼も「友人が4か月前にウルムチへ帰ったけれど、もう帰ってこられないかもしれません」と言っていました。

 

日本人の彼らは、口角泡を飛ばして私にしゃべり始めました。

中共、共産主義はダメ、やがては「立憲民主党の辻本は国会審議をしないなんてとんでもない」と関係ないことまで口走り始めます。

 

そのころから在日ウイグル人の間では、\験供故郷を帰らないで独立運動を続ける、⊃討里い訖戟鼎惶△襦↓さらなる外国へ行く、せ纏本位で新疆の独立などとは無関係に生きる・・・などの多極分化が始まりました。

おかげで、現在の在日ウイグル人の交流はほとんどなくなり、ほんの少数の友人関係だけの集まりがあるだけです。そこでも、不容易な発言があると友人の間でも当局へ通報される恐れがあるので、危ないことは絶対に口にしません。ですから次第に疎遠になります。不信と疑惑とスパイ活動のオンパレードです。

 

私は、‘本人ができることは限られている。他国に干渉することは間違い。国際的合意と支援が必要、

⊃戟鼎叛こΤ特呂離Εぅ哀訖佑共同の目標を持つことが必要

K塾呂筌謄蹐論こΔら孤立するだけ。非暴力だけが強い力を持つ

などを述べました。

彼らは口をとがらせるようなそぶりでしたが、意味が良く理解できないようでした。

 

今回の春のお祭りの実施には、モンゴル人内部での不協和音もありました。

しかし、年に一度、在日のモンゴル人が集まって故郷を懐かしみ、モンゴルの料理と歌と踊りを楽しむ、という点で、ともに主催していくことが大切だと、関係者には話し続けました。

 

翌日の今日は、大人のブフ(モンゴル相撲)大会があります。大相撲のモンゴル出身関取もたくさん来ます。白鳳関は、ブフ(モンゴル相撲)の終わりころに来るとの話です。

今からでも光が丘へどうぞ。わたしは今日は机に向かいます。

 

今日の写真は、残念ですがカメラを忘れました。

したがって、やむを得ずスマホで撮りました。

私はスマホの撮影は嫌いです。

したがって、良い写真は一枚もありません。

まだオープンの前ですが、人がたくさん

舞台では馬頭琴(モリンホール)の演奏。日本人の同好会の方がたも演奏しているようです

ここは紙芝居のゲル。ワイフの友人が手伝っていました

ここは「民族文化基金」のテント。モンゴル人の留学生は300人くらい日本へ来ているとのこと。

まだ多くの青年が日本への留学を希望しているので、その基金を集めている団体だそうです。

| モンゴル関連 | 11:04 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE