シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 中東戦争とその背景 | main | シルクロード満喫の一日 中央アジアとシベリアの音楽祭り  〜カザフ・クルグズ・ウズベク・トゥバ 音楽祭 >>
紛争激化の中東シルクロードが困難に直面しています―その平和的解決への道

 今年2018年の5月は、イスラエルが建国されたことによって、パレスチナ人約80万人が故郷を追われて難民となって70年の月です。

 パレスチナの人たちは、70年前の故郷喪失を「ナクバ(大災厄)」と呼び、毎年5月15日をナクバの日としてたたかいの決意を固めています。

 この多くの難民たちは、その後の生活が成り立たない中で、貧困と失業、教育施策のない中で、これ以上ないほどの苦難を強いられています。

 現在、ガザの人びとはイスラエルとの国境を超えることができません。通貨もイスラエルの紙幣、なにもかもがイスラエルの統治の下で生活をせざるを得ない状況です。

 彼らは3月末頃から難民の帰還を訴える行動を始めています。そしてイスラエルは、5月15日までに少なくとも107人を殺害し、国際的な非難を浴びています。

 イスラエルの建国記念日はこの5月14日でした。トランプ政権は、この日を選んで、在イスラエル大使館をエルサレムに移しました。これはパレスチナへの侮辱です。誇り高きパレスチナ人民は決してこれを許さないでしょう。

1916年のサイクス・ピコ協定により分割された中東

イスラエルの地図

 

 パレスチナ関連の略年表

 1948年 「イスラエル建国」でパレスチナ人が難民に

 1967年 第三次中東戦争で、イスラエルがヨルダン川西岸などを占領

 1993年 イスラエルとパレスチナが暫定自治合意

 2007年 イスラエルがガザの軍事封鎖を始める

 2012年 パレスチナが国連のオブザーバー国に

 2017年 米がエルサレムをイスラエルの首都と認定

 2018年 米が大使館をテルアビブからエルサレムに移転

 

 パレスチナとは

 パレスチナはイスラエル建国前のヨルダン川と地中海の間の地域に位置しています。

 パレスチナ人とは、その地に住んできた人びととその子孫です。主にアラビア語を母語とするアラブ人で、イスラム教徒とキリスト教徒が中心です。

 

 ユダヤ人について簡潔に述べなおします。

 

 ユダヤ人とは中世ではユダヤ教徒のことでした。こんにちでは定義が難しくなっており、イスラエル国内でもさまざまな議論があります。ロシア系、ドイツ系、アフリカ系など多様になっています。

 19世紀にはユダヤ人の国をつくろうというシオニスト運動がヨーロッパで始まり、ユダヤ人がパレスチナに移り始めました。ナチスの迫害から逃れようという事情もありました。

 パレスチナ人の人口は1948年に約140万人。うち約80万人が離散しました(パレスチナ当局5月14日の発表)。現在では、その子孫を含めて国連に登録するパレスチナ難民は約500万人余。ヨルダン、レバノン、シリア、ヨルダン川西岸、ガザなどで暮らしています。

 イスラエル建国後もイスラエルにいるパレスチナ人(アラブ人)は現在、約180万人。イスラエルの人口の約2割です。

 こんにちのパレスチナのヨルダン川西岸地区とガザ地区の人口は500万人近くです。

ガザ地区は地中海に沿って約40km弱。人口は約200万人で7割が難民です。イスラエル人が人とモノの出入りを厳しく制限しており、「屋根のない監獄」と呼ばれています。

西岸地区に築かれた分離壁

国連による「パレスチナ分割決議」 1947

 

 そして失業率は約44%。15〜24歳では約65%(14日発表)。

イスラエル軍の攻撃を受けるガザ地区郊外, 2009年1月

 

 この状況を根本から打開する方法は3つの原則しかないといえます。

  • イスラエルはすべての占領地から撤退すること。
  • パレスチナ人に独立国家樹立を含む自決権を保証すること。
  • パレスチナ、イスラエル双方が互いの存在を認めて共存を図ること(2国家解決)。

 

 イスラエルが強行しているパレスチナへの違法な入植地拡大を許さないことが大切です。日本政府に対してはパレスチナを国家として承認するべきであります。

 トランプ大統領による大使館移転問題では、国際世論はすでに、イスラエル・パレスチナ問題に関する国連の諸決議に反し、問題の公正な解決、中東の平和と安定に逆行する暴挙だとして厳しく非難されています。大使館移転を前後してパレスチナ人が行った抗議行動への発砲など、イスラエル側による残虐な弾圧に対しても即時中止が求められます

 

 

中東問題の連載は、これで終わります。野口

調印後に握手をするイスラエル・ラビン首相とPLOアラファート議長。

中央は仲介したビル・クリントン米大統領

 

| 中東問題、テロ | 10:09 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE