シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< −4 バビロン捕囚とユダヤ教の誕生 | main | 中東戦争とその背景 >>
紛争激化の中東シルクロードが困難に直面しています−5

 イスラエルはエジプトに本拠を置くプトレマイオス家によって、前320年から前202年まで支配され、シリアや小アジアを統治するセレウコス家の傘下に入りました。

 多神教の代表格、ギリシアの宗教と一神教のユダヤ教は水と油の関係です。互いの立場を尊重すれば、争いを避けられたのですが、支配者・権力者の視野は狭量になりがちで、ヘレニズム化を強引に進めるセレウコス家によって、ヘブライに対して容赦ない弾圧が加えられるようになりました。

 

 なかでも、アンティオコス4世エピファネス(在位前175〜前164年)は、エルサレムの神殿にギリシア風の祭壇を築き、反抗したヘブライ人たちを虐殺するなど、徹底して弾圧しました。たまらず前168年、ヘブライ人たちはマッカビー5兄弟を核にして反乱をおこしました。

 

 マッカビー兄弟たちは次つぎに戦死していったのですが、士気は衰えず、前141年にはついに独立を達成しました。マッカビー王朝(ハスモーン王朝)がスタートしました。

 しかし、前64年にはローマのポンペイウスによってエルサレムが占領されると、それ以降、この地方はローマの支配下に入ります。ローマに隷属したヘロデ王が、皇帝アウグストゥスに代わって、この地を治めていた頃に誕生したのが、のちに神の教えを広めるキリストだったのです。

キリスト降誕の情景を再現するイタリアのプレゼピオ

 

 ヘロデ王が死ぬとユダヤの地は完全にローマの直轄地となってしまいます。ユダヤの人びとはローマから独立し、再び栄華を取り戻すために「メシア(救世主)」の到来を待ち望みました。

 しかし、イエスが説いたのは、ユダヤ人の厳しい律法によらない隣人愛でした。イエスの教えは多くのユダヤ人に受け入れられましたが、ユダヤ教を批判する言動から祭司の怒りを買い、西暦30年頃にローマ提督によって反逆者だけに処される最も重い刑罰の磔(はりつけ)にかけられました。

 

 その後、キリスト教は激しい弾圧を受け、多くの殉教者を出しますが、西暦313年にコンスタンティヌス帝によってローマに公認されると、急速に広がっていきました。

コンスタンティヌス1世の頭像(カピトリーノ美術館所蔵)

 

 一方のヘブライ人は、後70年に発生した反乱の際にエルサレムの街と神殿を完全に破壊され、世界各地に離散、以後、長い放浪を余儀なくされました。

| 中東問題、テロ | 11:07 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE