シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 来年まで、チンギス・ハーンとお付き合いします | main | シルクロードの新たな峰に挑戦します >>
新たなシルクロード=「人体」と「地球内部」

 

 昨日の土曜日、しばらくぶりに娘と孫娘と上野の国立科学博物館へ行きました。

 

 「人体」展です。

 

  孫娘は、今から”大いなる夢”を持っていて、中学・高校・大学とも進学先を自分で勝手に決めています。そして大学は医学部に入って、整形外科医になると決めています。夢は夢で尊重したいと思っているのですが、私の外国からのお土産もつい、人体に関するものになっていました。そして「人体」展があるというので、娘たちを誘いました。

 本当は私はあまり関心がなかったのですが、この人体展は家族連れや若い人が多くて、整理券が発行されて、長いときは4〜5時間くらい並ぶというほどの混みようだとのワイフの情報(本当は娘からの請け売り)。

朝の上野文化会館前でもこんな混み具合です

朝8時半ころの会場前でもこんな混み具合です。

 

 

 朝7時過ぎには家を出て上野に8時半ころに到着。整理券をもらう。娘と孫はすぐに来ました。孫はおじいちゃんの胸に飛び込んでくるかと思いきや、お母さんの陰に隠れて顔を合わしたがりません。もう少女なのですね。

2年生になって「担任の先生が20代の格好いい先生」と言っています。2か月くらい会えなかったのですが、おじいちゃんといえども孫は人見知りしているのだと思いました。

 

 「人体」展の内容に詳しくは触れませんが、その展示内容ははすごいものでした。人間の知識というか研究ぶりはすごいものだと改めて思いました。

 体内には20万kmにも及ぶ毛細血管も含めた血管があるとか、体内の様々な神経や内臓器官などが説明されていましたが、いまテレビではやっていますが、これぞまさに「秘境」。数百万年前から営々として出来上がってきたものなのですね(表現が正しいかどうかわかりませんが)。

 

 終わってお昼を食べてから同じ建物内で「地球」という巨大スクリーンに映し出す映像がありました。

 私たちの最も身近な「人体」と「地球」というものは、まだまだ未知の世界なのですね。これはもっと知るべきだなと思いました。

「好きなもの何でも買ってあげるよ」というと、目を輝かせて・・・

 

 孫とは、3250円ものお人形さんを買ってあげて、やっとまともに私の顔を見るようになりましたが、最後までお手手をつなぐことはできませんでした。

 

初夏の日差しの下で、公園で遊びました。

お皿にいっぱい入っていたパスタも、平気で平らげました。

食欲はとどまるところを知りません。心配なのは目が悪いこと。

| コメント | 10:28 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE