シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< シルクロード満喫の一日 中央アジアとシベリアの音楽祭り  〜カザフ・クルグズ・ウズベク・トゥバ 音楽祭 | main | 新たなシルクロード=「人体」と「地球内部」 >>
来年まで、チンギス・ハーンとお付き合いします

 毎朝、1時間以上かけて読む新聞類。

先週のある日、朝日を開くと真ん中のページに2ページ分の大広告がありました。思わず「オーッ!」と声をあげました。

 北方謙三の『チンギス紀 火眼(かがん)』発売の広告です。

 翌日、早速買いました。しかも、最初は2巻同時発売。

 

 これとは別に、白水社刊の『辺境中国』も注文してありました。

これはイギリス人のデイヴィッド・アイマーというジャーナリストが書いた、中国辺境の少数民族の現在を描いたもの。ヨーロッパの白人が、いまの中国しかも辺境の少数民族をどのように描いているかに関心がありましたので。

 

 そしてもう1冊は第一書房刊の『シルクロードと朝鮮半島の考古学』。2002年刊。

 朝鮮半島のシルクロード、古代文明が大陸からどのように伝えられ、日本へどのように伝えられたのかを研究するチームを立ち上げているのですが、いよいよ具体的な研究過程を考える時期が近づいているとの考えから、古代朝鮮研究にいっそいそしむ気持ちから購読しましたし、私の机の周りの書籍類も、その分野のもので固めているところです。

 もう1冊は、雄山閣2007年刊の『朝鮮の絹とシルクロード』。しかし、アマゾンから届いてみると、すでにこの本はわたしの書棚にありました。

  

 書店で「小説」を買うのは実に10数年ぶりです。退職の前は井上靖の『敦煌』など、宮城谷昌光の『重耳(ちょうじ)』をはじめとした一連の中国古代歴史小説や浅田次郎など、乱読三昧でした。

 しかし、年金生活に入って、本格的にシルクロード研究をするには書棚のかなりのスペースを占めている小説類が邪魔になりました。

 それらの小説類は段ボールに入れて地元の図書館にすべて寄付しました。今でも図書館の棚に私が寄付した本を見かけると複雑な気持ちになります。大切な本を養子に出すようなことをして、と。

 

 他にも処分する方法があります。我が家の道路際にシートを敷いて無料バザールです。

このバザールは数年に一度行ないます。書籍でない場合が多いのですが、古くなった革のバッグ類や旅行用のスーツケース、モンゴルやウイグルで買い求めた革の衣類など。みな評判で、1時間でなくなります。

 

 『チンギス紀』は、1年間くらい続くようです。

 肝心の研究のための読書に影響しないかという思いはあるのですが、私が今まで学んだモンゴルそしてチンギス・ハーンとどのような違いがあるのか、そして共通点がどこにあるのかを見極めたいという思いがあるからです。

 

 そのような小説などを読む環境づくりが大切です。

 きのう、パソコンのマウスを動かす面積がかなり小さくなっているので机の上だけ整理しました。横から見ると10センチくらいうずたかく積もっていました。

 

 書籍類の移動や書棚の整理、床のワックスがけなど、数か月前から「やらなければ・・・」と思いながら過ぎてきましたが、いよいよ決断の時です。

 でもこんなこと、決断する問題じゃないんですよね。やればいいだけのことなのです。

| シルクロード | 07:32 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE